いのちがけ。 いのちがけ / 砂原 浩太朗【著】

ロマンスは命がけ!?

いのちがけ

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに2冊在庫がございます。 (2020年07月22日 03時16分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 内容説明 非才にして無名。 されど見事な生涯。 桶狭間、長篠、賎ヶ岳…名立たる戦場を駆け抜け、貫き通した忠義の生涯。 著者等紹介 砂原浩太朗[スナハラコウタロウ] 1969年生まれ。 兵庫県神戸市出身。 早稲田大学第一文学部卒業後、出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者となる。 出版社内容情報 前田利家とともに戦国の世を駆け抜け、百万石の礎となった男がいた。 加賀百万石の始祖、前田利家。 その若き浪々の日々も、大大名となった後も、常に付き従い、幾度も主君の危難を救った家臣がいた。 村井長頼、その知られざる忠義の生涯。 第2回「決戦!小説大賞」受賞! デビュー作にして、珠玉。 戦国は今、新たな語り部を得た! 砂原 浩太朗[スナハラ コウタロウ] 著・文・その他.

次の

【ポケモン剣盾】特性かたやぶりのポケモンを徹底比較!【ドリュウズ・ゴロンダ・オノノクス・ルチャブル他3匹】

いのちがけ

今秋、「出産」をテーマとした大人気マンガ「コウノドリ」のドラマが約2年ぶりに始まりました。 「出産って、今でもこんなに大変なのに、昔はどうしていたんだろう・・・」と考えた事はありませんか?今回は江戸〜明治期の出産に関する文献を参考に、先端医療のなかった時代の出産を探ります。 先生は呼ばず、産婆さんを呼ぶ 「大名を 胴切りにする 子安婆」 さてこの川柳、どういう意味でしょう?「子安婆」とは、産婆さんのこと。 他には「取り上げ婆」とも呼ばれていました。 「大名を胴切り」というのはつまり、江戸時代他の何人たりとも横切る事のできなかった大名行列を、産婆さんだけは横切ってOKだったのを面白がって詠んだ句なのです。 当時は出産の場に男性は基本立ち入り禁止で、産科医を呼ぶ事は少なく、ほとんどが産婆さんのみの立会いのもとで出産をしました。 江戸時代ではコウノドリ先生出番なし、というわけですね。 それにしてもその産婆さん、資格もないためかなりアヤシイ人が多かったよう。 なりふり構わず汚い身なりで来るから、「取上婆 目やにだらけな 顔で来る」なんて川柳も。 それだけならまだしも、元禄時代の書物「婦人寿草」によると、産婆さんはよく酒を飲み、性格も剛胆な人が多く、酒臭い産婆さんはざらにいたそうです。 大丈夫かなあ・・・。 出産風景 さて、現場はどうだったのでしょう。 産室には盥や簡易便器、白い晒し木綿や、汚れを受ける油紙などを事前に用意しておきました。 現在は分娩台に横になるスタイルに見慣れてしまっていますが、江戸時代の出産はなんと、横になっては駄目で、座るかしゃがむ体勢が普通でした。 産婦さんは図のように折った布団などにもたれて座ります。 痛みが増すと天井から垂らした「産綱」や「力綱」と呼ばれる綱 これは旦那さんが事前につけてくれたりしたそう につかまってしゃがみ、時にはぶら下がったりして体勢を変えながら耐えたようです。 産婆さんは、時には後ろから支えたり、産婦さんのサポートをしました。 しかも、江戸時代には出産時に声を出す事は恥とされており、産婦さんは静かに歯を食いしばって出産したといいます。 これを裏付けるエピソードとして、明治初期に日本に滞在したフランス海軍士官モーリス・デュバールの体験談があります。 デュバールがとある日本政府高官の屋敷に宿泊した翌朝、その家の主人が言うには、「昨日はお耳障りでしたでしょう。 家内が男の子を産んだのです」。 それを聞いたデュバールは信じられない気持ちでした。 なぜなら出産につきもののうめき声や辛そうな声が夜間一切聞こえなかったからです。 彼は産後の夫人に会ってその事を賞賛しましたが、夫人は「こんな事で声を出すのは馬鹿です」と言ったとのこと より。 恐るべし、江戸時代の母ちゃん!.

次の

アギルダー

いのちがけ

【いのちがけ 加賀百万石の礎】のタイトルでわかるように加賀前田家をテーマにしています。 主役は村井長頼 2006年NHK大河ドラマ【利家とまつ 加賀百万石物語】で的場浩司さんが演じた村井長頼がこの小説の主役です。 この武将、正直そこまで有名ではありません。 歴史ゲーム等でも登場機会が少ないような武将ですが、この時代を生きた村井長頼という武将の生き様。 前田利家の家来として陪臣目線の戦国乱世。 ぜひ読んでほしいです。 レビューでネタバレとか最低最悪なので本文に触れずに感想を書くとすれば まず、情景の描写がとても綺麗です。 美しい日本語がたくさん使われながら丁寧に書かれていますので物語に引き込まれます。 そして中断のタイミングがわかりません。 たくさん書きたいこともありますし、伝えたい事もありますが、ネタバレしてしまいそうなので終わります。 土曜、有楽町三省堂の時代小説のコーナーを覗く。 今風の、イラストつき大字の表紙の並ぶ平台の、白地の妙にすっきりした風情(?)の表紙。 帯に「決戦!小説大賞」受賞とある。 「デビュー作にして珠玉。 」むむ?ほんまかいな。 しかし、最初のページを読んで購入を決めたのは正解だった。 何より、文章がいい! 前田利家の若き日からの股肱の臣、村井長頼が主人公。 信長、秀吉、家康。 有名すぎる三人の陰で、地味な印象の前田利家の、その家来、 つまり陪臣(またもの)の眼から語られた戦国だ。 朴訥、愚直な若き長頼が、惚れ込んだ主、これまた若い利家。 その前田利家が実に魅力的で、びっくり。 信長の傾奇っぷりは誰でも知っているが、この利家も颯爽とした傾奇者だし、女にも手が早い。 ちょっといい男すぎないかね? 長頼が、忠義ではなく、惚れた利家に尽くす、男が男に惚れた物語。 おたおたしながら惚れた男に従って生き抜くうち、 長頼もなんとも味のある良い男になってゆく・・・。 陪臣仲間には「好かぬやつ」もいて、それが効いている。 良い男には、良い女。 表紙の椿の絵柄は、この大部のなかで描かれる女たちのイメージなんだね。 ねねも、おまつもいい。 むろん、ヒロインみうも。 みうがどこへいってしまったのかとずっと引っ張られた! 老夫婦の姿がいいとだけ言っておこう。 366ページ、結構な長さを、文献?だけの最終ページ(これが、いい!)まで、 抑制の利いた端正な文章、空気や風の湿度までさらりと描く自然描写の巧さで 日曜いっぱいかけて最後まで読み切らされた。 ときどき「長い」と思いながらではあったが(笑) 藤沢周平は全部読んで繰り返し読む、葉室麟が死んで新作が読めないと嘆いていた友人に、 後継ぎが出たと報せてやった。 藤沢周平や葉室麟の愛読者に薦めたい。

次の