ドラパルト 道具。 オンバーン

ドラパルト

ドラパルト 道具

注:この記事では「スターターセットVMAX」発売後、強化拡張パック「爆炎ウォーカー」発売前時点でのデッキを取り扱ってます。 記事の最後にこのデッキを使ってみた動画も紹介してるので是非最後まで読んでください! デッキレシピ コンセプト 相手のベンチポケモンにダメカンを乗せることができる「ドラパルトVMAX」! だったら、ベンチアタックに特化するしかないでしょ! という感じで、ベンチにダメカンをばら撒いたり、「ウッウV」でベンチにいる「V・GX」ポケモンを狙ったりという動きができるようなデッキを組んでみました。 なお、そんなコンセプトを意識しすぎると見逃しがちではありますが、「ウッウV」の上の技も展開力を上げるうえで活躍してくれたりもします。 基本的に場に2体出せれば御の字なので、サイド落ちを考えて3枚。 1枚だけでも仕事してくれますし、ベンチの空きもあまりないですし…。 その他にも「ウッウV」に3エネ付けるお仕事もこなしてくれる便利屋さん。 ベンチの空きとデッキ枚数の制限上2枚のみの採用。 序盤の盤面形成にも使えるため、2枚積みにしてもいいかも。 同じ特性を持った「ドガース」もいるけど、最初にバトル場に「ドガース」を出すことになると大事故の元なので、「ドガース」は不採用。 「ホミカ」と「マタドガス」2枚が手札にある状況になる確率を少しでも上げるため4積み。 ただ、結構ベンチがぎゅうぎゅうになるため、別のカードと入れ替えるのもアリな気はする。 ベンチの空きがシビアなので、何枚も使うことは無いけれど、やっぱり「クイックボール」から拾ってこれるのは超優秀!ということでピン刺し。 特に自分の盤面が整っていない時に相手を1ターン止められるのはかなりでかい。 相手に攻撃しながら「ジラーチ」を使って盤面を整えようと思うと何枚か必要になる上、「ドラパルトVMAX」の正面への打点が比較的低いため、「ライライ」の「タンデムショック」が厄介過ぎる…。 「カラマネロ」が立ってればデメリットも怖くないし、「マオスイレン」と違って手札を捨てたり、貴重なサポート権を消費したりせずに済むため、優秀。 ただまあ、絶対に無いと困るって程でもないため、とりあえずの2積み。 「ドラパルトVMAX」は2体で戦う想定のため、1体に1枚のイメージで2枚積み。 必要になる状況が限られているためピン刺し。 回復系は「すごいきずぐすり」を2枚採用しているため、コッチはピン刺し。 「ライライ」に「タンデムショック」を撃たれた後など、HPだけじゃなくて特殊状態も回復したい時に使うイメージ。 サイド落ちも怖いし、ピン刺しだと序盤に捨てづらくなったりするため2枚刺し。 「ドガース」を不採用として「マタドガス」を4積みしているため、必要十分の2枚刺し。 「シロナ」を不採用にして4積みしてもいいかも。 2積みなのは私の趣味。 この2枚を「マリィ」にしてもいいし、「博士の研究」でもいい気がする。 この辺は私の趣味嗜好です。 「カラマネロ」とも相性が良いしね。 「混沌のうねり」を使う相手を想定すると3枚積みでもいい気はするけど、そこまで優先度が高いカードでもない気がするので2枚積み。 「カラマネロ」の対象にはならないけれど、優秀なため4積み。 「カラマネロ」もいるし、「トキワの森」も採用してるため、この位でもエネルギーに困ることはほぼほぼ無い。 とまぁ、こんな感じです。

次の

【ソードシールド】ドラパルト育成論!高速広範囲の便利アタッカー【ポケモン剣盾】

ドラパルト 道具

ドラパルト ステルスポケモン ガラルNo. 397 ぜんこくNo. 887 高さ 3. 0m 重さ• 0kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Dragapult タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 50で『ドラメシヤ』から進化• 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 相手が2匹いる場合は、それぞれに1回ずつ攻撃する。 ただし、技『まもる』やタイプ相性などでダメージを与えられない時は片方に2回攻撃する。 相手が2匹いる場合は、それぞれに1回ずつ攻撃する。 ただし、技『まもる』やタイプ相性などでダメージを与えられない時は片方に2回攻撃する。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 なお、第7世代以降は相手が『ちいさくなる』を使っている時の必中2倍効果はない Lv. 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 どの状態異常になるかはランダム。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。

次の

【ソードシールド】ドラパルト育成論!高速広範囲の便利アタッカー【ポケモン剣盾】

ドラパルト 道具

ダイマックスの効果 まとめると• ダイマックス技に変化。 威力は元の技によって決定。 3ターンでダイマックス解除。 交代でダイマックス解除• HPが上昇 ダイマックスレベルによって変化• ひるまない• 所持しているこだわり系のアイテムは解除。 ダイマックス終了後は再びこだわり直す• ダイマックスしても、とつげきチョッキの効果は続く ダイマックス時でも特防は1. 5倍のまま、ダイウォールを使用できない• 重さの関係する技、一撃必殺技、交代させる技、きのみを潰す技は効かない。 みちづれ、アンコールは無効。 ダイマックス技は必ず命中する。 定数ダメージは元のHPで計算される。 怒りの前歯のダメージも元のHPで計算される。 ダイマックスレベルについて ダイマックス飴を使用すれはダイマックス時のHPを上げることができる。 5倍と2倍の違いは段違い。 対戦に大きく影響する要素の一つ。 よって、上げておかない理由とかないので、ランク戦に潜る前に全員カンストしておくこと。 ダイマックスレベル HPの変化 0 1. 5倍 1 1. 55倍 2 1. 6倍 3 1. 65倍 4 1. 7倍 5 1. 75倍 6 1. 8倍 7 1. 85倍 8 1. 9倍 9 1. 95倍 10 2倍 ダイマックスでこだわり系の道具は全て解除 こだわりメガネ、こだわりハチマキ、こだわりスカーフが対象。 この道具を持たせることで同じ技しか出せなくなるが、ダイマックスすることでその効果も解除できる。 同時にその道具の効果を失ってしまうので注意 例えばこだわりスカーフの1. 5倍の効果。 ダイマックスが終了すると再びこだわり直す。 ここで注意して欲しいのが、 ダイマックスの解除後、ダイマックス前に使用していた技と同じ技しか使えないということ。 例えばダイマックス前に地震を使っていたとすると、解除した後も地震しか使えない。 技のこだわりは解除されない。 技の選択ごと解除されると勘違いする人がいないので一応紹介。 ダイマックスに対して、一部の技は無効 以下の技はダイマックスポケモンには効果なし。 ターンを無駄にするので注意。 重さの関係する技• けだぐり• ヘビーボンバー• ヒートスタンプ• くさむすび 交代させる技• ふきとばし• ほえる• すてゼリフ きのみを潰す技• むしくい• ついばむ• やきつくす 一撃必殺技• じわれ• ぜったいれいど• つのドリル• ハサミギロチン その他• みちづれ• アンコール 定数ダメージは元のHPで計算される これもわかってもらえないことが多いのでいのちのたま持ちのポケモンで解説。 いのちのたま…自分のくりだす技のダメージが1. 定数ダメージを受けるもの• 天候などのダメージ• いのちのたま• 毒、火傷。 ダイマックス技効果一覧。 ダイアタック: ノーマル 相手のすばやさを1段階下げる。 ダイウォール: ノーマル 全ての技から身を守る。 ダイマックス技も含む ダイバーン: 炎 天候を晴れ状態にする。 ダイストリーム: 水 天候を雨状態にする ダイソウゲン: 草 フィールドをグラスフィールドにする ダイサンダー: 電気 フィールドをエレキフィールドにする ダイアース: 地面 味方の特防を1段階上げる ダイアイス: 氷 天候をあられ状態にする ダイジェット: 飛行 味方の素早さを1段階上げる ダイロック: 岩 天候をすなあらし状態にする ダイアシッド: 毒 味方のと特攻を1段階上げる ダイワーム: 虫 相手の特攻を1段階下げる ダイナックル: 格闘 味方の攻撃を1段階上げる ダイサイコ: エスパー フィールドをサイコフィールドにする ダイホロウ: ゴースト 相手の防御を1段階下げる ダイアーク: 悪 相手の特防を1段階下げる ダイドラグーン: ドラゴン 相手の攻撃を1段階下げる ダイスチル: 鋼 味方の防御を1段階上げる ダイフェアリー: フェアリー フィールドをミストフィールドにする 注目のダイマックス技は? ダイジェット これが一番注目されていると言っても過言ではない。 素早さを1段階上昇させるぶっ壊れ能力の1つ。 飛行タイプポケモンの評価が検討され直されている。 この技の恩恵を受け、ギャラドスが環境で大暴れ。 ギャラドスのダイジェットでポケモンを倒すと特性じしんかじょうで攻撃1段階上昇。 攻撃に加えて、りゅうのまいと同じ効果を受けられるとか強すぎ。 ダイアイス、ダイロック この技のせいでタスキ潰しの手段が増えた。 てダイアイスなら環境に多いタスキ持ちのドラパルドを潰すことができる。 タスキ潰しが手軽にできるので、パーティによるがステルスロックとか採用しなくていいかなと思ってしまっている。

次の