経営 企画。 経営企画と事業企画の違いとは?

会社ごとに違いがある経理部と経営企画部の仕事内容と役割分担

経営 企画

「経営企画」という部署に憧れを抱く社会人が増えているようです。 社長らの経営幹部に近い立ち位置で仕事を進めるとあって、企業に勤める社会人の中でも、選りすぐりの人材が配属されることもあり、注目を集めているのでしょう。 では、経営企画とはどのような業務内容で、どのようなスキルや知識が求められるのでしょうか。 経営企画とは? 経営企画とは、ある企業が立てた経営戦略に基づく計画と、その計画の実現に必要な経営資源(人・物・金)の配分をいいます。 比較的大規模な企業に、「経営企画部」「事業企画部」「経営戦略室」「社長室」などの名称で、経営企画専門のセクションが置かれることも多いようです。 ただ、経営企画そのものは、小さな会社も含めてあらゆる企業において重要性が高い営みといえます。 経営企画は、会社の中でも「花形」と呼べるセクションとして位置づけられることが多いです。 論理的な思考能力や、高い事務処理能力、マネジメント力などが求められるため、高学歴の優秀な人材が配属されることになります。 経営陣の仕事を直接的にサポートする側面があるため、全社を挙げて取り組むべき課題が経営企画のセクションに集約されてくるわけです。 経営企画を経験している従業員は、やがて取締役に登用される可能性が、他の部署よりも高い傾向があります。 経営企画の進め方 経営企画はまず、その名の通り「企画」を立てることから始まります。 ただし、経営企画における「企画」という言葉は、「アイデア」「発想」「クリエイティビティ」「ひらめき」といった概念を伴う一般的なイメージとは少し異なります。 どちらかというと、「計画」「プランニング」という概念に近いです。 目標はできるだけ数値化し、達成できているかどうかを客観的に検証可能なものとする必要があります。 そして、必要に応じて、他の部署あるいは全社的に、目標を共有するようにします。 経営企画は、クリエイティブ業務で求められる企画よりも、ずっと地道で中長期的な視野に基づいたプランニング能力が求められるのです。 企画が動き始める実行[Do]の段階では、定期的に全体の進捗状況を確認しつつ、数値目標を達成できているかを点検[Check]するようにします。 また、目標を達成するにあたって、障害となっている事情や課題がある場合には、それを取り除くための改善[Action]を行います。 そもそも、達成が極めて困難な目標になっていることが判明したならば、数値目標そのものの見直しを図ることもあります。 ただし、その日常業務に派手さはほとんどありません。 会議用プレゼンテーション資料の作成、取締役会の準備、議事録の作成、社内外の具体的なデータのリサーチなど、地に足の着いたデスクワーク、事務作業が多い傾向があります。 ひょっとすると、経営企画に対する憧れの気持ちが萎えてしまう人もいるかもしれませんが、それが経営企画の実態であることをあらかじめ知り、認識とのギャップを縮めておいたほうがいいでしょう。 また、コンプライアンス(法令遵守)が社内で適切に行われているかどうかを確認し、就業規則などの内部ルールの内容や運用を適宜点検し、改善が必要なことがあれば、関連部署に対して助言や指導を行います。 新規ジャンルで経営を進めていくにあたっては、既存の先行企業の動向を見ながら、どのようなマーケット事情が存在するかを客観的に把握し、市場調査を実行することで、計画の現実性や実効性などを検証します。 基本的には会社の従来事業と同じようなPDCAをまわすことになりますが、会社にとっては過去の実績の蓄積がない分野ですので、より慎重な企画と進行が求められます。 経営企画に求められる知識やスキル 経営企画に求められるのは、経営学やマーケティング、企業法務、ファイナンスなど、企業経営に関する広範な知識と、社内外の関係者を納得させるプランを策定する論理的思考能力、そして、日々の事務作業を安定的かつ確実に進めていく処理能力です。 さらには、必要なデータを的確に収集するリサーチ能力や、計画の実行を監督し、改善のために必要な助言を行うコミュニケーション能力なども必要です。 職人的な仕事と、顔の広さの双方が必要ですので、バランス感覚に富んだ優秀な人材が求められるのです。 まとめ 経営企画は、会社の中でも花形の部署ですが、その華やかなイメージに反して、実際の業務に派手さは少ないです。 しかし、社長以下の経営陣と密接に連携を取るため、経営企画に配属されることは、役員に登用される可能性が高い出世コースといえます。

次の

異職種から「経営企画職」に選ばれる人の条件/リクナビNEXT[転職サイト]

経営 企画

経営の管理役 経営企画では、全社的な視点に立った企業の経営計画立案、管理を行います。 社内外の環境を踏まえた企業としての中・長期的な目標を設定し、目標達成のための全社最適な予算、経営計画を策定。 計画が実行段階に移れば、その進捗状況を確認し、必要に応じ計画の立て直し策も立案します。 将来や企業経営全体を見渡しながら管理業務に当たるわけです。 経営幹部の補佐役 経営陣が重要事項を議論する経営会議の資料準備、招集、運営、議事録作成なども、経営企画が受け持ちます。 論点を明らかにしたわかりやすい資料の作成や、それぞれの発言の意図を正確につかみながらの会議進行により、多忙な経営陣がスピーディーに正しい意思決定ができるよう補佐します。 このような的確な補佐を可能にするために、議題に関連した情報はもとより、日頃から社内や競合他社の状況、社会環境の変化などについて幅広く情報を得ているといいます。 こうした地道な努力の積み重ねの上に、経営陣の補佐役を務めています。 企業と社会をつなぐ役 上場企業の場合、投資家などを対象に企業の財務内容などの情報を提供するIR活動や、株主総会運営などの株式事務を経営企画が行うこともあります。 経営陣の代行役として自社ホームページをはじめ、決算説明会、投資家向け会社説明会などの各種IRイベント、個別の取材対応などで、財務・業績などに関する情報を開示すると同時に、投資家などからの質問にも対応します。 企業としての公式見解、戦略などを正確に理解した上での情報発信や、IR活動・株式事務で得た有益な意見の経営への反映により、企業と社会をつなぎ、企業の社会的評価を高めるようにします。 このように経営企画は企業経営を前進させる重要な役割を果たしているといえるでしょう。

次の

経理・会計なら知っておきたい「経営企画」の仕事

経営 企画

経営企画部門の業務範囲は各社によって大きく異なる一方で、実態を調査した報告はこれまで少なく、各社は手探りで業務モデルを作り運用し続けてきた。 本調査の目的は、経営企画部門の実態を把握して、どのような在り方であれば業績向上により寄与できるかについての示唆を得ることである。 ただし、過半数の経営企画部門が「新規事業推進」「組織風土改革」「取締役会等の会議体事務局」「CSR推進」等にも何らかの形で関与しており、経営企画部門の守備範囲は極めて広範かつ多様。 例えば、売上高100億円未満では平均2. 8名だが、1,000億円~3,000億円では平均8. 守備範囲が広範かつ多様であるがゆえに、経営企画部門の課題として5割弱が「人員不足」を挙げ、この傾向は特に3,000億円以上の企業で強い。 毎日コミュニケーションを行っている企業が14. 3%存在する一方で、約4社に1社は、経営トップとのコミュニケーションが月に1回以下としており、企業によって経営企画部門の社内での位置付けが大きく異なっている。 ・経営企画部門の役割に関して、増益傾向の企業は「新規事業推進」「ICTの利用推進」「将来を担う経営人材の育成」で役割を果たしているとの自己評価が高い。 一方、減益傾向の企業は、「中長期要員計画」「コーポレートガバナンス」「単年 度予算編成」「取締役会等の会議体事務局」が高くなっている。 ・経営企画部門の課題としては、増益傾向の企業は「人手不足」を挙げる比率が高く、減益傾向の企業は「経験の不足」「雑務に追われる」「調整役に終始」などが高くなった。 さらに、現状を表す表現に関しては、増益傾向の企業は「経営者の参謀」「中長期視点での推進」、減益傾向の企業では「経営者の手足」が相対的に高い傾向がみられる。 いずれの選択肢においても「気になる」(強く気になる+やや気になる)が過半数を超える結果となり、内的な課題意識が 非常に強い。 「経営企画機能」といえば「中計・ビジョン策定」「新規事業推進」などの業務面に目が行きがちであるが、 この設問に現れているような内的な課題にこそ、経営企画部門のより大きな苦悩がうかがわれる。 経営コラム カテゴリー別 業務別• 産業別• 株式会社日本総合研究所 The Japan Research Institute, Limited.

次の