デスノート c キラ。 『デスノートCキラ編』期間限定公開!デスノート所有者に頭脳より必要な素質とは!?

『デスノート』新作読切<aキラ編>の感想とか考察メモ|HAL’s Blog

デスノート c キラ

つい先日、7月13日、ジャンププラスにて、2008年以来11年ぶりに『デスノート』の新作読み切りが掲載されました。 本当に、この作品は奥が深いな~と改めて思い出しました。 今回、小畑先生の画業30周年という事で、小畑健先生の個展が開かれるのに合して、『デスノート』の新作読み切りが掲載されました。 さて今回は、11年前の『デスノート』の読み切りに関する記事です。 まだジャンププラスで読めるので、読みたい方は今すぐダウンロードです!!• 『デスノート』読み切り2008年Ver 『デスノート』自体は、2006年の時点で終わっています。 ニアたちが勝利し、キラである夜神月は死にました。 つまり、この2008年の『デスノート』の読み切りは、原作の『デスノート』のその後が描かれています。 これを、神!!と崇めるものも世界に多く存在しましたが、ニアからは最後、 「人殺し!!」 と、罵られ、夜神月は壮絶な最期を迎えました・・・ この2008年読み切りは、その後の物語。 再び、世界にデスノートが舞い降りたという設定です。 そして、日本は長寿国1位から6位に陥落する・・・ 多くの老人が殺されていく。 キラ復活を信じる者たちが出て来て、ネット上には、死にたい老人たちが現れる始末・・・ 世間でも、65歳以上の老人の異常な死亡率の高さに異変を感じ始める。 3年前、ニアと共に夜神月を追い詰めた捜査班たちは、 あの時、ニアが燃やしたノートは偽物だったんじゃないか? もしくは、新たに死神がノートを持ち込んだか? 色々、予測を立てている。 だから悪人として考えられる。 しかし、今回の場合、死亡しているのは、ほとんどが貧困や病気に苦しんで、無理やり生かされている老人たちばかり・・・ 彼ら老人は、自ら死を望んでいた。 100%デスノートの仕業と考えている。 ニアは、かつて一度だけパソコン越しにエルと会話した時のことを思い出している。 ワイミーズハウスにて、子供たちの質問にエルが答えていく。 その時、エルは、なぜ難事件を解決するのかというと、それは単なる知的好奇心だと答える。 自分にとっては、遊びの延長線上であると・・・ だから、自分は自分の興味の持った事件しか手を出しません・・・ そんなエルをニアは尊敬していた。 だからこそ、ニアは考えている。 エルならどうするか・・・ 一方、死神界では・・・ どうやら今回、デスノートを人間界に持って行ったのはミードラという死神。 人間界では、さくらTVがキラ特別番組を放送している。 その中でゲストに来ていた若者たちは、なぜ65歳以上の老人だけが死んでいくのか?と疑問を持っている。 老人だけでなく、死にたい若者だって多くいる。 キラとなら戦うが、この事件には関与しません!! 私は、キラの殺人方法をほぼ解明しました。 おそらく、今回の犯人も同じ方法で殺人を行っています。 私は、この犯人には興味を持てない。 ミードラ曰く、ノートの所有者は、エルの生放送を聞いた後、 真っ青になって、3日ぐらいボーっとして、奇声を上げて、ノートに自分の名前を書いた・・・と それを聞いて、リュークは夜神月の発言を思い出す。 ニアはクズだと言い切りましたが、現代の日本の高齢化社会の現状を踏まえると、正直、今回のキラの行いが100%間違いかどうかは断言できないんですよね~ 現代の日本社会において、高齢化問題により、年金問題、介護問題などで、若者世代にかなりの圧迫が来ています。 それにより、若者世代の貧困化が進み、経済的に苦しくなり、結局子供を産まないということになっていき、 それが少子化にもなり、日本の働き手の人口が減少し、経済が立ち行かなくなり、ますます、この負のスパイラルが激しくなってきているというのが現状です。 この読み切りは2008年ですが、それから11年後の2019年現在、この傾向はさらに進み、悪化しています。 これは正義に反するのかもしれませんが、デスノートによる高齢者殺しも、あながち間違ってはいないのかもしれません・・・ ただ単純に、キラにおびえる世の中もイヤですけどね~ デスノートの所有者に必要なもの 今回の犯人にニアは興味を持ちませんでした。 これは、今回のキラに強い信念が無く、興味をわかなかったから・・・ 結局、今回のキラにデスノートを持つ資格がなかったという事でした。 最後らへんは、若干暴走していましたが・・・ 何としてでも、自分は新世界の神になるのだと・・・ エルに何を言われても、最後までこれだけは曲げなかった。 人殺しと言われて、罪悪感を感じているようじゃ、もうダメなんでしょうね~ 夜神月曰く・・・ 何を言われても、自分が正しいと信じきる強い精神力が必要なんだな~.

次の

月の死には矛盾がある?デスノートのラストを考察してみた

デスノート c キラ

このページの目次 OPEN• 1.「デスノート」の最終回が衝撃的だった… デスノートはアニメや映画などで、まったく違った最終回を迎えています。 まずは、原作の最終回がどのような形で終わったのか、以下から紹介しますね。 Lの後継者候補として、夜神月の前に立ちはだかったニアとメロ。 メロは途中で殺されてしまいますが、ニアは夜神月を追い詰めます。 夜神月はその状況でも切り札(リューク)がいるため、 強気になり自分がキラだと白状。 ところが彼が考えていた作戦は次々に失敗し、リュークに助けを求めるも 土壇場で裏切られました。 リュークはデスノートに夜神月の名前を書き、生きる事への執着心を見せながら心臓麻痺でこの世を去りました。 こうして、原作の物語は幕を閉じます。 「アニメ版」デスノートの意外な最終回 アニメ版は基本的には原作通りに話が進みますが、最終回は違った形になりましたので、以下から紹介します。 ニアとメロの予想外な頭脳に後手に回った夜神月ですが、ギリギリの所で持ちこたえていました。 ところが、ニアに追い詰められた夜神月は、持っているデスノートに全員の名前を書きます。 しかし彼が持っていたデスノートは偽物と判明し、夜神月がキラだと全員にバレてしまったのです。 腕時計にしかけていた本物のデスノートの切れ端に、夜神月は名前を書こうとします。 松田がその行為を見逃さずに銃撃し、夜神月は致命傷を負ったんですね。 死神はデスノートの所持者が死亡するとき、 ノートに名前を書くのがルール。 リュークはデスノートに夜神月の名前を書き、彼の人生は幕を閉じました。 スポンサーリンク 3.「ハリウッド版」デスノートが迎えた驚きの最終回 デスノートはハリウッド版で映画が製作されており、 最終回が原作と大きく異なります。 夜神月は、自分が持っているデスノートにLの名前を書き殺害に成功。 殺したと思われましたが、実はLは別のデスノートに自分の名前を書いていました。 別のノートに同じタイミングで同じ名前が書かれたとき、効力は無効になるというルールを使ったのです。 夜神月は、Lが死んだと思い、もう敵は誰もいないので正体を打ち明けます。 松田に正体がバレ、デスノートに名前を書こうとしましたがそれを阻止されました。 最終的には、リュークにも見放され 父親の腕の中で心臓麻痺により死亡します。 スポンサーリンク 4.「ドラマ版」デスノートのヤバすぎる結末 日本では実写映画版が制作され、結末がヤバすぎると話題になっているので紹介しますね。 原作とは少し雰囲気が異なりますが、連続ドラマにしては構成がしっかりしていると話題を集めました。 最終回も原作とは大きく異なっているので、以下から紹介しますね。 主人公・夜神月を救おうとしたLが死亡し、夜神月は自分の存在に気付いた父親をも手にかけてしまいました。 邪魔者であるメロを片付けるためには、どうしても 「死神の目」が必要。 夜神月を「神」と慕う魅上を利用して、メロを追い詰めていったのです。 ところが、メロのもう一つの人格「ニア」が、デスノートをすり替えたので夜神月は、 自分がキラであるとバレます。 激情した夜神月は、本物のデスノートをニアから奪い返そうとしますが、松田の銃撃に倒れました。 激怒した魅上が一面にガソリンをまいて火をつけ、夜神月もLもその場で死亡。 なんともショッキングな最終回となりました。 スポンサーリンク 5.最終回から読み取れる今後の予想 デスノートの最終回から、 「死神編」に今後は突入するのではないかと予想されています。 死神界について、詳しく取り上げられていませんし、どうしてデスノートが誕生したのかも不明。 死神大王の働きなども注目できるので、夜神月の才能が見込まれ死神になって話がスタートすると考えられています。 まとめ ここでは、 デスノートの衝撃的な結末と今後の予想について紹介していきました。 原作やアニメ、さらにはドラマなどで最終回の結末が大きく異なっています。 そのため原作から慣れ親しんでいる人は、違和感を感じるケースが多くよく話題になっていました。 原作が終了してから10年以上が経過していますが、根強い人気があるので新しいアニメなどが放送されるかもしれません。 そしたら、最終回はまた違った形になるでしょうから楽しみにしたいですね。 関連ページ デスノートに登場する「キラ」は、少年誌の歴史に名を残すほどインパクトのあるキャラクターです。 何せ堂々と人を殺し、それが新しい世界秩序のためには必要との認識を示しているほどですからね。 そんなキラですが、正体が意外なのをご存… デスノートに登場する「リューク」は、アニメや劇場版でも登場しますが、なんと実写版にも出てきます。 と言っても誰かがキャスティングされている訳ではなく、完全CGで制作されており「声優」が起用されているんですね。 そんなリュークの声優ですが、誰が担当しているのか… 漫画のタイトルにもなっている「デスノート」は、書いた人間を殺せる恐ろしい道具です。 単純にそのままですと話が展開していかないので、作り込まれたルールが存在しています。 そんなデスノートですが、裏設定があるのをご存知です….

次の

『デスノート新作読み切り』名前を書かない使い方でニアを負かした青年の話

デスノート c キラ

DEATH NOTE(デスノート)は2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』で掲載され、社会現象にもなったサスペンスマンガです。 現在全12巻とガイドブックが発売されています。 作者は原作者 — 大場つぐみ・作画 は小畑健。 漫画原作者の大場つぐみさんですが、漫画家でもあるみたいです。 作品は名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し自分の理想の世界を作ろうともくろむ高校生夜神月と、世界一の名探偵・Lとその仲間による頭脳戦、いつも予想を裏切る展開に誰もが手に汗をにぎった作品です。 これほど有名なので知らない人はいない、デスノート。 終わってから以外と年数が経っているんですね。 「デスノート」あらすじと見所 ネタバレ注意をちょっとだけ! デスノートとは死神リュークが人間界に落とした、「ノートに名前を書かれた人間は死ぬ」危険なノート。 このデスノートを一人の高校生夜神月(やがみらいと)が拾います。 夜神月はその力を試すため「デスノート」に犯罪者の名前を書きこみます。 そしてその後突然、テレビに写っている犯罪者が苦しみだし、心臓麻痺で死亡、それを目の当たりにする夜神月。 デスノートの力を知った夜神月は「デスノート」を使って世の中を変えることを決意し、犯罪者達を次々と「心臓麻痺」で殺害していきます。 そして夜神月は「僕は新世界の神になる」と「キラ」と名乗るようになります。 ある日夜神月の前に死神が姿を現します。 死神リュークは夜神月のすることをただ傍観するのみ。 唯一彼が告げたことは、「ライトが死ぬ時・・・・リュークがライトの名前をノートに書く事になる」ということだけ。 そのうち、世界中でおこる不可解な犯罪者の死に疑問を抱いた世界的探偵通称「L」が現れます。 ここからLとキラとの対戦がFBIや日本の警察をも巻き込んで始まります。 どんどん狂気に変わっていくキラと追い詰めていくL。 FBIや警察に対抗するため「キラ」はデスノートを使ってのFBIの捜査官の殺人を繰り返していきます。 このころ、Lはキラが東京の関東にいることをつきとめます。 その犠牲者となった、FBI捜査官のレイ・ペンバーの婚約者の南空ナオミは、キラが心臓麻痺以外でも殺せる事を知ります。 Lはどんどんキラを追い詰めていきます。 ここで、第2の「キラ」弥海砂が登場します。 彼女もまたデスノート所有者です。 弥海砂死神の目を使って、夜神月に接触します。 (でも彼女のデスノートは別の死神からのものなのです) キラの証明 Lへ監禁される キラを突き詰めたLですが、ライトをキラと証明する必要がありました。 またキラもLと対峙するため、ライトはLに自分を監禁して無実を証明することを提案します。 ここでキラは、戦略としてデスノートの所有権を手放すことを決めます。 これにより、キラ(ライト)からデスノートに関する記憶をすべて失います。 その後、第3のキラが現れ、ライトは監禁から開放されます。 第3のキラはヨツバという大企業の人間で、私利私欲のためにデスノートを使うものでした。 この第3のキラは、ライトが自分の戦略のためレムに依頼したものです。 ここから第3のキラは誰かという推理戦がはじまります。 Lとの最終対決 最終的に第3のキラをみつけだした、Lとキラたち。 結局のところ、すべてのことはキラ(ライト)の計画通りだった。 そして物語は第2のキラの弥海砂やそれについている死神、Lすべてを巻き込んでの終着は…。 この最後の対決はぜひマンガを読んでほしいと思うので書きません。 が、デスノートに第二章、Lを継ぐものと続くことを見てもらうと、みなさんのご想像通りです。。。 ちまたでは、デスノートは第一章が終わった時点でもうすでに終わったという意見もたくさんありました L名言集 「私はLです」 いきなりドストレートな宣言にびっくり!戦略なのか、単にLのストレートの性格からきたのか。。。 「好きになりますよ?」 いきなりキスされたときに切り返したせりふ(冗談?)ですが、切り替えしもド直球ですね。 さすが反応がストレートなL。 意外におちゃめさんなんですね。 「何が何だかわからない」 いつも困惑するとこのせりふが出ます。 Lの顔が怖い。。 まとめ デスノートはマンガをはじめ、アニメ、映画、ドラマと次々と公開され、社会現象にまでなった作品です。 そしてアニメ、映画、ドラマとマンガを原作にしながらも、ちょっとづつイメージも内容も変わっています。 特に最終回、終わり方がメディアによって違うので、ぜひいろいろなメディアのデスノートを楽しんでください。 2017-05-02.

次の