ペポ タス チンペ シル。 ベポタスチンベシル酸塩OD錠10mg「タナベ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

タリオン(ベポタスチン)の作用機序:抗ヒスタミン薬

ペポ タス チンペ シル

ベポタスチン(商品名:タリオン)の作用機序 アレルギーがどのようにして起こるかというと、これには免疫の働きが大きく関わっています。 免疫は感染症から身を守るために重要な機構ですが、場合によっては病気を起こすこともあります。 免疫が過剰に働きすぎてしまうと、アレルギーが起こるのです。 感染症を発症すると、アレルギー反応によってくしゃみや鼻水が起こります。 これは、病原菌を排除しようとする正常な働きです。 アレルギー反応は、感染症に対抗するための反応なのです。 病原菌の侵入に対してアレルギーが起こるのであれば問題ありません。 しかし、無害な物質にまで反応してしまうと、アレルギー疾患として問題となります。 例えば、本来は無害なはずのスギ花粉を免疫が認識すると、感染症を発症した場合と同じようにくしゃみや鼻水が起こります。 これは、スギ花粉を排除しようとするために起こります。 同様に、食物に対して免疫が攻撃を始めると、食物アレルギーが問題となります。 アレルギーが起こるためには、免疫細胞から「アレルギー反応を引き起こす物質」が放出されなければいけません。 この物質を ヒスタミンといいます。 そのため、ヒスタミンの作用を抑えれば、アレルギー反応が起こらなくなります。 さらに詳しく言えば、ヒスタミンは「アレルギー反応を起こすためのスイッチ」を起動させます。 このスイッチをH 1受容体といいます。 そこで、 H 1受容体をあらかじめ阻害すれば、ヒスタミンによるアレルギー反応を抑制できます。 このような考えにより、アレルギーに関わるスイッチ(受容体)を阻害することで、アレルギー症状を抑える薬がベポタスチン(商品名:タリオン)です。 ベポタスチン(商品名:タリオン)の特徴 アレルギー性鼻炎(花粉症など)、蕁麻疹、皮膚のかゆみに対してベポタスチン(商品名:タリオン)が使用されます。 アレルギー性鼻炎の3大症状(くしゃみ、鼻汁、鼻閉)を改善し、蕁麻疹による紅班などを抑え、皮膚疾患によるそう痒(かゆみ)を抑制することが知られています。 ベポタスチン(商品名:タリオン)を服用後、約1. 2時間で血液中の薬物濃度が最高値に達するため、素早く効果を示すことができます。 ちなみに、半減期(薬の濃度が体内で半分になる時間)は2. 4時間です。 初期に開発された抗ヒスタミン薬は第一世代と呼ばれ、この頃の抗ヒスタミン薬は眠気などの副作用が問題となります。 一方、ベポタスチン(商品名:タリオン)はその後に開発され、第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれます。 ベポタスチン(商品名:タリオン)は眠気などの副作用が軽減された薬です。 ただし、完全に眠気がなくなったわけではありません。 実際、臨床試験で最も多く報告されている副作用は眠気(5. このような特徴により、「アレルギー反応を引き起こす物質」の働きを抑え、抗アレルギー作用を示す薬がベポタスチン(商品名:タリオン)です。

次の

【薬剤師監修】タリオンと同じ効果の成分を含む市販薬や代用薬はあるの?【ベポタスチン】花粉症・アレルギー性鼻炎薬

ペポ タス チンペ シル

ベポタスチン(商品名:タリオン)の作用機序 アレルギーがどのようにして起こるかというと、これには免疫の働きが大きく関わっています。 免疫は感染症から身を守るために重要な機構ですが、場合によっては病気を起こすこともあります。 免疫が過剰に働きすぎてしまうと、アレルギーが起こるのです。 感染症を発症すると、アレルギー反応によってくしゃみや鼻水が起こります。 これは、病原菌を排除しようとする正常な働きです。 アレルギー反応は、感染症に対抗するための反応なのです。 病原菌の侵入に対してアレルギーが起こるのであれば問題ありません。 しかし、無害な物質にまで反応してしまうと、アレルギー疾患として問題となります。 例えば、本来は無害なはずのスギ花粉を免疫が認識すると、感染症を発症した場合と同じようにくしゃみや鼻水が起こります。 これは、スギ花粉を排除しようとするために起こります。 同様に、食物に対して免疫が攻撃を始めると、食物アレルギーが問題となります。 アレルギーが起こるためには、免疫細胞から「アレルギー反応を引き起こす物質」が放出されなければいけません。 この物質を ヒスタミンといいます。 そのため、ヒスタミンの作用を抑えれば、アレルギー反応が起こらなくなります。 さらに詳しく言えば、ヒスタミンは「アレルギー反応を起こすためのスイッチ」を起動させます。 このスイッチをH 1受容体といいます。 そこで、 H 1受容体をあらかじめ阻害すれば、ヒスタミンによるアレルギー反応を抑制できます。 このような考えにより、アレルギーに関わるスイッチ(受容体)を阻害することで、アレルギー症状を抑える薬がベポタスチン(商品名:タリオン)です。 ベポタスチン(商品名:タリオン)の特徴 アレルギー性鼻炎(花粉症など)、蕁麻疹、皮膚のかゆみに対してベポタスチン(商品名:タリオン)が使用されます。 アレルギー性鼻炎の3大症状(くしゃみ、鼻汁、鼻閉)を改善し、蕁麻疹による紅班などを抑え、皮膚疾患によるそう痒(かゆみ)を抑制することが知られています。 ベポタスチン(商品名:タリオン)を服用後、約1. 2時間で血液中の薬物濃度が最高値に達するため、素早く効果を示すことができます。 ちなみに、半減期(薬の濃度が体内で半分になる時間)は2. 4時間です。 初期に開発された抗ヒスタミン薬は第一世代と呼ばれ、この頃の抗ヒスタミン薬は眠気などの副作用が問題となります。 一方、ベポタスチン(商品名:タリオン)はその後に開発され、第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれます。 ベポタスチン(商品名:タリオン)は眠気などの副作用が軽減された薬です。 ただし、完全に眠気がなくなったわけではありません。 実際、臨床試験で最も多く報告されている副作用は眠気(5. このような特徴により、「アレルギー反応を引き起こす物質」の働きを抑え、抗アレルギー作用を示す薬がベポタスチン(商品名:タリオン)です。

次の

ベポタスチンベシル酸塩OD錠5mg「タナベ」の添付文書

ペポ タス チンペ シル

ベポタスチン(商品名:タリオン)の作用機序 アレルギーがどのようにして起こるかというと、これには免疫の働きが大きく関わっています。 免疫は感染症から身を守るために重要な機構ですが、場合によっては病気を起こすこともあります。 免疫が過剰に働きすぎてしまうと、アレルギーが起こるのです。 感染症を発症すると、アレルギー反応によってくしゃみや鼻水が起こります。 これは、病原菌を排除しようとする正常な働きです。 アレルギー反応は、感染症に対抗するための反応なのです。 病原菌の侵入に対してアレルギーが起こるのであれば問題ありません。 しかし、無害な物質にまで反応してしまうと、アレルギー疾患として問題となります。 例えば、本来は無害なはずのスギ花粉を免疫が認識すると、感染症を発症した場合と同じようにくしゃみや鼻水が起こります。 これは、スギ花粉を排除しようとするために起こります。 同様に、食物に対して免疫が攻撃を始めると、食物アレルギーが問題となります。 アレルギーが起こるためには、免疫細胞から「アレルギー反応を引き起こす物質」が放出されなければいけません。 この物質を ヒスタミンといいます。 そのため、ヒスタミンの作用を抑えれば、アレルギー反応が起こらなくなります。 さらに詳しく言えば、ヒスタミンは「アレルギー反応を起こすためのスイッチ」を起動させます。 このスイッチをH 1受容体といいます。 そこで、 H 1受容体をあらかじめ阻害すれば、ヒスタミンによるアレルギー反応を抑制できます。 このような考えにより、アレルギーに関わるスイッチ(受容体)を阻害することで、アレルギー症状を抑える薬がベポタスチン(商品名:タリオン)です。 ベポタスチン(商品名:タリオン)の特徴 アレルギー性鼻炎(花粉症など)、蕁麻疹、皮膚のかゆみに対してベポタスチン(商品名:タリオン)が使用されます。 アレルギー性鼻炎の3大症状(くしゃみ、鼻汁、鼻閉)を改善し、蕁麻疹による紅班などを抑え、皮膚疾患によるそう痒(かゆみ)を抑制することが知られています。 ベポタスチン(商品名:タリオン)を服用後、約1. 2時間で血液中の薬物濃度が最高値に達するため、素早く効果を示すことができます。 ちなみに、半減期(薬の濃度が体内で半分になる時間)は2. 4時間です。 初期に開発された抗ヒスタミン薬は第一世代と呼ばれ、この頃の抗ヒスタミン薬は眠気などの副作用が問題となります。 一方、ベポタスチン(商品名:タリオン)はその後に開発され、第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれます。 ベポタスチン(商品名:タリオン)は眠気などの副作用が軽減された薬です。 ただし、完全に眠気がなくなったわけではありません。 実際、臨床試験で最も多く報告されている副作用は眠気(5. このような特徴により、「アレルギー反応を引き起こす物質」の働きを抑え、抗アレルギー作用を示す薬がベポタスチン(商品名:タリオン)です。

次の