アイコス3 スペック。 【アイコスマルチ】IQOS3MULTIの詳しいスペックまとめ

アイコスシリーズの重さ・サイズ早見表まとめ。2.4P/3/マルチ/DUOを紹介

アイコス3 スペック

IQOS 3の付属品とスペック 凄いです。 高級感。 最近はばかり紹介していて忘れてましたが、細部の作り込みは本家がNo. 1ですね。 高価なスマホを開封する時のようなワクワク感があります。 内部はおせちの三段重みたいに分かれてまして、取り出した同梱品が以下。 際立って珍しいものはないですね。 USB充電ケーブル Type-C• ACアダプター• クリーニングツール各種 他に取扱説明書になります。 バッテリー容量は不明です。 実際計測したところ ホルダー充電 約2分20秒 予熱 約20秒 クリーニング機能が廃止になり価格は3,000円UPしてますが進化は著しいです。 IQOS3は基本2. 4Plusを踏襲したモデル、デザイン一新と充電時間短縮につき、使い勝手は確実に向上しています。 これからの購入なら新型一択とみて良いでしょう。 ちなみに公式でのホルダー充電は旧モデルより40秒短縮の3分30秒のはずなのですが、何回計測しても劇的に速くて2分20秒程度のタイムでした。 もしかしたら個体差があるのかも? 外観はスタイリッシュに! 本体のサイズは 高さ11. 47cm、幅4. 6cm、厚さ2. 288cm。 IQOS 2. 4 Plusより高さと厚みを僅かにプラスしてますが、幅をギュッと縮めたことでスタイリッシュな見た目に仕上がってます。 ホワイトの正式名称は ウォームホワイト。 手触りはマットな素材で滑りにくく、今回から採用のドア部だけ光沢があります。 カラバリは全4種 他3種はブリリアントゴールド、ステラーブルー、ベルベットグレー。 どの色味も控えめで馴染みやすいため選択に迷いそうな印象です。 IQOS3はドア開閉タイプ。 ドア下部を押すと てこの原理でホルダーが出てきます。 IQOS 2. 4 Plusまではスイッチ自動開閉のため、多用に耐えられなくどうしても故障の原因になりがちでした。 ドアタイプはスイッチやバネも使わない仕様で確実に不具合は減りそうです。 自分だけのIQOSにカスタマイズ可能 ドアカバーはマグネット固定で簡単に脱着可能。 カバーとホルダーキャップは12色販売されてまして、計576通りのカスタマイズで差別化ができます。 ホルダーの大きさにほぼ変化なし IQOS 2. 4 Plusに比べると2mmほど短いですが見た目で変化を感じません。 IQOS 3のホルダーとチャージャー分離型は今では珍しいモデルでして、デメリットは双方に充電がいるため待ち時間が必要。 これが話題になりやすいですが、メリットはホルダーの小型化です。 アイコスヒートスティックの喫煙に使うデバイスとしては、断トツで小さくとても軽いです。 キャップの取り外しがきつめに設計されてるので、片手で外すには少々難があるかもしれません。 ホルダーの変更点は下部にマグネットと丸い接点。 チャージャーにガッチリくっつく仕様で、何より今回は収納に向きが関係ないため便利です。 最近ではあらゆるデバイスで目立ち始めた USB Type-Cを初搭載。 USBコネクタの向きに関係なく差し込めるので確実に楽になります。 さらに別途で変換アダプタが。 付属のUSB充電ケーブルは当たり前にType-Cなんですが、別途で変換アダプタが1個ついてきました。 従来のType-Aもこの変換アダプタのおかげで問題なく使えます。 充電中 丸みのあるボディですよね。 幅広のLEDインジケータは4段階の充電残量を表します。 消灯は0%、現在の1つ点灯では25%。 IQOS2. 4Plusはクリーニングボタンも搭載してましたが今作では廃止。 よって1つのボタンだけ装備されてます。 さて外観はこのくらいにして、ここからは使い方と感想に入ります。 IQOS 3の使い方と喫煙した感想 吸うまでのモーションに変更点なし。 ホルダーの充電時間は40秒短縮 まずホルダーをチャージャーに格納することで充電開始。 するとLEDが点滅し、消灯すれば完了。 その時間2分20秒。 公式では3分30秒とありましたが、かなりの誤差。 これが全ての個体にあてはまるなら劇的な高速化なのですが…。 取り出してホルダーのLEDが点灯していればOK こんな感じで白色LEDが点灯すればいつでも使える状態にあり、ほっとけば消灯する仕様ですがいつでも次のステップに進めます。 スティック挿入、ボタン長押しで加熱 ブレードタイプなのでスティックは真っ直ぐ挿入。 2秒ほど長押しでバイブとLED点滅が始まります。 予熱は約20秒 予熱完了で再びバイブが作動して喫煙可能。 完了です。 ここから6分の喫煙時間、もしくは14回の吸引で終了になります。 率直な感想 実際使ってみて、吸い応えはこれまでと変わりないですね。 特に最初の状態だと内部も綺麗でパワフルなため味はマイルド&クリアです。 きつくもなく弱くもない絶妙な設定。 ということもあり、加熱式タバコのメンテナンスは初期の味を維持するためにとても大切なんです。 付属のクリーニングツールは装備されてますが、スティックは無くなれば購入必須。 ちなみに、Amazon等で購入できるはIQOS3でも使用できました。 一般的にブレードの掃除はブラシと綿棒でゴシゴシと汚れを落としていきますが、電動だとウィーンと数秒の出来事。 詳しい使い方は下記に別記事として記載。 さて、新型IQOSは性能や使い勝手が改善され、特に時間短縮と故障の恐れが軽減されたことに強みを感じます。 あとは長く使えることを祈るのみかと。 メンテナンスが良く分からないぞ! という方がいましたら、お暇な時に下記を拝見してみて下さいね。 参考 保証期間の延長で安心 メーカー保証期間は製品登録すると6ヶ月から1年に延長。 自尊でも無償交換制度 ポケットチャージャーとホルダーは1回 MULTIも対応 まで交換可能。 万が一の初期不良や突然の故障でも、手厚い保証があるため安心して購入できるでしょう。 まとめ これまでIQOSに関しては、 充電の待ち時間が! 不具合が! と、まぁまぁディスってきたんですが どうやら卒業できそうです。 さらに2019年8月26日よりIQOSキットは大幅値下げ。 IQOS 2. 4 Plus 4,980円 IQOS 3 8,980円 IQOS 3 MULTI 6,980円 加熱式タバコの中では高級志向ですが、ようやく購入しやすい価格帯に突入しました。 待ち時間なしで連続10本喫煙できるマルチはどうでしょうか?IQOS初の試みですね!.

次の

【最新型】IQOS3 DUO(アイコス3デュオ)の詳細スペックまとめ

アイコス3 スペック

IQOS3 DUOは利便性が大きく向上したモデル アイコス3デュオはこれまでのアイコス3よりも遥かに利便性が向上したモデルとなっています。 連続喫煙・落下防止マグネット・ホルダーの向きを気にせずに格納・充電可能とユーザーの 「ちょっとした不便」を大幅に改善しました。 PMSの調査によると、1回の喫煙で2本を吸うユーザーが多く、今回はその希望を叶えた形となりました。 アイコス3デュオの登場により、 これまでのアイコス3は在庫が売り切れ次第終売となり、現行のアイコス3マルチ・アイコス2. 4プラスの2機種で継続販売が行われる予定です。 アイコスフィアの得点も豪華になり、デバイス登録を行うだけでシルバーステージに登録され、24時間のAI電話対応・故障時最短7時間での配達・保証期間1年延長など、自損故障でも1回のみ無償交換が可能となります。 アイコスに負けていない人気の電子タバコがコレ はいつでも手軽に好きなだけ抜群の吸い心地やキック感を楽しむ事が可能で、アイコスと比較しても 喫煙の制限無く吸いたい時にいつでも吸う事ができます。 しかも、 有害物質ゼロ!でありながら、質の良いフレーバーを楽しむ事ができて、アイコスのようなポップコーン臭も全くありません! 今だけ公式サイトで 通常価格8,500円のところを、5,000円引きの3,500円で購入可能なキャンペーンが開催されています。 ドクターベイプの吸い心地はアイコスとはまた違い、新しい「質の良い喫煙」に拘っているので絶対におすすめです。 このチャンスを逃さず、 有害物質ゼロで周囲への影響も一切無く健康的にリフレッシュできるドクターベイプで自分の為の喫煙を楽しんでみてはいかがでしょうか? IQOS3 DUO アイコス3デュオ について アイコス3デュオはアイコス3と大きさには違いは無いようですが、 使いやすさという点では大幅に向上されています。 また、2本連続喫煙が可能で1回あたりの ホルダー充電時間が1分50秒とかなり早くなりました。 アイコス3デュオの スペックは以下のようになります。 製品名 iqos3 DUO iqos3 価格 9,980円 8,980円 サイズ 高さ 114. 7mm 幅 46. 3mm 奥行 22. 9mmホルダー 高さ 92. 3mm 奥行 14. 4mm 高さ 114. 7mm 幅 46. 3mm 奥行 22. 9mmホルダー 高さ 92. 3mm 奥行 14. 4mm 重量 108g ホルダー:22g 103g ホルダー:22g ホルダー充電時間 1本 約1分50秒 2本 約5分15秒 約3分30秒 喫煙本数 約20回 連続喫煙:2回 約20回 連続喫煙:不可 新型アイコス:IQOS3 DUOの特徴は? アイコス3デュオはアイコス3の最新型モデルとして登場していますが、 アイコス3よりももっと便利に使いやすくなっています! 何といってもユーザーにとって嬉しいのは2本連続喫煙が可能という点ですよね? これまでアイコスでの連続喫煙はマルチのみとなっていましたが、マルチを買う程では無いけど微妙に足りないという人が多く、今回のこのアップデートで 2本連続喫煙ができるようになったのは嬉しいですね。 は今話題の新感覚電子タバコで、加熱式では味わう事のできない高品質のフレーバーを味わえる事が評判となり、人気を集めています! アイコスなどの加熱式はどうしても特有の臭いがありフレーバーの本来の味を楽しむ事が難しく、ドクターベイプであれば 想像以上の吸い心地やキック感に付け加え、より高品質のフレーバーを手軽に楽しむ事が可能です。 有害物質ゼロで増税による値上げも無く、周囲に迷惑をかける事の無いドクターベイプは、今の日本では救世主とも呼べる喫煙者の満足感の高い電子タバコです。 メンテナンス不要・タールやヤニ無し・臭い移り無し・吸い殻無し・制限無しで永久保証のドクターベイプは 今だけ3,500円という安さで購入できるチャンスなので、加熱式の不満を全てクリアしているドクターベイプを始めてみませんか? IQOS3 DUO アイコス3デュオ の販売について IQOS3 DUOはコンビニで購入可能? 「アイコス3デュオのコンビニ販売はいつ頃なのか?」加熱式タバコはコンビニで購入する人が非常に多いので、確かに気になりますよね? アイコス3は初登場が 2018年11月15日でその後、コンビニへの全国展開は 2019年1月28日となっています。 アイコス3デュオの登場が9月25日からなので、 早くて11月中にコンビニ販売されるのではないでしょうか? しかし、今回の新型アイコスの登場は突然だったので驚きましたね。 コンビニでの販売が楽しみです! IQOS3 DUOの予約について 今回のアイコス3デュオは予約の必要もありません。 前回のアイコス3は事前に告知があったのですが、 突然の登場に突然の販売という事で、公式ストアやオンラインストアなどではすぐに購入する事ができます! ちなみに増税に関してアイコスは値段据え置きと発表しているので、焦って購入する必要もありません。 「希望の色がどうしても欲しい!」という方は お早目に購入しちゃいましょう。 最新型加熱式IQOS3 DUO アイコス3デュオ とは?スペックなど詳細まとめ 新型加熱式タバコであるアイコス3デュオの詳細をご紹介しました。 加熱式ではアイコスが人気ですが、電子タバコでは が大人気となっていて、有害物質ゼロで紙巻きに近い吸い心地はこれまでの電子タバコでは絶対にありえませんよね? メンテナンスも不要でいつでも手軽に喫煙が可能で、健康の影響も全く無いドクターベイプも 今後のタバコ事情を考えるのであれば絶対に買うべきです! 今だけ 通常価格8,500円のところ5,000円も安い3,500円で購入できるキャンペーンを実施中なので、ドクターベイプの美味しさや抜群の吸い心地を試すチャンスです。 この機会に、 有害物質ゼロ・増税値上げ無し・紙巻きに近い吸い心地・高品質フレーバーのドクターベイプを体験してみませんか? 国内で大流行中の「DR. VAPE」が今一番おすすめ! 発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破した DR. VAPE ドクターベイプ は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです! ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら 下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円 税抜 で購入可能なんです! 5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。 さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群! 禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!.

次の

アイコス3、アイコス3マルチのデザイン、スペック、価格など、新型情報まとめ

アイコス3 スペック

最近続々と新型やらサードパーティ製の製品が出てきて、加熱式たばこ市場が大盛り上がりしているところですが。 どうやらプルームテックから、完全新作の新型が発売されるようですね! その名も 「プルームテック・プラス」と「プルームS」。 今回は、2種展開というわけですか。 ついに、 アイコス・グロー・プルームの加熱式たばこ三つ巴の戦いが始まってしまったわけですが、 結局のところどれが一番よくてどれを買ったらいいのやら・・・ というわけで今回は、アイコス・グロー・プルームSの3種類を徹底的に比較して どれを買ったらいいのかという指標をお届けしていきたいと思います! 目次• ではでは早速、この3種類の加熱式たばこの対決にメスを入れていきたいと思います! まず初めに簡単にざっくりと、 どれがどんな人にオススメなのかというのをお届けします。 そこで全体像をつかんでいただいてから、もっと深堀した詳細なスペックについて比較していきますね。 3種類は『目的別・シーン別』で使い分けるべし! まず先に、「結局どれを選んだらいいの?」という疑問に対する結論を簡単に述べちゃいたいと思います。 そこから、その理由となる根拠を指名していきたいと思います。 御覧の通り・・・gloがダントツで安いですね。 「IQOSみたいに1万円も出すのは気が引けるけど、変なの買って安物買いの銭失いにはなりたくない・・・」って方にはgloがオススメですね。 加熱式たばこってどんなものなんだろうか、というのを体験してみる入門機としてはいいかもしれませんね。 gloも安いからと言ってダメなわけじゃ全然ないですからね。 これを言ってしまっては元も子もないですが、 味覚ってのはやっぱり人それぞれ違うものです。 なので、一番いい方法としては、 近場の加熱たばこを持っている人に吸わせてもらうことですね。 加熱式たばこだったら、スティックを変えるので間接キスを気にすることもないですし、女性から貸してもらうのもアリですね。 さすが、加熱式たばこ市場のナンバーワンシェアを誇っているだけあります。 あと、いわゆる 「吸ってる感」とか「吸い応え」「キック感」っていうのも人によって感じ方が違います。 煙の量に吸い応えを感じる人もいれば、のどに来る感じを吸い応えと感じる人もいます。 そもそも「キック感」って言葉自体曖昧な表現ですしねw 喉をキックする感じって・・・喉をキックされたことなんてほとんどの人がないでしょうし。 味のクセとしては、吸い応えがある分 IQOSが一番クセが強いです。 これがいわゆる ポップコーン臭ですね。 たまに「IQOSは独特のポップコーン臭がキツくて無理」という方もいますが、もちろん気にならないなぁって方もいますので、やっぱり吸ってみないとわからないという結論に至ってしまいますね。 個人的な意見ではありますが、IQOSのあのポップコーン臭さもあれはあれで結構好きです。 しいて言うなら、この中で一番 IQOSのスティックがコンパクトですね。 でも、結局本体が大きいので相殺されますw そう考えると、IQOS3 multiを選択するならコンパクトでいいかもしれませんね。 個人的に最も重要な点は 重さです。 カバンに入れてしまうという方にとってはそこまで関係のない話かもしれませんが、ポケットに入れて持ちはこぶ場合は別です。 ズボンのポケットや胸ポケットなど、 「ポケットに入れた時どうなるのか」というのが重さによって変わってきます。 もちろんポケットの大きさ、深さによって全然変わってくるので一概に何とも言えません。 しかし、余りに重たいものだと、ズボンのポケットに入れる場合には引っ張られてベルトが食い込みます。 痛いしめっちゃ気になります。 スーツとかだったら、型崩れだったりダメージの原因になることも考えられますしね。 胸ポケットも同様に、重たいものを入れてしまうと襟の形が歪んでだらしなく見えてしまいます。 そういった面から見ても、なるべく質感を保ちつつ軽量なものを選ぶのが賢明ですね。 わかりやすい指標でいえば、皆さんお手持ちのスマホをポケットに入れてみてください。 それで衣服の形が変形して気になるようであれば、加熱式たばこでも同じく気になってしまうかと思いますので、より軽いものを選択するか携行方法を見直すかしてみることをオススメします。 とにかく臭いを抑えたいという目的がある人については間違いなくプルームSをオススメします。 今までIQOSを吸っていた方からしたら、かなりの違いを体感できるのではないかと思います。 どうしてもIQOSやgloって、いくら臭いが少ないといっても非喫煙者からしたら結局のところ「IQOSはIQOSの臭いにおいがする」んですよね。 つまりそれは、 連続して吸うこと(チェーンスモーク)ができないということ。 かねてからずーーーっっとこの問題についてはみんなが頭を抱えていました。 そんなところに救世主として登場したのがIQOS3 multi。 バッテリー一体型なので、IQOSを連続で吸うことができるという画期的な進化を遂げたわけです。 が!やはり連続10本が限界。 こうやって見てみると・・・・ 実はどれも吸える本数・時間はほぼ同じということになります。 まとめ というわけで今回は、プルームS vs IQOS vs gloということで3種類のスペック比較・選ぶ指標についてまとめてみました! いかがでしたでしょうか。 あまりまごまごしていつまでたっても買うことができずモヤモヤしてしまうくらいなら、 最終的な選択は直感とか「デザインが好きだから」っていうライトな理由で選んじゃっていいと思います。 吸ってみて合うならラッキー・満足、合わなければ他の加熱式たばこも試してみればいいだけの話です。 お金は稼げばいいだけですが、悩んだ時間ってのは帰ってきませんからね。 それでは^^.

次の