カナヲ かっこいいシーン。 伊之助のかっこいいシーン5選!

鬼滅の刃のカナヲの強さ能力は?花の呼吸や技を画像付きで紹介

カナヲ かっこいいシーン

プロフィール 名前:栗花落カナヲ(つゆり かなを) 年齢:16歳 身長:156cm 体重:46kg 声優:上田麗奈 鬼殺隊の入隊試験に残った5人のうちの一人ですね! カナヲは炭治郎達とは同期ということになります。 基本的には薄っすらと微笑んだ表情をしていることが多いですが、実際は感情がほとんどありません。 言われたことをするだけという女の子でした。 その後は 炭治郎の熱意などもあって少しづつ人間としても成長していきます! そしてなんと、 カナヲは蟲柱の胡蝶しのぶの継子なのでした! カナヲの強さはどのくらい? 初期の時点で、 すでにカナヲの強さは同期たちから比べれば圧倒的なものでした! 全員が死にものぐるいで何とか生き残った試験に対して、カナヲだけはほぼ無傷。 楽勝ムードで合格というほどの差がありましたね〜。 後にわかったことですが、カナヲは蟲柱の胡蝶しのぶの継子だったんです。 「柱」というのは鬼殺隊で言うところの最強クラスの幹部ですね。 「継子」というのは、その柱から才能を認められた存在のことを言います。 ) 上弦の鬼相手に勝利 カナヲは鬼滅の刃でもトップクラスの強さを持つ上弦の弐・童磨を相手に勝利しました! 実際は伊之助とのタッグでの勝利なので自力というわけではないのですが。 そこらの鬼殺隊が何人束になっても、柱一人だけでも勝てない相手です。 そんな相手に鬼殺隊員二人で勝利したのは、かなりの快挙なのではないでしょうか? (もっと詳しく言うと、しのぶさんの術と合わせて三人での勝利ですね。 ^^) 鬼滅の刃作中でもトップクラスの強さの一人といえると思います〜! スポンサーリンク カナヲの能力や技は? 上記まででも軽く紹介しましたが、 カナヲの師匠は蟲柱の胡蝶しのぶです。 それじゃあ胡蝶しのぶの継子のカナヲ蟲の呼吸を扱うのかというと、そういうわけではありません。 ^^ 一応、蟲の呼吸と花の呼吸のどちらも水の呼吸からの派生ということは同じとなっています。 ものすごく便利な半面、自身に対する負荷も半端ないもので、失明の危険すらある、まさに捨て身の技ですね。

次の

カナヲとしのぶ強いのはどっち?上下関係・童磨の会話や戦闘から強さ比較!

カナヲ かっこいいシーン

「花の呼吸」を操る栗花落カナヲ(つゆりかなお)とは? 栗花落カナヲは同期で一番の才能の持ち主! 栗花落カナヲ(つゆりかなお)は、 サイドテールの髪型や紫の瞳が特徴的な美少女です。 大人しい性格で寡黙(かもく)、まさに清楚系美少女ということで多くのファンから支持を得ています。 口数が少ないためどこかミステリアスな雰囲気を醸し出していて、アニメでもほとんど喋っているシーンがありません。 カナヲは主人公である炭治郎と同期で鬼兵隊に入隊しています。 しかし、鬼の襲撃を7日間耐え抜かなければいけない過酷な最終選別を、同期が満身創痍で勝ち残る中、カナヲは全身に傷どころか土汚れすら付けずに勝ち残るほどの実力者でした。 継子は相当才能がないと選ばれないため、カナヲは他の同期と比較しても 相当な才能を持っていると思われます! 栗花落カナヲの過去が辛すぎる… アニメ25話感想 継子・栗花落カナヲの悲惨な過去が明らかに!! — 最強ジャンプ放送局 カナヲの生い立ち話を挟んでくるとは思わんかった。 — お風呂で睡眠 tamanoyua カナヲは、家族から虐待を受けて育った過去があります。 貧しい家に生まれ、厳しい虐待を受け続けた結果、本人曰く 「ある日、ぷつんと音がして、何も辛くなくなった」と言っており、完全に心を閉ざしてしまいます…。 それ以来 カナヲは何かを決断する際にはコインを投げて決めるようになりました。 しかし、炭治郎との出会いがカナヲの心を開く大きなきっかけになります。 炭治郎が 「この世にどうでもいいことなんてない」と自分の意思で行動することをカナヲに告げたことをきっかけに、少しずつではありますが、 自分の意思で行動できるように成長していきました! 「花の呼吸」とは? 栗花落カナヲ 4枚も写真なかった — 茹でた孫 yudetamago1963 花の呼吸とは、 5大流派である水の呼吸から派生した流派です。 使用できるのは栗花落カナヲと胡蝶カナエの2人です。 ただ、カナエは十二鬼月に殺されてしまったため、現在扱えるのはカナヲのみです。 水の呼吸から派生した呼吸法のため、水の呼吸と似ている部分が多いです。 技名に入っている花は「梅」で、花言葉は「高潔」。 カナヲの義姉、 カナエを殺した十二鬼月である童磨(どうま)との戦いで使用しました。 弐ノ型 御影梅を発動して、童磨の血鬼術を防ぐことに成功しています。 技名に入っている花は「紅花」で花言葉は「化粧」です。 技名の通り斬撃は衣のように見えることが特徴的ですね。 この技も童磨との戦闘において使用された技で、 目の前でしのぶを殺されたことに逆上して斬りかかりました。 理性を失って切り掛かってはいますが、童磨がしのぶを取り込んでいる最中のため、しのぶを傷つける箇所は狙っていないと思われます。 技名に入っている花は「芍薬」で花言葉は「恥じらい」。 連撃がまさに花びらのように見えるほど高速で繰り出されるのが特徴です。 この技も童磨との戦闘において使用されました。 技をかけられた童磨が思わず 「きれいだ」と言ってしまうほど美しい技ですが、童磨の連撃に返されてしまいます。 花の呼吸の技はどれも花がモチーフになっているため、全体的に花蓮な印象を受けます。 技名に入っている花は「桃」で花言葉は「天下無双」。 「水の呼吸」の派生の呼吸法のため、 「水の呼吸」のねじれ渦を彷彿とさせる技です。 体をねじって発動しているため、技の威力も増しており、花の呼吸の中でも かなり攻撃力が高いのが特徴です。 陸ノ型 渦桃は攻撃力が高いため、カナヲはこの技を童磨の頸を狙って発動しています。 当たっていれば倒せていたかもしれない大技ですね! 花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼(ひがんしゅがん) ベタだけどここ一番って所にリスクありの大技やる展開ほんとすこ。 今日のジャンプでカナヲちゃんの花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼を観た時は中2心が騒いだ — クマ pleasure05041 終ノ型 彼岸朱眼はこれまでの「花の呼吸」と少し違います。 何が違うかというと カナヲにしか使えない(今のところ)大技という点です。 全集中の呼吸で眼球に全神経を集中させ、 動体視力を極限まで高めることができる技です。 技名に入っている花は「彼岸花」で花言葉は「想うはあなたひとり」。 動体視力が極限まで上がっているため、 相手の動きがスローモーションに見えます。 直接的な攻撃力は持っていませんが、攻撃につなげることができる大技です。 この技も童磨との戦いの終盤で使用され、見事刃が童磨の頸に届き 勝利することができました。 そのため、 視力を活性化させるこの技はカナヲのみが扱えるとっておきの技だと言えるでしょう! 失明のリスク!? 終ノ方は「諸刃の剣」! 鬼滅の刃最新話で、無惨様の攻撃を受けて片目を潰されてしまった炭治郎。 上弦・陸戦ではアゴを貫かれ、上弦・肆戦では足を潰され、いつもボロボロです…。 花の呼吸・終ノ型「彼岸朱眼」でカナヲが失ったのと、同じ右目なのが気になりますね。 お互いがお互いの右目となり闘うのかな。 それは 「失明のリスク」です。 終ノ型は眼球に神経を集中させるため、 強膜が血で真っ赤に染まり、眼に相当な負荷をかけることになります。 そのため、この技を長く使えば使うほど 失明のリスクが高まっていくというまさに「諸刃の剣」。 今回の童磨戦に関しては、最終局面の短時間の使用ですんだため、 最悪の「失明」には至らなかったようですね。 ただ、短時間の使用でも右目がほとんど見えなくなるほどの後遺症を背負ってしまったようです…。 短時間の使用でもこれだけの痛手を追うのはかなりの大技ですね。 25話「継子・栗花落カナヲ」感想 カナヲちゃんの過去が中々鬱だった 無言でかつ自分の意思で動けない事にはそんな背景があったのか そんな過去に触れつつ炭治郎も淡々と調子を取り戻しついにカナヲに勝利 あと蟲柱・しのぶの過去とのギャップにビックリ 鬼滅は過去が重いキャラが多い — カリーパン アニメ animekaripan しかし、 自分のことを諸共せずに立ち向かったしのぶの姿をみて、カナヲはこの「諸刃の剣」を使うことを決意しました。 今まで自分では何も決められなかったカナヲが成長した瞬間でもありました! 涙を流すという感情さえも失ってしまっていたカナヲですが、本当の肉親のように慕っていたしのぶの死を受けて涙を流せるようになったのです。 悲しすぎる戦いではありましたが、カナヲの扱う「花の呼吸」の魅力を知れたとともに、カナヲの成長を感じられた熱い戦いでした。 今後もカナヲの成長と活躍に期待しましょう!.

次の

【鬼滅の刃】炭治郎は最終回のその後、カナヲと結婚!?子孫は竈門炭彦とカナタ!(ネタバレ注意)

カナヲ かっこいいシーン

第10位 禰豆子が小さくなって逃げるシーン 第10位は炭治郎に逃げるように言われて走り出す禰豆子。 カナヲに狙われて切られそうになった瞬間、背を縮めて子供の姿に変身し「とててててて」と可愛らしい足音を立てて逃げ出します。 最終的には追い詰められてしまいますが、カラスの伝令で本部へ連れ帰るように命令が入り助かりました。 その頃冨岡としのぶは…… しのぶの継子カナヲは禰豆子を追いかけ仕留めようとしていましたが、その頃冨岡も禰豆子を逃がす為にしのぶをアームロックで食い止めていました。 そして2年前からの話で間を伸ばそうとしたところ、しのぶに「嫌われているといった事根に持ってます?」といわれかなりダメージを受けてしまいました。 第7位 天元が最後の言葉を言い残せなかったシーン 第7位は天元が最後の言葉を妻に残……そうとしたシーン。 大けがと毒により瀕死となってしまった天元は最後の言葉を妻たちに残そうとします。 しかし3人の妻のうちの1人が大騒ぎ!天元の言葉を遮ってしまい最後の言葉を告げる事も出来ないまま毒が回って喋れなくなってしまいました。 このシーンはコミカルに描かれていたので助かる気はしていましたが…… 天元を救った救世主は禰豆子 もはやこれまでかと天元もあきらめかけたその時、4人の元へひょっこりやって来たのは禰豆子でした。 禰豆子は天元に触れると毒を燃やす血鬼術で天元の身体から毒を消し去ってしまいます。 しかしその姿はまさに燃えている姿そのもので、一時は妻の1人に怒られてお尻を叩かれそうになりました(笑) 第6位 甘露寺が走り寄ってくるシーン 第6位は個人的に好きだったこのシーン。 刀鍛冶が暮らす里へやって来た炭治郎の元へ甘露寺が泣きながら走り寄ってくるのですが、その際に大きく開いた胸元を見て炭治郎が「乳房が零れ出そうです!」と注意します。 しかも2回も「危ない!!」と真剣に言っている所がなんだか笑える名シーンでした(笑) 第5位 禰豆子の覚醒シーン 第5位は禰豆子が炭治郎のピンチで大人の姿になって鬼化が進んでしまうシーン!体中に紋様のような物と血管が浮き出て、右の額からは鬼の証でもあるツノが生えてしまっています。 こうなった禰豆子はパワーだけでなく再生能力も飛躍的に向上するのですが、自我を失ってしまい本当の鬼になってしまいそうになります。 そんな禰豆子を落ち着かせたのは炭治郎の子守歌 鬼化が進み過ぎて炭治郎でも止められなくなってしまった禰豆子でしたが、天元に「子守歌でも歌ってやれ」といわれて炭治郎は昔母親が歌っていた子守歌を禰豆子に歌って聞かせます。 すると禰豆子はみるみる落ち着きを取り戻し、最終的に子供の姿に戻り涙を流しながら眠りにつきました。 第4位 鱗滝からの手紙を読み上げるシーン 第4位はお館様の前に柱が勢ぞろいしひざをついて話しを聞くシーン。 普段個性が強すぎてまとまりがほとんどない柱たちですが、お館様を前にするとビシッとまとまりを見せます。 この時は炭治郎と禰豆子の事についての話だったのですが、禰豆子の扱いに関して騒ぎ立てる一面もあったものの、お館様が指を口に当てるとぴたりと静まり返りました。 第3位 妓夫太郎兄妹の最後のシーン 第3位は妓夫太郎と堕姫の最後のシーン。 首を切られた2人は顔を向い合せるように転がり激しい口喧嘩を始めてしまいます。 喧嘩はエスカレートし、妓夫太郎はつい「お前なんか生まれて来なきゃよかった」と言いそうに……その時炭治郎は妓夫太郎の口をふさぎ、代わりに「嘘だよ」と言いました。 大泣きする堕姫。 それでも最後は一緒に…… 灰のように消えてしまい死んでしまった2人。 妓夫太郎は地獄へ行く覚悟をして歩き始めます。 そこへやって来た堕姫。 その姿を見ると昔の人間の姿になっていました。 これから地獄へと落ちていく妓夫太郎は堕姫に向かって「お前は反対の明るいほうへ行け」と告げます。 しかし泣きながらずっと一緒だと言って飛びつく堕姫。 2人はそのまま地獄へと仲良く落ちていきました。 第2位 禰豆子が冨岡から炭治郎を守るシーン 第2位は序盤で鬼化した禰豆子が炭治郎を必死に守ろうとするシーン!最初は鬼化の影響で炭治郎の命を狙っていたのですが、冨岡に気絶させられた姿を見ると一瞬の隙をついて炭治郎の元へ駆け寄ります。 この時冨岡も「食われる」と思ったのですが、禰豆子が取った行動は「守る」という行為。 これに驚いた冨岡は禰豆子を気絶させ、殺さずに見逃す事にしました。 第1位 煉獄の最後のシーン 第1位はやはり煉獄の最後のシーン。 現在のところ柱で唯一死んでしまったキャラクターですが、さまざまな名言を残して最後は笑顔で逝ってしまいました。 ちなみにこの笑顔は既に亡くなった母の姿を見て、自分がやるべきことを果たせたか尋ね「立派にできましたよ」と褒められたのを喜んで息を引き取ったシーンです。 名シーンランキングまとめ ここまでランキングを付けてきましたがいかがだったでしょうか?正直他にも沢山名シーンはあって悩みましたが1位は煉獄の最後にしました。 善逸や伊之助の名シーンを上げなくて怒られそうですが、今回はここまででご勘弁願います(笑).

次の