ジャンムー カシミール。 ラダック

砂曼荼羅の世界—ジャンムー・カシミール州・レー

ジャンムー カシミール

英語版記事の機械翻訳されたバージョンを(各言語から日本語へ)。 Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、を参照ください。 に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 詳細は「」、「」、「」、「」、および「」を参照 から際、を統治していたの藩王は ()を表明し、ジャンムー・カシミール藩王国はインド領のとなった。 しかし、が住民の多数を占めていたことからパキスタンも領有権を主張し、帰属権を巡ってが勃発した。 に制定された ()でジャンムー・カシミール州には特別自治権 が認められてきたが、インド政府はにこの特別自治権を剥奪する大統領令を公布 し、通信などを制限した した。 また、インド政府はに ()を提出、かねてから特別自治権の撤廃を主張してきた の賛成で承認され、8月9日に成立した。 これに対して抗議するデモ隊と治安部隊の衝突などが起き 、パキスタンは住民への人権侵害と反発した。 ジャンムー・カシミール州再編成法の規定により、ジャンムー・カシミール州は2019年10月31日付けで廃止され、と ジャンムー・カシミール連邦直轄領とに分割された。 地理 [ ] ジャンムー・カシミール連邦直轄領の地形図 ジャンムー・カシミールにはやタウィ渓谷、シェナブ渓谷、プンチュ渓谷、、などの渓谷がある。 カシミール渓谷は幅100キロメートル、面積15520. 3平方キロメートル、平均標高はおよそ1,850メートルである。 とは北東部でにより隔てられている。 また、渓谷の南部から西部にかけては平均標高約3,000メートルの ()があり 、とカシミール渓谷を隔てている。 や、ラービー川、タウィ川、シェナブ川は領内を流れている。 地方行政区分 [ ] ジャンムー・カシミール連邦直轄領はとの2地方から構成され、さらに20の県に細分される。 87 430 755,331 1,371 537 SR 1,250,173 2,228 640 297,003 259 150 385,099 398 1100 1,015,503 4,588 305 KU 875,564 2,379 370 合計 6,894,279 15,948 主要都市 [ ] 夏季の州都は、カシミール地方最大の都市でインドの支配地域にある。 冬季の州都は市(ジャンム、ジャムとも表記されるが、原語で語末の音節は長母音である)。 (Srinagar):夏季の州都• (Jammu):冬季の州都 注釈 [ ]• Desk, The Hindu Net 2017年5月8日. The Hindu. 2019年2月23日閲覧。 Publications. americanalpineclub. org. 2019年2月14日閲覧。 Khan, N. 2012-08-06 英語. Springer. 184. 2019年2月23日閲覧。 Aggarwal, J. ; Agrawal, S. 1995 英語. Concept Publishing Company. 2019年2月23日閲覧。 Bhadrawahi. 2019年8月6日閲覧。. Bateri. Crane, Robert I. 1956 English. Area Handbook on Jammu and Kashmir State. University of Chicago for the Human Relations Area Files. 179. "Shina is the most eastern of these languages and in some of its dialects such as the Brokpa of Dah and Hanu and the dialect of Dras, it impinges upon the area of the Sino-Tibetan language family and has been affected by Tibetan with an overlay of words and idioms. Pakistan's "Burushaski" Language Finds New Relatives. 2019年8月6日閲覧。. Simons, Gary F. ; Fennig, Charles D. 2017 English. Ethnologue: Languages of the World, Twentieth Edition. Dallas:• 2014年4月7日. 2014年4月8日閲覧。 2019年8月5日. 2019年8月5日閲覧。 2019年9月5日. 2019年9月6日閲覧。 2019年8月16日. 2019年11月20日閲覧。 2019年8月30日. 2019年11月20日閲覧。 2019年9月20日. 2019年11月20日閲覧。 2019年8月10日. 2019年8月10日閲覧。 2019年8月7日. 2019年8月10日閲覧。 Vij, Shivam 2017年5月5日. 2019年8月9日閲覧。 Guruswamy, Mohan 2016年9月28日. 2019年8月9日閲覧。 Andrei, Mihai 2019年3月11日. GME Science. 2019年8月9日閲覧。 2017年12月21日. 2019年8月9日閲覧。 Khan, Asma 2018年4月26日. 2019年8月9日閲覧。 2015年12月15日. 2019年8月9日閲覧。 Agencies 2019年7月29日. 2019年8月9日閲覧。 2008年12月8日時点のよりアーカイブ。 2008年8月28日閲覧。 外部リンク [ ].

次の

カシミール紛争

ジャンムー カシミール

背景 [ ] 地域は紛争地帯であり、との両国がそれぞれ実効支配を行ってきている。 1980年代後半、インドの実効支配地域で反乱が増加し始めた。 反乱の原因の1つは、 1987年の州議会選挙における談合であり 、パキスタンは反乱に物資面での支援を提供した。 1989年以降、これらの反乱とインドによる弾圧で約70,000人が殺された。 2015年以降、パキスタンに拠点を置くカシミールの過激派組織は、自爆テロ行為を活発化させた。 2015年7月、3人の武装集団がグルダースプルの警察署を攻撃。 2016年1月、4〜6人の武装集団がパタンコート空軍基地を襲撃した。 2016年9月には、武装集団4人がウリにあるの宿営地を襲撃し 、19人の兵士が死亡した。 攻撃 [ ] 2019年2月14日、 からに2,500人を超える中央警察予備隊() の人員を輸送するための78台の車両が国道44号線を走行していた。 輸送船団は現地時間3:30頃にジャンムーを出発したが、2日前に高速道路が閉鎖されたために交通量が多かった。 輸送船団は日没前に目的地に到着するように予定であった。 現地時間15:15頃、アワンティポラに近いレアポラで 、保安警察が乗るバスに爆発物を乗せた車が突撃し、爆発を引き起こした。 第76大隊に所属する40人保安警察隊員が死亡し、他多数の隊員が負傷した。 負傷者はスリナガルの陸軍基地病院に移されました。 パキスタンに本拠を置く過激派組織のによって、犯行声明が出された。 同組織は22歳で1年前に組織に加わった襲撃者であるアディル・アフマド・ダールのビデオも公開した。 パキスタンは関与を否定したが、ジャイシュ=エ=ムハンマドの指導者であるマスード・アズハルは同国で活動していることが知られている。 事件後、インド空軍が報復として48年ぶりに実効支配線を超えてパキスタン国内で空爆を行った。 The Economic Times. 2019年3月16日閲覧。 Time. 2019年2月18日時点のよりアーカイブ。 2019年2月22日閲覧。 62—63, 73. International Security 21 2 : 103. ABC News 2019年2月15日. 2019年2月26日時点のよりアーカイブ。 2019年2月22日閲覧。 2015年7月28日. 2019年8月20日閲覧。 Ankit Panda 2016年9月19日. The Diplomat. 2018年11月16日時点のよりアーカイブ。 2019年8月20日閲覧。 2016年1月2日. 2019年8月20日閲覧。 2016年9月18日. 2019年8月20日閲覧。 Rajeswari Pillai Rajagopalan, 16 February 2019 at the. , The Diplomat, 15 February 2019• The Times of India 2019年2月15日. 2019年2月15日時点のよりアーカイブ。 2019年2月15日閲覧。 BBC News. 2019年2月14日. の2019年3月1日時点におけるアーカイブ。 2019年2月15日閲覧。 BBC 2019年2月16日. 2019年2月15日時点のよりアーカイブ。 2019年2月16日閲覧。 2019年2月15日. 2019年2月15日時点のよりアーカイブ。 2019年2月15日閲覧。 Sharma 2019年2月15日. 2019年2月15日時点のよりアーカイブ。 2019年2月15日閲覧。 2019年2月15日. 2019年2月16日時点のよりアーカイブ。 2019年2月16日閲覧。 Dutt, Barkha. English. の2019年2月17日時点におけるアーカイブ。 2019年2月17日閲覧. "Two decades later, Masood Azhar has not been brought to justice. 2019年2月26日. 2019年10月13日閲覧。

次の

ジャンムー・カシュミール藩王国

ジャンムー カシミール

歴史 [ ] 、の領主である、は、でイギリスに味方し、講和に尽力した。 グラーブ・シングは第一次シク戦争の講和条約締結後、を締結し、イギリスよりシク王国から割譲されたを与えられ、ジャンムー・カシュミール藩王国が成立した。 、によって、それぞれ藩王国はいずれかの側に帰属することを迫られていた。 だが、が武力介入してきたことで、同年にカシュミール藩王はへの帰属を表明した。 また、同時にインド政府に派兵を求めた。 これが()の発端で、以後、、、 ()まで争っている。 今現在もこの藩王国の領土はインド・パキスタンの係争地である。 歴代君主 [ ]• 285• チャンドラ『近代インドの歴史』、p. 285• 1930. London: Martin Hopkinson Ltd. 112. at opsi. gov. Victoria Schofield. Kashmir in conflict: India, Pakistan and the unending war. 285 参考文献 [ ]• 、栗原利江訳 『近代インドの歴史』 山川出版社、2001年。 関連項目 [ ]•

次の