せ ッ クス アンド ザ シティー 映画。 セックス・アンド・ザ・シティの靴大公開! (全文) [レディースファッション] All About

セックス・アンド・ザ・シティの靴大公開! (全文) [レディースファッション] All About

せ ッ クス アンド ザ シティー 映画

2008年の映画については「」を、2010年の映画については「」をご覧ください。 からにかけて、局で放送された。 全6シーズン。 概要 [ ] ニューヨークのセックス・リポートを取材した女性ライター、が週刊ニューヨーク・オブザーバーに連載していた、赤裸々なコラム『セックスとニューヨーク』が原作。 監督・脚本・製作は、が務め、脚本は原作と比べ大きく異なっており、知的なユーモアを交えるなど、に徹している。 に住む30代独身女性4人の生活をコミカルに描く。 放送開始直後から爆発的な大ヒットとなり、世界中にHBOの名を知らしめることとなった。 50回以上にも及びにノミネートされ、7回受賞している。 でも24回ノミネートされ、8回受賞している。 その人気は社会現象となり、放送終了後も世界中で幾度となく再放送される、関連グッズが発売されるなど根強いファンを持つ。 2008年10月には『』が日本でも劇場公開、2009年1月23日にはDVDとブルーレイが発売決定。 2010年に、続編の『』が公開された。 なお、映画版も、同ドラマ同様、マイケル・パトリック・キングが、監督・脚本・製作を務めた。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] キャリー・ブラッドショー 演:、吹替: 本作の・。 現地の新聞「ニューヨークスター」紙(架空)に『SEX and the CITY』というコラムを連載するコラムニスト。 コラムには自分の恋愛ネタから友人のセックスネタまで満載。 とをこよなく愛し、特にの靴に目がない。 自称恋愛至上主義。 ヘビースモーカー。 その後禁煙。。 シャーロット・ヨーク 演:、吹替: アート・ギャラリーのディーラー。 純愛主義でお嬢様。 が強い。 ミランダ・ホッブス 演:、吹替: 出身の弁護士。 かなりのであり、常に男性と対等の関係を望んでいる。 キャリーの良き相談相手で、彼女が行き詰まるとで呼び出され、必ず駆けつける。 サマンサ・ジョーンズ 演:、吹替: PR会社の。 4人の中で最も自由で最もセックスに積極的。 あまりにきわどい話に、他の3人がついていけないことがしばしば。 他の3人より少し年上。 キャリーの関係者 [ ] ミスター・ビッグ 演:、吹替: 「次期トランプと目される大物」と呼ばれている。 キャリーと不思議な縁があり、くっついては離れるを繰り返す。 キャリーにとっては憧れの大きな存在だが、キャリーにどこまで心を開いているのか分からない。 最終話ではキャリーの携帯の表示名によって"John"と本名が明かされており、その後の映画で"John James Preston"とフルネームが明らかになっている。 エイダン・ショウ 演:、吹替: でショップ経営者。 男性的な外見と誠実で献身的な内面を持ち合わせる。 嫌煙家。 ジャック・バーガー 演:、吹替: キャリーと同じくライター。 頭の回転が早くユーモアに富んでいる。 お互いライターであるが故に、時々仲違いをすることがしばしば。 アレクサンドル・ペトロフスキー 演:、吹替: 世界的に有名な。 リッチでロマンチストだが、芸術家らしく変わり者の一面も。 した妻との間に娘がいる。 スタンフォード・ブラッチ 演:、吹替: タレントエージェンシー経営。 キャリーの幼なじみの大親友、。 恋愛に対する情熱を持ち合わせた、キャリーの良き相談相手。 シャーロットの関係者 [ ] トレイ・マクドゥガル 演:、吹替: シャーロットの前に突然現われる医。 マクドゥガル家と言う名家の息子で、シャーロットにとっては白馬に乗った王子様的な男性。 ハリー・ゴールデンブラット 演:、吹替: シャーロットが雇った。。 おおらかで不器用な性格。 シャーロットの好みとは全く正反対の容姿の男性。 背中に毛が生えているがスキンヘッド。 アンソニー・マレンチノ 演:、吹替:中村伸一 スタイリスト。 シャーロットの親友、同性愛者。 ウェディングコーディネイトのエキスパート。 ミランダの関係者 [ ] スティーブ・ブレディ 演:、吹替: 雇われバーテンダー。 優しくて思いやりがあり温かい人間性。 そのいつも穏やかなところと楽観主義な一面が、よくミランダとの衝突を生む。 サマンサの関係者 [ ] リチャード・ライト 演:、吹替: サマンサのクライアントであるホテル経営者。 セックスに対し奔放な点で、恋愛の価値観がサマンサと似ている。 スミス・ジェロット 演:、吹替: サマンサがナンパしたワイルドでホットなウェイター。 本当の素顔は役者を志す劇団員。 清純で恋愛の価値観がサマンサと正反対。 スタッフ [ ]• 製作総指揮 - マイケル・パトリック・キング、ダレン・スター、サラ・ジェシカ・パーカー• 制作局 - エピソードリスト [ ] シーズン1 [ ] 各話 邦題 原題 放送日 1 NYセックス事情 Sex and the City 1998年6月6日 2 モデルにハマる男たち Models and Mortals 1998年6月6日 3 シングルでなぜ悪い!? Bay of Married Pigs 1998年6月21日 4 20代の男との情事 Valley of the Twenty-Something Guys 1998年6月28日 5 女の魅力こそが武器 The Power of Female Sex 1998年7月5日 6 秘密の関係 Secret Sex 1998年7月12日 7 一夫一婦制の現実 The Monogamists 1998年7月19日 8 3人でエクスタシー Three's a Crowd 1998年7月26日 9 マンハッタンの結婚観 The Turtle and the Hare 1998年8月2日 10 母親は究極のカルト The Baby Shower 1998年8月9日 11 回数は恋のバロメーター The Drought 1998年8月16日 12 愛と信仰の新しいカタチ Oh Come All Ye Faithful 1998年8月23日 シーズン2 [ ] 各話 邦題 原題 放送日 1 13 女と男の別れのルール Take Me Out To The Ballgame 1999年6月6日 2 14 恋愛における禁句 The Awful Truth 1999年6月13日 3 15 男はみんな変わり者? The Freak Show 1999年6月20日 4 16 すばらしき独身貴族? They Shoot Single People, Don't They? 1999年6月27日 5 17 恋愛で人生を取り戻す! Four Women and A Funeral 1999年7月4日 6 18 浮気の定義 The Cheating Curve 1999年7月11日 7 19 ひとめぼれで電撃結婚 The Chicken Dance 1999年7月18日 8 20 男と女のおとぎ話 The Man, The Myth, The Viagra 1999年7月25日 9 21 女はそれを我慢できない Old Dogs, New Dicks 1999年8月1日 10 22 愛は階級の差を超える? The Caste System 1999年8月8日 11 23 恋愛の進化形 Evolution 1999年8月15日 12 24 男を求めるのは究極の痛み La Douleur Exquise??? 1999年8月22日 13 25 カケヒキは恋の必勝法? Ex and the City 1999年10月3日 シーズン3 [ ] 各話 邦題 原題 放送日 1 31 自立した女と王子様 Where There's Smoke... 2000年6月4日 2 32 恋の本音とタテマエ Politically Erect 2000年6月11日 3 33 女の敵は女? Attack of the Five Foot Ten Woman 2000年6月18日 4 34 性のジェネレーション・ギャップ Boy, Girl, Boy, Girl... 2000年6月25日 5 35 恋のボーダーライン No Ifs, Ands or Butts 2000年7月9日 6 36 セックスまでの距離(ディスタンス) Are We Sluts? 2000年7月16日 7 37 ドラマティックな恋がしたい! Drama Queens 2000年7月23日 8 38 恋愛のタイミング the Big Time 2000年7月30日 9 39 右脳の恋 左脳の恋 Easy Come, Easy Go 2000年8月6日 10 40 全てを手に入れた女? All or Nothing 2000年8月13日 11 41 リスクの高い恋 Running with Scissors 2000年8月20日 12 42 恋愛における嘘 Don't Ask, Don't Tell 2000年8月27日 13 43 過去からのエスケープ Escape From New York 2000年9月10日 14 44 やっぱり見た目が大事? Sex And Another City 2000年9月17日 15 45 「大人の女」の条件 Hot Child in the City 2000年9月24日 16 46 恋愛のエキスパート Frenemies 2000年10月1日 17 47 男と女のカルマ What Goes Around Comes Around 2000年10月8日 18 48 みんな私が悪いのか? Cock a Doodle Do! 2000年10月15日 シーズン4 [ ] 各話 邦題 原題 放送日 1 49 独りぼっちのお姫様 the Agony and the 'Ex'-tasy 2001年6月3日 2 50 素顔のままで the Real Me 2001年6月3日 3 51 恋愛関係の測り方 Defining Moments 2001年6月10日 4 52 セックスと恋愛の両立? What's Sex Got to Do with It? 2001年6月17日 5 53 過去という名の亡霊 Ghost Town 2001年6月24日 6 54 赤ちゃん注意報 Baby, Talk Is Cheap 2001年7月1日 7 55 女と男と罪と罰 Time and Punishment 2001年7月8日 8 56 私とマザーボード My Motherboard, My Self 2001年7月15日 9 57 愛は妥協の産物 Sex and the Country 2001年7月22日 10 58 男はタマのついた女? Belles of the Balls 2001年7月29日 11 59 女たちの交差点 Coulda, Woulda, Shoulda 2001年8月5日 12 60 結婚は正しい選択? Just Say Yes 2001年8月12日 13 61 愛と闘いの日々 the Good Fight 2002年1月6日 14 62 恋愛のオモテとウラ All That Glitters 2002年1月13日 15 63 幸福と拘束の約束 Change of a Dress 2002年1月20日 16 64 独身女の査定価格 Ring a Ding Ding 2002年1月27日 17 65 「VOGUE」なアイデア a Vogue Idea 2002年2月3日 18 66 我が心のNY I Heart NY 2002年2月10日 シーズン5 [ ] 各話 邦題 原題 放送日 1 67 恋人はNY Anchors Away 2002年7月21日 2 68 愛こそすべて Unoriginal Sin 2002年7月28日 3 69 恋愛に勝つ確率 Luck Be an Old Lady 2002年8月4日 4 70 魅惑のカバーガール Cover Girl 2002年8月11日 5 71 「プラスワン」は孤独のコードネーム Plus One is the Loneliest Number 2002年8月18日 6 72 恋愛に関する悪いウワサ Critical Condition 2002年8月25日 7 73 「ビッグ」ジャーニー the Big Journey 2002年9月1日 8 74 新たな恋の予感 I Love a Charade 2002年9月8日 シーズン6 [ ] 各話 邦題 原題 放送日 1 75 ファーストデートの心得 To Market, To Market 2003年6月22日 2 76 セックスの相性 Great Sexpectations 2003年6月29日 3 77 男と女の「EX-ファイル」 The Perfect Present 2003年7月6日 4 78 えくぼもあばた Pick-a-Little, Taik-a-Little 2003年7月13日 5 79 男のジェラシー Lights, Camera, Relationship 2003年7月20日 6 80 ブレイクは別れのサイン!? Hop, Skip, and a Week 2003年7月27日 7 81 弱気な男のポストイット The Post-It Always Sticks Twice 2003年8月3日 8 82 幸せはつかむもの The Catch 2003年8月10日 9 83 女の特権、シューズマジック A Woman's Right to Shoes 2003年8月17日 10 84 ハイスクールのカルテ Boy, Interrupted 2003年8月24日 11 85 うつろう男心 The Domino Effect 2003年9月7日 12 86 運命の人を求めて One 2003年9月14日 13 87 恋のファーストステップ Let There Be Light 2004年1月4日 14 88 ロマンスの定義 The Ick Factor 2004年1月11日 15 89 女のリミット Catch-38 2004年1月18日 16 90 女の髪は命 Out of the Frying Pan 2004年1月25日 17 91 冷める瞬間 The Cold War 2004年2月1日 18 92 決断のとき Splat! 2004年2月8日 19 93 友情は永遠に… An American Girl in Paris Part Une 2004年2月15日 20 94 しあわせ探しの末に An American Girl in Paris Part Deux 2004年2月22日 ストーリー [ ] 主要人物(ストーリー) [ ] キャリー・ブラッドショー ミスタービッグやエイダンショーとの大恋愛や多数のデートを経て、シーズン5ではコラムをまとめた本を出版するなど恋愛遍歴と共にキャリアを重ねていく。 恋愛至上主義者として、彼女が辿り着く先には誰がいるのかが最終話の焦点となる。 シャーロット・ヨーク シーズン3で出会った理想の王子様(だと思った)脳外科医、トレイ・マクドゥーガルと結婚する。 すぐにでも子供が欲しいシャーロットはギャラリーをやめて専業主婦になるが、妊娠しにくい体であることが発覚。 不妊治療についての考えでトレイと衝突し、すれ違いから離婚。 シーズン6でトレイとの離婚調停を行った弁護士、ハリーと再婚。 ユダヤ人のハリーと結婚するために改宗までした。 不妊症治療などで苦労した末に中国人の養子を迎え、その後自分の子も妊娠する。 ミランダ・ホッブス 以前つきあっていたスティーブの子供をアクシデントで妊娠し、一度は中絶を考えたが手術の直前で出産を決断する。 シングルマザーで息子ブレイディ・ホッブスを出産し、仕事と子育ての両立に悩むがうまく立ち回るようになる。 のちにスティーブと結婚。 サマンサ・ジョーンズ ワンナイトスタンド主義の彼女は自由なセックスを楽しみ、セックスの1時間後は男に目の前から立ち去ってほしいと願っている。 自分のセックス観、恋愛観と同じと感じていたホテル王リチャードをいつしか愛していたが、プレイボーイの彼を疑い続けて疲れ切ってしまい「あなたより自分のことを愛している」と言って彼の元を去る。 セクシーなウェイターで俳優志望のスミスに軽い気持ちで近づいたサマンサは、セックスを楽しむだけの関係を続けていた。 俳優として彼をプロデュースしていくうちに彼の純粋な人柄に魅かれていき、いつしか彼の存在が大きいものになっていく。 シーズン6終盤で豊胸手術を受けようとして乳がんが発覚。 キャリーの関係者(ストーリー) [ ] ミスター・ビッグ 富裕で洗練されているだけでなくミステリアスなビッグは、初対面からキャリーの憧れの男性だった。 なぜか偶然の遭遇を何度も繰り返すキャリーをビッグはデートに誘う。 順調に交際が進むかと思われたが結婚に1度失敗し、特定の恋人を持つ気のないビッグと恋愛観が大きく違うキャリーの交際は波乱の幕開けとなった。 以来、キャリーとビッグは別れと予期せぬ再会を繰り返す。 キャリーと出会ったときはバツイチだった。 シーズン3で若い女性ナターシャと再婚するが、離婚。 シーズン4でカリフォルニアのナパバレーに購入したぶどう園で静かに暮らすため、NYを離れる。 キャリーとはいい友達になる。 エイダン・ショウ 自らが経営するショップでの展示会に訪れたキャリーと出会う。 順調すぎる交際が続いていたが、ビッグとキャリーの浮気が原因でキャリーの元を去る。 再会後、エイダンの事が忘れられないキャリーに口説かれる形でよりを戻す。 2人は同棲をはじめ婚約するが、結婚する自分を受け入れきれないキャリーを前に、エイダンは去り、シーズン4で破局を迎える。 のちにインテリアデザイナーと結婚している。 ジャック・バーガー バーガーの皮肉を含んだユーモアセンスと知的なうえに絶妙なチョイスの言葉がキャリーのツボでキャリーは出会ってすぐに彼に惹かれる。 キャリーは落ち込んでいた時に出逢ったこともありバーガーとすぐに意気投合。 しかしバーガーの元恋人や同業種ならではの問題などが浮上し、2人の関係はぎくしゃくするようになる。 バーガーとの関係を修復しようと努めるキャリーをよそに、バーガーはキャリーと距離をおくようになる。 バーガーは最後の言葉をに残しキャリーとの交際に終止符をうつ。 アレクサンドル・ペトロフスキー リッチで過剰なほどのロマンチストであり、クラシックな趣味を好むことから、交際当初は戸惑いながらもキャリーが彼に合わせることが多かった。 世界的に有名な現代アーティストであるペトロスフキーはパリでの個展にあわせて新作を発表することになっていた。 新作が完成した彼はパリの個展開催を期に一緒にパリにきてほしいとキャリーを誘う。 パリ行きを決意したキャリーは、『SEX and The city』の連載を辞め、親友たち、そしてNYに別れを告げる。 パリでキャリーを待っていたのは個展のことでナーバスになっているペトロフスキーで、結果的にキャリーは振り回すされる形になる。 慣れない土地で埋めようのない孤独感にキャリーは苛まれる。 そしてパリで2人は最終話を迎える。 シャーロットの関係者(ストーリー) [ ] トレイ・マクドゥガル 乗っていたタクシーにシャーロットがはねられそうになったのが2人の出会い。 シャーロットとトントン拍子に結婚まで話が進みゴールインするが、トレイのEDなどセックスの相性を理由に3か月で別居する。 努力の甲斐あり夫婦生活を営めるようになった2人は復縁し、赤ちゃんの誕生を夢みるがシャーロットの不妊症が発覚。 トレイはシャーロットの希望を尊重し不妊症治療に協力するが、子作りは自然に任せたいという彼の思いに耳をかさず、エスカレートしていくシャーロットの行動についていけなくなり、すれ違いの果てに離婚を決意する。 ハリー・ゴールデンブラット シャーロットがトレイとの離婚調停のために雇った弁護士。 ハゲでデブで"野獣"の様な容貌を持ち、シャーロットの好みとは正反対のルックスだったが、熱烈なアプローチでシャーロットを射止める。 ユダヤ教徒のハリーは、ユダヤ教徒としか結婚しないと決めていたため、シャーロットとの結婚は諦めていたが、シャーロットが改宗しシーズン6で結婚。 ユダヤ教式の結婚式をあげた。 ミランダの関係者(ストーリー) [ ] スティーブ・ブレディ スティーブが働くバーにミランダが客として訪れたことがきっかけで交際がスタート。 順調だと感じていたミランダの想いとは逆に、安月給の自分と弁護士であるミランダとの生活レベルが違いすぎることに困惑し、ミランダに別れを告げる。 友人としての関係を経た後、2人はよりを戻しミランダの提案で同棲をはじめる。 互いへの信頼が深まっていくのを感じていたが破局。 2度目の別れはあまりにも子どもすぎるスティーブに嫌気がさしたミランダからだった。 その後ミランダと疎遠になっていたが、交際中のミランダからのアドバイスをもとに、自分のバーを開店する事に。 バーのオープニングパーティにミランダを招待し再会、友人関係を続けることとなる。 バー開店後に睾丸ガンが発覚し、手術で睾丸をひとつ失う。 落ち込むスティーブを慰めるミランダと流れでSEXをしてしまい、ミランダを妊娠させてしまう。 出産後はシングルマザーのミランダの力になり二人の子であるブレディの世話もよくするが、お互い違う人と付き合うようになる。 しかしブレディの1歳の誕生日会で、スティーブを愛していることに気づいたミランダが愛を告白、シーズン6でミランダと結婚した。 サマンサの関係者(ストーリー) [ ] リチャード・ライト ホテル王。 出逢った当初は恋愛における価値観が合っているように思えたが、リチャードに夢中になっていくサマンサとあくまで自由恋愛主義者のリチャードのバランスは少しずつ崩れていく。 スミス・ジェロット レストランのウエイター。 ワンナイトラブ主義のサマンサに恋をする。 サマンサのアドバイスで名前をジェリーからスミスに変更する。 サマンサのプロデュース力で一躍スターへの階段を駆け上っていく。 マリア(ソニア・ブラガ) サマンサと交際するレズビアンでアーティスト。 付き合った当初は仲が良いが、自由奔放なサマンサは段々マリアの嫉妬や複雑さに疲れていく。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)• Dlife•

次の

セックス・アンド・ザ・シティ : 作品情報

せ ッ クス アンド ザ シティー 映画

NEW YORK - SEPTEMBER 08: Kim Cattrall, Cynthia Nixon, Sarah Jessica Parker and Kristin Davis filming on location for 'Sex And The City 2' on the streets of Manhattan on September 8, 2009 in New York City. 美しいブロンド、健在です! 番組終了後、「Pretty Matche」という制作会社を設立。 また2018年10月には、マンハッタンのシーポートディストリクトに自身のシューズブランド「SJP」も立ち上げています。 女優だけでなく、プロデューサー、経営者としても活躍しているようですね。 シーズン3まで継続されています。 私生活では、1997年に俳優のマシュー・ブロデリックと結婚。 2002年に長男を出産。 2009年には代理母出産で双子の女児が誕生しています。 サラのシューズブランドのホームページです。 是非一度チェックしてみてください。

次の

【あの人は今?】セックス・アンド・ザ・シティで活躍したキャストたちのその後【2020年最新版】

せ ッ クス アンド ザ シティー 映画

Rex 6月6日は「セックス・アンド・ザ・シティ」がテレビで初放映された日。 「SATC」はいろいろな点で画期的な番組だった。 女性の友情やセックス、シングルライフをフランクに温かく見つめた、愉快で賢くて感情的に正直なドラマだった。 が、あれから時が経った今、もはや当時ほど気楽に見られる番組ではない。 そこで、史上最も有名なテレビドラマのよかった点と残念な点を評価してみた。 よかった点 シングルライフのとらえ方を永久に変えた 「SATC」は女性が30代に入った(一人は40代)ところから始まり、シャーロットを除いて誰ひとり結婚に興味がなかった。 やりがいのある愛すべき仕事をもち、ほとんど友達から愛情と楽しさとサポートを得ていた。 この番組は、30歳を過ぎたからといって男性と出会い結婚して落ち着かなくてもいいといってくれた、最初のドラマのうちのひとつだった。 実際、その男性がどんなにパーフェクトでも、本当に愛し合っていなければ(例えばエイダンやスミス)うまくいかないことがあると伝えている。 もし正しいと思えなかったら結婚などするな、と声を大にして教えてくれた。 「SATC」は、幸せになるために、必ずしも男性とペアになって結婚する必要はないといってくれた最初のドラマだったのだ。 ここに登場する女性たちは、楽しみ、お酒を飲み、セックスをして、仕事に忙しかった。 自分の人生を謳歌していた。 それは、愛や充実感には、大好きな仕事や愛する友人、あるいはホームと感じる場所を見つけることなどさまざまな形があり、ロマンティックで完璧な恋愛を見つけるより、人生にはもっと大事なことがあるということを思い出させるものだった。 シャーロットがベストフレンズたちにこう言ったように。 「私たちはお互いのソウルメイトになれるかも」。 Getty Images ベクデルテスト(性差別判定テスト)にちゃんと合格 女性を描いた映画やテレビ番組が当たり前のようにあるとはまだ言えない(だから、多くの女優が自分で製作会社を立ち上げている)。 しかし「SATC」はその先陣を切り、大成功を収めて、ベクデルテストに合格した。 テストの最初の2条件を軽々と満たしている。 1つ目は、番組には2人以上名前がついている女性の登場人物がいて実際に会話をしている(シリーズを通して4人の主人公の関係をベースに作られている)。 2つ目は、男のこと以外の話をしているか? 短く答えればイエスだ。 キャリー、ミランダ、サマンサ、シャーロットはセックスと恋愛の対象について話すことに多くの時間を費やしてはいるが、ドラマのストーリー展開は、よくある女子向けの話をはるかに凌ぐものだった。 サマンサの癌の話あり、ミランダの出産後の孤独感あり、シャーロットが不妊に苦しむ話あり、女性が年齢を重ねると不公平な期待をされることに対してキャリーが闘う話あり、といった具合だ。 女性の友情を描いた初のテレビドラマだった 「SATC」がなかったら、「ガールズ」は存在しなかっただろう。 女性の友情をスクリーン上で観たことはあったが、そこがフォーカスされたことは一度もなかった。 この4人はほとんどの場合助け合い、お互いに親切だった。 お互いを笑わせた。 耳の痛い話も聞かせる(少なくともミランダは聞いたが)くらいにお互いを愛していた。 ほとんどの場合、彼女たちはお互いのためにそばにいて、お互いの存在のありがたみを等しく認めているようだった。 最も非現実的だったのは、赤ちゃんや仕事、パートナーの存在にもかかわらず、彼女たちには一緒につるんでいる時間がたっぷりあったこと。 しかし概して、たとえキャリアや恋愛にゴタゴタがあっても、4人の友情が常に強さと安全の源だというテーマが行きわたっていた。 Rex Features ハイ&ロー・ファッションを主流にした キャリー・ブラッドショーは、たとえばマノロのヒールなど、ラグジュアリーなブランドが好みかもしれないが、番組のコスチュームデザイナーが古着屋から5ドルで買ったチュチュも着ていた。 彼女のシグネチャーと言える名前のプレートのネックレスは、マーケットの屋台で買ったアクセサリーを思い出させたが、彼女はそれを、全身にまとったドルチェ&ガッバーナやグッチに合わせた。 それぞれのキャラクターにとって、ファッションは少しあからさまだったにせよ、自己表現のひとつの形だった。 サマンサは見事な厚かましさとお気楽さを、セクシーなミニドレスや鮮やかで大胆な色を全身にまとうことで体現。 多忙な弁護士であるミランダにとってはパワースーツやダンガリー、パファージャケットがポイントであり、シャーロットはトラッド愛をオードリー・ヘプバーンにインスパイアされたシフトドレスや、女らしさを主張するエレガントなルックで表現していた。 Rex 残念な点 腹立たしいほど白人一辺倒 おかしなことに、番組は世界でも有数の多様性に富んだ都市を舞台にしているにもかかわらず、白色人種でない人はほとんどいなかった。 映画第1作目でプロデューサーたちは、メール整理が主な仕事の、ボスのお下がりをもらう恩恵に預かって興奮しているキャリーのありがたいアシスタントにジェニファー・ハドソンを起用して、この問題の改善を試みた。 ゲイ社会の描写が安直すぎる 『SATC』には2タイプのゲイの男性しか出てこない。 スタイルに一家言もつナヨナヨした男と、鋭い気の利いたジョークを言いまくる意地悪なゴシップ好きだ。 サマンサがちょっとレズビアンと、キャリーはバイセクシャルな男と(彼 女はほとんど呆れて混乱したが)浮気したことはあったが、ゲイの2大登場人物は、キャリーとシャーロットのベストフレンドであるスタンフォードとアンソニーで、派手で尖っていてファッションに夢中という、ゲイの男の典型的なパロディになっていた。 そして2本のひどい映画版では、テレビではお互いに嫌っていた同士が結婚した。 なぜなら、当然、ニューヨークで結婚できるゲイがほかにいなかったからだ。 物質主義の蔓延 もちろん映画版の方がよりこれが際立っていたが、シリーズを振り返ってみても、4人がショッピングとデザイナーズアイテムに取り憑かれている姿は非現実的な感がある。 フリーランスのファッションジャーナリストで、キャリーが満喫していたようなジェイZレベルの豊かさを賄える余裕のある人はあまりいない。 アパートメント、ワードローブ、グラマラスなライフスタイルは、彼女の成功のシンボルとして称賛された。 インスタグラムがあったらキャリーは悪夢のような存在だったに違いない。 4人は全員、素敵な白人の裕福なバブルの中で、自分たちの豪華で恵まれた生活以外の誰にもほとんど興味を示さずに暮らしているのだ。 Rex キャリーは友人として最悪 番組が女性の友情にフォーカスしたことは称賛に値するが、女性ならほとんどの人が、キャリーを友達の輪から排除していただろう。 自己陶酔型でナルシスト、泣き言を言い、サマンサを尻軽女だと辱め、ミランダが病気のときには自分のボーイフレンドを看病に行かせ、シャーロットがお金を貸してくれないと知ると口をきくのを拒否したのは有名だ。 ミランダが中絶したいと考えていたとき、キャリーは友達のそばにおらずにNYを数日間歩き回り、自分が13年前に中絶しなかったら人生はどうなっていただろうかと思いを巡らせていた。 サマンサがガンで化学療法を受けていたときには、キャリーは始まったばかりのペトロフスキーとの恋愛の取るに足らない話をしてうんざりさせても問題ないと思っていた。 完璧にズレた結末 ドラマでは男より友情のほうが大事だと言っておきながら、4人は男の話をすることに多くの時間を費やしている。 無神経な結末も役に立たなかった。 「SATC」が一貫して伝えていたメッセージは、結婚して落ち着くことより人生には大事なことがあるということだったのにもかかわらず、キャラクター全員が結婚して落ち着いてしまった。 毒のある関係は幸せになれないとドラマが言っていたことは忘れよう。 キャリーとビッグはそれまではいつもやっていたことと正反対の行動をとり、結婚してしまった。 キャリーは自立していて成功した女性なのに、このこらえ性がなくてうぬぼれの強い、感情に欠けた男が、最終的にはパリで、やはり自己陶酔タイプのアレクサンドル・ペトロフスキーから彼女を救った。 映画版で、ミランダが自分は仕事で忙しいのだと夫の浮気を非難したことや、ビッグがキャリーのために永遠に感謝すべき究極のワードローブを作ったことが映画のハイライトだったことなど、考えるのはやめよう。 そのシーンにショックを受けたシンシア・ニクソンのコメントが言い得て妙だ。 「女性が自信をもつことや、自分で選択すること、自分が求めるものに立ち向かったり自活することが大事だと伝えるドラマ、私はそう思っていたのです」 「映画のクライマックスが、お金持ちの夫が妻の洋服のために素敵なワードローブを作ってくれるというシーンであることに、私は『え、それはこの番組でみんなが大好きだったことと違うよね? そういうもののために私たちはドラマを作っていたわけじゃない』と思った」 結末には裏切られたかもしれないが、それでも「SATC」は称賛に値する。 映画は救いようがなかったからダメだけれど、それぞれが力強く知的で愉快な4人の主人公が演じたテレビシリーズのほうは、20年たった今でも見る価値がある。 女性にまつわるステレオタイプな見方を、少なくともいくらか前進させた。 そのことを私たちは永遠に感謝するだろう。

次の