ゲームボーイ アドバンス ips 液晶。 液晶ゲームボーイが超お買い得

【改造】GBAにバックライト液晶を搭載する方法【配線あり】│www.m6mobile.fr

ゲームボーイ アドバンス ips 液晶

検証結果 基本的に輝度は最大(最も明るい状態)で確認しました。 ただ、DS Liteは液晶保護フィルムをつけているのと、GBA IPS液晶はプラスチックでなくガラス製のスクリーンが付属されていて、そちらに変えてあるので余計に綺麗に見えるかもしれません。 DS LiteでGBAゲームをプレイすると小さく見える ちなみにDS Liteは3インチ画面で、GBA IPS液晶とほぼ同等の画面サイズなのですが、DSのソフトの解像度はGBAより横が16ドット・縦は32ドット大きくなった為、GBAソフトをプレイする場合はこのドット分は表示されない為、表示画像としては小さく見えます。 確かに上記のマリオの画面は、画面サイズは同等のはずなのに、下のDS Liteの方が小さく見えますよね・・・。 参考までに、こちらの画像は、GBAの画面と、DS LiteをGBAではなくDSのソフトの画面とで比較したものです。 比較したソフトは、GBAとDSのどちらでも発売されていた逆転裁判を利用します。 ちょっとこちらの画像だけだと分かりづらいので、ゲーム画面を拡大してみます。 今までと同じように上部はGBAの画面で、下部がDS Liteの画面です。 画面のサイズはほぼ同等なのですが、下部のDS Liteは解像度が横16ドット・縦32ドットほど大きい分ので、情報が多く表示され流ようになっています。 具体的には、画面サイズが同じなのにDS Liteは解像度が高い為、画面が凝縮されて、表示されるキャラクターや文字が小さく表示されております。 DSのソフトをプレイする分には全く問題ありませんが、DSでGBAのソフトをプレイする場合は、この横16ドット・縦32ドットは表示されないので画面が小さく見えるという事が発生します。 ちなみに、こちらの画像だと下部のDS Liteの画面の方が綺麗に見える気がしますが、この写真を撮影する際、GBA IPS液晶の輝度を最大にし忘れておりましたので、それが要因かと思います。 GBA IPSの輝度を最大にすると、DS LiteもGBA IPSも、ほとんど遜色ないという実感です。 非常にうまく調整されていると思います。 ただ、液晶自体は、同じIPS液晶のはずなのですが、なんとなくGBAのIPS液晶のほうが綺麗に感じます。 (具体的に記載すると、黒の発色がGBA IPS液晶のほうがいい感じに見えます) これはたぶん、液晶の質というより、GBAのガラススクリーンの効果でしょうかね。 それに3DS LLは液晶保護フィルムをつけているとういう事も理由としてあるかもしれません。 そして、参考までに今までずっと表示していたスーパーマリオブラザーズを3DS LLで表示させた画像ものせておきます。 別のソフトとなりますので、画面サイズ・構成もよく見ると違いますのでご注意ください。 あくまで画面サイズの比較・発色の度合いの比較として参考程度にご覧いただければと思います。 比較4:SupaBoy S FC と GBA IPSv2 最後は、以前にの記事でも紹介した、HYPERKIN社より発売されている「SupaBoy S FC」と、IPS液晶を搭載したGBAの比較についてです。 比較したソフトは、スーファミの「Mother2」と、GBAの「Mother1+2」です。 見ての通り、液晶の発色で言うなら、SupaBoyよりもGBA IPS液晶の方が綺麗に見えますね。 また、画像をクリックして拡大表示してもらうとよくわかるかと思いますが、SupaBoyは画面が少しボヤけて見えるのが特徴ですね。 ただ、このボヤけて見える画面については、スーファミはブラウン菅でプレイする事を前提に調整されておりますので、逆にボヤけて表示させる事で、ドットをくっきりと表示させるよりも画面が綺麗に見える側面もあるので、スーファミの画面の調整としては、これはこれでグッドだと思っております。

次の

【改造】GBAにバックライト液晶を搭載する方法【配線あり】│www.m6mobile.fr

ゲームボーイ アドバンス ips 液晶

当方の作成したGBA 画面右のドリラーの耳あたりに着目して比較すると、どれだけ右に寄っているかわかるかと思います。 IPS液晶で画面が綺麗なのは素晴らしいのですが、これだけ右に寄ってしまうと、ゲームによっては文字が切れたりと悲しい事になります。 今回は、こちらの対処方法について記事にしたいと思います。 対処方法(ケースの加工方法) 右寄りにしない為の対処方法としては、IPS液晶を設置する際に、ケースの裏側から見た形でもっと右に設置して、画面を左に寄せる事が必要です。 液晶をもっと右側に設置する為には、更にケースの加工が必要なのですが、GameWatchで紹介されている記事では、その加工を実施していないのが原因となります。 参考までにIPS液晶の通販を行っている中華サイトより画像を転載しますが、そちらの加工方法と比較するとわかるかと思います。 まずはGameWatchに記載されているケース加工の説明画像から。 ケース加工説明 通販サイトより ほんの数ミリですが、この数ミリの違いが、IPS液晶が右側に寄っている原因となりますので、ここを加工するといいかと思います。 ・・・と、加工方法について記載しましたが、上記の中華の通販サイトをはじめとして、IPS液晶を設置するのに非常に便利な、カット済みのケースが販売されております。 (名称としてはケースではなく、シェルやシェルカバーといった名前で販売しております) 当然ながら任天堂純正のケースではありませんが、ケース自体は新品なので、中古で購入したGBAなどであれば、外側の実際に触れる部分が新品になるのは嬉しいところですよね。 IPS液晶と合わせて、外側のケースも新品に揃えると、周りから見た感じは完全に新品になりますので、カット済みケースを購入するのを当方はオススメします。 (ただし、操作感が気になる方は、ボタンはオリジナルのものをそのまま使うのがいいかと思います。 当方もいくつかボタンを購入して試してみましたが、LボタンとRボタンはオリジナルのボタンでないとどれも違和感を感じました) 設置方法(ポジションスティックのススメ) GameWatchに特に記載はありませんが、IPS液晶交換用キットに付属しているパーツとして、ポジションスティックがあります。 こちらを活用するのがいいかと思います。 IPS液晶 設置時 GameWatchより そして、下記の画像は当方が作業したゲームボーイアドバンスです。 液晶画面の下部と左部に、付属のポジションスティックを入れて設置しております。 (ちなみにこちらの写真は当方が中華の通販サイトにて購入した2台目のIPS液晶なので、ちょっと日本語の変わった絶縁シートが貼り付けてあります) ポジションスティックを入れてIPS液晶を設置する事で、液晶の設置位置がしっかりとフィットします。 これで画面が右寄りになってしまう事はありません。 また、しっかりとフィットするので、液晶画面が斜めに設置されてしまうような事も回避できます。 せっかく付属しているポジションスティック、しっかりと活用していきましょう。 IPS液晶を購入したショップ(参考までに) まず、当方は結果としてIPS液晶を2台購入しました。 1台目はGameWatchでも紹介されている。 ただ、こちらは画面が右寄りになってしまい残念な感じで、諸々の理由から封印されました。 次にリベンジとして用意した2台目はで購入しました。 最大のポイントは値段が安いところですが、今回については1台目にしっかりとしたショップで購入したものと品質を比較できるので、色々なリスクはありますが中華の通販サイトを利用してみることにしました。 ちなみに、どちらもポジションスティックはしっかりと付属されておりました。 また中華の通販サイトで購入する場合は、詐欺とも言えるであろう品質の悪い商品(偽物のようなもの)を送ってくる場合もあるようなので、当方が購入したショップも参考として紹介しておきます。 当方はこちらの「WMe Amor Store」で販売している「IPS V2 液晶画面キット事前カットシェルケース gba 用バックライト液晶 V2 画面 10 レベル高輝度 GBA コンソールハウジング」を購入しました。 家電のケンちゃんの場合、通販で買ったので送料なども含めてIPS液晶のセットだけで8,230円しましたが、AliExpressの場合はゲームボーイアドバンスの外側のケース、しかもIPS液晶がセットしやすいように加工済みの新品も付いてきたり、他にも各種ボタンとボタンの下に設置するゴム部品、更にはGBA分解用のドライバーまでがセットになっていて、おおよそ半額程度の金額で入手できました。 しかも外側のケースも色々なカラーを選択できます、当方はクリアブラックを選択しました。 ただし、AliExpressのデメリットとしては、到着までに非常に時間がかかります(当方は1ヶ月半以上かかりました)。 それに、輸送時のトラブルが怖いという点があるかと思います。 (液晶は精密機械ですからね・・・) まあ、自分が購入したショップから送られてきた物については、外袋にそのまま入っているのではなく、しっかりと外装として発泡スチロールの箱に梱包されており、更に内部にプチプチで梱包されておりましたので、そこまで不安はありませんでした。 家電のケンちゃんで購入するメリットは、届くまでが早い事と、家電のケンちゃんにて1台1台しっかりと動作確認して出荷されているようなので、安心の品質といったところでしょうか。 元がどの程度不良品が混じっているのかはわかりませんが、中華クオリティなのは間違いないですからね・・・。 既に右寄りに画面を設置してしまった場合 既にIPS液晶をGameWatchに記載してある方法で設置してしまった場合、これを修正するのは非常に困難です。 IPS液晶は非常に耐久力が低いので、両面テープで取り付けてあるIPS液晶を外す際に破損する可能性が非常に高いです。 ええ、当方は破損しましたよ・・・。 その結果、ジャンクとして永久に封印されました。 既に設置してしまった場合は、これはこれで大事に取っておいて、諦めてもう1台を追加で購入する事をオススメ勧めします。 その他 参考情報 付属はガラススクリーン 当方も、GameWatchにあるように家電のケンちゃんで購入しましたが、付属の画面スクリーンとして、標準のプラスチックスクリーンではなく、ガラススクリーンが同封されておりました。 他にも、中華の通販サイトからも取り寄せましたが、同じようにガラススクリーンが同封されてました。 ガラススクリーンは、プラスチックよりも綺麗な画面で非常に満足なのですが、当初てっきり同封されているのはプラスチックスクリーンと思い、ガラススクリーンを追加購入してしまいました・・・。 ゲームボーイアドバンス のカセットの収納 ついでにゲームボーイアドバンスのカセットの収納方法についても参考までに紹介します。 当方は「リングスター スーパーピッチクリア SP-1500D」を利用しています。 素晴らしい収納力です。 ちなみに当方は、最終的にこのケースに収納するとわかっているので、裸で売っているゲームボーイアドバンスのソフトも気兼ねせずに購入できるようになりました。 5mm。 ちなみにNew3DSのサイズは、縦80. 6mm。 New3DSのポーチは、New3DSにカバーを装着して収納することも考慮して、少し大きめのサイズでも入るようになっているので、ジャストサイズで入ります。 ゲームボーイアドバンスを収納するのなら、アドバンス時代のポーチよりも、現在販売されているポーチの方が高性能で、安く入手できるので、これから購入するならNew3DSのポーチがオススメです。 ジャストフィット! まとめ GBA専用IPS液晶の交換については、色々と動画も公開されているのですが、このポジションスティックをしっかり紹介してくれている動画は、自分が見つけた限りだと以下の動画しかありませんでした。 こちらを参考にするのがいいかと思います。 この方は、下記のというショップで購入したようですが、購入だけでなく改造の依頼もできるようなので、時間にあまり余裕の無い方は、こういった所でお願いするのも無難かと思います。 とりあえず言えることは、IPS液晶搭載のゲームボーイアドバンスは最高です! まず、美しい画面というだけでもプレイするやる気がわいてきます! この美しい画面について、他機種との比較はにまとめておりますので、よかったら参照ください。 色々なモデルのあるゲームボーイの中でも、このゲームボーイアドバンスが最高の操作感だと思っております。 やはり画面の横にボタンとキーが配置されて、両手の間にある程度のスペースがあると操作しやすいですね。 また、こちらの初代ゲームボーイアドバンスのハードの特徴として、ゲームボーイアドバンスのソフトだけでなく、初代ゲームボーイソフトやら、ゲームボーイカラー対応・専用といったソフトも動作するので、対応タイトルが非常に充実しております。 初代ポケモン赤緑といったタイトルも、綺麗なIPS液晶で楽しめます! そして、充電バッテリーでなく乾電池というのも、充電バッテリーの劣化などを気にせず、簡単に入れ替えられるのでメリットだと思います。 ゲームボーイアドバンスSPなどは、ハードによっては充電池が膨張していたりするみたいですからね・・・。 (もし充電池を使いたいのであればエネループを使えばいいだけですね、ちなみに当方はエネループで利用しております) ちなみに初代GBAをUSB Type-Cで充電できるバッテリーに交換するという改造もありますけど、残念ながらバッテリーのサイズが1700mAh・・・。 普通の単三電池のエネループは1本で1900mAhなので、GBAは単三電池2本で3800mAhと考えると、ロマンはありますが、実用的という面で考えるとちょっとオススメしません。 エネループのハイエンドモデルなら1本2500mAhと容量が大きくなるので、当方はそちらをオススメします。 ハイエンドモデルは、スタンダードモデルと比較すると、繰り返し充電できる回数が三分の一程度というデメリットもありますが、バッテリー容量が3800mAhから5000mAhと変わり、この差は結構実感できるものなので、IPS液晶に改造したGBAをプレイする場合には、当方としてはハイエンドモデルのエネループをオススメします。 特に、GBAをIPS液晶に改造したモデルは、電池が切れるタイミングを知らせる赤ランプの判断が、改造前と比べて見極めが非常に難しいので(そもそもIPS液晶の電力消費を基準とした赤ランプではないですからね・・・)、電池は早めの交換を推奨します。 その結果、バッテリー容量は大きい方がストレスなくゲームをプレイできます。

次の

大人のためのゲーミングDIY講座 パートII

ゲームボーイ アドバンス ips 液晶

ここ最近よく目にしたのが、『ゲームボーイアドバンス』の液晶を、バックライト付きで視野角の広いIPS液晶に交換するというものでした。 すでに各所でいろいろと紹介されているので今更感もありますが・・・・・・まぁ詳しくはを見よう! じゃなくて、私個人が感じた部分についてあれこれご紹介していきたいと思います。 ちなみに今回は日本のお店ではなく、定番となっているで注文しています。 こちらは改造済のシェルがセットになっているものですが、なぜそれを選んだかというと、そもそも中古で購入した 『ゲームボーイアドバンス』 の裏蓋が弱くなっており、上手く閉まらないというのも理由のひとつです。 ついでにこれも交換することに。 交換用のシェルとパーツ、それに色違いで緑色のパーツと、IPS液晶の交換セットが入ったケース(右下)です。 PS液晶セットのケースの中味。 結局使わなかった、謎の棒(左下)などが入っていました。 値段は約5000円で2週間ほどで日本に到着 さて、今回購入したのはシェルとIPS液晶交換のセットとですが、ふたつ合わせてお値段は5538円ほどでした。 1月12日に注文し、1月27日に自宅に到着しているので、だいたい2週間ぐらいみておけばOKではないでしょうか。 交換シェルのセットではなく、IPS液晶の交換だけならちゃんでも売られていることがあるので、こまめに在庫をチェックしておくのもいいかもしれません。 早速交換しちゃおう! ってわけで、早速交換しよう・・・・・・と思ったものの、イマイチ手順やポイントがわからず。 そこで参考にさせてもらったのが、hijiQuish channelさんの動画です。 専用のネジ回しみたいなのが付いてきたな~と思っていたのですが、なぜだか先端部分が見当たらず。 すこし悩んだものの、後ろ側を外すと『ゲームボーイアドバンス』を外すときに必要な2種類のネジが出てきました。 ということで、そちらのドライバー等を使い赤丸で囲った裏蓋のネジを外していきます。 このうち電池蓋の近くの黒いネジだけは普通のプラスドライバーで外せますが、それ以外は特殊なY型ドライバーが必要です。 裏蓋が外せたら、今度は基板が取り付けられている3つのネジを外していきましょう。 こちらも通常のプラスドライバーでOK。 こうした作業ではネジの種類がいろいろあり、どれがどれかわからなくなりがちです。 また、小さいためなくしてしまうこともあります。 そこでおすすめなのが、100均やスーパーなどで売られている、ちょっとした小物入れです。 こうしたものを用意しておくことで、作業も捗ります。 このあとで必要になってくる部分ですが、『ゲームボーイアドバンス』には初期型と後期型の2種類があり、基板とディスプレイを接続するケーブルが前期が40ピン、後期が32ピンになっています。 サイズがそもそも異なりますが、ケーブル近くの数字を見ることでも確認することができます。 つまり前期型ということですね。 ケーブル部分は抜けないような仕組みになっており、指やピンセットなどでずらしてからケーブルを抜いていくことになります。 通常はここからシェルの加工が必要ですが、今回は加工済シェルを購入しているため、古いほうはお役御免となります。 ハンダ付け以外は難しいところはなし!? ちなみに、シェルの方には液晶部分に張る保護プレートのほか、裏蓋に張るシールなどもセットで付いてきました。 この保護プレートはやや傷があったので、IPS液晶に付いてきた方を使用しています。 質感的にも、シェル付属のモノよりそちらのほうが良かった印象です。 今回は、この写真のように右上に合わせましたが、結果的にはこれで問題ありませんでした。 ここまで作業を終えたら、あと一息。 ハンダ付けは輝度を10段階で変えるようにできるというだけなので、必ずしも行う必要はありません。 しかし、今回はせっかくなので、挑戦してみました。 ちなみに、40ピンの場合はそのままで問題ありませんが、32ピンのときは、今テープが貼ってあるところを折り曲げて基板に接続する必要があります。 はめ込み画像か! と思うレベルの変わりよう ということで、交換前と比較してみたところ、まるではめ込み画像のように映像がくっきりと。 視野角も大幅に向上しており、どの角度からも見えやすくなりました。 これは、想像以上に感動ですね。 たった5000円でできちゃうなんて、やらないほうが損といえます。 一番面倒な部分はシェルを削るところですが、あらかじめかこうされているものを購入すれば、そうした無駄な工数も大きく省くことができ、色も変更できるので気分転換にもなります。 これに味をしめて、他の機種も改造してみたくなってきました(笑)。 2020年1月30日追記:参考にした動画の方と同様に、電源ランプのパーツをつけ忘れていることに気が付き、再び中を開けて取り作業をしなおすというポカをやってしまいました。 皆さんも気を付けましょう!.

次の