とりもも れしぴ。 【保存版】鶏もも肉つくれぽ1000越え人気簡単レシピ30選!鳥ももレシピ一挙公開!【とりもも・鶏肉】焼くだけ鶏肉料理も!

醤油漬けだけじゃない!えごまの葉のレシピ14選!

とりもも れしぴ

酒…大さじ1• 生姜(すりおろし)…小さじ1• Lサイズの冷凍用密封保存袋…1枚 作り方 1 冷凍用密封保存袋に豚薄切り肉を重ならないように薄く広げて入れる。 2 混ぜ合わせたAを、1の肉全体にかけるようにして少量ずつ流し入れる。 3 2の空気を抜いて肉を平らにし、密封する。 平らな状態のまま冷凍する。 【食べ方例】豚の生姜焼きの香味野菜和え 肉を凍ったまま加熱して、生野菜と和えるだけのスピードレシピ。 肉にしっかり味がついているので、香味野菜との相性がバツグンです。 材料(2人分)• 下味冷凍肉(豚薄切り肉の生姜焼き味)…1袋分(160~200g)• サラダ油…小さじ1• 豆苗…1パック• みょうが…2個• 青じそ…10枚 A• ごま油…大さじ1• 塩…少々 作り方 1 豆苗は根を切り落として5㎝の長さに切り、みょうがと青じそは千切りにして、混ぜ合わせたAで和える。 2 フライパンにサラダ油、凍ったままの豚肉を入れてから中火にかける。 最初は肉に触らず、表面の色が変わってきたら裏返し、菜箸でほぐしながら肉全体に火を通す。 3 火を止め、肉が大きければフライパンの中で調理用ばさみを使って食べやすく切り、1を加えて余熱でさっと和える。 鶏もも肉…2枚• 長ねぎ(青い部分)…1本分• 生姜…1片分 A• Lサイズの冷凍用密封保存袋…1枚 作り方 1 鶏もも肉は余分な脂と皮を除き、半分に切る。 厚みのある部分に包丁を入れて開き、均一な厚さにする。 2 長ねぎは5㎝の長さのぶつ切りにする。 生姜は千切りにする。 3 冷凍用密封保存袋に1、2の順番に入れ、混ぜ合わせたAを全体にかかるように少量ずつ流し入れる。 4 3の空気を抜いて、密封する。 平らな状態のまま冷凍する。 【食べ方例】シンガポールチキンライス 下味冷凍の袋の中身と米を、炊飯器に入れて炊くだけの簡単レシピ。 肉と野菜のうま味を吸い込んだごはんが絶品! 鶏肉はごはんの蒸気に蒸されて、ふっくらジューシーに仕上がります。 材料(3人分)• 米…2合• 香菜、トマト(お好みで)…各適量 [つけダレ]• 生姜(すりおろし)…大さじ1• オイスターソース…大さじ1• ナンプラー…大さじ1• レモン汁…大さじ1弱• サラダ油…小さじ1 作り方 1 米は普通に水加減し、30分ほど吸水させ、水を大さじ2取り除く。 2 下味冷凍肉は袋ごと流水に30秒~1分当てて、表面を少し解凍する。 3 1にナンプラーを入れて混ぜ、2の鶏肉の皮目を下にして米の上に並べる。 生姜、長ねぎもできるだけ重ならないよう並べて、普通に炊飯する。 4 炊きあがったらすぐに鶏肉、長ねぎ、生姜を取り出し、ごはんを混ぜる。 鶏肉は食べやすい大きさに切る。 5 器にごはんと鶏肉を盛りつけ、2㎝幅に切った香菜、くし形切りにしたトマトをつけ合わせ、混ぜ合わせたつけダレを添える。 豚挽き肉…200g• 生姜(すりおろし)…小さじ1• 塩麹(市販品)…大さじ1• Mサイズの冷凍用密封保存袋…1枚 作り方 1 冷凍用密封保存袋にすべての材料を入れ、袋の上からもみ込んで混ぜる。 2 できるだけ薄く平らにしながら密封し、菜箸を押しつけて4分割の線をつける。 【食べ方例】肉みそジャージャーうどん 下味の塩麹と生姜は、中華風のアレンジとも相性ぴったり。 凍ったままの肉を炒めて調味料を加え、冷たい麺に乗せるだけで完成です。 材料(2人分)• 下味冷凍肉(豚挽き肉の生姜塩麹味)…200g• うどん…2玉• 長ねぎ(みじん切り)…10㎝分 A• ごま油…小さじ1• 酒…大さじ2• 水…大さじ3• きゅうり、トマト、白髪ねぎ(お好みで)…各適量 作り方 1 フライパンに凍ったままの豚挽き肉を手でわり崩して入れ、ヘラで挽き肉を崩すようにしながら中火で炒める。 2 肉の色が変わったらAと長ねぎを加えてよく炒め合わせる。 水溶き片栗粉を少しずつ加えて加熱しながらとろみをつける。 3 うどんをゆでてざるに上げ、水気をよく切る。 4 器にうどんを盛り、2、角切りにしたトマト、斜め薄切りにしたきゅうり、白髪ねぎを彩りよく盛りつける。 5 食べる直前に、混ぜ合わせたBをかける。

次の

【保存版】鶏もも肉レシピ人気簡単15選!つくれぽ1000の鶏肉料理おすすめ!鳥もも肉のおかずに

とりもも れしぴ

片栗粉、酒、しょうゆなどで 下味をつけた鶏肉をこんがり焼いていき 人参とごぼうとを加えて 水、みりん、酒に砂糖を加えて じっくり煮込んでいきます。 下味をつけることで柔らかくジューシーになり 鶏むね肉なら蛋白でヘルシーなので ダイエットなどにも効果的。 夜のご飯のおかずからお弁当など 色んな場面で使えるレシピ なんじゃないかと思います。 作り置きできるタイプのレシピで 時間のある時に作って 夕飯のおかず お弁当のおかずなどに使えます。 ねぎを一緒に加えて 煮込んでも美味しそうですね。 こんにゃくは水分が90%以上で カロリーもほぼ「ゼロ」なヘルシー食品なので ダイエットなどにも取り上げられる事 多いかなと思いますが 食物繊維も豊富なので こちらも便秘解消効果に美肌効果なども 期待できます。 日頃の生活に 取り入れてみてはいかがでしょうか。 沸騰したお湯の中に 鶏ごぼうのすり身を入れて そこにコンソメも入れていき あとは塩コショウで味を整えつつ かいわれ大根なども入れて完成。 サッパリしたスープの中に ほどよい鶏肉の油分がコクを生んで 美味しくいただけます。 前日から漬けておいた胸肉は ラップをしてレンジでチン。 もやしに人参もレンジで加熱し 細切りにしたきゅうりと 鶏がらスープの元を加えていきます。 そこに鳥の胸肉をさいて、混ぜ込んでいき 水気を切ってカラッと揚げた ごぼうチップを乗せれば完成です。 ごぼうチップって単体でも 美味しいんですよね 塩をチョロっとかけて そのまま食べればごぼう本来の味が出て とっても美味です。 鶏むね肉を使ってとってもヘルシーかつ ごぼうチップが良いアクセントになった なかなか健康と美容にも良い レシピかなと思います。 鶏むね肉は粘りが出るまでミンチ状にして ごぼうは薄切りに。 加熱処理した豆腐はしっかり水分を切り 滑らかになるまで潰していきます。 潰していった他の材料と混ぜつつ 棒状に種をまとめたら 中温の揚げ油で キツネ色になるで揚げていけば完成。 野菜たっぷりかつ栄養素も豊富でヘルシー。 しかも材料費も基本安く済むので 家計的に大いに助かります。 夕飯のおかずからお弁当のおかずなど こちらも幅広く活躍してくれそうです。 観音開き状にした鶏むね肉で カットして下準備の済んだ 人参、ごぼう、いんげんなどを 乗せてキツめに巻いて 更にラップでグルグル巻に。 それを沸騰した水の中に入れて 10分ほど煮込んでいけばOK。 あとは醤油やみりんなどを合わせたタレを フライパンを使って絡めていけば 完成となります。 こちらも鶏むね肉でヘルシーかつ そんなに材料費もかからないので 節約しつつ美容健康に良い レシピかなと思います。 若干料理の工程が似ているんですけど 料理漫画「食戟のソーマ」で キャベツを鶏むね肉で包んだタイプの 料理があるんですが 中身に包む野菜をごぼうなどに 切り替えても美味しそうかなと思いました。 今回のまとめ はい、今回はひとまずごぼうと 鶏肉を使ったタイプの ダイエットや便秘の解消にも 効果ありそうなレシピを紹介していきました。 鶏肉は他の肉に比べて安価かつ ヘルシーなのでちょっと体重などが 気になっている女性の方にも 心強い味方になる食品です。 それと美容、健康効果満載な ごぼうを上手く組合せて日常的に摂取していけば 身体の中からキレイになっていくことでしょう。 どうぞ是非試してみてくださいね。 「Sponsored link」 カテゴリー•

次の

ごぼうと鶏肉の絶品簡単人気レシピ!ダイエット便秘解消に効果的!

とりもも れしぴ

鶏肉は芯までスムーズに火を通しやすくするため、室温にもどしておくとよりよいです。 まず、鶏もも肉は食べやすい大きさ(3〜4㎝四方くらい)にカットし、生姜は皮ごとすりおろします。 切った鶏肉をボウルに入れ、 Aの調味料(醤油大さじ2、酒大さじ1)を加えます(鶏肉が完全に浸からなくてもOK)。 そこにおろし生姜をぎゅっとしぼって、生姜のしぼり汁だけを加えます。 漬け込み時間は15〜20分。 途中2〜3度上下を入れ替えるように混ぜてください。 15~20分経ったら漬け汁を捨てますが、漬け汁の残し加減もポイントに。 手や箸で鶏肉を軽く押さえて漬け汁をざっと捨てると、漬け汁がボウルの底に少し残ります。 漬け汁が少し残った状態で片栗粉を混ぜ合わせることで、 唐揚げの衣にも醤油味がついて香ばしさがアップする、というわけです。 片栗粉大さじ3〜4を加えてよく混ぜ、手にしっかり絡みつくくらいねっとりすれば準備完了です。 低めの温度から鶏肉を入れていくのですが、 入れるときに鶏肉の皮を広げ、きれいに身にまとわせてから入れると、仕上がりの見た目も、皮の火通りもよくなります。 そして一度すべての鶏肉を取り出します。 取り出した鶏肉はそのまま4〜5分休めます。 この間に鶏肉にじんわりと火が通ります。 休ませた後、油に鶏肉をすべて戻し入れ、 高温の油でカリッと1〜2分揚げて取り出します。 しっかり油を切って器に盛り付け、好みでレモンのくし切りを添えて完成です。 甘めの焦げやすい醤油の場合は、低温揚げの段階で香ばしい色がつくことも。 その場合は低温の時間を1~2分のばし、取り出した後に5〜6分休ませ、さっと高温で30秒~1分ほど揚げるなど揚げ時間を調整してみてください。 生姜はしぼり汁だけを加えるレシピにしています。 おろしたものを丸ごと入れると生姜の繊維が焦げやすくなったり、口に残ったりするためです。 この鶏の唐揚げのレシピは、醤油を多めに入れるのが味の決め手で、ごはんにもよく合う仕上がりになるのですが、醤油によって揚げるときに焦げやすくもなります。 上の作り方を参考に、漬け込み時間、揚げ温度、揚げ時間などを調整して、ぜひ美味しい鶏の唐揚げを作ってみてください!• 特に古い醤油(褐変して色が濃くなっている醤油)は色が付きやすいので、必ず鶏肉を室温に戻し、低温で揚げる時間を少し長く取るようにしてやってみてください。

次の