ラベンハム ダサい。 軽くて暖か!LAVENHAM(ラベンハム)のアウターはオシャレ&暖かい最高の防寒着

今着てたらヤバい! プロ3人が指摘! 働く女子の流行遅れファッション|「マイナビウーマン」

ラベンハム ダサい

LAVENHAM ラベンハム LAVENHAM ラベンハム は1969年にロンドン北東部サフォーク州の小さな村「LAVENHAM ラベンハム 」で創業。 村の名前がブランド名になっています。 その昔、乗馬用のブランケットはジュート麻で作られており、保温性が悪く濡れ易いため改善が必要とされていました。 そこでエリザベス女王に仕えていた女官のエリオットさんが女王の乗馬用毛布をキルティング生地で作ることを思いつきました。 エリオットさんが発案したナイロン・キルティングのホース・ブランケットは1969年に発売され、乗馬用具業界での地位を確立しました。 また、キルティングの軽い、丈夫、保温性が高い、適正価格の強みからブランケット用だけでなく、乗馬愛好家が着用するジャケットの要望も高まりました。 1972年にナイロン・キルティング・ジャケットが発表され、愛馬とお揃いのジャケットを持つ人が増えました。 また、ラベンハムの代表製品「ダイヤモンド・キルティング・ジャケット」が発表され、ベーシックで実用的な乗馬用トレーニング・ウェアから高品質なファッション用品へと取り入れられていきました。 今では「キルティングジャケットといえばLAVENHAM」と言われるほど、他ブランドの受注生産も請け負いながらキルティング製品を作り続けています。 2019年で日本上陸25周年です。 サフォーク州の自社工場で生産される「ダイヤモンド・キルティング」 ラベンハムの製品は全てサフォーク州サドバリーの自社工場で生産されています。 ラベンハムを象徴するダイヤモンドキルトは、ダイヤモンド型の角を交差させ、伸縮性のあるナイロン上糸と、毛羽立たせたポリエステル下糸を使用することでほつれを防ぎ、耐久性を高めています。 自社工場で一貫して作られるラベンハムのジャケットは、生地、スタッド、ウェッビング等を厳選し、1着ずつ丁寧に縫製。 その途中、何度も検品を重ね、検査をクリアした高品質な物をお届けしています。 ラベンハムのオリジナルモデル「MILDEN ミルデン 」のデザインをそのまま生かしながら、現代のモダンスタイルに合わせて細身のフィッティングに仕上げています。 ジャケットなので、シャツやセーターの上から着ることを前提に着丈は適度に短く設計され、アームホールや袖幅もジャストフィットに調整。 スーツやジャケットの上に羽織ることも可能です。 スナップボタン仕様で、襟、前立て、ポケット口はコーデュロイ生地となっており、よくあるブカブカに膨れ上がったダウンコートとは全く異なります。 カジュアル過ぎず、オーセンティックなデザインでオンオフどちらのシーンでも使えます。 RAYDON レイドン とDENHAM デンハム の違い、選び方 ラベンハムはメンズ、ウィメンズともにキルティング・ジャケットとコートがいくつか種類があります。 ショート丈でコーデュロイの襟付きのもので RAYDON レイドン のほかに DENHAM デンハム というモデルがあります。 36のSサイズで比較してみましょう。 日本別注モデルはサイズが異なることがあるので注意して下さい。 モデル(36) RAYDON レイドン DENHAM デンハム 着丈 71. 5cm 75. 5cm 肩幅 42. 5cm 45cm 身幅 52. 5cm 55cm 袖丈 62. 5cm 63. 5cm デンハムはチェスト・ウエスト・アームホール・袖幅を広めに作られています。 ボックス型のシルエット。 展開モデルの中でも比較的ゆったりとしたフィット感で、 中に着込んだり、スーツの上から着ることができるためフォーマルな服装に合います。 逆にカジュアルスタイルには少し太めなのでおじさんっぽく、野暮ったく、ダラしなく見えてしまうかもしれません。 アームが少し太いのが気になるところ。 スマートに着こなすなら1サイズ下げるのがオススメ。 体型が大きい〜普通の方に。 レイドンは細身スタイルに最適なモデル。 オンオフを選ばず、様々なコーディネートに合わせることができる汎用性の高さが特徴。 ダウンやキルティング製品はどうしてもブクブクしてスタイリッシュな着こなしができないですが、レイドンはスッキリ着こなせるため、ファッション性が高いキルティング・ジャケットです。 体型が普通〜細い方に。 ラベンハム「RAYDON レイドン 」の原価 キルティング製品は原価が安いというイメージがあります。 中国製品ならおそらく1000円以下でしょう。 私がよくお世話になっていて、今回RAYDONを注文した「」はイギリスから商品を送付してくるので、今回も関税を通って手元に届きました。 Valueの文字で「44GBP」と書かれています。 おそらくこれが原価だと思われます。 1ポンド141円で日本円に換算すると 約6200円! 結構原価高いと思いませんか?動画を見て分かるように、一工程ごとに人の手が入っており、キルティング生地の品質はもちろん、縫製の手間がかかっているためこの原価なのだと思います。 「RAYDON レイドン 」を安く購入する方法 ラベンハムを購入する方法は以下の3つ。 日本正規代理店のBritish Madeで購入(店舗、通販)• LAVENHAMの公式サイト(UK)から個人輸入(通販)• 日本の通販サイトで並行輸入品を購入(通販) 最近、ラベンハムはBEAMS、SHIPS、UNITED ARROWSなどのセレクトショップでも人気で日本別注モデルが販売されています。 そちらはデザインやサイズ感が異なり、定価も4万〜ということが多いですが、今回はオリジナルモデルを安く購入する方法ということで上記3つを挙げました。 British Madeが一番ラベンハムの モデル取扱いが多いです。 しかし、定価だと少し高いです。 レイドンだと37,400円もします。 セール時には約3万円になりますが、それでも高い….。 店舗は限られていますが、近くにお店がある場合は試着できます。 「実際に試着して購入したい」「豊富なデザインやモデルから選びたい」という方にオススメです。 日本のサイトとは別に、イギリスの公式サイトがあります。 通販もしています。 残念なことに定価はそれほど安くなく、個人輸入にはあまり向きません。 セール時は半額くらいで買うことができますが、人気のないモデルのみのため、レイドンがセールになることはないでしょう。 前回購入したデンツと合わせて自分へのクリスマスプレゼントです。 住居の管理人さんから受け取ったときには紙袋にプチプチで包まれた状態で受け渡されたので、ダンボールに入れて送られてきたか分かりませんでしたが、中身はキズ一つなかったので問題なし。 English Tea Shopとコラボレーションしているようで、試供品の紅茶ティーバッグが3袋プレゼントで同封されていました。 紅茶大好きなのでおいしく頂きました。 (ペパーミントは苦手でしたが。。 ) プチプチを外すと、半透明な袋に包まれたRAYDONレイドンが見えました。 動画で最後に包装に使っている袋なので直接買い付けてそのまま送られてきているのかもしれません。 さっそくハンガーにかけてみました。 ダイヤモンドキルトは艶、輝きが安物とは違います。 ダイヤモンドの頂点部分、ステッチが重なり合う部分はラベンハムの特徴であるクロスステッチという手法で縫製されています。 糸をほつれにくくする独自の縫製技術です。 スナップボタン ボタンにもロゴ入り。 カチッと強めにしっかり留まるスナップボタンです。 左ポケットにロゴがあります。 職人の名前が書いてあるタグ なんと、検品と包装を担当した職人の名前がタグの裏に貼り付けられています。 私のレイドンはAgnesさんという方がみてくれたようです。 機械で無機質に量産されている服飾業界でこういう職人気質の光る製品は本当に素晴らしいと思います。 裏地は明るいブルー。 より光沢感があり、ラベンハムの馬のマークが付いています。 左胸の裏ポケット 裏地にも左胸にポケットがあります。 この辺はジャケットっぽいですね。 大きめの裏地のロゴタグもイギリス感溢れてすごく良いです。 先日、アクアスキュータムでコートを試着する際にこのレイドンを脱いだのですが、店員さんに褒めて頂きました。 ラベンハム「RAYDON レイドン 」フィッティング シャツとかなり厚めなMACALASTAIR(マカラスター)のニットを着て上から羽織ってみました。 私が購入したのは36のSサイズ。 色はSUFFOLK NAVY。 171cm、55kgの細身体型の自分にはピッタリでした。 ニットやスーツの上からも着ることはできますが、レイドンは細身モデルのため、薄手のニットのほうがスッキリ見えます。 薄手のニット(オレンジ)を着てみました。 こちらのほうがシルエットがスッキリします。 ボタンを全て留めることもできますが、ニットやシャツが見えた方が見栄えは良いので私はいつも羽織るだけにしています。 (実家に帰る直前に撮ったので適当ですいません。 後日余裕があればちゃんと撮影します。 保温性が高く、機能性に優れますが、せっかくのコーディネートを台無しにするくらいブクブク分厚いシルエットやクラシック感、ファッション性の低いデザインが嫌いだったからです。 安っぽさもイヤでした。 そこで出会ったラベンハムのレイドン。 ダウンやキルティング製品でこんなにもスタイリッシュなデザインと着心地は他にありません。 「ラベンハム ダサい」なんていう検索候補がありますが、ダサくなるか格好良くなるかは着こなし方次第だと思います。 個人的には、フォーマル、クラシックな服装と相性が良いと思います。 かなりコーディネートしやすいです。 タグや動画にあるように職人が丁寧に手作業、検品しているため品質は保証されています。 これだけ手間ヒマかかって2万円ならかなり安いです。 まず軽い。 ジャケットやコートは重いことが多いですが、レイドンは持ち運び、着脱しやすいです。 また、保温性は言うまでもなく高く、撥水加工されているため防水性も兼ねそろえています。 高いコートやジャケットに比べて普段から使い倒すことができますし、クリーニングにも出しやすい扱いやすさがあります。 使い続けていくとキルティングのボリュームや艶がなくなるそうですが、丁寧に使えば10年は使えるでしょう。 日常のお手入れ、使用方法 丈夫なので神経を使って丁寧にケアする必要はないかもしれません。 先日、化粧水が袖口に付いて焦りましたが、ぬるま湯に付けたタオルで軽く叩いたらシミにならずに綺麗になりました。 以下の日常のお手入れはしています。 肩に厚みのあるコート・ジャケット用ハンガーにかける• 着用後はブラッシングしてキルティングの溝に入っている埃や汚れをかき出す• 雨に濡れたり、シミの汚れが付いたらタオルで軽く叩いてケア• コーデュロイ部分は汚れやすいため、定期的にチェックして汚れていたら綺麗にする• 取れない汚れが付いたらクリーニング• 初めてのキルティングはラベンハムで。 キルティング製品はダサいイメージしかありませんでしたが、ラベンハムのおかげでそのイメージが覆りました。 最近はよくキルティング・ジャケット、コートを着ている人を見かけますが、シルエットや生地の高級感でかなり違いがあります。 私が空港ラウンジで見かけた年配の男性が着ていたラベンハムのジャケットはそれはもう格好良かったです。 高級ジャケット、コートは2桁万円することがほとんどで手を出しにくいですが、ラベンハムの製品は私のような庶民にも優しい価格設定です。 別のモデルも興味ありますし、レイドンもへたったらリピートするつもりです。 長く大切に使いたいです。 また一つ、所有する英国製品が増えました。

次の

ラベンハム史上、最もスーツに合うジャケット LEXHAM/レクサムの魅力

ラベンハム ダサい

今度イギリスに行くのですが、行ったついでにラベンハムのキルティングジャケットのを買いたいな~と思っています。 調べたのですが日本ではとても人気のあるラベンハムですが、ロンドンでのショップというのが見つからないのです。 あちらではあんまり人気がないのでしょうか?ロンドン三越とか日本人向けには売っているみたいですが地元の方はいったいどこで購入されていつのでしょうか? ファクトリーがあるみたいですがロンドンからは少し離れているとの事、ラベンハムがもちろんメインではないので、ロンドンで購入したいのですが・・・。 できれば三越とかではなく、地元の人が購入するような所で買いたいと思っています。 ご存知の方いらっしゃいませんか? 何度もすみません。 お礼に対しての補足です。 ファクトリーショップというのは2級品(傷物)や数年前の、本店でセールでも売れなかったようなものを安く売っているところです。 そのため大きいサイズしか見つからないことや、サイズが1つしか余ってない事もあり、またファクトリーなのでラベルのブランド名が書いてある部分に油性ペン(赤や黒など)でマークされている場合が多いです。 ロンドンの郊外であるとやはり地下鉄、バスの1日券(One day travel card)ではカバーできない範囲にあるので余分にお金が掛かりますし、それで自分のサイズが無い等で残念な気持ちで中心部に戻ってくるよりは、やはり日本人サイズがそろっている日系のお店で買った方がいいのではと思いますが。。 一応ロンドンのファッション関係で勤務しているため参考まで。 ちなみに中心部の日系店ですが、『Plazaいぎりす屋』は12月で閉店しましたので、現在は三越かハウス・オブ・ハノーバー(House of Hanover、いぎりす屋のむ向かいにある ぐらいでしょうか。 Lavenhamというブランドはどちらかと言うと乗馬や狩猟用にジャケットを作ってる会社のようです。 やはりファッションとはかけ離れている、いわゆる『ダサい』系という感じがしますね。 ロンドン中心部でこのお店は見たことがありません。 ちなみにイギリスの上流階級では娯楽で狩猟をする人が多いのですが、動物愛護の国でもありますので娯楽のために罪のない動物達を殺す狩猟を反対する人も多数おり、毛皮を使用した洋服を売る店の前で血の色のペンキを持ってデモをするグループもいます。 そもそもどうして地元の人が購入する店に行きたいと思うのですか?日系店のほうがサイズも日本人にあってるサイズがしっかり揃っていますし、免税だって何の苦労もなく頼む事ができます と言うより店員がしっかりやってくれます。 値段だって日系店の方が安い事が多いですよ。 Q ラベンハムのジャケットがほしくてネットをチェックしています。 近くのお店で取り扱っていないので通販で購入するしかないのですが。 女、27歳、服はDo! Family、IENA等の感じが好きです。 その際、サイズ34 S と36 M のどちらにしようか悩んでいます。 私の身長は154cmで普通の服の場合Sだとぴったり、Mだと少し大きい感じです。 通常のアウターは普通ちょっと大きめな感じがするのですがラベンハムのものはどんな感じでしょうか?あまり背も大きくないのですっきりと着たいと思っています。 形で悩んでいるのは襟付き、フード付きのどちらがいいかなと。 フード付きの方がかわいい気がするのですがずっと着るには襟付きの方がいいのかなっと思うんです。 後、ラベンハムのジャケット一枚で北国の冬は越せそうですか?マイナスの日も多々あるところです。 下に厚着をすればナントカ大丈夫でしょうか? ラベンハムのジャケットをお持ちの方、是非ご意見を教えてください。 身長は159cmです。 友人は基本的に7号サイズでピッタリなのですが、胸が大きいので9号になる場合もあるような感じの体系です。 すごく細~いというわけでもなく、太くなく、細くなくです。 最初34を買ったそうですが、全体的に丁度良かったのですが、やはりお胸だけは苦しそうで、後から36を買いました。 その時に、私も34を試着して見ましたが、腕とか着た感じは特にきつく感じることもなく、かなりジャストサイズでぴったりめでした。 中にはあまり厚着はできない感じです。 言い忘れましたが私は162cm9号サイズです。 7号は絶対無理です) なので、ゆったりめに着たいか、ジャストサイズで着たいかによって決めたらいいかなと思います。 北国とのことなので、中に厚手のものも着るなら36の方がいいのかなぁ~とも思いますね。 フード付き!すごくかわいいなぁとは思うんですがわたしは首に巻物系をつけるのがが好きなので マフラーとか巻きにくいかもなぁ・・・・と個人的にいつも思ってしまいます 笑 試着できないと悩みますよね~。 とりあえず、参考になればと思います。 身長は159cmです。 友人は基本的に7号サイズでピッタリなのですが、胸が大きいので9号になる場合もあるような感じの体系です。 すごく細~いというわけでもなく、太くなく、細くなくです。 最初34を買ったそうですが、全体的に丁度良かったのですが、やはりお胸だけは苦しそうで、後から36を買いました。 その時に、私も34を試着して見ましたが、腕とか着た感じは特にきつく感じることもなく、か... 直営店についてはNo. 1の方がおっしゃっているとおりジャーミンストリート Jermyn St. にあります。 また、Jermin St. にはChurch'sの他にもEdward GreenやJOHN LOBBなど色々な直営店があります。 その他にもChurch'sはロンドンのいたるところにあります。 Church'sはロンドン市内で一番多く目に付く高級靴店かもしれません。 そのくらい至る所にあります。 勿論クレジットカードは使用可能です。 もしサイズが国内にあるようでしたらデパートなどでラストと自分のサイズを把握しておくと良いかもしれません。 ちなみに現地の直営店ではConsulが250ポンドだったかと思います。 ロンドンのユーストン駅 Euston station から電車で1時間ほどで到着します。 ちなみにEuston stationへはユーロスター発着のStパンクラス駅から徒歩で行けます。 当日券は往復で47ポンドでした。 ちなみに、Church'sのファクトリーですが価格は140-160ポンドです。 5F限定のサンプルセールが75ポンド均一でした。 女性モノが25ポンド 50ポンドだったかも で売ってました。 またシューツリーとネクタイが20ポンドでした。 店内が狭いので、あまりないかもしれませんがおじさん店員に話しかけると親身になってくれます。 私は9. 5Gというあまり国内では流通していないサイズなのでファクトリーでは色々サイズについて相談に乗ってもらいました。 ユーストン駅の切符売り場ですが、クレジットカード専用の販売機もあります。 Northampton駅に着いたら改札を出て右側に進みます。 そのまま売店を通り過ぎるとタクシーが止まっていますので右側に行きます。 すぐ上に道があるので階段を上って道に出たらそのまま右へ橋を渡ってまっすぐ歩いて行けばChurch'sの看板が見えてきます。 ここまで5分くらいです。 その後看板のある煉瓦造りの建物を左に曲がって革のにおいをかぎながら歩いて行くとショップがあります 笑 小さい店なので本当に店なのか?と思うかもしれませんが 笑 いい買い物をしてください! 何か疑問点等ありましたら遠慮なく言っていただけると幸いです。 直営店についてはNo. 1の方がおっしゃっているとおりジャーミンストリート Jermyn St. にあります。 また、Jermin St. にはChurch'sの他にもEdward GreenやJOHN LOBBなど色々な直営店があります。 その他にもChurch'sはロンドンのいたるところにあります。 Church'sはロンドン市内で一番多く目に付く高級靴店かもしれません。 そのくらい至る所にあります。 勿論クレジットカードは使用可能です。 もしサイズが国...

次の

ラベンハムコートのレビュー

ラベンハム ダサい

1969年、エリザベス女王の女官だったMrs. Elliotによってロンドン北東部の小さな村「ラベンハム」で創立された。 もともとは馬具用品ブランドとしてスタートし、1972年に乗馬用のキルティングジャケットを発売。 1982年からは本格的にメンズとレディスウェアに力を入れはじめる。 なお、馬具用品「ホースブランケット 馬用の毛布 」は現在、英国王室とベルギー王室御用達である。 ラベンハムというブランド名は、ロンドン北東部の村の名前がそのまま使われているんですね! アウターだけでなくホースブランケットまで作っていて、なんとそれが王室御用達(ロイヤルワラント)とのこと。 jp ラベンハムの種類 ラベンハムのキルティングジャケットの種類はいくつかあります。 代表的なものだと・・・ CRYDON フード一体型 短めの着丈 LEXHAM ボタン型 細身のシルエット DENSTON ゆったりとしたサイズ感 DENHAM 取り外し可能なフード付き 着丈長め その中でも、僕は比較的スタンダードなDENHAMを購入しました。 DENHAM(デンハム)のサイズ感は? ゆったりめに作られているため、ちょうど良いサイズを着ても程よく余裕があります。 平日はスーツの上に羽織り、週末は中にセーターなど着込んでカジュアルに着こなすこともできます。 僕の場合、 身長168〜170cmですが、 Sサイズ UK表記36 で問題なく着られました。 それでも少し大きいくらいです。 XSサイズになるとスーツの上からは、着れなくはないですが、少し窮屈そうです。 ラベンハムの素材はポリエステル デザインは申し分ありません。 格好良いです。 DENHAMの生地は ポリエステルです。 最初はウール生地と迷いました。 しかし、今回は「低コスト」「保温性」「カジュアルに使える」が決め手となり、ポリエステル製の DENHAMを購入することにしました。 馬がかわいい! 購入後に着用してみると、ポリエスチル製でもかっこいいですね!ウール製に負けていません。 若干ダウンのような安っぽいテカリを気にしていたのですが、上品なポリエスチルといった感じ。 ビジネスマンが愛用する理由がわかります。 タグを見ると・・ ひとつ一つ、手作業で検品が行われていることがわかるシールです。 これは Caroleさんが検品したようです。 このような所からも 品質維持の努力が垣間見えます。 他の人と被る問題 あえて欠点を言うと、 スタンダードなモデルなので被る可能性があります。 街中でも意識してみていると、違うモデルまたは色違いを着用しているビジネスマンはたくさんいますね。 しかし、デザイン自体スタンダードなので、被るのは仕方ないと思います。 おしゃれに着こなせるかは、その人自身です。 スーツやネクタイの色などうまく合わせて他人と差をつけましょう! 職場で目の前の先輩と色違いで被ってしまったのですが、ラベンハムの良さを語り合うきっかけになり、逆に仲良くなりました(笑)。 その人のこだわりを聞いてみるのも会話のきっかけになりますね! 最後に 一番の強みは、軽くてカジュアルに着られること。 僕は営業マンですが、この「軽さ」が本当に気に入っています。 耐久性もあって、シワも気にする必要もありません。 コートに比べると生地が薄いので、キルティングジャケットは真冬になると正直寒いです。 ですが、秋や春など肌寒い日に大活躍間違いなしのアウターです! クローゼットに1着あれば、重宝すること間違いなし。

次の