ルカリオ 構築。 【構築記事】マスターボール級瞬間99位!ルカリオ入り攻め構築

【S17使用構築】おみくじ ルカリザX Ver.2【最高最終R2209 21位】

ルカリオ 構築

どうもハヤシです!今回はルカリオについてなんちゃらかんちゃらしていきます! ルカリオの持ち物はタスキがメジャーですが、今回は珠ルカリオに関して考えていきたいと思います。 ルカリオの大きな特徴として、強力な先制技「しんそく」を覚える点があります。 インファイト orとびひざげり +しんそくの指数は相当なもので、豊富なサブウエポンと併せてタスキを持たせればタイマン性能は抜群。 また終盤の疲弊した相手をタスキを利用して剣の舞を積んだ後2タテ3タテを狙う事も出来る大変優秀な技です。 しかし、当然ながら不一致威力80では体力満タンの相手を吹っ飛ばせるほどの火力は出ません。 しかし 珠を持たせることにより多くのポケモンを剣舞神速圏内に入れる事が可能になります。 具体的にはラティオス・ウルガモス・バシャーモ・ボルトロス等々。 これらのポケモンを上から吹っ飛ばせる点で実用性は十分でしょう。 当然ながらこれらのポケモンに面と向かって剣舞を積むことはまかりなりません。 タスキでないならなおさらです。 珠ルカリオは起点を作った上でのエース運用が前提です。 神速を半減で受けられるバンギラス・ハッサム・ナットレイなどのポケモンが軒並みルカリオに不利な相手が多い点も重要です。 ルカリオの独特の複合タイプと剣舞珠神速は非常にシナジーがあると言えるのではないでしょうか。 ということで、今回のコンセプトは「 珠剣舞しんそくで3タテを狙うエース」です。 性格 いじっぱり 持ち物 いのちのたま 特性 せいぎのこころ 努力値 108 252 4 0 116 28 実数値 159 178 91 - 105 114 技構成 インファイト しんそく かみくだく つるぎのまい AにぶっぱしてHとSを調整、残りをDに回しました。 特性 バンギラスの噛み砕くなどの悪技が飛んでくる場面で積極的に後出し出来るのでせいぎのこころ。 タスキでは無いので精神力よりも有用だと思われます。 技構成 神速と剣舞は確定で。 格闘技はインファと飛び膝のどちらかになりますが、確定数に明確な差が無かったため命中安定のインファを採用。 飛び膝は心臓に悪い。 明確に確定数が変わる相手がいた場合は飛び膝も有りでしょう。 残る1枠に関してですが今回は超霊に通る噛み砕くを採用。 珠を持たせれば十分な火力になります。 剣舞を積んでしまえばクレセなどにも居座れる点が優秀。 ほかのサブウエポン候補に関しては下で考察。 物理耐久に関してはローブシンのマッパを調整対象にしようと思いましたが、根性マッパや鉄拳珠マッパなんかは珠ダメ等も考慮すると耐えられませんでした。 ほんとバケモンかアイツは。 ダメージ計算から見てもAはかなりギリギリで少しも削れませんので、大人しくブシンは役割対象から外し、ラティを無理やり起点にしたり耐久エスパーに突っ張れたりするDに厚めの配分にしました。 Sに関しては準速ハッサムまで抜くのもありかも知れません。 珠ッサムに馬鹿力を搭載することはあまり無い様に思いますが、たま~~にいるアクロハッサム等まで考えると確実性はあります。 サブウエポンについて ・れいとうパンチ タスキ型でもサメ肌ガブの登場により採用率が減りましたが、珠の場合は更に採用理由が薄いです。 Sに振らないのでカイリューやグライオン等にも打ちにくいです。 ・かみなりパンチ ギャラピンポですが今回はSに振らないのでどちらにせよ厳しいです。 ・ストーンエッジ タスキ型ではないので対面でガモスに打つことができませんのでこれも優先度は低いでしょう。 ・あくのはどう ヤドランピンポ。 下降補正でも珠をもたせれば確2になりますので一考の価値あり。 ヤドランの大文字+珠ダメ2回は耐えられます。 現環境ではヤドランは少ないため剣舞で火力を補強できる噛み砕くの方が有用だとは思われます。 ・バレットパンチ 地味ながら一致先制技、地味ながら剣舞を積めば無振りゲンガーを吹っ飛ばせる位の火力は出ます。 地味ながらゲンガー、テラキオンが重い場合はありかも。 珠ルカリオを考える上でライバルとなるのは ・剣舞からの強力な先制技で制圧する点で似ているハッサム(特に珠ッサム) ・高火力+高速+剣舞+先制技持ちのテラキオン ・同じ神速使いのカイリュー あたりでしょうか ですが、ノーマル技である神速の通りやすさと火力、一致格闘が打てる点、剣舞による瞬間的な火力上昇などから差別化は十分だと思います。 運用法自体は簡単ですね。 ステロや砂ダメ込みのダメージ計算が多いですが、ステロダメ込みなら更に落とせる範囲が広がりますし、タスキ持ち等も考えると事前にステロや砂を撒いておきたいですね。 エースを据えた構築の基本的な戦術です。 ステロ+砂+エース降臨の為の起点作り…といえば、そうアイツですね。 ということで珠ルカリオを活かせるパーティとして今考察しているのがこちら。 カバルカラティです。 カバドリラティの組み合わせは有名ですが、そこから着想を得ました。 ドリュとハッサムを足して2で割った感じで使えるかな~と。 カバやラティで起点作ってルカリオで積むみたいな感じ。 調べてみたら過去にもこの組み合わせを研究していた方が何人かいるようでしたので、時間が有る時にパーティ練ってみたいと思います。 カバルドン オボン じしん ステルスロック あくび ふきとばし ルカリオ 珠 インファイト しんそく かみくだく つるぎのまい ラティオス 眼鏡 りゅうせいぐん サイコショック トリック おきみやげ カイリュー 竜J げきりん じしん しんそく りゅうのまい キノガッサ 毒々玉 きあいパンチ マッハパンチ キノコのほうし みがわり スイクン 水J ハイドロポンプ れいとうビーム しんそく ぜったいれいど 10分で考えたパーティですので絶対どこかに穴が有ると思いますが、こんな感じでしょうかね?まぁ僕は配布スイクン持ってないんでスイクンの神速零度は変更せざるを得ませんがw誰か似たような構築を使用していたことがあったり、試しにこんな感じのパーティ作ってみようみたいな方がいる場合は使用感を教えて頂けると幸いです。 それではまた、動画でお会いしましょう!授業行ってきま~す。

次の

【SM シーズン1】信用可能ルカリオスタン【最高2131】

ルカリオ 構築

どうも、reboです。 シーズン6お疲れ様でした。 内部レート公開に伴い序盤からモチベーションが高く楽しみながら潜れました。 剣の舞を積める場面がなく相手の受けに容易な受け出しを許してしまう為、いのちがけを採用しました。 エースバーンが増えていたので先制技は神速、やに臆せず選出できるとコメットパンチを採用しました。 素早さは抜きで抑えてありますがジュラルドンを見て選出出来ないのは勿体なく感じたので攻撃を削ってジュラルドン抜きまで振るのがベストだと感じました。 刺さる試合が多く悪巧みを積めれば一気にイーウィンまで持っていくことが出来ました。 10万ボルトの枠は悪の波動との選択になりますが水が構築全体で重いのでいいダメージを期待できる10万ボルトにしました。 受け回しつつこのを通すのがこの構築1番の強味だと思います。 抜き性能をあげる龍の舞、鬼火等透かしたり様子見として優秀な身代わりを採用し攻撃技はタイプ一致技ふたつにしました。 ックスしていない状態だとノーマルとフェアリーで交換されるだけでダメージを与えることが出来ませんが後述するピクシーにを持たせたことにより相手に安易な交代を許さずに済みました。 ドラパルトで場をコンすることが多いので場持ちのよくなるたべのこしを持たせています。 HDだとたべのこしを持たせるのが主流ですがどうしてもドラパルトに持たせたかった為、消極的な理由で回復実を持たせました。 しかし、この型でも構築全体で重い特殊ドラパルトは受け流せるのでそこまで困る場面は無かったです。 早い段階でを撒いてアーマーガアと受け回すことを意識しました。 構築で今季流行っていた穏やかピクシー絡みのサイクルを完全に倒せるはいないので数的優位を取ってをしかけに行きます。 性格:呑気 実数値:202 252 -135-156 252 -100-111 4 -63 、、ドラパルト、アーマーガアが重く対策として最後にを採用しました。 特筆することはなくシンプルに強かったです。 厳選する時間を全部対戦に当ててしまった為、ボックスに居た妥協個体を使っていますが素早さはより遅ければ問題ないと感じました。 TN reboioNa どうも、reboです。 今シーズンはシングルバトル、どちらもやったので順に紹介します。 構築記事と言うより雑な結果報告記事に近いものになります。 ・ 前のシーズンにフォローさせてもらっている方が入りでダブル最終4位を達成しているのを見て興味を持ちやってみることにしました。 ダイレクトメッセージで型を聞いてみたところレンタルパをいただけたのでシーズン終盤までずっと使わせていただきました。 正直ほぼパクリなのでこちらの記事で調整等見ていただけると幸いです。 特に意味はありません。 ・の持ち物と技構成 拘りアイテムの使い方が上手くないのと元々鉢巻で使っていた時のじばくとの威力に病みつきになったので代用品としてノーエルを持たせました。 のような晴れの並びに対してドラパルトを初手に投げてました。 ドラパルトがにダイホロウ が鉢巻自爆を通せればドラパルト以外のが全落ちするので強かったですがそれを読まれてまもるを押されることが終盤に多くなったのでがんせきふうじを採用しました。 これによりにダイジェットを積まれても次のターンにはドラパルトがをがを縛る状況が完成するので個人的には使いやすく感じました。 45秒で2体の行動を決めるのが難しくの技構成の1番上に自爆があるのは良くないと感じました。 以上2点のみ変更しあとは完全に真似させていただきました。 最終 72位 初めて潜ったシーズンだったのでこの結果には満足いってます。 また、来期以降は自分で少しずつ構築を考えていけたらなと思います。 が好きなので使ってみたいです。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 reboioNa どうも、reboです。 ここ最近、仲間大会が盛り上がってますが自分がよく開くで運営するトーナメントの大会が全く見られなくなってしまい寂しいのでやり方を記事にまとめました。 仲間大会と違った楽しさや交流があるので是非、自分以外にも開いてくれる人がいたら嬉しいです。 また、自分が今までやってきたやり方で別のいい方法があるかもしれませんがご了承ください。 自分のメモが見やすいかは微妙ですがいつもこのようにまとめて投稿しています。 7世代の大会だとフレンドコードが必要でしたが今作は必要ないので申請の際にTNのみリプライして貰えれば大丈夫だと思います。 用意と言ってもこれと言って用意するものはありませんが申請開始時間には極力、に張り付くようにするといいと思います。 ここでは7世代の大会を開いた時を例に書いていきます。 要項に申請の際にトレーナーネーム フレンドコードをリプライで送るように載せてるのでそのテンプレに添ったリプライが送られてきます。 自分の場合だと申請リプライに対してリプライといいねが返ってきたら申請完了ですよ!と必ずアナウンスするようにしています。 定期的に返ってきてない人がいたら連絡するようアナウンスすることで申請漏れを防ぐ為でもありますし大会運営してる感があって楽しいです。 これをコピーしてのメモかのどちらかにまとめていきます。 にまとめていく方が後々、楽になりますが自分は外出してても対応出来るのでのメモにまとめてます。 このようにコピーしてメモに写していきます。 この時にテンプレ通りに申請されなかったのを全て手直しします。 ハイフンが抜けていたりTN フレンドコードがフレンドコード TNと逆になっていたり変なところにスペースが入っていたりすることもあるので1個1個見逃さないようにチェックします。 メモに写す時に10人ごとの塊を作ることで最後に人数の確認がしやすくなるのでオススメです。 まず、申請者をまとめてコピー出来るようにしましょう。 でまとめてる場合は大丈夫ですがでまとめてる場合は少し手間がかかります。 自分のやり方が効率いいのかはわかりません 多分もっと効率のいいやり方があると思います アカウントを2つ用意します。 人から見られるものでは無いので自分のリア垢や別のアカウントを使うといいです。 参加者一覧をDMで送信していつでもコピーできるようにします。 大会にはトーナメントくん こちらを使用します。 また、ここからはパソコンの方が操作しやすいのでパソコンを使います。 1、大会名入力 ・大会名を入力してください ・シングルトーナメント 1回負けたら終わり の大会なら1番上のノックアウトのところにチェックを入れて作成を押します。 直撮りですみません。 2、参加者入力 一括入力をクリックする この画面が出てくるのでメモかにまとめた参加者をコピペする 7世代ではトレーナーネーム フレンドコードを入力していましたが今作は参加者それぞれに番号を自分で降るといいと思います このように各参加者に予め番号を降り対戦の際に若い番号を入力するルールが楽なんじゃないかなと思います。 例えばプレイヤーA 1141 vs プレイヤーB 1142 この場合はお互いが1141を入力することでマッチングします。 全出席をクリックして対戦相手をランダムにする為、SHUFFLEを好みの回数クリック。 その後、STARTをクリック。 3、トーナメント確定 トーナメント完成 4、投稿 このように3つのURLがあるのですがに貼るのは下2つになります。 画像版 簡易版 参加者には基本こちらで対戦相手を確認するよう呼びかけてください。 簡易版だけでも大会進行自体は出来ますが参加者から見て自分がどこまで勝ち進んでいるのかわかり辛いので画像版も貼ることをオススメします。 大会参加申請と違って一人一人にリプライを返していたら確実に間に合わないでここではいいねのみを返します。 トーナメントくんで勝者の番号Winに入力します。 これが基本的に操作になります。 1回戦、2回戦はリプライが止まらないので入力ミスがないように且つリプライを見逃さないように気をつけましょう。 特に1回戦の時間になっても来ない人もいたりするので何分までに来なかったら不戦勝にするか自分の中で決めておきましょう。 自分は15分までに対戦が始まらなかった場合は連絡するように呼びかけてます。 ・勝敗結果の漏れがないか確認。 自分だけだと見落としてる可能性もあるので定期的に参加者に確認するといいと思います。 その流れで決勝まで終わったら大会終わりましたよー!ってことをツイートして終わりになります。 景品等がある場合は渡して終わりになります。 最後の方はざっくりになってしまいましたがこれが一連の流れになります。 reboioNa どうも、reboです。 勝てませんでしたが序盤から自分なりに考えたので簡単に記事にまとめました。 【コンセプト】 ・鬼火を絡めた構築に負けない ・に負けない ・積みックスによるやりたいことの押しつけ 構築経緯 いつも通り好きなのから構築をスタート。 8世代のの強味は積みックスによる崩しだと考えていて積みのサポートを出来る欠伸を次にいれた。 前期の構築記事を見てて竜の舞珠ドラパルトの火力に興味を持ちドラパルトを採用。 この時点でを軸にした積み構築を組むことに決めアーマーガアに強く範囲も優秀な放射持ちピクシーを入れ積みエース3枚クッション1枚の並びがここまでで出来た。 地面タイプ全般に対する明確な打点が無いのを嫌いを次にいれた。 最後の1枠は元々構築全体で素早さが遅いのが気になった為、スカーフにしていたがメジャーな並びであるの対面構築に全く勝てなかった。 入りの構築に対して殴りあえるにしたかったが最終日まで決めることが出来なかった。 の欠伸や相手の欠伸持ちを起点に積むのが基本的な動き。 素早さは最速抜き。 、、へのダメージを考えると特攻は振り切りしかないと思い余りはックス時に少しでも恩恵を受けたい為HPに降った。 拘りトリック持ちが今期は多く本来有利対面であっても気をつける必要があった。 前期の記事を読み漁っていたところ気になって採用してみた。 技構成はコンセプトでもある積み技の竜の舞、残りはシンプルに強く範囲の広い3つを選んだ。 HPを189まで伸ばすか悩んだが構築全体で誰もに勝てない為HPを179で止めより早い型にした。 上記の積みエース2匹が倒せない相手に対して強く出ることが出来る。 積み技である瞑想、瞑想を積む時に体力管理の出来る月の光、メインウェポンのは確定で残り1つは環境に多いアーマーガアに刺さる火炎放射にした。 地面タイプへの打点が構築全体でないのが気になった為採用。 襷を持たせることでこの構築が誘うパッチラゴンやウオノラゴンに対して合法的に対面居座ることが出来る。 技構成は上3つはテンプレ、残り1つは後続で処理する時や起点にする時に役立つ凍える風を選択した。 上3つはテンプレ構成だが残り1枠にかげうちを選択。 元々はじゃれつくだったが先制技を欲しい場面が多かった為変更。 また、火力を削りたくなかった為攻撃に振り切っている。 最終900位くらい 2時まで2桁中盤で戦えてましたが1度溶かしてからずっと400位上から抜けられず終わってしまいました。 しかし今までにないくらいを選出することができ楽しかったので来期も楽しみながら上を目指していきたいです。 ここまで読んでいただきありがとうございます。 reboioNa こんにちは、reboです。 第2回Battle Rebolutionの結果報告の記事になります。 【KP 予選抜けプレイヤー、参加プレイヤー構築】 こちらを参照してください 【収支報告】 ・前回黒字分の¥7200を上乗せする為、赤字分はチャラに。 ・移動費に関しては2人運営内で遠征して来てくれている為往復の新幹線代込。 ・仮に次回開催する場合、第2回の時点で機材を買い揃えた為黒字が見込める。 収支報告は以上になります。 【最後に】 総括記事に載せることではないとは思いますが最後に少しだけ書かせてください。 改めてこんにちは、reboです。 今回参加してくれたみなさんありがとうございました。 遠くから来てくれた方も多かったり普段会えない人とも面と向かって話せたり対戦オフならではの良さが感じられました。 ありがたいことにマナーも良く対人トラブル等もなく無事終えることが出来ました。 本当にありがとうございます。 前々から対戦オフが好きな人、初めて来た人、配信を見た人にオフっていいなぁって思って貰えたら嬉しいです。 みなさん楽しんでいただけましたか? 自分は運営の立場としても対戦参加者としての立場どちらでも楽しく今も尚、余韻に浸ってます。 ただ自分としてはオフの企画、運営のメンバー集めまでしか主催としての仕事が出来てなくその他は全部、他のメンバー達に助けて貰ってばかりでした。 配信に映る4人のプレイヤーに あと3年くらいは忘れないイベントになって欲しい。 と、ある運営の方が言ってましたがどうでしたか? 正直自分はここまで力の入った配信を見たことなく主催としてではなく1観客としてエキサイトしてました。 会場内全員が注目しててターン毎に何かが起こるとボルテージが上がって、配信も1万人近くが同時視聴してて、実況はあの2人。 自分がもしあの立場に残ってるプレイヤーだったら3年どころか何十年と忘れられないと思いますし残った4人が自分と同じ気持ちだったら嬉しいです。 最後に今回も自分のわがままに付き合ってくれた運営のみんなありがとう。 僕は本当に人に恵まれています。 また、来年2月の3連休にやりたいと思ってるから付き合ってくれると嬉しいです。 reboioNa どうもこんにちは、reboです。 第8世代初の構築記事になります。 勝てませんでしたが個人的に使ってて楽しい構築ができたので簡単に紹介します。 最終日はの枠を入れ替えながら潜ってましたがを使ってた期間が1番長いので今回はこの並びで記事にします。 【構築経緯】 第8世代も1番上にを配置してスタート。 アーマーガア対策に電気、炎タイプを無理矢理入れると構築の自由度が下がると考えている為、アーマーガア入りに積極的にを仕掛けていける残飯を次に採用。 次に、どちらとも強力な並びを作れる浮いてる枠としてを採用。 この組み始めの3体に気になっていたドラパルト 弱点保険 、 襷 、 珠 の対面性能の高い3体を組み込んで使っていたがの扱い方がわからずこの枠は結局最後までコロコロしてしまった。 はとを並べることで対策とした。 とを裏に並べることでステロ撒き 主に を高確率で誘うのでこの対面が出来たら全試合わるだくみから入ってました。 わるだくみ徹底抗戦でを処理した後に出てくるにも徹底抗戦で自主退場出来るのがオシャレでした。 素早さは下降補正Vですが同速がちょくちょく発生してしまったので抜きの68まで落とした方が良かったです。 相手のックスをサザンガルドで凌ぎに行きますが択まみれになり外したら負けに直結するので難しさを感じました。 技構成はスカーフサザンテンプレの、、炎技、とんぼにしました。 特に理由はありません。 ックスを切る事で不利対面を無理矢理突破したりダイドラグーンによる切り返し性能が強く選出率もかなり高かったです。 のダイサイコと合わせてウドハンを処理したり面白い動きができました。 構築で命中不安が多いこと、で不利対面でも構わずプレイしてしまったのも反省点です。 特性や戦術を対戦中に知ることも多々あったので1から勉強します;。 ; 前期ちゃんと潜れなかった分今期は楽しく潜れたので来期も楽しみつつ上を目指したいです。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 reboioNa.

次の

人生詰みサイクル

ルカリオ 構築

どうも、reboです。 シーズン6お疲れ様でした。 内部レート公開に伴い序盤からモチベーションが高く楽しみながら潜れました。 剣の舞を積める場面がなく相手の受けに容易な受け出しを許してしまう為、いのちがけを採用しました。 エースバーンが増えていたので先制技は神速、やに臆せず選出できるとコメットパンチを採用しました。 素早さは抜きで抑えてありますがジュラルドンを見て選出出来ないのは勿体なく感じたので攻撃を削ってジュラルドン抜きまで振るのがベストだと感じました。 刺さる試合が多く悪巧みを積めれば一気にイーウィンまで持っていくことが出来ました。 10万ボルトの枠は悪の波動との選択になりますが水が構築全体で重いのでいいダメージを期待できる10万ボルトにしました。 受け回しつつこのを通すのがこの構築1番の強味だと思います。 抜き性能をあげる龍の舞、鬼火等透かしたり様子見として優秀な身代わりを採用し攻撃技はタイプ一致技ふたつにしました。 ックスしていない状態だとノーマルとフェアリーで交換されるだけでダメージを与えることが出来ませんが後述するピクシーにを持たせたことにより相手に安易な交代を許さずに済みました。 ドラパルトで場をコンすることが多いので場持ちのよくなるたべのこしを持たせています。 HDだとたべのこしを持たせるのが主流ですがどうしてもドラパルトに持たせたかった為、消極的な理由で回復実を持たせました。 しかし、この型でも構築全体で重い特殊ドラパルトは受け流せるのでそこまで困る場面は無かったです。 早い段階でを撒いてアーマーガアと受け回すことを意識しました。 構築で今季流行っていた穏やかピクシー絡みのサイクルを完全に倒せるはいないので数的優位を取ってをしかけに行きます。 性格:呑気 実数値:202 252 -135-156 252 -100-111 4 -63 、、ドラパルト、アーマーガアが重く対策として最後にを採用しました。 特筆することはなくシンプルに強かったです。 厳選する時間を全部対戦に当ててしまった為、ボックスに居た妥協個体を使っていますが素早さはより遅ければ問題ないと感じました。 TN reboioNa どうも、reboです。 今シーズンはシングルバトル、どちらもやったので順に紹介します。 構築記事と言うより雑な結果報告記事に近いものになります。 ・ 前のシーズンにフォローさせてもらっている方が入りでダブル最終4位を達成しているのを見て興味を持ちやってみることにしました。 ダイレクトメッセージで型を聞いてみたところレンタルパをいただけたのでシーズン終盤までずっと使わせていただきました。 正直ほぼパクリなのでこちらの記事で調整等見ていただけると幸いです。 特に意味はありません。 ・の持ち物と技構成 拘りアイテムの使い方が上手くないのと元々鉢巻で使っていた時のじばくとの威力に病みつきになったので代用品としてノーエルを持たせました。 のような晴れの並びに対してドラパルトを初手に投げてました。 ドラパルトがにダイホロウ が鉢巻自爆を通せればドラパルト以外のが全落ちするので強かったですがそれを読まれてまもるを押されることが終盤に多くなったのでがんせきふうじを採用しました。 これによりにダイジェットを積まれても次のターンにはドラパルトがをがを縛る状況が完成するので個人的には使いやすく感じました。 45秒で2体の行動を決めるのが難しくの技構成の1番上に自爆があるのは良くないと感じました。 以上2点のみ変更しあとは完全に真似させていただきました。 最終 72位 初めて潜ったシーズンだったのでこの結果には満足いってます。 また、来期以降は自分で少しずつ構築を考えていけたらなと思います。 が好きなので使ってみたいです。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 reboioNa どうも、reboです。 ここ最近、仲間大会が盛り上がってますが自分がよく開くで運営するトーナメントの大会が全く見られなくなってしまい寂しいのでやり方を記事にまとめました。 仲間大会と違った楽しさや交流があるので是非、自分以外にも開いてくれる人がいたら嬉しいです。 また、自分が今までやってきたやり方で別のいい方法があるかもしれませんがご了承ください。 自分のメモが見やすいかは微妙ですがいつもこのようにまとめて投稿しています。 7世代の大会だとフレンドコードが必要でしたが今作は必要ないので申請の際にTNのみリプライして貰えれば大丈夫だと思います。 用意と言ってもこれと言って用意するものはありませんが申請開始時間には極力、に張り付くようにするといいと思います。 ここでは7世代の大会を開いた時を例に書いていきます。 要項に申請の際にトレーナーネーム フレンドコードをリプライで送るように載せてるのでそのテンプレに添ったリプライが送られてきます。 自分の場合だと申請リプライに対してリプライといいねが返ってきたら申請完了ですよ!と必ずアナウンスするようにしています。 定期的に返ってきてない人がいたら連絡するようアナウンスすることで申請漏れを防ぐ為でもありますし大会運営してる感があって楽しいです。 これをコピーしてのメモかのどちらかにまとめていきます。 にまとめていく方が後々、楽になりますが自分は外出してても対応出来るのでのメモにまとめてます。 このようにコピーしてメモに写していきます。 この時にテンプレ通りに申請されなかったのを全て手直しします。 ハイフンが抜けていたりTN フレンドコードがフレンドコード TNと逆になっていたり変なところにスペースが入っていたりすることもあるので1個1個見逃さないようにチェックします。 メモに写す時に10人ごとの塊を作ることで最後に人数の確認がしやすくなるのでオススメです。 まず、申請者をまとめてコピー出来るようにしましょう。 でまとめてる場合は大丈夫ですがでまとめてる場合は少し手間がかかります。 自分のやり方が効率いいのかはわかりません 多分もっと効率のいいやり方があると思います アカウントを2つ用意します。 人から見られるものでは無いので自分のリア垢や別のアカウントを使うといいです。 参加者一覧をDMで送信していつでもコピーできるようにします。 大会にはトーナメントくん こちらを使用します。 また、ここからはパソコンの方が操作しやすいのでパソコンを使います。 1、大会名入力 ・大会名を入力してください ・シングルトーナメント 1回負けたら終わり の大会なら1番上のノックアウトのところにチェックを入れて作成を押します。 直撮りですみません。 2、参加者入力 一括入力をクリックする この画面が出てくるのでメモかにまとめた参加者をコピペする 7世代ではトレーナーネーム フレンドコードを入力していましたが今作は参加者それぞれに番号を自分で降るといいと思います このように各参加者に予め番号を降り対戦の際に若い番号を入力するルールが楽なんじゃないかなと思います。 例えばプレイヤーA 1141 vs プレイヤーB 1142 この場合はお互いが1141を入力することでマッチングします。 全出席をクリックして対戦相手をランダムにする為、SHUFFLEを好みの回数クリック。 その後、STARTをクリック。 3、トーナメント確定 トーナメント完成 4、投稿 このように3つのURLがあるのですがに貼るのは下2つになります。 画像版 簡易版 参加者には基本こちらで対戦相手を確認するよう呼びかけてください。 簡易版だけでも大会進行自体は出来ますが参加者から見て自分がどこまで勝ち進んでいるのかわかり辛いので画像版も貼ることをオススメします。 大会参加申請と違って一人一人にリプライを返していたら確実に間に合わないでここではいいねのみを返します。 トーナメントくんで勝者の番号Winに入力します。 これが基本的に操作になります。 1回戦、2回戦はリプライが止まらないので入力ミスがないように且つリプライを見逃さないように気をつけましょう。 特に1回戦の時間になっても来ない人もいたりするので何分までに来なかったら不戦勝にするか自分の中で決めておきましょう。 自分は15分までに対戦が始まらなかった場合は連絡するように呼びかけてます。 ・勝敗結果の漏れがないか確認。 自分だけだと見落としてる可能性もあるので定期的に参加者に確認するといいと思います。 その流れで決勝まで終わったら大会終わりましたよー!ってことをツイートして終わりになります。 景品等がある場合は渡して終わりになります。 最後の方はざっくりになってしまいましたがこれが一連の流れになります。 reboioNa どうも、reboです。 勝てませんでしたが序盤から自分なりに考えたので簡単に記事にまとめました。 【コンセプト】 ・鬼火を絡めた構築に負けない ・に負けない ・積みックスによるやりたいことの押しつけ 構築経緯 いつも通り好きなのから構築をスタート。 8世代のの強味は積みックスによる崩しだと考えていて積みのサポートを出来る欠伸を次にいれた。 前期の構築記事を見てて竜の舞珠ドラパルトの火力に興味を持ちドラパルトを採用。 この時点でを軸にした積み構築を組むことに決めアーマーガアに強く範囲も優秀な放射持ちピクシーを入れ積みエース3枚クッション1枚の並びがここまでで出来た。 地面タイプ全般に対する明確な打点が無いのを嫌いを次にいれた。 最後の1枠は元々構築全体で素早さが遅いのが気になった為、スカーフにしていたがメジャーな並びであるの対面構築に全く勝てなかった。 入りの構築に対して殴りあえるにしたかったが最終日まで決めることが出来なかった。 の欠伸や相手の欠伸持ちを起点に積むのが基本的な動き。 素早さは最速抜き。 、、へのダメージを考えると特攻は振り切りしかないと思い余りはックス時に少しでも恩恵を受けたい為HPに降った。 拘りトリック持ちが今期は多く本来有利対面であっても気をつける必要があった。 前期の記事を読み漁っていたところ気になって採用してみた。 技構成はコンセプトでもある積み技の竜の舞、残りはシンプルに強く範囲の広い3つを選んだ。 HPを189まで伸ばすか悩んだが構築全体で誰もに勝てない為HPを179で止めより早い型にした。 上記の積みエース2匹が倒せない相手に対して強く出ることが出来る。 積み技である瞑想、瞑想を積む時に体力管理の出来る月の光、メインウェポンのは確定で残り1つは環境に多いアーマーガアに刺さる火炎放射にした。 地面タイプへの打点が構築全体でないのが気になった為採用。 襷を持たせることでこの構築が誘うパッチラゴンやウオノラゴンに対して合法的に対面居座ることが出来る。 技構成は上3つはテンプレ、残り1つは後続で処理する時や起点にする時に役立つ凍える風を選択した。 上3つはテンプレ構成だが残り1枠にかげうちを選択。 元々はじゃれつくだったが先制技を欲しい場面が多かった為変更。 また、火力を削りたくなかった為攻撃に振り切っている。 最終900位くらい 2時まで2桁中盤で戦えてましたが1度溶かしてからずっと400位上から抜けられず終わってしまいました。 しかし今までにないくらいを選出することができ楽しかったので来期も楽しみながら上を目指していきたいです。 ここまで読んでいただきありがとうございます。 reboioNa こんにちは、reboです。 第2回Battle Rebolutionの結果報告の記事になります。 【KP 予選抜けプレイヤー、参加プレイヤー構築】 こちらを参照してください 【収支報告】 ・前回黒字分の¥7200を上乗せする為、赤字分はチャラに。 ・移動費に関しては2人運営内で遠征して来てくれている為往復の新幹線代込。 ・仮に次回開催する場合、第2回の時点で機材を買い揃えた為黒字が見込める。 収支報告は以上になります。 【最後に】 総括記事に載せることではないとは思いますが最後に少しだけ書かせてください。 改めてこんにちは、reboです。 今回参加してくれたみなさんありがとうございました。 遠くから来てくれた方も多かったり普段会えない人とも面と向かって話せたり対戦オフならではの良さが感じられました。 ありがたいことにマナーも良く対人トラブル等もなく無事終えることが出来ました。 本当にありがとうございます。 前々から対戦オフが好きな人、初めて来た人、配信を見た人にオフっていいなぁって思って貰えたら嬉しいです。 みなさん楽しんでいただけましたか? 自分は運営の立場としても対戦参加者としての立場どちらでも楽しく今も尚、余韻に浸ってます。 ただ自分としてはオフの企画、運営のメンバー集めまでしか主催としての仕事が出来てなくその他は全部、他のメンバー達に助けて貰ってばかりでした。 配信に映る4人のプレイヤーに あと3年くらいは忘れないイベントになって欲しい。 と、ある運営の方が言ってましたがどうでしたか? 正直自分はここまで力の入った配信を見たことなく主催としてではなく1観客としてエキサイトしてました。 会場内全員が注目しててターン毎に何かが起こるとボルテージが上がって、配信も1万人近くが同時視聴してて、実況はあの2人。 自分がもしあの立場に残ってるプレイヤーだったら3年どころか何十年と忘れられないと思いますし残った4人が自分と同じ気持ちだったら嬉しいです。 最後に今回も自分のわがままに付き合ってくれた運営のみんなありがとう。 僕は本当に人に恵まれています。 また、来年2月の3連休にやりたいと思ってるから付き合ってくれると嬉しいです。 reboioNa どうもこんにちは、reboです。 第8世代初の構築記事になります。 勝てませんでしたが個人的に使ってて楽しい構築ができたので簡単に紹介します。 最終日はの枠を入れ替えながら潜ってましたがを使ってた期間が1番長いので今回はこの並びで記事にします。 【構築経緯】 第8世代も1番上にを配置してスタート。 アーマーガア対策に電気、炎タイプを無理矢理入れると構築の自由度が下がると考えている為、アーマーガア入りに積極的にを仕掛けていける残飯を次に採用。 次に、どちらとも強力な並びを作れる浮いてる枠としてを採用。 この組み始めの3体に気になっていたドラパルト 弱点保険 、 襷 、 珠 の対面性能の高い3体を組み込んで使っていたがの扱い方がわからずこの枠は結局最後までコロコロしてしまった。 はとを並べることで対策とした。 とを裏に並べることでステロ撒き 主に を高確率で誘うのでこの対面が出来たら全試合わるだくみから入ってました。 わるだくみ徹底抗戦でを処理した後に出てくるにも徹底抗戦で自主退場出来るのがオシャレでした。 素早さは下降補正Vですが同速がちょくちょく発生してしまったので抜きの68まで落とした方が良かったです。 相手のックスをサザンガルドで凌ぎに行きますが択まみれになり外したら負けに直結するので難しさを感じました。 技構成はスカーフサザンテンプレの、、炎技、とんぼにしました。 特に理由はありません。 ックスを切る事で不利対面を無理矢理突破したりダイドラグーンによる切り返し性能が強く選出率もかなり高かったです。 のダイサイコと合わせてウドハンを処理したり面白い動きができました。 構築で命中不安が多いこと、で不利対面でも構わずプレイしてしまったのも反省点です。 特性や戦術を対戦中に知ることも多々あったので1から勉強します;。 ; 前期ちゃんと潜れなかった分今期は楽しく潜れたので来期も楽しみつつ上を目指したいです。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 reboioNa.

次の