ブルー サルビア 育て 方。 サルビア(宿根性)とは

サルビアの冬越し

ブルー サルビア 育て 方

ブルーは 湿気と高温に弱い傾向があり、特に湿気に弱いです。 梅雨の時期に風通し良くするために、少し間引いた方がいいでしょう。 のいい土にするために、通常販売されている土に軽石を混ぜるといいです。 寒さに弱いので、扱い 寒さに弱く、霜が降りる地域では越冬できずに枯れてしまいます。 自生地ではですが、日本では一年草扱い。 であれば戸外で越冬できます。 また秋までにてした小さな株を冬の間室内で管理して越冬させることも出来ますが、普通は面倒なのでそこまでしません。 とは性質が違います ブルーサルビアのであるセージは耐寒性が強く、マイナス5度程度の寒さになっても枯れません。 ブルーサルビアもラベンダーセージも学名上は「サルビア・ファリナセア」になります。 ですが、こちらの「ブルーセージ」は寒さに弱いです(といっても、霜に当たらなければ越冬しやすい)。 草丈30cmから60cm 北アメリカ原産の一年草。 アメリカのテキサス州・メキシコに自生する。 暑い地域…というか乾燥した気候のラベンダー。 だから寒さに弱いし、日本の多湿にも弱い。 日本には昭和に入って渡来したらしい。 ラベンダーにも似た青紫のサルビア。 白い品種も会って「ホワイトサルビア」として流通しています。 背丈は25センチ~50センチほどで、長期間花をつけるのですが、梅雨から夏の間は暑さと湿気で花つきが悪いです。 梅雨の時期に風通しのいい状態を保てていないと、花が満足に咲かないうちに枯れてしまうことがありますが、条件さえ揃えば、長く楽しめるガーデニング品種です。 関係記事・人気記事 ラベンダー ラベンデュラ属 バジル メボウキ属 シソ シソ属 ローズマリー マンネンロウ属.

次の

ブルーサルビア

ブルー サルビア 育て 方

ブルーサルビア 写真 'ナナディープブルー' 撮影時期 2008.7.12 栽培状況 春まき後、庭植え 科名・属名 シソ科 アキギリ属 園芸分類 春まき一年草 別名 サルビア・ファリナセア 原産地 北アメリカ 用途 庭植え、鉢植え 花期 7〜11月 【ブルーサルビアについて】 ブルーサルビアは、 メキシコや米国のテキサス州、オクラホマ州原産のシソ科アキギリ属の春まき一年草です。 サルビア・ファリナセア( Salvia farinacea)とも呼ばれ、本来は宿根草ですが耐寒性がないので、園芸上は、春まき一年草として扱われます。 名前のように、ブルー系の花が多いですが白花もあります。 その一方、サルビアの仲間のスプレンデンスのような赤系の花色はありません。 丈夫で育てやすく、その花色から、初夏の花壇によく利用されます。 【栽培メモ】 基本的には と同じ栽培方法で、問題はありませんでした。 夏に切り戻しをすれば、秋にも咲いてくれるので長い間楽しめます。 花 ブルーサルビアと言うように、通常ブルーや藤青色の花がよく栽培されますが白花もあります。 花茎が長く伸び、花穂の長さは10〜20cmほどになります。 耐寒性・耐暑性 耐寒性 やや弱い 耐暑性 強い 耐暑性は強いですが、耐寒性はそれほどありません。 強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。 判断基準は、 栽培難易度 タネから育てる場合:やさしい 苗から育てる場合:やさしい やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分 学名 Salvia farinacea 学名の説明 Salvia・・・・・salvare(治癒する)に由来するセージ(sage)のラテン古名 salvia から。 タネまき 発芽適温が20〜25度と高いため、無理な早まきは控え、4月上旬〜下旬に播きます。 箱まきにして、覆土は5mm程度にします。 発芽後、本葉が3〜4枚になったら3号のポリポットに植え替えて苗を育てます。 植え付け ポリポットの底に根が回ったら、花壇やプランターなどに定植します。 定植の際、5〜6節を残して摘芯すると、枝数が増えて花がたくさん咲きます。 鉢植えの用土 市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。 株間 花壇の場合は25〜30cm、標準の60cmのプランターの場合は3株が目安です。 植え場所・置き場所 花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。 鉢に植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。 日常の管理 花後は、早めに花穂ごと切り取ります。 夏は花数が少なくなりますので切り戻しをしておくと、秋に再び花を楽しめます。 冬の管理 耐寒性が弱いとはいえ、関東以西の暖地では、農ポリでトンネルをしておけば、暖冬の年は冬を越せます。 とはいえ、タネから容易に育てることができますので、そこまでする必要はないかとは思います。 後は、花期が長いので月に1回ほど追肥します。 鉢やプランターに植える場合は、植え付け時に緩効性の化成肥料を元肥として与え、後は、1月ほどしたら2週間に1回程度液肥を与えます。 市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、元肥は不要です。 病気・害虫 アブラムシやハダニが付くことがあります。 見つけたら早めに薬剤を散布しておきます。 このページのトップに戻ります。 一覧に戻ります。

次の

宿根サルビア:アメジストセージ、メドーセージ、ブルーマジェスティ

ブルー サルビア 育て 方

宿根サルビア の育て方 とても丈夫 病知らず 虫つかず 健康優良児のサルビア達です。 気になるポイントはただ一つ 冬越しすると大株に育ちます そして 巾も背丈も・・・かさばる花なのです。 庭の広さ足りますか まわりの花とおりあいつきますか 自らを支えきれず倒れてきます その手当はどうしましょう これを クリア出来たらもう見事な秋の庭!あなたのものに。 また ボリュームもあり花期も長い花なので 追肥与えるように と園芸書言ってます。 でしゃばり園芸アドバイス 1.一度は大株で豪華なサルビアの秋楽しもう。 2.大株の存在こまるなら 株分けで小さく 挿し木で小さく 新しい苗で小さく そこそこのサルビアも咲いてる秋の庭!造り 3. あまり大きくしないやり方がある! 7月中旬まで 芽が伸びてきたら摘心(ピンチ)し 各枝を10cmくらいにする。 大きくなりすぎず おまけに花もたくさん咲かせる・・・そうです。 こんな良いことしないてはない! 7月中旬までというのは花芽がつくのが短日になってから だからなのですね。 それまでに花芽つける枝をたくさん 分枝させておこう。。。 ということなのでしょう。 この 花芽がつく時期と 摘心・剪定時期というのは 花咲かせたい ガードナーの重要チェック事項だと思います 摘心(ピンチ)とわたし 天敵関係にあるので つらいつらい でも理屈わかったから 来年こそ! あなたはもうぜひ頑張ってね。

次の