名言 英語 ウォルト。 勉強のやる気が出る英語の名言まとめ

夢を叶えるには?4つの”C”が重要なんだ!≪ウォルト・ディズニーの名言≫

名言 英語 ウォルト

ウォルトディズニーてどんなひと? ウォルトディズニーの仕事と人生の名言 ー夢を持つことがすべてがはじまる言葉 ウォルトディズニーの言葉は、夢という言葉が多く出てきます。 夢の国をつくることを実現したひとは人一倍、夢を持つことの力を信じています。 夢という言葉の持つむこうにある、不可能や限界を勇気や自信、想像力など人間の可能性を信じ切ることで形にし可能にしていくことができるとウォルトディズニーの言葉は伝えてくれます。 人間だれもがつかうことができる「続ける」という魔法の力を信じたくなる名言を紹介します。 不可能なことに取り組むのは、楽しいものだ。 私はじっとしている事が出来ない。 探索し、実験していないとダメなのだ。 私は自分の仕事に満足したことがない。 私は自分の想像力の限界に憤る。 新しいプロジェクトをひとたびやると決めたら、とことん信じ込むんだ。 うまくやる能力があると信じるんだ。 そして、これ以上はできないという最高の仕事をするんだ。 夢見ることができれば、それは実現できる。 夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。 いつだって忘れないでほしい。 すべて一匹のねずみから始まったということを。 ウォルトディズニーは若かりし頃、衛生兵として出兵していた。 アニメーターとして独立後制作会社を立ち上げるも倒産しかけ、興行師と揉め、従業員を引き抜かれまたもや経営危機に面した経験など、多くの挫折経験がある。 それでも再起を図り、当時のアニメでは敵役だった一匹のねずみを主人公にしたことから、ウォルトディズニーの物語は始まった。 もう、お分かりの通り、そのねずみの名前は、ミッキーマウス。 諦めずに何度も挑戦することをウォルトディズニー自身の物語から教わる名言。 ディズニーランドが完成することはない。 世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。 ディズニーランドはいまも新しい乗り物や企画を提案してくれる。 素敵なアイデアが目の前に形になった姿にひとは見惚れるほど。 ウォルトディズニーこそすでにこの世にはいないけれど、人間の創造力を信じたウォルトディズニーとその意思を継ぐひとがいる限りディズニーランドは常に変わり続ける。 ディズニーランドはひとの創造力の可能性を再確認させてくれる場所。 笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。 そして、夢は永遠のものだ。 人間だけが確かに持っているものが笑いであり、想像力であり、夢。 特に夢は未来という目に見えないけれど信じることで強くいまを生きることができる概念に対し、具体的にイメージを抱くもの。 夢を持つことで想像力はよりいっそう広がりをみせてくれる。 想像力から生まれたものが形になり、見聞きや手にしたひとの心に届く時、笑顔溢れるいまがそこにある。 夢から想像力、笑いになり、未来からいま、過去になり時代を超えたひとにまた届く。 その証拠の1つがディズニーランドであり、夢を持つことの大切さを教えてくれるウォルトディズニーの言葉。 どんな洗練された大人の中にも、外に出たくてしょうがない小さな子供がいる。 われわれの一番大きい資源は、子供の心である。 子供心としてはじめに思い当たるものは、好奇心や想像力だろうか。 人間がなにかをするときの欠かせない、ないとそれいじょうのものは作れない要素ではないか。 ウォルトディズニーは子供心を資源と明確に認識して、絶えず、好奇心や想像力が枯れないようむしろ咲き誇る環境を作り続けたのではないか。 ディズニーランドは人々に想像の世界に連れていってくれると同時に想像することを肯定してくれる世界でもあったのかもしれないと思わせる言葉 人生で経験したすべての逆境、トラブル、障害が私を強くしてくれた。 逆境の中で咲く花は、どの花よりも貴重で美しい。 その花の周囲には枯れ草ばかりがあるかもしれないし、その花は、崖のような険しい環境下の一輪の花かもしれない。 そんな場所にある花を目にしたとき、ひとは、美しいという感情に含まれる、強さや逞しさに打ち震えているかもしれない。 珍しい花としての貴重さ、掛け替えのなさをいだくことで、その花は特別になる。 逆境に打ち勝つ姿はひとでも美しいのではないか。 ひとり孤独に耐える状況に寄り添ってくれるウォルトディズニーの名言。 過去の出来事に傷つけられることもあるだろう。 でも私が思うに、そこから逃げ出すことも出来るが、そこから学ぶことも出来る。 傷つけられるような状況はできれば避けたいのが人間心理ではないか。 しかし、そのような状況は予期せぬところから訪れてしまうのも人間というものかもしれない。 そのときに逃げる選択肢ももちろんあっていいし、同時に何か学べることがあると、少しだけ前向きにポジティブに客観的に状況を注視することで、現状よりも良い世界に変えることができるかもしれない。 学ぶこと、想像すること。 ウォルトディズニーは戦争を体験し、事業に前途多難な日々を体験したひとだ。 それでもどなんなときも考えることをやめない姿勢になにか「学ぶ」ことがあると思える名言。 夢をかなえる秘訣は、4つの「C」に集約される。 それは、「好奇心」「自信」「勇気」そして「継続」である。 「C」はそれぞれの言葉の英語での頭文字。 好奇心からはじめたものはどんどん没頭していく。 すると上達し結果が出始めますます面白くなっていく。 その過程で自分に自信が芽生え始めさらにモチベーションを高めながら取り組む好循環が生まれる。 けれども誰しも停滞はある。 うまくいかない結果ばかりが続くこともある。 抱いていた自信がすこしずつ小さくなっていることに気づくと、挑戦することへの勇気が試されていく。 自信のない自分のとき勇気も持ち合わせていないことは偶然ではない。 逆境とも言える状況かもしれない。 それでもわずかばかりの勇気に火をくべて自身を奮い立たせる。 気づけば思い悩んでいたあの頃が懐かしくもあり、そしてまた1つレベルの高い問題にぶつかっている自分がいる。 挑戦しては乗り越えて成長する。 辛い時に乗り越える。 このサイクルを続けることができると気づけば遠くまで高くまでたどり着いてる。 継続の重要性もウォルトディズニーは知っていた。 どんな魔法も継続にはかなわない。 魔法の国をつくったひとがいう言葉はそんなふうに聞こえてくる名言。 正直に自分の無知を認めることが大切だ。 そうすれば、必ず熱心に教えてくれる人が現れる。 わからないときにわからないと言える勇気が欲しい。 なぜ自分が無知であることを認めることができず、ない知識をそれっぽく語ってしまうのか。 ただわからないと言えばいい。 教えてくれるひとは目の前にいる。 自分のわからないことがわかっているひとは強い。 他者をリスペクトしながら自分の先生にしてしまうひとは強い。 先生をつくろうと思えばいいのではないか。 自分学校、知りたい学部といった感じで心のうちに、たくさんの先生を持とう。 そのはじまりはわからない、教えて、と気軽に聞いてみることから始めたくなるウォルトディズニーの言葉。 何かを始めるためには、しゃべるのをやめて行動し始めなければならない。 有言実行という言葉も有言することなく実行してしまっていることが望ましい。 行動はそれほど大事だし、行動がすべてだ。 話している暇があるなら動くべき。 至極当然のことだとは思うのだけれどそれがなかなかできずに気づけば時間だけが経っていることがあるひとは少なくない。 ウォルトディズニーは夢を夢で終わらせずアニメを作り夢の国を作った。 行動によって形になったもので私たちは楽しむことができる。 誰かの空疎な夢物語を聞くだけだったらウォルトディズニーがくれた感動はこんなに多くの人たちに届いていなかったはずだ。 行動がすべて。 ウォルトディズニーだからこその説得力のある言葉。 宝島の海賊たちが盗んだ財宝よりも、本には多くの宝が眠っている。 そして、何よりも、宝を毎日味わうことができるのだ。 読書の効用について喩えた名言は数あれど海賊を愛したウォルトディズニーらしいこの言葉は胸にくる。 本は宝箱のように宝で溢れている。 気軽に開けば惜しみなく宝を与えてくれる。 そしてその宝は自分の心に残り続ける。 ある意味読書は海賊王になる最短距離かもしれない。 本が読みたくなるウォルトディズニーの言葉。 ウォルトディズニーの人生と仕事の名言が溢れ出ている書籍 ウォルト・ディズニーの言葉 ~今、我々は夢がかなえられる世界に生きている~ ウォルト・ディズニーの名言を集めた大人気書籍が、ウォルトのオリジナル原語(英語)つきで再編集され、装いも新たに登場します。 夢を追い続けたウォルトの作品、キャラクター、映画やテーマパークは、今もなお世界中の人々に夢や希望、幸福、ときには挑戦する勇気を与えています。 そんな彼の残した数々の言葉は、私たちが未来へ向かって大きく飛躍するインスピレーションとなります。 夢をあきらめず、失敗を繰り返しながら、誰よりもすばらしい実績を残し、自分の夢を実現させ、人々に喜びと感動を与えたウォルト・ディズニーの言葉をご紹介します。 創造の狂気 ウォルト・ディズニー 史上最高のクリエイター、ディズニーはいかなる人生を送ったのか。 彼の才能は天賦のものか、努力の賜物か。 ディズニー・アーカイブへの完全なアクセスを許されて書かれた本書が、ウォルトの生涯を明らかにする。 その本質は、抑えきれない創造への意欲との葛藤であった。 ウォルト・ディズニー 創造と冒険の生涯 完全復刻版 みなさんもご存じのミッキーマウスを始め、様々なキャラクターを創り出し、ディズニーランドなどのテーマパークも運営して、今やアメリカの大衆文化の象徴と言えるディズニーという会社は、このウォルト・ディズニーからすべてが始まっています。 この本は、この巨大なエンターテイメント王国を創り上げた天才的な男、ウォルト・ディズニーの波瀾万丈の一代記です。 ウォルトディズニーの人生と仕事の名言では学び足りない方へ 【販売中】Books365掲載の言葉・名言リストの閲覧権 Webメディア「Books365」掲載の著名人の言葉・名言をリストにまとめたデータベースの閲覧権です。 ・ほぼ週次で定期更新されいていきます。 ・現在、45名、1921の言葉が収録されています。 ・データ形式は、Googleスプレッドシートで閲覧権限を付与したURLを共有します。 ・購入時のメールアドレスにURLを送付いたします。 ・解約は当店宛にご連絡ください。 申請翌月から解約となります。 現在収録の著名人 アインシュタイン アントニオ猪木 イビチャ・オシム ウォルト・ディズニー ウサイン・ボルト エジソン オードリー・ヘップバーン ガンジー ゲーテ ココ・シャネル シェイクスピア ジョン・レノン スティーブ・ジョブズ タモリ チャップリン ドラえもん ナイチンゲール ニーチェ ビートたけし ピカソ ビル・ゲイツ ヘレン・ケラー ボブ・マーリー マザー・テレサ マリリン・モンロー リンカーン 伊坂幸太郎 羽生善治 岡田武史 岡本太郎 夏目漱石 芥川龍之介 宮崎駿 宮沢賢治 孔子 坂本龍馬 手塚治虫 所ジョージ 松岡修造 相田みつを 太宰治 中田英寿 武田信玄 野村克也 矢沢永吉.

次の

英語の名言21【英語の勉強も兼ねて好きな名言を見つけよう】発音付き

名言 英語 ウォルト

勉強のやる気が出る英語の名言まとめ 勉強のやる気が出る英語名言20選 Where there is a will, there is a way. 「意思あるところに道は拓ける」 アメリカのリンカーン第16代大統領の言葉で、有名なので知っている人も多いと思います。 自分の意思を持って行動すれば何でも叶えられるというメッセージがこもっているわけですね。 大変な状況になっても、意思を持って取り組むことで道が見えてくることもきっとあります! Everybody has to start somewhere. 「誰でも最初は素人」 「やったことないし」や「下手だし」という理由を言うとよく言われました。 「(誰にだって下手な時期はあるんだから)とにかくどのレベルでもスタートしなきゃ」ということですね。 実はこのフレーズは村上春樹さんの著書に出てくるそうです。 村上春樹さんはアメリカでもかなり人気で、だいたい日本で新作が出たら、1年後に英語版が発売されています。 No Pain, No Gain. 「痛みなくして成長なし」 挫けそうになってると言われる一言。 今苦しくて大変かもしれない、もしかしたら報われないかもしれないけど、成功したいならやるしかない!と思わされます。 特に筋肉痛とpainをかけて、トレーニングのときによく使われます。 You will lose nothing. So what? Just do it! 「だから何?失うものなんてないじゃん。 いいからやんなよ!」 そうなんですよね。 たいてい「恥ずかしい」と「やったことない」だけでためらってることなんて、失敗したからって失うものはなさそうです。 No one is going to die. 「大丈夫、誰かが死ぬわけじゃないから」 失敗したときによく言われました。 仕事などで「失敗した!最悪!どうしよう!」と思ってあたふたしていたら「まぁいいじゃないの。 誰か死ぬわけじゃないんだからさ」といった感じで励ましてもらったのもいい思い出です。 心配性で神経質な私の抱える不安は、ほぼこの言葉で解消します! 心を暖めてくれる名言でほっとリラックスしてつらさが緩んでくると、もう一度がんばってみようかな、と眠っていた前向きな気持ちが目を覚まして来ます。 そんなモチベーションを高めさらに一歩を踏み出したい時に、背中を押してくれる名言を味方につけましょう。 「私なら出来ると信じれば、もう半分は終わったようなもの」 (セオドア・ルーズベルト:第26代アメリカ大統領) もうすでに半分まで来ています。 それなら後の半分に楽しく、じっくりと取り組んでいきましょう。 「ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ」 (ニール・アームストロング:宇宙飛行士(アポロ11号月面着陸)) The only one who can beat me is me. 「私を倒せるのはただひとり、私だけだ」 (マイケル・ジョーダン:米国のバスケットボール選手) もう一度、マイケル・ジョーダン選手の言葉です。 一段ずつ一歩ずつ階段を上って来たからことに裏打ちされた自信にあふれた言葉ですね。 Just do it. 「とにかく、やってみろ」 (ナイキのキャッチコピー) やりたい、と思ったらその時がベストなタイミング。 出来るかな?なんて思う間もなくやってみましょう。 Learning from it, why not challenge again? 「失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか」 (ウォルト・ディズニー:米国のアニメーター、映画監督、脚本家、エンターテイナー) そうですね。 今までも乗り越えて来たのですから、大丈夫。 何度失敗してもまたやればいい、と気楽にチャレンジしてみましょう。 「たまごを割らずにオムレツは作れない」 (フランス語の格言) 日本にも「虎穴に入らずんば虎子を得ず」ということわざもありますね。 オムレツに例えるところが何ともフランス人らしい格言です。 I have a dream today. 「私には今日、夢があるのです」 (マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師:アメリカ牧師、公民権運動指導者) Stay hungry. Stay foolish. 「ハングリーであれ。 愚か者であれ」 (スティーブ・ジョブス:米国の実業家、アップル創業者) 疲れた時・辛い時に読みたい英語名言 「何だか疲れたな」と思う時、スケジュールをしっかり立てて目標に向かって進んでいるはずなのに、なぜか何もかもがうまく行かないように思えて来て、正直、つらい。 自分以外のすべての人たちが順調に過ごしているように見えてきて、誰かと引き比べては落ち込んだりすることもあります。 「何より大切なのは人生を楽しむこと。 「下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ」 (チャーリー・チャップリン:英国の俳優、映画監督、コメディアン、脚本家) まずは、顔を上げてみましょう。 風景が変わって、周りには小さくても穏やかな幸せのかけらがあるかもしれません。 「配られたカードで勝負するしかないのさ・・・それがどういう意味であれ」 (スヌーピー:チャールズ・M・シュルツの漫画「ピーナッツ」キャラクター) あまりにも有名で大人気のスヌーピー。 チャールズ・M・シュルツは、その大人気の漫画のキャラクターたちの口を借りて世の中に様々なメッセージを残してくれました。 そのメッセージがあるからこそ、今も変わらず世界中で広く愛されているのかも知れません。 シュルツの漫画「ピーナッツ」キャラクター) もうひと言、何とも深いスヌーピーの言葉です。 作者のシュルツの言葉ではありますが、生きるということにシンプルな分、人間よりもいろんなことが見えているのかも知れません。 Every day is a new day. 「とにかく、毎日が新しい日なんだ」 (ヘミングウェイ:米国の小説家、ノーベル文学賞受賞者) 私たちは、いつでも何度でも新しくスタートすることが出来るのだと教えてくれます。 「何事も成功するまでは不可能に思えるものだ」 (ネルソン・マンデラ:南アフリカ共和国政治家、第8代南アフリカ共和国大統領、ノーベル平和賞受賞者) 生涯をかけてアパルトヘイト問題と闘い続けた不屈の大統領、ネルソン・マンデラ氏。 南アフリカ共和国で生きる黒人大統領としての困難はどれほどのものだったでしょう。 不可能と思われても成功する瞬間がある。 適えて来た人だからこその希望に満ちた言葉です。 Do what you can, with what you have, where you are. 「あなたに出来ることをしなさい。 今あるもので、今いる場所で」 (セオドア・ルーズベルト:第26代アメリカ大統領) 他の誰かになる必要もないし、どこか別の場所を探す必要もない。 自分自身のままでやれることをただ一心にやればいいのだと暖かく見守ってくれるような言葉です。 Step by step. 「ステップ・バイ・ステップ。 どんなことでも、何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ。 一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。 これ以外に方法はない」 (マイケル・ジョーダン:米国のバスケットボール選手) 才能にも体躯にも恵まれ天才と称されるプレーヤーにも、うまく行かないこと、ジレンマや焦りはやって来ます。 高いステージにいるからこそなおさらかも知れません。 自分の立ち位置が分からなくなったらひとつひとつを積み上げて行こう。 実際的であって示唆的なひと言です。 世界の偉人の名言ピックアップ 何かに失敗して落ち込んだり、気分が沈んだり、人生にはそんな時が誰にでもあると思います。 苦難の道を乗り越えたり、努力を惜しまず成功を掴んだ経験を持つ偉人が放った言葉には、世代を超えて私たちに前へと進む勇気や力を与えてくれます。 Walt Disney(ウォルト・ディズニー) If you can dream it, you can do it. 「夢見ることが出来るなら、それはかなう」 All our dreams can come true, if we have the courage to pursue them. "夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。 いつだって忘れないでほしい。 すべて一匹のねずみから始まったということを。 " Disneyland will never be completed. It will continue to grow as long as there is imagination left in the world. "ディズニーランドが完成することはない。 世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。 They are Curiosity, Confidence, Courage, and Constancy. それは、「好奇心」「自信」「勇気」そして「継続」である。 そうすれば、必ず熱心に教えてくれる人が現れる。 "自分もいつかは死ぬ。 それを思い出すことは、失うものなど何もないということを気づかせてくれる最善の方法です。 " If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today? "墓場で一番の金持ちになることは私には重要ではない。 夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ。 And that is as true for your work as it is for your lovers. 何が好きなのかを探しなさい。 あなたの仕事にも、恋人にも。 And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary. だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。 常識にとらわれるな。 それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。 他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。 そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。 それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。 それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。 Life is about creating yourself "人生は自分探しではない。 人生とは、自分の創造である。 " Take care to get what you like or you will be forced to like what you get. "好きなものを手に入れることが肝心だ。 "成功する人物とは、自分の望む環境を自ら探し求める人であり、たとえそれが見つからなくとも、自分で創り出す人物である" Albert Einstein(アルバート・アインシュタイン) ・Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow. The important thing is not to stop questioning. "過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。 大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。 " ・Anyone who has never made a mistake has never tried anything new. To keep your balance you must keep moving. "人生とは自転車のようなものだ。 倒れないようにするには、走り続けなければならない。 " There are only two ways to live your life. One is as though nothing is a miracle. The other is as though everything is a miracle. 一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。 もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。 Learn as if you were to live forever. 永遠に生きるかのように学べ。 "他人を変えるためには、自ら変化の原動力となるべきだ。 " The weak can never forgive. Forgiveness is the attribute of the strong. "弱い者ほど相手を許すことができない。 許すということは、強さの証だ。 " George Eliot (ジョージ・エリオット) It's never too late to be who you might have been. (あなたがなっていたであろう人物になるのに遅すぎることはない。 ) イギリスの女流作家の有名な言葉。 ヴィクトリア時代を代表する作家の一人で、本名はメアリー。 never too late「~遅すぎることはない」、might have been「~だったかもしれない」こんなはずじゃなかったのに…と思ったら、そこからやり直すこともできるはずです。 Ralph Waldo Emerson (ラルフ・ウォルド・エマーソン) When it is dark enough, you can see the stars. (どんなに暗くても、星は見える。 ) A hero is no braver than an ordinary man, but he is braver five minutes longer. 英雄とは普通の人より勇敢なわけではなく、5分だけ長く勇敢なのだ。 ) アメリカの哲学者、作家、詩人、エッセイスト。 奴隷制度に反対する立場を取っていた人。 enough「十分な、必要なだけの」の意味で暗さを強調して使われています。 どんな時にも希望の光は存在するという象徴としてstarsが使われているように感じます。 braverはbrave「勇敢な、勇ましい、りっぱな」の比較級。 ordinaryは「普通の、平凡な、通常な」など。 人は能力の差ではなく意思の強さに左右されるのかもしれません。 Aristotle (アリストテレス) We are what we repeatedly do. (繰り返す行動が自分自身だ。 ) 有名なギリシャの哲学者の言葉。 repeatdly「再三にわたり、何度も、たびたび」などの意味。 嘘を何度もついているうちに嘘つきな人間に、謝ってばかりいるうちに自分に自信のない人間になってしまうように、積み重ねていく行動が自分自身を創り上げていくということですね。 行動によって自分は変えられます。 Oliver Goldsmith(オリヴァー・ゴールドスミス) Our greatest glory consists not in never falling, but in rising every time we fall. (私達の最も素晴らしい栄光は、一度もくじけないことではなく、くじけるたびに起き上がることである。 ) not... but~「…ではなく~」というイディオムが使われていますね。 consists in~「~に存在する、~にある」 falling「落ちる、転ぶ、倒れる」失敗したり落ち込んだりするのはダメなことではなく、そこから立ち上がろうとするかどうかが大切なんですね。 Malcolm Forbes(マルコム・フォーブス) Failure is success if we learn from it. (失敗から学ぶ事ができれば、その失敗は成功だ。 ) アメリカの事業家。 世界的な経済紙Forbes(フォーブス)の発行人。 failure「失敗、落第、失敗者」などの意味。 失敗から学んで次に活かすことが出来れば、それはもう失敗ではなくなるということですね。 Charles Chaplin (チャールズ・チャップリン) You'll never find a rainbow if you're looking down. (下を向いていたら、虹を見つけられないよ。 人生の哀愁や悲しみ、涙を笑いを通して伝えた人物。 顔を上げてごらん、と優しく諭してくれているようです。 Abraham Lincoln エイブラハム・リンカーン Leave nothing for tomorrow which can be done today. (今日出来ることを明日に残すな。 ) アメリカの16代大統領ですね。 数多くの名言、格言を残しています。 何でも先延ばしにしようとしてしまう私ですが、この言葉を見たときにはガツンを来ました。 ここでの leave は「離す」ではなく「残す」という意味で使われています。 can be done で「することができる」と訳します。 Saint-Exuper サン・テグジュペリ It is much difficult to judge oneself than to judge others. (人を裁くことよりも自分を裁くことの方が難しい。 ) フランスの作家です。 「星の王子さま」を読んだことがある人も多いと思います。 自分のことを客観的に見るのは難しいと、改めて考えさせられる言葉です。 judge 「裁く」という動詞で使われています。 名詞であれば「裁判官」「判事」「審査員」などの意味になります。 Helen Keller ヘレン・ケラー We could never learn to be brave and patient, if there ware only joy in the world. もしこの世界に喜びしかなかったならば、私たちは勇気も忍耐も学べないことになる。 ) 視覚と聴覚を失いながらも強く生きた彼女の言葉には、苦境に立たされたときに立ち上がる勇気を与えられました。 このIf は「もし~だったら」という仮定法のIf ですね。 If+過去時制の文で、be動詞は全てwereになります。 Benjamin Franklin ベンジャミン・フランクリン Well done is better than well said. (良い言葉より良い行いの方が勝る。 ) 現在のアメリカ100ドル紙幣の肖像画の人ですね。 偉大な政治家として知られています。 実際に行動することの方が口で言うより難しい時ってありますよね。 Mother Teresa マザー・テレサ Love is doing small thing with great love. (愛とは、大きな愛情を持ち小さなことをすることです。 ) 2016年にはローマカトリック教会により「聖人」として認定されましたね。 愛と慈しみに生きたマザーテレサのシンプルな言葉が心に響きます。 動詞+~ing の形で動詞を名詞化して、 doing「~すること 」と訳します。 Rene Descartes ルネ・デカルト Conquer yourself, not the world. 世界ではなく、自分自身を征服せよ。 ) フランスの哲学者です。 私の一番好きな言葉で、英語の格言にハマるきっかけとなったものでもあります。 時々何かに挫けそうになったときにふと思い出すことがあります。 conquer は「征服する」「打ち勝つ」「攻略する」などの意味がある単語です。 その他偉人・有名人の名言 Genius is one percent inspiration, ninety-nine percent perspiration「天才とは1%のひらめきと、99%の努力である」 (トーマス・エジソン:米国の発明家、起業家) 偉大な発明家でありながら、その独自の物の見方や個性から学校では落ちこぼれと呼ばれ、世間からは変り者と見られていたエジソン。 決していつも順風満帆の人生を歩んでいたとは言えなかった彼はきっと、99%の努力をいくども繰り返すことが出来た天才だったのでしょう。 「神様は私たちに成功して欲しいなんて思っていません。 ただ、挑戦することを望んでいるだけよ」 (マザー・テレサ:カトリック修道女、ノーベル平和賞受賞者) その言葉の通り、あらゆる困難に挑戦し続けたマザー・テレサ。 がむしゃらに力技で進み続けることだけではなく、笑顔で静かにひたむきに一歩ずつ進む挑戦もあるのだと教えてくれました。 Good medicine tastes bitter. The best advice is the hardest to take. 「良薬は口に苦くして病に利あり、忠言は耳に逆らいて行いに利あり」 (孔子:中国の思想家、儒家の始祖) 誰にでも時として訪れる、不安やジレンマ、やるせない気持ち。 それはさらに成長するために一歩踏み出すきっかけとなる良薬なのかも知れませんね。 The die is cast. 「賽(さい)は投げられた」 (ジュリアス・シーザー:共和制ローマ期の政治家、軍人) Never, never, never, never give up! 「決して屈するな。 決して、決して、決して!」 (ウィンストン・チャーチル:英国の政治家、ノーベル文学賞受賞者) そう、賽は投げられました。 決して屈することなく、前へ前へと進みましょう。 なぜなら・・・・ Yes, we can! 「そう、私たちは出来る!」 (バラク・オバマ:第44代アメリカ大統領) 言わずもがなの、変革と希望の名言ですね。 ここ近年で最も有名な言葉のひとつと言ってもいいかも知れません。 おわりに:プロが選ぶ英会話おすすめ教材 いかがでしたか?今日ご紹介した名言はどれも、その言葉を残した人たちの人生を色濃く映し出しています。 それぞれの人生を一生懸命に生きていたからこそ生まれた言葉たちは、老若男女問わずたくさんの人たちの心の深くまでに届き、励まし、力を与えてくれるものです。 けれどどんな名言であっても、それを読む人の心にそれを受けとめることが出来るだけの、これまでの積み重ねがなければ何の力も持ちません。 日々がんばっている皆さんの心に響いた言葉は誰のどんな言葉でしたか?今日の疲れを癒し、明日からの希望につながることを祈っています。

次の

夢を叶えるには?4つの”C”が重要なんだ!≪ウォルト・ディズニーの名言≫

名言 英語 ウォルト

Walt Disney ウォルト・ディズニー アメリカのアニメーター、プロデューサー、実業家。 ミッキー・マウスの生みの親。 国: 米国 生: 1901年12月5日 没: 1966年12月15日(享年65) 【その生涯】 1901年12月5日、イリノイ州シカゴに4番目の子として生まれる。 一家はウォルトが幼い時にミズーリ州へ引っ越して農業を始める。 父は子どもたちに対して愛情に欠けた厳格な態度で接し、親子は長年距離を置いていた。 ウォルトは少年時代から絵が好きで、動物や自然などを描いていた。 小学校時代は父が新聞配達業を始めたため、6年間休むことなく朝3時半に起きて配達を手伝った。 この経験により「配達を忘れる」という夢を晩年に至るまで見ることになる。 10歳でカンザスシティーへ引っ越すと絵画教室で絵を学ぶ機会を得る。 その後、父が工場経営に加わるため、シカゴに戻る。 ウォルトも高校に通いながら美術学校の夜間部で絵を学ぶ生活を送っていた。 第一次世界大戦が勃発し、1917年にアメリカが参戦すると、愛国心に駆られたウォルトは学校を退学し陸軍に志願。 若年のため赤十字社の衛生兵として治療などに従事した。 大戦終結後、漫画家を目指しカンザスシティーで新聞で漫画を描く仕事を請け負う。 19歳でカンザスフィルム社にアニメーターとして雇用され、漫画からアニメへと興味が移っていった。 1920年に個人事務所を設立してオリジナルアニメ作品を制作。 良い評価を得て仕事が順調に舞い込み、アニメ制作会社へと拡張。 しかし、制作に没頭し、資金のやり繰りが乱雑になり、スタジオは倒産。 ウォルトは再起を図ってハリウッドへ移住した。 ハリウッドでは兄のロイとディズニー・ブラザーズ社を設立。 新人アニメーターも雇い、アニメ製作会社へと転進。 これが実質的な「ディズニー社」の設立である。 会社の経営が軌道に乗り、1925年に結婚。 実娘をもうけた後に養女を迎えた。 忙しい生活を送りつつも、父親に愛されなかった反動もあり二人の娘を溺愛しながら育てた。 1927年、興行師の紹介で、自社キャラクター「オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット」を主人公にしたアニメをユニバーサル配給で制作。 オズワルドは人気キャラクターとなり、ディズニー社躍進のきっかけを作った。 しかし、興行師との契約料の問題から社員の引き抜き工作を仕掛けられ、ディズニー社は配給元とスタッフと自社キャラクターの大半を失って倒産寸前に追い込まれる。 ウォルトは再建のために新キャラクターを求め、度々登場させていた敵役のねずみを主役に抜擢。 「ミッキー・マウス」が誕生した。 ミッキーはオズワルドを凌ぐ人気キャラクターとなり、世界的な知名度を得てディズニー社の再建に大きな力を発揮した。 1955年、カリフォルニア州アナハイムに土地を購入してディズニーランドを開設。 1965年にはフロリダ州の中心に広大な土地を買い、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートを作り始める。 1966年12月15日、肺癌による肺炎で、ディズニー・ワールドの完成を見ないまま永眠。 65歳であった。 Inside every sophisticated grownup adult is a little kid just dying to get out. ウォルト・ディズニーの名言 笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。 そして、夢は永遠のものだ。 Laughter is timeless. Imagination has no age. And dreams are forever. ウォルト・ディズニーの名言 何かを始めるためには、しゃべるのをやめて行動し始めなければならない。 The way to get started is to quit talking and begin doing. ウォルト・ディズニーの名言 過去の出来事に傷つけられることもあるだろう。 でも私が思うに、そこから逃げ出すことも出来るが、そこから学ぶことも出来る。 The past can hurt. But the way I see it, you can either run from it, or learn from it. ウォルト・ディズニーの名言 みんながミッキーマウスを見て笑えるのは、彼がとても人間らしいからだ。 それが彼の人気の秘密だ。 ウォルト・ディズニーの名言 ディズニーランドが完成することはない。 世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。 Disneyland will never be completed. It will continue to grow as long as there is imagination left in the world. ウォルト・ディズニーの名言 宝島の海賊たちが盗んだ財宝よりも、本には多くの宝が眠っている。 そして、何よりも、宝を毎日味わうことができるのだ。 ウォルト・ディズニーの名言 私はじっとしている事が出来ない。 探索し、実験していないとダメなのだ。 私は自分の仕事に満足したことがない。 私は自分の想像力の限界に憤る。 I can never stand still. I must explore and experiment. I am never satisfied with my work. I resent the limitations of my own imagination. ウォルト・ディズニーの名言 夢見ることができれば、それは実現できる。 If you can dream it, you can do it. ウォルト・ディズニーの名言 不可能なことに取り組むのは、楽しいものだ。 ウォルト・ディズニーの名言 われわれの一番大きい資源は、子供の心である。 Our greatest natural resource is the minds of our children. ウォルト・ディズニーの名言 正直に自分の無知を認めることが大切だ。 そうすれば、必ず熱心に教えてくれる人が現れる。 ウォルト・ディズニーの名言 新しいプロジェクトをひとたびやると決めたら、とことん信じ込むんだ。 うまくやる能力があると信じるんだ。 そして、これ以上はできないという最高の仕事をするんだ。 When we go into that new project, we believe in it all the way. We have confidence in our ability to do it right. And we work hard to do the best possible job. ウォルト・ディズニーの名言 人生で経験したすべての逆境、トラブル、障害が私を強くしてくれた。 ウォルト・ディズニーの名言 逆境の中で咲く花は、どの花よりも貴重で美しい。 The flower that blooms in adversity is the rarest and most beautiful of all. ウォルト・ディズニーの名言 夢をかなえる秘訣は、4つの「C」に集約される。 それは、「Curiosity — 好奇心」「Confidence — 自信」「Courage — 勇気」そして「Constancy — 継続」である。 They are Curiosity, Confidence, Courage, and Constancy. ウォルト・ディズニーの名言 夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。 いつだって忘れないでほしい。 すべて一匹のねずみから始まったということを。 All our dreams can come true, if we have the courage to pursue them. ウォルト・ディズニーの名言 あなたがやれる最善を尽くしたなら、心配したって事態は良くならない。 私もいろいろなことを心配するが、ダムからあふれる水までは心配しない。 ウォルト・ディズニーの名言 やってみないうちから諦めるのかい?私たちは高い目標を持っているからこそ、これほど多くのことをやり遂げられるんだ。 ウォルト・ディズニーの名言 現状維持では、後退するばかりである。 ウォルト・ディズニーの名言 考えなさい。 調査し、探究し、問いかけ、熟考するのです。 ウォルト・ディズニーの名言 自分たちのために商品をつくってはいけません。 人々が求めているものを知って、人々のために商品をつくりなさい。 ウォルト・ディズニーの名言 成功する秘訣を教えてほしい、どうすれば夢を実現することができますかとよく人から尋ねられる。 自分でやってみることだと私は答えている。 ウォルト・ディズニーの名言 男は仕事のために家族を犠牲にしてはならない。 ウォルト・ディズニーの名言 次ページへ続きます。

次の