北九州宿泊モニターキャンペーン。 北九州のホテル・旅館

緊急事態宣言に伴う北九州市:宿泊事業者への支援

北九州宿泊モニターキャンペーン

北九州市は、全国からの客を対象に、「北九州市宿泊モニターキャンペーン」を実施している。 市内の対象宿泊施設60施設を1泊1,000円から利用できる。 9月30日まで、「宿泊モニター価格」として、施設ごとに1,000円、2,000円、3,000円のいずれかで宿泊できる。 消費税・宿泊税が別途必要。 部屋数や予定販売数に限りがあり、予定数に達し次第終了する。 1,000円で宿泊できるのはホテルクラウンヒルズ小倉など18施設。 2,000円で宿泊できるのは、東横INN小倉駅新幹線口、ホテルルートイン門司港、西鉄イン小倉、アパホテル<小倉駅前>など37施設。 3,000えんで宿泊できるのはリーガロイヤルホテル小倉など5施設。 直接宿泊施設に連絡して予約できる。 楽天トラベル、じゃらんなどインターネット旅行予約でも予約できる。 外部サイト.

次の

【新型コロナウイルス感染症対策】北九州市の緊急経済支援策について

北九州宿泊モニターキャンペーン

店舗への家賃支援 北九州市は、緊急事態宣言に基づき福岡県から出された休業要請を受け休業した中小企業・小規模事業者などの店舗に対し、賃料の8割,40万円を上限に支給する。 予算規模は約24億円。 【問い合わせ先】 産業経済局 緊急経済対策室:093-582-2299 宿泊事業者への支援 宿泊モニターキャンペーンとして、北九州市が割引販売を条件に部屋を買い上げ、宿泊モニターに格安で販売し、事業者の早期業績回復を支援する。 1人1泊あたり1,000円~3,000円支援する。 予算規模は約2億5,000万円。 宿泊施設を活用したテレワーク支援(テレワーク推進北九州応援プラン)を行っている。 家庭で仕事ができない人の利用などを想定して、Wifi環境の整った市内宿泊施設をテレワークの場として提供することにより、テレワークの推進を図るとともに、宿泊事業者を支援する。 1人1日利用あたり3,000円を上限に支援する。 市の担当者によると、こちらは特に緊急性を要すると判断され、16日から開始済みだ。 ホテルの稼働率が上がり、法人で利用しているケースもあるようだ。 予算規模は約4,500万円。 【問い合わせ先】 産業経済局 観光課:093-551-8150 飲食店への支援 クラウドファンディングを活用して、市民が先払いで飲食店・サービス業等を応援するサイトを新設する。 4月30日から開始予定。 大手小売店等とタイアップしてデリバリーサービスを構築し、地元飲食店が登録できるようにして飲食店応援する仕組みづくりを行う。 地域でデリバリーサービスを提供する団体を支援することで、地域における自主的な取組を促し、飲食店の売上げ向上、住民の利便性向上を図る。 3つ合わせて予算規模は約4,300万円。 【問い合わせ先】 産業経済局 商業・サービス産業政策課:093-582-2050 なお、上記の支援策の中には、4月30日~5月1日の北九州市臨時議会において最終的に詳細を含め決定される見込みのものも含む。 各支援策の財源については国からの臨時交付金によるほか、基金の取り崩しも行われるようだ。 【茅野 雅弘】.

次の

【北九州市宿泊モニターキャンペーン】&【福岡の魅力再発見九州キャンペーン】のお知らせ|お知らせ一覧|門司港ホテル【公式サイト】

北九州宿泊モニターキャンペーン

店舗への家賃支援 北九州市は、緊急事態宣言に基づき福岡県から出された休業要請を受け休業した中小企業・小規模事業者などの店舗に対し、賃料の8割,40万円を上限に支給する。 予算規模は約24億円。 【問い合わせ先】 産業経済局 緊急経済対策室:093-582-2299 宿泊事業者への支援 宿泊モニターキャンペーンとして、北九州市が割引販売を条件に部屋を買い上げ、宿泊モニターに格安で販売し、事業者の早期業績回復を支援する。 1人1泊あたり1,000円~3,000円支援する。 予算規模は約2億5,000万円。 宿泊施設を活用したテレワーク支援(テレワーク推進北九州応援プラン)を行っている。 家庭で仕事ができない人の利用などを想定して、Wifi環境の整った市内宿泊施設をテレワークの場として提供することにより、テレワークの推進を図るとともに、宿泊事業者を支援する。 1人1日利用あたり3,000円を上限に支援する。 市の担当者によると、こちらは特に緊急性を要すると判断され、16日から開始済みだ。 ホテルの稼働率が上がり、法人で利用しているケースもあるようだ。 予算規模は約4,500万円。 【問い合わせ先】 産業経済局 観光課:093-551-8150 飲食店への支援 クラウドファンディングを活用して、市民が先払いで飲食店・サービス業等を応援するサイトを新設する。 4月30日から開始予定。 大手小売店等とタイアップしてデリバリーサービスを構築し、地元飲食店が登録できるようにして飲食店応援する仕組みづくりを行う。 地域でデリバリーサービスを提供する団体を支援することで、地域における自主的な取組を促し、飲食店の売上げ向上、住民の利便性向上を図る。 3つ合わせて予算規模は約4,300万円。 【問い合わせ先】 産業経済局 商業・サービス産業政策課:093-582-2050 なお、上記の支援策の中には、4月30日~5月1日の北九州市臨時議会において最終的に詳細を含め決定される見込みのものも含む。 各支援策の財源については国からの臨時交付金によるほか、基金の取り崩しも行われるようだ。 【茅野 雅弘】.

次の