お歳暮 軽減 税率。 【軽減税率】包装や容器は対象となる?飲食料品以外で軽減税率の対象となるものを解説

「軽減税率」は、税理士試験消費税法においても流行語大賞?

お歳暮 軽減 税率

仕入れ時:多くのお店で税率が混在する事態になる 気をつけなければならないのが、仕入れ時に8%と10%の税率が混在することです。 お弁当屋さんを例に考えてみます。 仕入れ時 仕入れの時には、肉や野菜などの飲食料品は税率8%で仕入れますが、お弁当の容器やビールなどの酒類は税率10%で仕入れます。 「ウチはお弁当屋だから、お弁当(飲食料品)の8%だけ」と思っていても、お弁当を包むビニール袋や割り箸などは標準税率の10%です。 軽減税率対象品目をしっかり確認しましょう。 販売時:テイクアウトかイートインかで税率が異なる もうひとつ気をつけなければならないのが、販売時にも8%と10%の税率が混在する場合があることです。 混乱が起こりそうだとニュース番組などで話題になっている、 「テイクアウト(出前・宅配・お土産・弁当・惣菜など)」と「イートイン(店内飲食・フードコートでの飲食など)」の際の取り扱いの解釈です。 飲食業や小売業の方は、確実に把握しておきましょう。 販売時 テイクアウトとイートインのように、販売時の提供方法で変わる税率の区別は「外食にあたるかどうか」で判定します。 飲食料品が外食にあたらない場合は税率8%です。 外食にあたる場合は税率10%です。 詳しくは、下記の記事を参考にしてください。 軽減税率はすべてのお店(事業)に関係がある ズバリ、 軽減税率はすべてのお店(事業)に関係があります。 これには「いやいや、ウチの店は飲食料品を扱わないよ?」という声が聞こえてきそうです。 自店(自社)の取り扱い商品として軽減税率の対象品目を扱わなければ、商品は一律で税率10%になります。 しかし、 お中元やお歳暮などの飲食料品を含む贈答品や、来訪したお客様に提供するお茶菓子などは、軽減税率の対象です。 そのため、軽減税率はすべてのお店(事業)に関係のあることなのです。 もちろん、いち消費者として日々の買い物などでも関係のあることです。 免税事業者であっても無関係ではいられません。 詳しくは下記ページをご確認ください。 まとめ• 軽減税率の対象になっている品目は、「新聞」と「飲食料品」の2つある• 仕入れ時において、飲食料品を扱うお店(事業)でも、包装材料や酒類など飲食料品以外の消費税率は10%なので気をつける• 販売時において、テイクアウトとイートインのように、提供の方法で変わる税率の区別は「外食にあたるかどうか」で判定する• 飲食料品を含む贈答品やお茶菓子などは軽減税率の対象。 軽減税率はすべてのお店(事業)に関係がある ここまでは、軽減税率の対象品目とその内容について見てきました。 次では、この軽減税率制度によって、これまでの日常業務がどのように変わるのかを探っていきます。

次の

【図解】軽減税率って何?いつから?対象品目は?わかりやすく解説

お歳暮 軽減 税率

もくじ• 飲食料品の軽減税率と標準税率の分かれ目 スーパーやコンビニなどで買える食品の多くは軽減税率適用ですが、アルコールが含まれているみりん、料理酒は標準税率の10%ということです。 酒類はアルコール度数が 1度以上の飲み物のことを言います。 そのため、アルコール度数がゼロのノンアルコール飲料はそのほかの飲食料品と同じ扱いになり、軽減税率が適用されるんです。 また、老人ホームなどの食事は一食あたり640円以下 一日1,920円以下 と決められていて、それ以上だと標準税率になります。 この場合はどうなるの?軽減税率FAQ イートインできるパン屋さんの場合• イートインできるコンビニの場合• 言わずに使った方が安くなるとはいえ、嘘をついている罪悪感や「あの人持って帰るっていったのに……」というスタッフの視線を感じながら食事をするのは気分がいいとはいえないですよね。 ちなみに 持って帰ることが前提となっているお菓子やペットボトルなどの飲み物はイートインを利用しても税率は変わりません。 マクドナルドなどファストフードの場合• ファストフード店でもコンビニなどと同様に、税率は 自己申告によって変わるということ。 実際に、悪気がなくても「 やっぱり食べて帰ろうかな」となる事もありますよね。 でも、税率は お会計の際のお客さん側の意思によって決まるので、そこで改めて税金を払うということにはなりません。 悪気がなくてもあっても見た目には同じなので、店内を利用するのかテイクアウトするのかを決めてから注文をしたいですね。 スタバの場合• 店内で飲むつもりだったけれど席が空いてなくて仕方なく外に出る……なんて事もいつもたくさんのお客さんがいるスタバだとありえますよね。 そんな時に、中には「 会計をやり直してほしい」というお客さんも出てくるかもしれません。 増税後は、「 空いてたら座ろっかな〜」という感じではなく、 しっかり座席をキープしてから注文するようにした方がスムーズかもしれません。

次の

【図解】軽減税率って何?いつから?対象品目は?わかりやすく解説

お歳暮 軽減 税率

スポンサーリンク 軽減税率の対象品目・商品・買い物の方法 まずは軽減税率の対象品目となる商品や買い方を、箇条書きでまとめます。 飲食料品• 条件をクリアした一体資産• テイクアウト• 宅配の食料品• 新聞(週2回以上発行される新聞で、定期購読契約をしている場合)• 有料老人ホームなどでの飲食料品の提供(学校の給食も含む)• 料理酒・みりん(条件付き)• ノンアルコールビール・甘酒• 酒入り菓子(ウイスキーボンボンなど)• サプリ・健康食品・美容食品• 食品添加物(重曹など)• 列車内のワゴン販売(車内販売)の飲食品 「一体資産」とか、???ですよね! では、もう少し詳しく見てみましょう。 飲食料品 飲食料品は、通常の食べ物や飲み物のことですね。 米も野菜も肉も、牛乳も、今まで通り 消費税8%で買えます。 条件をクリアした一体資産 一体資産っていうのは 飲食料品とそうでないものが、セットになって販売されている商品のことです。 紅茶の茶葉と、ティーカップのセットとか・・・ 一番主婦にとって身近なのは、 食玩ですね! これらの「一体資産」で、軽減税率の対象品目となるのは• 全体の価格が1万円以下• 食玩だったら、お菓子の価格が、おまけの価格の2倍以上でないと 軽減税率の対象品目から外れてしまうわけです。 例えば、笛ラムネ。 テイクアウト ファーストフードや、テーブル席のあるパン屋さん または牛丼屋などで、お店で食べずにテイクアウトすれば 軽減税率の対象品目となります。 同じものを買っているし、容器代のことを考えると 納得できませんねー。 宅配の食料品 生協や、ネットスーパーでの飲食料品の宅配や 宅配ピザ、寿司の出前など 生活に必要なものも、そうでないものも 「宅配」なので軽減税率の対象です! 新聞(週2回以上発行される新聞で、定期購読契約をしている場合) 毎朝、毎夕届く、普通の新聞は 軽減税率の対象品目になります。 新聞会社だけの特権か?! 有料老人ホームなどでの飲食料品の提供(学校の給食も含む) 有料老人ホームなどでの飲食料品の提供っていうのは 軽減税率の対象外のケータリングに含まれないように、条件付けられているものです。 有料老人ホーム• 幼稚園 などでの給食は、軽減税率の対象ってことです。 ただし、 一食につき640円以下で、1日に1,920円までが上限です。 ややこし過ぎる!!!! 次は、軽減税率の対象外の品目・商品・買い物の方法について解説します! スポンサーリンク 軽減税率の対象外の品目・商品・買い物の方法 軽減税率の対象外の商品や買い方は、必ず覚えておきたいですね! ではまず、簡単に箇条書きでまとめます。 酒類( 料理酒・みりん含む)• 日用品• ケータリング• 外食(コンビニのイートイン含む)• 一体資産(条件付き)• 新聞(発行が週1回以下の場合)• 医薬品・医薬部外品• カタログギフト• ペットフード• いちご狩り・梨狩りなど なんとなく、ぜいたく品はダメ!ってことですね。 では、もう少し詳しく見ていきましょう~! 酒類 お酒は生活に必須なものではないので 軽減税率が適用されなくても、大声で文句は言えませんね。 シャンプー・リンス• ラップ• ティッシュ• トイレットペーパー• 歯ブラシ などの、日本人が日本で日本人らしく暮らすために どう考えても必要だと思える日用品も 軽減税率の対象外です! 「200円の野菜と100円の石鹸」 「600円の肉と200円のラップ」など 一体資産としてセット販売して 軽減税率の対象品目として売ってもらいたい!!! ケータリング ケータリングとは・・・ 出張レストランや、出張ビュッフェみたいなものですね。 お客の指定した場所に飲食料品を運び、 配膳とか温めとか、食べ物や飲み物を運ぶ以外のサービスも提供してくれます。 まぁ、どう考えても生活に必須なことではないから 軽減税率の対象外です。 外食 どんなに安い牛丼でも! ジュースやコーヒー1杯でも、外食は外食。 軽減税率の対象外です。 牛丼は、お店で食べるより テイクアウトの方が 消費税は安いってことですね。 一体資産(条件付き) 「一体資産」とは、 飲食料品と飲食料品以外がセットになった商品です。 おまけ付きのジュースやお茶も含みます。 「一体資産」商品の 価格が1万円を超過• 新聞(発行が週1回以下の場合) 毎日配達してもらう契約をしている新聞は、軽減税率の対象品目ですが 発行が週に1回以下の新聞は、軽減税率の対象外です。 例えば・・・子供新聞など週刊新聞ですね。 契約せずに買える コンビニや駅で買う、新聞 も 軽減税率の対象外です。 医薬品・医薬部外品 薬局・ドラッグストアで買う薬も 軽減税率の対象外です。 日焼け止めも、痛み止めも、胃薬も、うがい薬も スタミナドリンクも「栄養補助食品」でなく、「医薬部外品」などの表示があれば 消費税10%です。 ギフトの内容が食品だったとしても 食料品を売ることにはなりません。 残念! 食品を購入して贈る、 普通のお歳暮などは軽減税率の対象です。 (送料は対象外) ペットフード ペットフードは、人間の生活に必要な飲食料品ではないので 予想はしてたけど、軽減税率の対象外です。 いちご狩り・梨狩りなど いちご狩り、梨狩り、ぶどう狩りなどは、食べ物を買ってるように見えますが・・・ いちごや梨、ぶどうを狩るという 行為を提供しているので 飲食料品を売っているわけではないのです。 だから、 軽減税率の対象外です。 まとめ 軽減税率は、主に• 飲食料品• 毎日の新聞 が対象品目です。 飲み物、食べ物は、今まで通り消費税8%で買えますね。 ただ、 収入の少ない人を救済するために考えられたものなのに 日用品は軽減税率の対象外なのが納得できないです。 コンビニのイートインが対象外っていうのも、単純に店員の仕事が増えるし 慣れるまでは当分、店の人もお客も混乱しそうです。

次の