豚肉 グラタン。 誰でもプロ並の「ホワイトソース」が作れる!小麦粉は始めにバターで炒めておくのが正解【グラタンレシピ】

グラタンの献立28選|付け合わせや副菜・おかずの組み合わせも

豚肉 グラタン

作り方• 豚肉は3~4㎝の長さに切り、コショーを振る。 玉ねぎは薄切りにする。 白菜は4~5㎝の長さに切り、芯の部分は繊維に沿って1㎝幅の棒状に切る。 ぶなしめじは小房に分ける。 にんじんは5㎜の厚さの輪切りにしてゆで、抜型で星形に抜く。 抜いた周りの部分は小さく切っておく。 厚手の鍋にサラダ油を熱し、 1 の豚肉、玉ねぎをよく炒めたら、白菜、ぶなしめじを加えてさっと炒める。 水を加えて、沸騰したら火を弱め5分煮る。 いったん火を止め、ソースミックス・牛乳の順に入れてよく混ぜる。 マカロニを加えて中火にかけ、かき混ぜながら煮る。 沸騰したら火を弱めて、さらにかき混ぜながら約3分煮る。 1 の小さく切ったにんじんを加えて混ぜ合わせる。

次の

白菜と豚バラ肉のマカロニグラタン

豚肉 グラタン

マカロニグラタンの下ごしらえ 用意するメインの材料は、 マカロニ、牛乳、鶏もも肉、玉ねぎ、椎茸で、バター、小麦粉、塩、こしょうも使用します。 鶏肉等の代用については下記補足に。 椎茸は軸を切り落として2~3㎜幅に、玉ねぎも同じく2~3㎜幅に切ります。 マカロニは鍋にお湯を沸かしてティースプーン1杯ほどの塩(分量外)を加え、袋の表示時間通りにゆでてざる上げしておきます。 自分で切る場合も1㎝角を目安にしてください。 玉ねぎを入れる前に塩ひとつまみ、こしょう少々(各分量外)で下味をつけます。 鶏肉だけで1分ほど炒め、続けて玉ねぎを加え、さらに1分半ほど炒めます。 玉ねぎにも透明感が出てくるまで炒めましょう。 椎茸を加えて、さらに1分ほど、椎茸がくたっとするまで炒めたら火を止めます。 小麦粉大さじ2をフライパン全体にふりかけるように入れ、バター5gほども加え、炒めた具材とともに、フライパンの中でそのままホワイトソースを作っていきます。 小麦粉とバターを加えたら弱火にかけ、 箸で混ぜながら、具材に小麦粉をなじませます。 30~45秒ほど弱火にかけるのですが、フライパンについた粉も具材にからませつつ、白っぽい色合いがなくなるまで火にかけます。 そうすることで、ダマになりにくく、きれいなホワイトソースに仕上がると思います。 火を少し強め、箸で全体を常にやさしく混ぜながら、具材と牛乳をなじませます。 具材に絡んでいた小麦粉と牛乳が次第に混ざりあって、全体的にとろみがついてきます。 湯気が立って沸く直前くらいまで火にかけてOKです。 同じように混ぜながら火にかけ、湯気が立って沸く直前くらいになれば、残りの牛乳を加え、同じことを繰り返します。 最後の牛乳を加えて混ぜながら火にかけ、とろみも出て、ホワイトソースが沸いてくれば 弱火にして7~8分ほど火にかけます。 弱火で煮る間はゴムヘラやスプーンなどを使い、 フライパンの底や淵を混ぜながら、7~8分後に下の写真のように"フライパンにさっと線を引いたときに、底面が一瞬きれいに見えるタイミング"までとろみを強くします。 ゆでておいたマカロニを入れ、ほぐし混ぜればグラタンのホワイトソースの出来上がりです。

次の

誰でもプロ並の「ホワイトソース」が作れる!小麦粉は始めにバターで炒めておくのが正解【グラタンレシピ】

豚肉 グラタン

グラタン2人分材料• マカロニ60g• ベーコン40g• 玉ねぎ4分の1• マッシュルーム4個• えび150g• 白ワイン大さじ2分の1• 牛乳4カップ• 生クリーム50㏄• 小麦粉60g• バター大さじ5 美味しい定番グラタンの作り方は、たっぷりのお湯に塩を少し入れ、マカロニを指定時間茹でておきます。 鍋にバターを大さじ1入れ、薄切りにしたマッシュルームと2㎝幅に切ったベーコンを炒めます。 続いて、殻をむき背わたを取ったエビを1口代に切ってから入れ、エビが赤くなったら白ワインを入れ少し炒めます。 続いて、別の鍋にバター大さじ4を入れ、みじん切りにした玉ねぎを透き通るまで炒めていきます。 さらに、小麦粉を加え2分程度炒めたら、温かくした牛乳を少しずつ混ぜながら入れていき、15分程度混ぜながら煮込みましょう。 とろみがでてきますので、別鍋の具材やマカロニ、生クリーム、塩を入れかき混ぜます。 グラタン皿にバターや油を薄く塗り、グラタン液を注いで、その上にたっぷりチーズを載せましょう。 続いて、オーブンやオーブントースターに入れ、グラタン表面のチーズにしっかりと焼き色が付くまで5分程度焼いて完成です。 美味しいグラタンのアレンジ方法・種類 RELATED ARTICLE グラタン献立に合う副菜や付け合わせおかずをプラスしよう グラタン献立には、サラダを始めとする副菜やスープなどの付け合わせ、魚や肉などのボリュームおかずもマッチします。 組み合わせる副菜やおかずによって、ボリューム感を調整できる点もグラタン献立の魅力です。 季節や体調、気分に合わせた副菜やおかずをプラスした、より美味しいグラタン献立に挑戦してください。 新しいグラタン皿を探している方やサイズの異なるグラタン皿を探している方などは、100均のグラタン皿も候補に入れてみてはいかがでしょうか?ダイソーやセリアなど人気100均ショップには、豊富なサイズやデザインのグラタン皿や耐熱皿がラインアップ中なので、下記記事ではおすすめ人気アイテムを紹介しています。

次の