ないがしろ に する 意味。 ないがしろにするって英語でなんて言うの?

ないがしろの意味とは?

ないがしろ に する 意味

スポンサーリンク ないがしろの意味 ないがしろは 「あっても無いもののように軽んじるさま」という意味の言葉です。 ないがしろは「無きが代(なきがしろ)」という言葉が変化したもので、「代」は「代わりとなるもの」という意味の言葉です。 無きが代は「代わりが無い」、つまり「代わりの必要も無い・代える必要も無い」ということで「無いものとして扱う」という意味になることから、ある人や物事を無いに等しいくらいに軽く見る言葉です。 あまり良い意味の言葉ではありませんね。 ないがしろは前述のように漢字で書くと「蔑ろ」となり、この「蔑(べつ)」という字には「ないがしろにする」の他にも「バカにする」や「無視する」や「さげすむ」などの意味があり、こちらもあまり良い意味の言葉ではありません。 書くのも難しい字ですし、人に対してはあまり使わない方がよい言葉ですね。 ないがしろと同じような意味の言葉としては「なおざり」、「軽視」、「侮り」などがあります。 ないがしろの使い方• あいつ、俺のことを ないがしろにしやがって。 許さないぞ。 親を ないがしろにしていると、歳を取ったときに自分が後悔することになる。 小さなことを ないがしろにぜず、きちんとやることで、大きな成果を得ることができる。 というように使います。

次の

「蔑ろ(ないがしろ)」の意味と使い方、類語、「蔑む」との違い

ないがしろ に する 意味

「蔑ろ(ないがしろ)」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 「ないがしろ」は「蔑ろ」と書きます。 意味は、軽んずること・無視すること。 「ないがしろ」では分かりませんでしたが「蔑ろ」と書くとすこしイメージが湧いてきました。 この漢字で思いだすのは、「軽蔑」・・・いやしいもの、劣ったものとみなして、ばかにすること。 その他、さげすむことなど。 相手に対する興味を断ち切ってしまうこと、と考えると分かりやすいかもしれません。 相手を劣っているとみなして、相手の良いところからも目をそらしてしまう。 すると、その相手の本当の姿を知ろうとはしなくなります。 高飛車とか最近では上から目線など、プライドの高さからそれが悪いほうに作用して生まれてくる考え方や行動かもしれません。 どちらもあまりいい状況とは言えませんね。 「ないがしろ」にされるのも、「軽蔑」されるのも好ましいことではありません。 私も人と接する上で、努力はしているつもりでもそういった気持ちが心の奥底にはある気がします。 「いじめ」同様に、自分がされたくなければ自分もしない努力をすることは必要ですよね。 音便化とは、発音上の便宜のために語中・語尾の音が他の音に変化することを言います。 「代(しろ)」はその漢字のまま、「代わりとなるもの」を意味します。 例えば、「身代金(みのしろきん)」といったようにです。 全体を通した意味を考えると「代」が無い、つまり「代用の必要すら無いに等しい」という意味となります。 このことでもすでに軽んじているという意味がよく出ています。 それが更に「人を無いようなものとして扱う」という意味となり現在のように、軽視したり無視したりすることを言うようになりました。 ところで、「蔑」はどこからきたのでしょう。 この一文字はそれはそれで絶対的な存在感を持つようです。 「さげし・む 蔑む」「さげすみ 蔑み」「さげす・む 蔑む」 他人を、自分より能力・人格の劣るもの、価値の低いものとみなす。 見下げる。 見くだす。 送り仮名が違うだけでこういった意味も伴ってきます。 これも「ないがしろ」の非常に近い意味をもつのはその意味でも明らかです。 更に侮蔑(ぶべつ)という言葉も出てきました。 こちらは、他者を侮り、蔑み、馬鹿にして、ないがしろにする行為の総称。 軽蔑と比べると、敵対の気持ちが強く出ているのが特徴のようです。 こうしたことから考えると、軽蔑の「軽」は「侮蔑(ぶべつ)」よりは軽いという捉え方になるのでしょうか。 「ないがしろ」「軽蔑」「さげすむ」「侮蔑」 それぞれ大きな方向性は一緒でも、その時々で使い分けられています。 こういった状況はおそらく日本独特のもので、その細かさが日本人の特徴とも言えます。 しかしその言葉が人間関係の中で、あまりよい関係で無い以上はそういった考え方や文化を肯定することはできないでしょう。 英語ではポジティブな考え方として、「リスペクト」という言葉がありますが日本では尊敬とか畏敬といった普段使わない意味になっております。 その言葉との距離感が今の日本を物語っている気がします。 「相手に敬意を払う」という考え方を、口にだすことによって知らず知らずに我々がとってしまっている行動「ないがしろ、軽蔑、さげすむ、侮蔑」がなくなっていくのかもしれません。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

ないがしろの意味とは?

ないがしろ に する 意味

スポンサーリンク 「苦言を呈する」の意味は? まず始めに 「苦言を呈する」の意味を見ていきましょう。 「苦言」の意味 「苦言を呈する」という語句は 「苦言(くげん)」という名詞と、 「呈する(ていする)」という動詞から成り立っています。 「苦言」の「苦」という漢字は、くさかんむりと「古」という字から構成されています。 くさかんむりは「並びは生えた草」の象形を意味します。 「古」はこの字の場合は「固い兜(かぶと)」を示しているとされます。 つまり「苦」とは「固い草」のことで、そこから「食べても固くて苦い草」、転じて「味がにがい」、あるいは「苦しい」という意味になったようです。 さらに現代では意味の幅が広がり「悪い」、「悩み・痛み」、「無理がある」、「難しい」といった趣旨でも用いられることがあります。 「言」はこの場合は「げん」と発音し「人が発した言葉」や「話した言葉そのもの」を意味します。 「本人の言を信じる」といった使い方があります。 このことから 「苦言」は直接的には「悪い言葉」ということになりますが、単なる「悪口」、「嫌み」ということではなく、 「言われる人にとっては気分が悪いが、その人のためにあえて言わねばならない厳しい言葉」といった意味合いを示します。 すなわち 「本人にとっては耳障りだろうが、態度をあらためてもらうために、言いにくくとも直言していさめる言葉」というニュアンスです。 「呈する」の意味 次に 「呈する」をみてみましょう。 「呈」という漢字は「口」と「王」という字で成り立っています。 これは人の口と「階段」を意味しているとされます。 「階段」は「突き出る」という意味合いで、「呈」は「口から突き出る」、さらには転じて「表す・示す・表現する」という趣旨の字になりました。 また 「差し出す、たてまつる」といった意味でも用いられます。 「活況を呈する」なら前者の使い方、「書物を呈する」であれば後者となります。 これらのことから 「苦言を呈する」は 「相手のことを思い、改心のため敢えて言いいくいことを言わせてもらう」といった意味となります。 スポンサーリンク 「苦言を呈する」の使い方は? 次に 「苦言を呈する」の正しい使い方を見ていきましょう。 このように 「苦言を呈する」は、ある意味で 「正しいあり方に導くために、相手には都合が悪い事柄でも、ズバリ直言して考え直してもらう」といった〝正義感〟からの行動ともいえます。 そして 「呈する」は、それ自体で 「たてまつる、差し上げる」と尊敬のニュアンスがある言葉ですので、 「苦言を呈する」は 「居住まいを正して、相手にとって嫌な内容を正直に述べさせていただく」といったように、丁寧な態度で話すという意味合いを持ちます。 このため「苦言を呈する」自体は、相手が目上や立場が上の人、あるいは同輩や目下に対してもいずれにも使うことができます。 ただ通常、目上や尊敬すべき相手に「嫌なことを直言する」場面というのは、余程の緊迫した事態だともいえます。 目下・後輩に対しては、自分が指導的立場にあればなおさら、日頃の言動などについて戒めたり諭す「苦言」もあり得るでしょう。 目上の人に対して、どうしても諫言しなければならない状況であれば、TPOをわきまえ誠意が伝わる丁寧な表現が大切です。 例えば 「このような申し上げ方は甚だ失礼とは重々承知していますが、あえて苦言を呈させていただきます」といった言い方です。 「苦言を呈する」の類語と例文を教えて? 最後に 「苦言を呈する」の類語と例文をご紹介します。 類語 「苦言を呈する」の類語には次のようなものがあります。 諫める• 意見する• 耳の痛い話をする• 仮借のない批判をする• 自戒を促す• 辛辣な意見を述べる• 歯に衣着せず指摘する 例文 「苦言を呈する」の例文としては次のようなものが挙げられます。 彼は、自分に合わないと短期間に転職を繰り返してばかりいるので、先日、少しは我慢も必要だよと苦言を呈しておいた。 真の友とは面と向かって苦言を呈してくれる人のことだ。 あまり若い人にガミガミ苦言を呈してばかりいると、年寄りのやっかみと思われそうだ。 「苦言を呈する」の類語と例文をまとめてご紹介しました。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「苦言を呈する」の意味と正しい使い方、そして類語と例文を詳しくご紹介しました。 おさらいをすると言われた本人からすると耳障りな言葉ですが、その人のことを思って改心して欲しいという気持ちを込めて伝える言葉になります。 著名人やアナウンサーがテレビのニュースでよく使っている言葉なので、今後もよく耳にするでしょう。 意味と使い方についてはすでにバッチリですね!.

次の