ピコ フラクショナル レーザー。 【ニキビ跡治療】「フラクショナルCO2レーザー」「ピコフラクショナル」「ダーマペン4」の違いと効果について

ピコレーザー(トーニング・フラクショナル)

ピコ フラクショナル レーザー

ピコレーザーとは? ピコレーザーは、シミ、くすみに効果的なトーニング治療(メラニンを減らす治療法)を進化させた治療機器の事なんです。 今までのシミ取り治療器のスタンダードはナノ秒レーザー(ルビー、アレキサンドライト)というレーザーを照射するものだったんです。 ピコレーザーは、シミ・ソバカス・あざ・刺青治療で一般的なQスイッチレーザーの照射時間「ナノ秒(10億分の1秒)」よりはるかに短い「ピコ秒(1兆分の1秒)」単位で照射します。 照射時間が極めて短いことで、熱発生がほとんどなく、痛みや皮膚へのダメージ(照射後の赤み・黒ずみ)が最小限に抑えられます。 また、今まで施術が大変だったタトゥーや、アートメイクの除去にも利用する事が出来ます。 そして、ダウンタイムを非常に短くすることが可能となったんです。 パルスとは? パルスってなかなか普段聞かない言葉だと思いますが、『短時間の間だけに生じる振動現象』だそうです。 機械技術用語だそうです。 ピコレーザーはその『パルス』が『ピコ秒』でうてるという画期的な美顔治療の機械です。 従来のフラクショナルとは? 従来のフラクショナルは、 皮膚表面にダメージを与えるレーザーでした。 フラクショナルレーザーで肌にダメージ(点状にレーザーを照射し、かるい火傷を表皮に起こすこと)を与えることで、皮膚の再生を促進し、肌の入れ替えをおこなうというもので、効果が高い分ダウンタイムも長いのです。 最近では、もう少し性能が高い機械が開発されて、比較的低いレーザーエネルギーで皮膚に刺激を与え、照射直後から肌の引き締めや小じわ軽減などの効果を実感でき、治療後は日常生活にほぼ支障が少なくなってきてはいますが、やはりダウンタイムがゼロというわけではありませんでした。 個人差は範囲の広さにもよりますが、ダウンタイムは施術直後に赤味が出て、1週間〜2週間ほどでかさぶたが剥がれていくというものです。 ピコフラクショナルとは? ピコフラクショナルとは、毛穴、ハリ、キメ、肌質改善などに効果が高い施術です。 今までのレーザーとは違い、熱発生がほとんどなく、痛みや皮膚へのダメージ(照射後の赤み・黒ずみ)を最小限に抑えた施術が可能となったんです。 衝撃波による色素の破壊ができるため、痛みが少なく、火傷もできにくくなりました。 症例と他レーザーとの比較は以下です。 「ピコフラクショナル」は、肌全面にレーザーを一度に当てるのではなく、微細な点状にして当てていき、お肌のハリや毛穴の開きを改善していきます。 ピコフラクショナルはニキビ跡や毛穴に効く? ピコフラクショナルはニキビ跡にどんなふうに効くのでしょうか。 ピコレーザーをフラクショナル照射モード(リゾルブ)に切り替え、小さな点状に照射することで、 皮膚表面を傷つけずに、表皮や真皮に作用するんです。 点状にメラニンを壊し、 真皮内では微細な傷を作り、自己再生機能にスイッチを入れ、お肌を若返らてくれるんです。 従来のフラクショナルレーザーでは、熱エネルギーによる痛みと強い赤み、小さなかさぶたが1週間程度生じ、ダウンタイムが目立つという欠点があって手が出せない方も多かったかもしれません。 ピコフラクショナル照射後は、一部に点状の赤み(微小点状出血)が1~数日間生じますが、皮膚表面は傷がつかないんです。 そのため、痛みが少なく、そんな大げさなカサブタにもならず、ダウンタイムが大幅に軽減出来たんです。 1回の施術でトーンアップ、毛穴の引き締まりとハリの高まりを実感し、繰り返して施術することで、ちりめんジワやニキビ跡の凹凸など難治性のダメージも改善させる効果があります。 ピコフラクショナルレーザーの治療経過 ピコフラクショナルレーザーの治療経過をまとめてみました。 施術当日 日焼け直後のような赤みと腫れが出て、肌が脈打つような状態になりますが、1~2時間ほどで治まります。 しっかりと冷やす事が大事です。 当日は日焼け止めまで、翌日からメイク可能です。 (UVケアをしっかりしましょう)• 施術後1~3日 個人差がありますが、治療後の強い赤みは殆ど落ち着いてきます。 スポット照射部分が見えない小さなかさぶたになり、肌がざらついてきます。 施術後4~7日 数日かけて皮膚が剥け、ツルツルの肌があらわれてきます。 無理に剥がさず、自然にはがれるまで待ちましょう。 施術後1ヵ月 赤みや腫れは完全におさまり、次の治療を受けることが可能となります。 ピコフラクショナルで効果のある回数は?いつから実感できる? ピコフラクショナルは何回くらい受ければ効果があるんでしょうか。 機械によっても違いますが、ピコフラクショナルの治療ペースはだいたい1ヶ月間隔です。 1回で治療改善効果を実感する方もいますが、満足のいく結果になるには3回~5回ほどの治療回数が必要になる事が多いようです。 毛穴やニキビ・ニキビ跡の改善を求められる方は、ニキビ跡のクレーター具合・毛穴の程度によっては3回の治療では少し足りないこともあるそうです。 だいたい1ヶ月に1回治療を受けたとして、 5ヶ月ほどで満足のいく効果を得られるという事です。 コンビネーションで治療を受けた場合は、3回くらいが適した回数です。

次の

【ニキビ跡治療】「フラクショナルCO2レーザー」「ピコフラクショナル」「ダーマペン4」の違いと効果について

ピコ フラクショナル レーザー

STEP 3. 照射 フラクショナルハンドピースを使用し照射します。 STEP 4. 施術後 ダウンタイムがないため、施術当日からメイクは可能ですが、翌日以降にすることをおススメしています。 施術の概要 施術時間 5~20分程度 痛み パチパチとゴムで弾かれる感じ。 麻酔は希望により対応可能です。 赤み 治療内容により、数時間~3日程赤みがでます。 かさぶた 治療内容により、点状出血が起こり、痂疲形成を起こします。 施術期間 2~4週間隔 2~5回を推奨。 お薬 軟膏を1日2回塗ります。 テープは不要です。 保湿のためにワセリンを使用する場合もあります。 お化粧 メイクは当日から可能ですが、翌日以降にすることをおススメめします。 日焼け止めや保湿は必須となります。 洗顔 洗顔、当日から可能です。 擦らないように、優しく泡洗顔 【禁忌】 妊婦、皮膚悪性腫瘍、金の糸、金製剤(抗リウマチ剤)、アキュテイン(イソトレチノイン製剤)、長期間ステロイド内服をしている患者 【適応注意】 光線過敏症、アレルギー体質(ケロイド、かぶれ易い)、インプラント部位、白斑の既往歴、ケロイド・肥厚性瘢痕がある、日焼けをしている・治療後日焼けをする可能性がある、糖尿病など創傷治癒に問題がある。 5回コースの場合:(2回)無料 表示価格は税別価格です。

次の

ピコフラクショナル【最新の毛穴治療マシンINFO】

ピコ フラクショナル レーザー

当院のピコレーザーは、現在の医療用レーザー機器の中でも最高峰の上位機種となります。 埼玉県で2台目の導入となります。 ピコレーザーとは1兆分の1秒の単位でレーザーを照射するレーザー機器のことです。 極めて短い時間でレーザーを照射することで、対象となる色素を熱だけでなく、オプティカルブレイクダウンという現象を利用し、衝撃波を伴う圧にて色素を破壊しています。 そのため、従来のレーザー治療が対象をバラバラに壊す、というイメージなのに対して、ピコレーザーは対象を粉々に粉砕する、というイメージです。 衝撃波と聞くと、「危ないのではないか」と感じる方もいると思うのですが、実際は、通常のレーザーよりもダウンタイムは低く、安全性、効果ともに高まります。 その理由としてはこれまでのレーザーは対象で熱に変換され熱で破壊しており、熱傷、それに伴うダウンタイムは避けられなかったからです。 ピコレーザーの場合は、熱への変換がそれほど行われず、オプティカルブレイクダウンに伴う衝撃波、圧により色素を破壊するため、ダウンタイムも少なく、安全性は大いに高まりました。 表皮に近い皮下のみに適度なダメージを起こします。 これまでのように熱作用による真皮へのダメージはなく、ダウンダイムも極めて少なくて済みます。 オプティカルブレイクダウンにより発生した衝撃波により、線維芽細胞が活性化し、新しいコラーゲン生成やエラスチン形成を促します。 その結果、皮膚の若返り、小ジワの治療、にきび跡(クレーター)の改善を助けます。 当然、ピコフラクショナルレーザーはシミやくすみにも高い効果が見られます。 これらの効果は、米国FDA(日本の厚労省に相当するもの)から承認されたものです。 医療法人社団 清優会 はなふさ皮膚科 理事長 花房火月 (アジアの次世代を担うリーダー100人選出) 刺青除去・しわ・たるみ・粉瘤・ほくろ治療などで多数の実績。 シミ治療は年間3,000件以上の実績。 The Japan Times紙が選ぶアジアの次世代を担うリーダー100人(100Next-Era Leaders IN ASIA2015-2016)にも選出されました。 麻酔はしますか? ピコフラクショナルレーザーに関しては痛みの木になる方は、エムラクリームという麻酔のクリームをつけていただきますが、それ以外の治療の場合は、特に必要ありません。 ダウンタイムはどのくらいですか? 刺青治療、シミ取りのレーザーの場合は1週間ほど、かさぶたになりますが特に絆創膏やガーゼで保護する必要はありません。 その他の治療の場合は、数日赤みが出る程度で、ほとんどダウンタイムはありません。 出血などはしますか? 出血することは通常ありません。 洗顔や入浴はいつ頃から可能ですか? 当日からでも大丈夫です。 施術部位はゴシゴシ洗わずに優しく洗っていただきます。

次の