キン肉 マン マッスル タッグ マッチ。 キン肉マン〜マッスルタッグマッチ〜

【体験記】 キン肉マン マッスルタッグマッチ [ファミリーコンピュータ

キン肉 マン マッスル タッグ マッチ

プロフィール 原作の主人公。 キン肉星のキン肉族の王子で、本名は「キン肉スグル」 あまりカッコイイ顔をしていないが、実はこれはマスクである。 素顔は公開されていないため不明。 不屈の精神と火事場のクソ力で窮地を乗り越えていく奇跡の逆転ファイター。 攻撃力・移動速度 敵に与えるダメージ量と、移動速度の値をリストにしています。 移動速度は、数値が高いほど速いということです。 右隣には8人の超人の中での順位を記載しています。 パンチ 5 4位 キック 5 4位 バックドロップ 8 4位 ドロップキック 7 4位 ラリアート 7 6位 フライングボディアタック 7 3位 必殺技 40 1位 移動速度 107 6位 必殺技「キン肉ドライバー」 投げ技であり、背後を取って密着しないと使用できない。 使い勝手は、突進系や遠距離攻撃系の技より劣るが、威力は必殺技の中でトップクラス。 ダメージ 40 使用方法 相手の背後に密着してAボタン 評価 原作の主人公ですが、本ゲームではあまり強くない。 攻撃力や移動速度が低め。 アシュラマンの下位互換のような性能。 必殺技は攻撃力トップクラスだが、決めにくい。 バックドロップがダメージ8と良い方なので、 背後を取ってバックドロップや必殺技を決めていくスタイルが良いかなと思います。

次の

キン肉マン マッスルタッグマッチとは (キンニクマンマッスルタッグマッチとは) [単語記事]

キン肉 マン マッスル タッグ マッチ

マッスルハックマッチ 何と!!あのマッスルタッグマッチに ヘル・ミッショネルズが参戦!! キン肉マン 夢の超人タッグ編 マッスルハックマッチ 全キャラ、グラッフィック及びパラメーター変更済み。 ジェロニモバージョンだと、バグります。 追い込まれても、一発逆転を狙え! モンゴルマンに勝るとも劣らぬ、キックの 使い手。 飛んで良し、投げて良しのオール マイティーな実力。 正に パーフェクトな超人。 動きは最も遅いが、その高い攻撃力と 脱出不可能のマグネットパワーは脅威。 ハリケーン ミキサーが決まれば勝利は確実。 最速の身のこなしが一番の武器。 素早 い動きと、強烈な蹴り技で相手をKOする。 ジャンプを多用する為、スタミナに難あり。 動きが速い分、やや有利か。 ベアークローによるパンチ攻撃で敵を 追い込み、必殺技でリングを飛び回れ!.

次の

キン肉マン マッスルタッグマッチとは

キン肉 マン マッスル タッグ マッチ

概要 [編集 ] バンダイが初めて発売したファミリーコンピュータ用ソフトであり、当時関連商品がヒットを飛ばしていた『キン肉マン』を起用。 ミリオンセラーとなった。 当時はの概念すらない時代であるものの、2人対戦をコンセプトとしている。 プレミアバージョンとして公式ゲーム大会景品用のゴールドカートリッジ版と、集英社児童図書版(カートリッジの外見が緑色で、中身は変更なし)の2種類がある。 ゴールドカートリッジ版はゲーム内に好きなキャラクターを入れる権利が与えられており、いずれも既存のキャラクターを1名消して新たに1名追加されている。 大会景品として上位8名に配られた。 このカートリッジはオークションでかつて100万円を記録し、その希少性から偽物も出回っている。 その後、用ゲーム『』()に「オリジナルモード」として移植された(一部が変更されている)。 また、用ゲーム『』() や発売の にも『』(1987年)と一緒に収録されている。 ゲーム内容 [編集 ] システム [編集 ] 2頭身で表現された超人8人がタッグを組み、、、などの技を使って闘うゲーム。 が投げる命の玉を取ると必殺技が使用できる。 片方の相手に3回戦中2回勝利すれば1クリア。 十字キーで移動、Bボタンでジャンプができるが若干体力を消耗する。 Aボタンでパンチが使用でき、ジャンプ中にAボタンを押す事でキックが使用できる。 しかし、相手に避けられるとマットに落ちて若干硬直する(ダメージはない)。 相手の背後でAボタンを押すことでバックドロップ、相手の正面に密着してAボタンを押すことではじくことができ、相手をロープに飛ばして戻ってきたところにAボタンでラリアート、ジャンプ中にAボタンでドロップキックが使用できる。 また、ロープに向かってジャンプすると反動で反対側に飛びながらフライング・ボディアタックが使用できる。 その他、自分側のコーナーに立ちAボタンを押すことでパートナーとタッチすることができ、一度タッチするとしばらくタッチできなくなる。 試合中に時折ミート君がリング端に現れ、その後リング内へ命の玉が投げ込まれる。 取ると体が点滅して、点滅中には体力回復・移動速度上昇・電気リングで痺れなくなるといった効果の他にキャラ特有の必殺技で攻撃できるようになる。 出し方はキャラクターごとに異なる(詳細はを参照)。 ステージ構成 [編集 ] ノーマルリング 普通のリング。 氷リング リングが氷で出来ており、移動すると滑る。 電気リング ロープに電流が流れており、触れるとダメージを受ける。 登場キャラクター [編集 ] 通常版 [編集 ] 主人公。 足が遅く、必殺技は使いにくいが威力は高い。 必殺技・キン肉ドライバー(相手の背後に回ってAボタン) キン肉マンの親友。 キン肉マンと同等の足の遅さだが、必殺技の使いやすさがそれを補う。 必殺技・ブルドッキングヘッドロック(Aボタンでダッシュ、相手を巻き込む) 元。 キック力の高いキャラ。 必殺技・空手殺法(Bボタンでジャンプ中にAボタンで相手目がけて飛び掛る) 正義超人。 キン肉マンより足が速く、他のステータス値も高いバランス型。 必殺技・タワーブリッジ(相手の背後に回ってAボタン) 元。 パンチ力が高い。 必殺技は威力が高いが至近距離では当たらない。 必殺技・ハリケーンミキサー(Bボタンで相手目がけて飛び掛る) ロビンマスクの弟子。 必殺技時の足の速さと威力が高い。 必殺技・ベアークロー(Bボタンで相手目がけて飛び掛る) 正義超人。 全体的な能力は低く、必殺技の威力も低いが唯一の飛び道具である。 ナチスに対する規制が厳しいため、日本国外版ではジェロニモに差し替えられている。 原作準拠の配色(緑色)である。 必殺技・ナチスガス殺法(Aボタンで噴出される飛び道具)原作では本来父親であるブロッケンマンの必殺技。 足が速い。 ブロッケンJr. 同様原作準拠の配色(青色)である。 必殺技・アシュラバスター(相手の背後に回ってAボタン) 正義超人。 日本国外版のみ登場。 ブロッケンJr. と差し替えられたキャラクターで強さも同等。 必殺技・トマホーク投げ(Aボタンで発射される飛び道具) ゴールドカートリッジ版のみ登場 [編集 ] モンゴルマン 正義超人。 ラーメンマンと差し替えられたキャラクターで強さも同等。 必殺技・(Bボタンでジャンプ中にAボタンで相手目がけて飛び掛る) 正義超人。 アシュラマンと差し替えられたキャラクターで強さも同等。 必殺技・(相手の背後に回ってAボタン) 悪魔超人。 テリーマンと差し替えられたキャラクターで強さも同等。 必殺技・(Aボタンでダッシュ、相手を巻き込む) 悪魔超人。 ブロッケンJr. と差し替えられたキャラクターで強さも同等。 必殺技・(Aボタンで発射される飛び道具) 移植版 [編集 ] No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考 1 200203022002年3月2日 トーセ バンダイ ロムカセット SWJ-BANC20 - 2 200809252008年9月25日 SLPS-25881 - 3 キン肉マン マッスルタッグマッチ 201807072018年7月7日 週刊少年ジャンプ50周年記念バージョン トーセ バンダイ 内蔵ゲーム - - 開発・影響 [編集 ]• 本来はより多くの超人を登場させる気であったがROMの容量上再現が難しいキャラが多く、泣く泣く削った上、2頭身にしたのもその苦肉の策であったという。 またミートの「命の玉」導入はプロデューサーの仲田隆司が実際にプレイして、なかなか勝てないため一発逆転の要素として取り入れたという。 ブロッケンJr. の必殺技「ナチスガス殺法」は全キャラクター中唯一の飛び道具であり、一発でも当たるとその場で動けなくなりそのまま連続で当てることが可能であった。 そのため当時プレイヤー同士の対戦において ブロッケンJr. 使用禁止令を設けたり、ブロッケンJr. を使うと卑怯者と呼ばれるなどといった全国共通の認識がなされていた。 評価 [編集 ] 評価 レビュー結果 媒体 結果 肯定的 肯定的• ゲーム誌『』では、「パンチやドロップキック、投げ技などを駆使して相手超人の体力をゼロにすれば勝ちとなる。 などと書くと非常に健全なプロレスゲームの様相であるが、気まぐれに飛んでくる『命の玉』を取るや状況は一変、リング上は阿鼻叫喚のサバイバル・ゲームに」、「やり込むほどに見えてくる駆け引きの妙。 何だかんだで対戦モードはしっかり熱い『ガチ』へと集束していくあたり、侮れない作品だったりする」と評している。 ゲーム誌『』では、「じわじわと間合いを制して技を出し合っているだけで辛いのに、ミート君がリングサイドに現れようものなら、みぞおちのあたりが熱く重くなってきます」、「これはこれでバランスが取れている」と評している。 ゲーム誌『別冊宝島797 僕たちの好きなTVゲーム 80年代懐かしゲーム編』では、「にありがちな手抜き感もなく、人気キャラとゲーム性の合体技に納得の結果」と評している。 関連作品 [編集 ] 攻略本• まんが版ファミコン必勝法 キン肉マン マッスルタッグマッチ - 、1986年3月31日、ISBN 4-08-288007-0 攻略本。 アドベンチャーゲーム形式(画・こばやし将)で解説している。 脚注 [編集 ] []• 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」『』第7巻第9号、、1991年5月10日、 69頁。 MOOK『懐かしファミコンパーフェクトガイド』104ページ• 任天堂 2018年5月14日. 2018年5月14日閲覧。 TEAM MUSCLE編「肉ゲー烈伝」『キン肉マン 特盛』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1999年8月24日、ISBN 978-4-8342-1679-0、170-171頁。 Vジャンプ編集部「ブロッケン一族に栄光あれ!! 」『キン肉マンII世 Second generations ドリームタッグマッチヘラクレス・ファクトリー印超人格闘術教本 ワンダースワンカラー版 バンダイ公認』集英社〈Vジャンプブックス ゲームシリーズ〉、2002年3月9日、ISBN 978-4-08-857367-0、110頁。 07』第7巻第10号、、2003年6月1日、 42 - 45頁、 雑誌17630-6。 11、、2003年8月20日、 7 - 72頁、 9784872337846。 外部リンク [編集 ]• - (英語).

次の