内出血 治す。 内出血を早く治す方法まとめ!顔や目に効く薬や食べ物は?湿布やヒルドイドの効果も

内出血の治し方5選!正しい処置で早く治すようにしよう!

内出血 治す

「あざ」というと、身体をぶつけたときに皮膚が青色や紫色になった状態をイメージする方は多いのではないでしょうか。 この状態は 「青あざ(うちみ)」とも呼ばれます。 一般的には、皮膚の一部がまわりの色と異なって見える状態を「あざ」と呼びます。 「あざ」には様々な種類があり、あざができる原因も様です。 「青あざ(うちみ)」のほか、赤い血流が透けて見え、生まれつきある場合が多い 「赤あざ」、シミなどと同じ分類となる 「茶あざ」、ほくろと同じ分類となる 「黒あざ」などがあります。 上に挙げたもののほかにも、蒙古斑 もうこはん に代表されるように生まれつきのものもあれば、紫外線の影響や何らかの病気が関わっているものもあります。 基本的には、急にあざができた、時間が経っても消えないという場合には皮膚科・美容皮膚科に相談するのが良いでしょう。 今回は、日常的にだれもが作りやすい「青あざ(うちみ)」の原因である、内出血について解説します。 内出血は、その名の通り 皮膚の内側で出血が起こってできるものです。 手のひらを良く見ると、細い血管が透けて見えます。 私たちの皮膚の下には、これら目に見える血管だけでなく、さらに細かい毛細血管が網目のように広がっています。 毛細血管の壁はとても薄いため、外側から衝撃が加わると破れてしまいます。 破れた血管の壁から出た血液は、じわじわと周りの組織に広がります。 その状態が、赤血球の状態や光の影響を受けて、青色から紫色見えます。 皮膚の深いところや、皮膚が厚い部分で起こった内出血であれば、表面にまで広がらないうちに消えてしまうこともありますが、ぶつけやすい腕や足、顔などは比較的皮膚が薄いため、内出血が目立ちやすくなります。 採血や注射でも内出血が起こることがある また、病院で受けた採血や献血、注射の際に内出血をしてしまったという方も多いようです。 注射の際に内出血が起こってしまう原因も上記同様、注射などの針が血管の壁を破ってしまった場合や、針を抜いた後の止血(採血などを受けた後に、その場所をしっかりと圧迫し、止血すること)が不足していた場合などに起こります。 注射のあとを止血するポイントは、 皮膚に対して垂直にしっかりと圧迫することです。 また、時間は5分程度を目安にしましょう。 ゆるく押さえるだけだったり、注射の痕を揉んだりしてしまうと内出血が起こってしまう場合があるので注意が必要です。 内出血は、時間の経過とともに少しずつ血液が吸収されていくため、徐々に色が黄色っぽくなり、最終的には消えていきます。 しかし、目立つ内出血は、少しでも早く治したいものです。 怪我などの応急処置の基本に、RICE ライス という覚え方があります。 転んで足などを強く打ってしまったときは、以下のポイントをおさえて対処しましょう。 4つの応急処置「RICE」で内出血を緩和しよう. R:まずは安静 Rest が第一 I:次に、打ってしまったところをアイスノンや冷たいタオルなどで冷却 Ice C:必要に応じて、圧迫 Compression E:打ったところを心臓より高い位置に上げる Elevation こうすることで、腫れや内出血を和らげることができるとされています。 とっさの場合には、まず安静にして冷やすことを念頭に置き、それでも症状が気になるときは、念のため病院で診察を受けましょう。 内出血は、基本的には時間が経てば治ります。 しかし、パーティーなどでドレスを着るのに、内出血が目立って気になる、など、少しでも早く治したい時にはどうすれば良いのでしょうか。 最近では、そのようなニーズをキャッチして、内出血を改善するための市販薬も販売されています。 たとえば小林製薬のアットノン『アオキュア』は、内出血が起こっている部分に作用して血液の停滞を防ぎ、血液の流れをよくすることでより早く元のきれいな素肌に戻す効果が期待できます。 また、手術やケガによる傷・内出血の回復を促すサプリメントなどを利用する方法もあります。 そのほか、大きく広がった内出血には血液の流れをスムーズにすることを目的とした テーピングによる自然療法もあります。 今すぐに内出血を隠したい!という場合は、タトゥーなどをカバーするシール状のファンデーションシートを使うのも良いでしょう。 ここまで、内出血の仕組みやその対処法についてお伝えしてきました。 ただし、安易な自己判断による対処は注意が必要なこともあります。 とくに、どこかにぶつけた記憶がないのに内出血ができている、1週間以上様子を見ても薄くなる様子が見られないといったようなケース。 もしかすると、その原因には紫斑病(しはんびょう)など血液の病気が関わっているかもしれません。 原因が思い当たらない内出血や強い痛みをともなう内出血など、気になる症状が出ている場合は、皮膚科や整形外科など、専門の病院を一度受診してみましょう。 品川美容外科・品川スキンクリニックはカウンセリングは何回でも無料です。 お肌のお悩みがある方は、ぜひお気軽にご相談ください。 品川美容外科には様々な科目の専門医・医学博士が在籍しています 品川美容外科には日本美容外科学会(JSAS)専門医、医学博士をはじめ、日本美容外科学会会員、日本美容外科医師会会員、麻酔科標榜医、日本麻酔科学会指導医、日本麻酔科学会専門医、日本救急医学会ICLS認定医、日本形成外科学会会員、日本熱傷学会会員、日本創傷治癒学会会員、日本脳神経外科学会会員、日本眼科手術学会会員、日本抗加齢医学会専門医、日本マイクロサージャリー学会会員、日本肥満学会会員、日本レーザー医学会会員など様々な科目の専門医等が在籍しています。 また2018年の第106回日本美容外科学会では当院理事長が学会長を務め、その他にも定期的な研修や勉強会を開催し、医療技術の向上に努めています。 美容外科学会の詳細や研修・勉強会情報についてはをご覧ください。 当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています 2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持った品川美容外科の医師監修のもと掲載しています。 医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくは、当院の在籍医師(日本美容外科学会会員医師)一覧はをご覧ください。

次の

内出血の原因と早く治す方法 冷やす?温める?

内出血 治す

「なぜかズキズキする、あれ?どこかでぶつけたのかな?内出血してる・・・。 」 「今日のお昼に道路の段差でつまづいた時は一瞬だけ痛かったけど、家に帰ってお風呂に入ると足の指が内出血して紫色になってた。 」 「自分の体質なのか、昔から軽くぶつけた程度でもすぐに内出血するし、気付かないうちに黒や紫のあざが出来ている事がよくあるのよ。 」 こんなお悩みや経験談をお持ちの方は、きっと少なくはないでしょう。 また露出することの多い腕や足、特に顔に内出血の青あざが出来てしまうのは辛いものです。 もちろん女性に限った話ではなく、男性でも同じことが言えるでしょう。 当サイトはそんな「 内出血」についてピックアップした情報サイトです。 内出血はなぜ起こるのか?そもそも内出血とは何なのか?どんな状態なのか? 内出血の正しい処置の仕方や早く治す方法について、内出血と関係する病気についてなど、内出血に関する情報を掲載しています。 内出血を詳しく知りたい方はこれを機に当サイトで知識を深めましょう! sponsored link ここでは内出血について、内出血とは何なのか、そのメカニズム、原因や症状とあざの色についてなど、それぞれ詳しく説明しています。 頭部の内出血について、頭蓋内出血、顔の内出血、眼球や目の周り目の下など目に関する内出血、首の内出血など、それぞれ詳しく説明しています。 胴体部の内出血について、胸部と腹部、腰部と背部のそれぞれの内出血について詳しく説明しています。 四肢の内出血について、腕や足、爪の内出血についてそれぞれ詳しく説明しています。 怪我の手当、応急処置において基本となるRICE処置について、また内出血を早く治す方法などそれぞれ詳しく説明しています。

次の

結膜下出血の原因とは?症状と早く治す方法を紹介!

内出血 治す

スポンサーリンク 指の内出血部分がしっかり冷えたら血流を促すために温める! そして、 患部の痛みがひいたら次は温めて血流を促してください。 これは、温シップが1番効果的でしょう、お風呂でも効果はありますが、その場合は湯加減にご注意を!熱いお湯だと痛みが再発してしまうこともありますので、お風呂場で温めるときは、ぬるめのお湯でゆっくりとつかるといいでしょう。 また幹部に軟膏を塗ると、血流が良くなり、皮膚の新陳代謝を促す効果が期待できます。 しかし、 軟膏は受傷直後はお勧めしません。 理由としては、受傷直後は内出血の量も多く炎症もおこしているので血流を促してしまうと痛みや腫れがひどくなる可能性があるからです。 なので、軟膏を使用する場合は痛みや腫れがひいてから使用するように注意してください。 さらに、鉄分やビタミン Cを積極的に摂ることもお勧めです。 食事療法は、継続させることで効果がでますので、 1度に大量に摂取するような無茶はせずに無理のない範囲で毎日続けてくださいね。 内出血をはやく治す方法!よく使う指先を挟んでしまった人必見の対処法まとめ 内出血はしないにこしたことはありませんが、もしなってしまったらすぐに冷やす。 痛みが治まってきたら今度は温める。 という具合にやってみてください。

次の