コロナ禍を使った文章。 コロナ禍でも「集客6倍」になった酒屋のDMに書いてあったこと 「売ろう」という気持ちはなかった

【コロナ禍の消費行動調査】ECモールの利用者は堅調に増加、ECを使った高齢者は継続意向が高い

コロナ禍を使った文章

都内から「遠征」する客も? 「コロナが騒がれてからは若い年代の方が少し増えたかと思われます。 スタッフからの連絡では、最近は県外のナンバーもよく見られるそうです。 都内の方は自主休業をされているホテルが多いそうで、その影響でひっそりとやっている所に集まっているのかと思われます」 そう証言するのは、神奈川県内のあるラブホテルで働く従業員だ。 投稿フォームにメールがあったことをきっかけに、ゴールデンウイークさなかの5月5日、ツイッターのダイレクトメッセージを通じて話を聞いた。 この従業員が言うように、新型コロナウイルスの流行以後、都内などのラブホテルでは、営業を自粛する動きが。 たとえば、首都圏などに展開するホテルバリアングループでは、新宿エリアの3店舗で、4月6日以降臨時休業を実施している。 ネット検索の件数推移をまとめる「Googleトレンド」のデータも、こうした状況の傍証となる。 過去のデータを見ると、例年ゴールデンウイークやお盆、クリスマス~年末など、繁忙期に合わせて検索件数は上昇する。 利用動向と、ネット上での検索行動は、かなり連動しているようだ。 さて、2020年はと言うと、2月あたりからその数値は目立って減少傾向にある。 特に3月末あたりからは、さらにその数字を減らす。 さすがに、人々の足はかなり遠のいているようだ。 「忙しい」が目立つ従業員のつぶやき 一方で、それほど変化のないところもあるようだ。 上記の従業員は、 「元々コロナの前から夜は満室になる事が多かったのですが、コロナ騒動が始まってからも客足に変わりはなく、スタッフの何人かは客足が減るものと考えていましたが、そんな事はなく、相変わらず夜は満室になる事が多いです」 と説明する。 ツイッター上に、ラブホテルで働く人たちがその愚痴などを書き込む際によく使われる「#ラブホ従業員のつぶやき」というハッシュタグがある。 GW中の、このハッシュタグを使ってつぶやかれたツイートを探ってみると、閑古鳥を嘆く声ばかりでなく、忙しさを嘆く声も目立つ。 「クソ忙しいぞ... 緊急事態宣言ってもう終わったん?忙しいぞ。 満室だ。 やっと休憩」 「むしろラブホテルは外出自粛要請が出てから昼間の休憩が倍増してる現実。 都知事さん達わかってる?」 「ゴールデンウィークっていつまで?笑 満室だぜ?泣」 外国人労働者が支える実情 営業を続けるホテルでは、消毒の徹底など、感染対策を強調するところも多い。 ただ、この従業員が務めるホテルでは、それが十分でないと訴える。 「当ホテルではいつも通りの清掃。 いつも通りの清掃というのは、お客様が使われた物を綺麗に整頓し、性行為に使われたベットのシーツや包布等を新しい物に入れ替える。 お客様が出てから10分~15分程の換気をしながら部屋の簡易的な掃除、もはや掃除というよりも元に戻すだけの作業です。 お客様がどこに触れ、何を使ったかまで把握出来ないような場所で1つ1つアルコールを使って消毒をする事などなく、見た目だけ戻すのみです」 ビジネスホテルなどとは違い、「回転率」が高いのも不安材料だ。 結局、この従業員は仕事を休んでいる。 ほかのスタッフにも同様の動きがあるようだが、そのしわ寄せは、なかなか休みづらい外国人スタッフに。 「日本人で仕事が選べるのだから、今働くべきではないですよ」と背中を押してくれたというが、そんな彼らがシフトを支える状況に、従業員は心を痛める。 「このような状況で、ラブホテルが不要不急の用事に入るのかと来店されるお客様や世間様に問いたいです。 パチンコ店のように、大衆の目に晒されるような場所でないから大丈夫、などの思考を止めていただきたいと思います」 <J-CASTニュースでは、新型コロナウイルス流行に伴い、「私たちの状況を取り上げてほしい、取材してほしい」「#現場を知って」といった声を受け付けています。 からご連絡ください>.

次の

コロナ禍でも「集客6倍」になった酒屋のDMに書いてあったこと 「売ろう」という気持ちはなかった

コロナ禍を使った文章

コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説• 2020年6月30日• , , , , , , ,• この記事では「コロナ禍」の読み方や意味について解説いたします。 感染者や死者が増加の一途を辿る新型コロナウイルスは、その言葉を見聞きしない日がないくらい連日報じられているのは周知の通りです。 その報道の中で、「コロナ禍」という言葉が使われるようになりました。 しかしこの言葉の読み方や意味がよく分からないという人も少なからず見受けられます。 そこで今回は「コロナ禍」の読み方や意味、使い方や報じられ方などをピックアップしてまとめました。 この記事の内容が、コロナ関連のニュースを見聞きする上での参考になれば幸いです。 ・コロナ禍は学生の就職活動にも大きな悪影響を与えている。 新型コロナウイルスによる売上減などを理由に、内定取り消しや会社説明会の中止などが現実として起こっています。 この例の通り、「コロナ禍」は学生の就職活動に大きな悪影響を与えているといえるでしょう。 「禍」と「災」の違い 「禍」と似た意味を持つ言葉として「災」を思い浮かべる人も多いかもしれません。 どちらも同じ意味だと思われるかもしれませんが、厳密には以下のような違いがあります。 ・「災」は防ぎようのない天災 ・「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄 上記を踏まえて考えると、新型コロナウイルスは防ぎようのない天災ではなく、政府や医療などの連携や協力によって防ぐことができるものだと解釈できます。 また早期対策を適切に打ち出すことができていれば、これ程まで拡散するものではなかったという見方もできるかもしれません。 なお「口は災いの元」という言葉があるのように、人為的に防ぐことができるものであっても「災」を使うケースが少なからずあります。 したがって言葉の意味や使い分けに対して過度に神経質になる必要もないでしょう。 「コロナ禍」の影響を受けた業界 「コロナ禍」の影響を受けたのはほとんど全業界といっても過言ではありません。 この項目では、その一例として4業界を取り上げました。 飲食業界 新型コロナウイルスは飛沫感染することが確認されているので、近距離で話したり他の人と飲食物を共有したりする飲食店では客足が遠のいている店舗が多く見られます。 中には前月の売上の半分以下になってしまったり、閉店に追い込まれたりした店舗もあるほどです。 採算度外視で破格のキャンペーンを企画したチェーン店もありますが、以前の水準まで客足を戻すまでには至っていないといえます。 特に所帯持ちのサラリーマンは、自身を経由して家族に感染させてしまうというリスクを恐れてまっすぐ帰路に着くという人が多いかもしれません。 宿泊業界 旅館やホテルといった宿泊業界では、海外観光客が大幅に減ったこともあり売上を落とした店舗が多いといえるでしょう。 特に海外観光客の依存度が高かった店舗では、廃業の憂き目にあったというケースも少なくありません。 またイベントやライブなどの自粛もあり、キャンセルが相次いだというケースも見られました。 イベント業界 人が密集したり近距離で接触したりすることから、中止を余儀なくされたイベントは多いでしょう。 チケットの返金対応やイベントに携わる人々の人件費など、関連する問題は山積みです。 そんな中でオンラインでイベントやライブを公開して収益を上げているアーティストやパフォーマーも現れるなど、業界のマネタイズ手段が多様化する一因にはなっているかもしれません。 小売業界 マスクや消毒用のアルコールなどを買い求め、ドラッグストアには毎日のように早朝から長蛇の列ができました。 スーパーでも生産停止による品薄を危惧してトイレットペーパーや食料を買い占めるというケースが多く見られます。 政府や店舗では注意喚起の情報を積極的に発信していますが、冷静さを取り戻させるには至っていないといえるかもしれません。 「コロナ禍」の影響による働き方の変化 「コロナ禍」をきっかけとして、働き方に変化があった例が少なからずあります。 この項目では、その事例として3つピックアップしました。 時差出勤 満員電車による従業員の新型コロナウイルス感染を防ぐことを意図して、出勤時間を前後にずらす「時差出勤」を導入した企業が多く見られました。 特に大都市圏では電車通勤がメインということもあり、より効果を発揮するとされています。 したがって満員電車の解消に一石を投じるきっかけになったといえるでしょう。 リモートワーク・テレワーク・在宅勤務 似た言葉ではありますが、それぞれ少しずつ意味が異なります。 まず「リモートワーク」は「働き方にかかわらず、オフィス外で働くこと」です。 場所は自宅やカフェなど、オフィス外である以外は特に限定されていません。 続いて「テレワーク」とは「離れたところで働くこと」を意味する造語です。 通勤したり会社で人と接したりすることなく、仕事を進めることができます。 そして「在宅勤務」は「自宅で働くこと」で、「テレワーク」の一つです。 インターネットを使ったオンライン会議やメールなどを使ったやり取りなどで仕事をすることで、家にいながら仕事をすることを指します。 オンライン配信 学習塾や英会話教室のように対面して行なっていた授業を、オンライン上で公開したり授業したりするようにしたケースが散見されます。 そうすることによって生徒は他の生徒や講師と近距離で接することなく授業を受けられるというわけです。 また先述のように、ライブやイベントをオンラインで公開することによって広告収入を得るというアーティストやイベンターも出現しました。 「コロナ禍」が収束しても、オンラインでの活動をメインにするという人もいるかもしれません。 まとめ この記事のおさらい ・「コロナ禍」は「ころなか」と読み、「コロナウイルスによってもたらされる不幸」という意味がある ・「災」は防ぎようのない天災なのに対し、「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄であるという違いがある ・「コロナ禍」の影響を受けたのはほとんど全業界 ・「コロナ禍」は働き方を変化させるきっかけになったという一面があり、その例として「時差出勤」や「リモートワーク」、「テレワーク」や「在宅勤務」などが挙げられる.

次の

「助け合い、敬い合い」コロナ禍の人々励ます優しい言葉 岡山の寺掲示板の文章が心にしみる(まいどなニュース)

コロナ禍を使った文章

チームのグループLineに送られた一通のメッセージ 「僕らが今、行動することが数年後のバレーボール界、もっと先のバレーボール界への貢献につながります。 どんどんアイデアを出して行きましょう」 コロナ禍による練習自粛が続くある日、堺ブレイザーズの選手が作ったグループラインに一通のコメントが送られた。 発信者は選手会長を務める千々木駿介だった。 今年の4月、新型コロナウイルスの感染拡大によって、日本国内、ほぼすべてのスポーツ団体が活動を自粛せざるを得なくなった。 堺ブレイザーズも緊急事態宣言の影響で、練習はすべて自宅での個人練習となっていた。 「最初は『インスタグラムライブで紅白戦が中継できたらいいですよね』って話をしていたんですが、緊急事態宣言で自宅待機になって、それもできなくなってしまいました。 緊急事態宣言が終わったあと、6月になってもなかなか練習を完全に再開できる見通しが立たなかった。 練習見学も当然、禁止で、サポーターの方たちと関われる機会がなくなってしまいました。 そこでクラブに『選手のほうでSNSを使ってライブ配信をしてもいいですか?』と聞いて、承認されたという経緯です」(千々木) 公式アカウントを使ったインスタグラムのライブ配信を定期的に企画。 現在に至っている。 提供・ブレイザーズスポーツクラブ サポーターとつながる機会が失われた今 堺ブレイザーズは大阪・堺市を本拠地として活動している地域密着型スポーツクラブである。 サポーターズクラブ会員の会費や、Vリーグのホームゲームでの入場料収入、グッズ売り上げなどがクラブ経営に大きく関わっている。 リーグ戦こそ中断なしで行えたものの、4月下旬から5月に開催される予定だった黒鷲旗は中止となり、ファン・サポーターと関わることができる機会がすべて失われた。 入団2年目を迎える樋口裕希は語る。 「やはり試合を見に来て、『バレーボールって楽しいな』と思ってくれる人が大半だと思うので、まずは試合がない、練習を見に来られないという事態に『サポーターのバレーボール離れにつながるんじゃないか』とすごく危機感を持ちました。 僕らプロのスポーツ選手は見てくれる人、サポーターの方たちがいてこそ続けられる職業。 では、この状況の中、どうしたらサポーターの方たちに喜んでもらえるのだろうかと考えました」 樋口ら選手が抱く危機感が後押しとなって、SNSでの露出アップ大作戦がスタートした。 チーム公式SNSや個人アカウントの更新に力を入れるようになったのだ。 最も大掛かりだったのは5月6日、You Tubeのチーム公式チャンネルにアップした、選手による手洗い動画である。 編集して再現したものだ。 現在1万4千回再生されているが、「もっと多くの人に見てもらうにはどうしたらいいか考えています」と主将の高野直哉はこの数字に決して満足はしていない。 「再生回数はつい確認してしまいます」 樋口は語る。 「再生回数などは、目についたときには、どれくらい増えているか、つい確認してしまいますね。 自分がTikTokを始めたのは、10代の若い世代の人がTikTok中心に流行を生み出していると知ったからです。 バレーボールって学校の体育でもプレーしたことがあるのに、あまり実際の観戦体験にまでつながらないですよね。 だから10代の人たちも含めた、もっと幅広い世代の人にブレイザーズを知ってもらいたいと思ってスタートしました。 できるだけ毎日、更新しようと考えています」 チームに所属する選手は全員で15名。 そのうちツイッターアカウントを持つ選手が10名。 インスタグラムアカウントを持つ選手が10名で、アカウントを持たない選手のフォローはチーム公式で受け持ち、運用している。 アスリートや著名人がSNSを敬遠する多くの理由は、炎上が怖いからではないだろうか。 不特定多数の人が目にする以上、意図とは違うとらえられ方をしたり、理不尽な攻撃を受ける恐れもある。 「そういう怖さはもちろんあります。 でも自分たちアスリートは、どういう場に出ても規範となれる行動や発言ができるようになるべき。 それが一流のスポーツ選手の姿だと僕は思っているので、炎上やミスを恐れて何もやらないというのではなく、SNSについて学んで準備をしてから取り組むべきだと思う。 スポーツ選手はプレーをしているだけでいいとは僕は思っていませんし、自立したスポーツ選手を育てるためにも、チームが進んで実現するべきだと思っています」(千々木) 「バレーボール観戦から離れてほしくない」 7月1日にはVリーグ機構から2020/2021年シーズンの日程が発表された。 感染者が再び増えている現状を見ると、開幕する10月の時点で、どれくらいの観客を入れることができるのか、まだ不明だ。 「今の段階では、もちろんファンフェス(ファン感謝イベント)もリモートでやることになる。 そこをいかにおもしろくできるか、話し合いをしていきますが、それもすべてVリーグの試合につながっていて、『バレーボール観戦から離れてほしくない』という思いからです。 ですから、今後もバレーボールの魅力を伝えるような動画を出せたらいいなと思います。 同時にブレイザーズの良さって、練習見学のあとに、見に来られた方が気軽に選手と会話できるところだと思うんです。 でも、それが今はできなくなって、アットホームな雰囲気が売りのうちとしては、サポーターの皆さんに寂しい思いをさせているのではないか、と……。 インスタグラムライブでは、そういう、アットホームな雰囲気もサポーターの皆さんと楽しめればいいなと思っています」(千々木) 部活動ができなくなってしまった学生プレーヤーなどに向けた練習動画などとともに、今後はYou Tubeでの配信作業も進めていきたいと語った。 今後の活動について、樋口は言う。 「先日もインスタグラムのストーリー機能で、『選手のどんな姿が見たいですか?』とアンケートを取りました。 感染症の拡大で、今後はリモートが当たり前の世界になるかもしれません。 その中で、サポーターの方たちにどうしたら楽しんでもらえるのか、これからもいろいろと考えていきます。 そして、ゆくゆくはプレーや試合にからめた、少し長い文章を書くことなどにも挑戦していきたいです」 サポーターとのつながりを断たないために、ブレイザーズは今後も発信を続けるつもりだ。

次の