膵臓 の 病気。 膵のう胞性腫瘍(IPMN、MCN):膵臓の病気と治療

膵臓の病気が増加している!知っておくべき3つのポイント

膵臓 の 病気

急性すい炎、慢性すい炎、すい臓炎、すい臓がん、膵臓癌など。 すい炎と胆石症の痛みも心臓の痛みとして間違えられる腹部の臓器由来の胸痛です。 急性すい炎、慢性すい炎の胸の痛みと症状、、胆石症の胸の痛みと症状について。 すい臓が悪いときはすい臓自体が悪い場合と自律経失調症が考えられます。 すい臓の病気と自律経失調症の症状は似ています。 糖尿病と倹約遺伝子の関係について、日本人は欧米人に比べて、肥満は少ないけど、糖尿病にかかる人が多いと言うことでした。 糖尿病、予備群含め1870万人になったという厚生労働省の発表がありましたね。 前回、4年前の調査に比較して250万人も増えているとのことです。 低インシュリンダイエットというのがありますが、 糖尿病の人が低インシュリンダイエットをして効果があるのでしょうか? という質問をいただきましたので、低インシュリンダイエットについて調べました。 インスリン抵抗性の高い場合の治療としては、運動療法がありました。 それと、忘れてはならないのが、食事療法です。 つまり、体脂肪が蓄積しないようにすることが... インスリンは血糖を下げる働きをしますが、インスリン作用が悪い、つまり、インスリン抵抗性が高い場合には、肝臓では糖の放出が盛んに行われ、筋肉では糖の取り込みが減ることにより、高血糖をもたらします。 そこで、インシュリン抵抗性の高い場合の治療と... インスリン値が高いとき(高インスリン血症)に身体に及ぼす影響をお話してきましたが、 じつはこれら以外にも大きなリスクがあると厚労省研究班が発表しているのです。 高インスリン血症は、インスリンの過剰な生産が糖尿病発症のきっかけとなる以外に、アンドロゲン(男性ホルモン)の分泌、動脈硬化などいろいろ影響があります。 インスリンは血糖値コントロールやエネルギー確保をするうえで、欠かすことのできないものです。 doremi3. html では、インスリンがうまく作られなくなるとどうなる... すい臓の病気で忘れてはならないのが糖尿病です。 糖尿病はすい臓のインスリン(インシュリン)というホルモンに関わる病気。 インスリンの働き、血糖値との関係について紹介 すい臓がん(膵臓癌)の治療法には外科治療、化学療法、放射線治療の3つの治療法があります。 患者さんのすい臓がんの状態に合わせた治療を行うために、これらの3つの治療を、単独で、または幾つかの治療を組み合わせます。 1.外科的治療 外科治療と... がん(腫瘍)は、体内の細胞の一部が突然異常分裂をおこし、異常に増殖する病気です。 体内にがんができると、健康時にはほとんどなかった特殊なタンパク質や酵素、 ホルモンなどが血液中や尿中で増えることがあります。 このがん細胞が生み出してくる特... 前回は、すい臓がん(膵臓癌)の画像検査についてお話ししました。 今日は、すい臓がん(膵臓癌)の血液検査についてです。 しかしながら、血液検査は、残念ながらすい臓はがんが進行してから上昇することが 多いため、小さな初期のがんの発見にはあまり役... すい臓がんは症状が現れにくいので、発見がなかなか難しいとお話ししてきました。 それに加えて、すい臓がんは、胃がんや大腸がんなどのように消化管の内側にできる がんではないので、内視鏡で直接にがんを見つけることができないのです。 また、しみこ... すい臓がんの自覚症状は早期ではほとんどありません。 すい臓がん特有の症状がないため、他の病気の検査の時に見つかることがよくあります。 すい臓にできるがんの約90%以上が外分泌の働きを持つ細胞、特に膵液が流れる 膵管の細胞から発生するがんです。 ふつう、すい臓がんと呼ばれるのは、このがんのことを指しています。 がんの発生部位によって、頭部がん、体部がん、尾部がんと呼びます... すい臓に負担をかけない生活について具体的に、どんなことに気をつけたらいいのかをまとめて紹介します。 メルマガ読者のHさんから、慢性すい炎の検査についての質問がありました。 *********************************** 今回は慢性膵炎のお話でしたが、私は毎年一般血液検査と、糖尿病の血液検査を 行っていますが、この... 慢性すい炎の症状の特徴はすでにお話ししましたが、 その他の慢性すい炎の症状としては、体のだるさ、吐き気や嘔吐、食欲不振、下痢などがあります。 これらは、すい臓の機能が低下して、すい液の分泌量が減少すると、食物の消化が不十分になるために起こっ... 慢性すい炎の主な症状と特徴。 激痛だけでなく、無痛の場合もあるので注意が必要。 慢性すい炎の原因と症状について。 慢性すい炎と生活習慣、飲酒(アルコール)、喫煙(タバコ)との関連。 急性すい炎の主な症状、激痛、吐き気、嘔吐、発熱について。 重症急性すい炎の症状とは。 急性すい炎は何かの原因ですい液がスムーズに流れなくなり、すい臓自体を消化して起こる病気です。 急性すい炎を起こす原因について。 すい臓も肝臓と同じくとても我慢強い臓器で70〜80%のダメージを受けないと腹痛とか脂肪性下痢といった自覚症状が現れません。 早期発見が困難な病気です。 すい臓は、胃酸を中和し、三大栄養素の消化酵素を分泌することで 食べ物の消化になくてはならないものです。 すい臓の役割 その1 食べ物の消化 膵臓には、これ以外にもまだ、大切な大きな役割があるのです。 今や国民病とよばれるようになった「... 口から取り込まれた食べ物は、胃でおおざっぱに砕かれて、 十二指腸に送られてきますが、胃の内容物は胃酸により強い酸性です。 そのままでは小腸から栄養分として吸収することができないので、 より細かく分解することと、酸性度を弱めることが必要にな... 胆のうと切り離して考えられないのが、すい臓です。 すい臓も胆のうと同じく、食べ物の欧米化に伴い、病気が増加傾向にあります。 すい臓の病気の特徴は、やっかいなことに、70〜80%のダメージを受けてはじめて 症状が現れてくるため、発見された時に...

次の

膵臓

膵臓 の 病気

膵臓の病気が年々増加しており、膵臓癌による死亡者数も増加傾向にあります。 膵臓の病気はどうして増えているのか、膵臓にはどんな病気があるのか知っておきましょう。 疑われる症状がある場合は専門医を受診する必要があります。 膵臓癌が疑われる場合は消化器内科を受診することをお勧めします。 「膵臓(すいぞう)はどんな臓器ですか?」と聞いて答えられる人は少ないのではないでしょうか?聞いた事はあるけれど、どこにあるのか、どんな働きをしているのかははっきりしない…。 そんな人が大半だと思います。 それほど、膵臓はメジャーではない臓器といえます。 しかし、膵臓は私たちの体の中で非常に重要な役割を果たしているのです。 膵臓の大きな役割のひとつに消化液の分泌があります。 食べ物の消化が胃で行われることはよく知られていますが、膵臓からも消化に欠かせない多くの消化液が分泌されています。 また、血液中の血糖値を調節するインスリンやグルカゴンといったホルモンの分泌を行っているのも膵臓なのです。 ですから、この膵臓に病気が発症して機能が低下すると、全身にさまざまな悪影響を及ぼすのです。 近年、膵臓の病気が増加傾向にあります。 これは生活習慣病の増加と同様で、食生活の欧米化によって肉類や脂肪分の摂取が多くなったことが大きな原因となっています。 また、お酒の摂取量が増えていることものひとつと考えられています。 膵臓の病気には急性膵炎や慢性膵炎などがありますが、これらの病気は上記の理由に加えて、ストレスや不規則な生活、肥満なども発症リスクになります。 膵臓癌も増加傾向にあり、2013年の臓器別がん死亡率では肺がん、胃がん、大腸がんに次いで、膵臓癌が第4位になっています。 長年第4位だった肝臓がんを上回ったことを考えると、膵臓癌の増加傾向が見てとれます。 膵臓癌の死亡数が多い理由のひとつに、膵臓が体の奥深くにあるため病気のが難しいという理由があります。 はほとんどなく、自覚できるが現れて発見された時にはすでに進行が進んだ状態()であることが少なくありません。 しかし、最近ではは技術が格段に進歩しており、超音波検査や内視鏡検査、CT、MRIなどによって多くの情報が得られるようになりました。 その結果、早期発見・早期治療が可能になるケースも増えてきましたが、やはり膵臓癌は発見しづらい癌に変わりありません。 健康診断で「要精密検査」といわれたり、普段から気になる症状がある人、となるリスク群に当てはまる人は、すぐに精密検査を受けるようにしましょう。 膵臓は比較的マイナーな臓器であるため、その病気もあまり知られていません。 しかしながら、膵臓は消化液の分泌や血糖値をコントロールするホルモンの分泌など非常に重要な役割を担っているため、病気によって膵臓の機能が低下すると、全身に大きな影響を及ぼします。 膵臓の代表的な病気として、急性膵炎、慢性膵炎、膵臓癌が挙げられます。 急性膵炎は膵液に含まれている消化酵素によって膵臓自体が消化されてしまう病気で、激痛や下痢、嘔吐を伴います。 慢性膵炎は膵臓に慢性的な炎症が起こることで細胞が線維化し、膵臓の機能が低下する病気です。 急性膵炎は膵臓の機能低下を起こしませんが、慢性膵炎による機能低下は一方通行であり、低下した機能が元に戻ることはありません。 膵臓癌は近年着実に患者数が増加しており、2013年の部位別がん死亡率でも肝臓癌を抜いて第4位になっています。 膵臓癌は初期症状が非常に乏しく、症状があったとしても膵臓癌に固有の症状ではないため、早期発見が非常に難しい癌の1つです。 このほか、膵臓内に嚢胞(のうほう)ができる膵嚢胞という病気もあります。 嚢胞とは袋状の物質で、中は液体や半流動体で満たされています。 膵嚢胞ができる原因はさまざまですが、良性の場合がほとんどです。 しかし、稀に悪性の嚢胞ができる場合もあり、悪性もしくは悪性が否定できない場合は治療が行われます。 関連記事.

次の

膵臓の病気の種類と症状について

膵臓 の 病気

急性膵炎 急性膵炎とは、膵液に含まれる消化酵素によって 膵臓自体が消化されてしまう状態を言います。 急性膵炎になると、 お腹の真ん中あたりから背中にかけて激痛が走り、 下痢、嘔気、嘔吐といった症状が出ます。 しかし、胃腸障害でも同様の症状が出るため、これらの症状が出たからと言っても胃腸障害として捉えられてしまうことも少なくありません。 対処法 急性膵炎の場合、 絶飲絶食による膵臓の安静が第一です。 食べることも水分と取ることも膵液の分泌を促し、急性膵炎を悪化させてしまうため絶飲絶食が必須です。 また、絶飲絶食で水分も栄養も不足してしまうため点滴で水分と栄養を補います。 腹痛などの痛みに対しては、鎮痛薬を使用します。 関連記事: スポンサーリンク 慢性膵炎 慢性膵炎とは、膵臓の炎症が持続して細胞が線維化し膵臓の機能が低下する状態を言います。 急性膵炎では膵臓の機能が低下することはほとんどありませんが、 慢性膵炎の場合、膵臓の機能が低下します。 膵臓の機能は 一度低下してしまうとその機能が元に戻ることはありませんので、早期治療が必要です。 症状としては、 上腹部、腰、背中に痛みが出ます。 また、状態により、 嘔気、嘔吐、食欲不振、腹部膨満感の症状が出る場合があります。 ただ、これらの症状は、胃腸障害でも見られるため、胃腸の問題としてとらえられ、治療が遅れることも少なくありません。 慢性膵炎では、 背中の真ん中あたりを軽く叩くと、背中からお腹にかけて広がるような痛みが出るのが特徴です。 上腹部の痛みは、食後や飲酒後に出ることが多いですが、突然痛みが出ることもあります。 稀に痛みが出ないこともあります。 これらの症状は、膵臓が機能している時に出て 膵臓の機能が低下すると出なくなります。 そのため、症状が消えたからと治ったと誤解され治療が遅れる場合があります。 対処法 スポンサーリンク 膵嚢胞 膵嚢胞とは、膵臓内に嚢胞(浸出液などの液体が入った袋状のもの)ができる状態を言います。 膵嚢胞は、症状がなく、良性のものがほとんどですが、稀に悪性の嚢胞ができる場合もあります。 悪性の嚢胞の場合、膵液そのものの流れが悪くなり、急性膵炎の原因となりますので注意が必要です。 対処法 良性の場合は特に治療は行いません。 悪性の嚢胞の場合、嚢胞を切除する手術を行います。 膵臓癌 膵臓癌とは、膵臓にできる癌を言います。 初めのうちは症状が出ないことが多く、発見されたときには手遅れということもあります。 膵臓癌は、症状が出たとしても、 食欲不振、体重減少、上腹部痛、腰痛、背部痛、黄疸といった胃腸の問題の症状と似ており、早期発見が難しいのが現状です。 対処法 癌を切除する手術、放射線治療、抗がん剤治療を行います。 しかし、発見された時には手遅れのこともあり、手術できるのは全体の約40%と言われています。 スポンサーリンク 膵島腫瘍 膵島腫瘍とは、内分泌異常が原因で代謝異常を引き起こす状態を言います。 膵島では、インスリン、グルカゴンなどの8種類のホルモンを分泌しますが、膵島腫瘍ができるとインスリンが過剰に作られてしまうことが多く、低血糖の状態となり、 意識障害、ふらつき、全身倦怠感、脱力感、発汗といった症状が出ます。 対処法 腫瘍を切除する手術を行います。 ただ、悪性腫瘍ですでに他の臓器に転移していて手術ができないこともあります。 その場合には抗ガン剤治療を行います。 関連記事: まとめ 膵臓は症状が出ないこともあり、症状があっても胃腸の症状とよく似ているため様子見をしてしまい、発見された時にはすでに手遅れになっていることもあります。 飲酒(アルコール)は膵臓に負担をかけますので、お酒をよく飲む人で今回紹介した症状に心当たりがあるる場合は、一度病院にいって診察を受けることを強く勧めます。 膵臓の病気は命にかかわる可能性も大きいので、そのまま放置せずに早めに医療機関を受診しましょう!.

次の