肝臓 マカ。 マカは肝臓病にも効果的|厳選マカ!サプリメントNAVI

マカと腎臓の関係性とは

肝臓 マカ

肝臓は、 ・摂取した栄養素の代謝(エネルギーに変えたり、蓄積したりする働き) ・アルコールや薬、アンモニアなどの有害物質を分解して無毒化 ・胆汁をつくる(脂肪を分解する働きがある消化液) という3つの働きがあります。 肝臓病にはいろいろな種類がありますが、主なものに脂肪肝、肝硬変、肝炎、肝がんが挙げられます。 この中で脂肪肝や肝硬変、肝がんは肝臓の負担を軽減することによって、発症のリスクを減らすことができます。 マカは、肝臓の負担を減らして肝臓病の発症を予防したり、弱った肝機能を助ける働きがあります。 マカの肝臓病に対する効果や効果がある成分 肝臓の働きを助ける マカには、18種類ものアミノ酸が含まれています。 アミノ酸は、疲労などで肝臓の働きが弱った時に、肝臓の働きを助ける効果が期待できます。 マカに含まれるアミノ酸の中には、特に、肝臓の働きを助ける作用がある、次の成分があります。 メチオニン 詳しく見る 自律神経が乱れると、肝臓の働きが悪くなる場合があります。 自律神経は、脳の視床下部(ししょうかぶ)というところにある神経で、身体が活動中に活発に働く交感神経と、休んでいる時に活発に働く副交感神経の2つがあります。 この2つの神経は、自動的に、どちらかが状況に応じて優位になって働いています。 食事で摂取した糖分は、ブドウ糖に分解された後、肝臓でグリコーゲン ブドウ糖が結合したもの に合成されます。 肝臓はこのグリコーゲンを貯蓄しておく場所で、体内でエネルギーが必要となれば、再度ブドウ糖に分解して、血液で体の各部位に送ります。 グリコーゲンは細胞内のミトコンドリアによってエネルギーに変えられます。 肝臓は、交感神経が優位な時にグリコーゲンを分解してエネルギーを多く生産し、副交感神経が優位な時にブドウ糖をグリコーゲンとして貯蓄して、バランスよく働いています。 ストレスやホルモンバランスの乱れなどが原因で自律神経の働きが乱れると、交感神経が常に優位な状態が続きます。 そうなると、グリコーゲンの合成が促進され、エネルギーが放出される働きが強くなります。 反対に、副交感神経が常に優位になってしまうと、グリコーゲンとして蓄積する働きが強くなってしまい、バランスが乱れて肝臓の機能が低下してしまう場合があります。 マカには、ストレスを緩和する働きや、ホルモンバランスを整える働きがあるので、自律神経の乱れを整える効果があります。 高血圧を予防、改善する 詳しく見る 亜鉛は、細胞を再生する効果があります。 肝臓は再生力が強く、その強さは、65%を切り取っても1年後には回復するほどです。 亜鉛は、肝臓の再生機能を助ける働きがあるので、亜鉛が不足すると肝臓の働きが弱くなります。 そうなると、アンモニアやアルコールの分解速度が遅くなって、さらに肝臓に負担を与えてしまい、肝炎、肝硬変、肝がんの危険性も高くなってしまいます。 亜鉛が多い食品の豚レバーには100グラム中6. 9ミリグラム、牛肉には4. 5ミリグラムの亜鉛が含まれていますが、マカには多い製品では12グラムもの亜鉛が含まれています。 ただし、マカの一日の摂取量の目安は1500ミリグラムなので、一日にマカで摂取できる亜鉛の量は、0. 18ミリグラムです。 亜鉛の一日の推奨摂取量(2015年度版)は、30~49歳の男性で10ミリグラム、女性で8ミリグラムなので、マカだけで必要な量を全てまかなえるわけではありません。 亜鉛を多く含んでいる食品(レバーや牛、豚、牡蠣、さば、いわしなど)を、毎日の食事に取り入れつつ、摂取量の底上げにマカを利用するといいでしょう。 まとめ マカには、肝臓の働きを助けて、肝臓の負担を減らす作用がある成分が含まれているので、肝臓病に効果があります。 特に、18種類も含まれているアミノ酸は、肝臓の働きを助ける作用があるものが多く、肝臓が疲れて弱っている時に肝臓をサポートします。 また、亜鉛は、肝臓の再生機能をサポートするので、肝臓病の予防に高い効果が期待できます。 肝臓は沈黙の臓器といわれ、症状が現われた時には、状態が悪化している場合があります。 日頃からマカを摂取し、肝臓病を予防しましょう。 なお、マカは、栽培される土地や環境、栽培方法によって含まれる成分の量や数が異なるので、購入の際には商品紹介のホームページなどでよく確認することをお勧めします。 関連記事 Related 男性向けメニュー Male• 関連トピックス Topic• 効能・効能 健康• 基礎知識• 生活習慣病• 疲労回復・体力• 免疫力・ウイルス• 体調不良・体質改善• 腸内環境• 体温・冷え• 内臓の病気• 集中力・精神・睡眠• 男性の悩み• 女性の悩み• 効能・効能 不妊・妊娠・出産• 不妊・妊娠• 出産・出産後• 効能・効能 髪の毛• 効能・効能 美容• 体型・スタイル• マカの含有成分• 基礎知識• アミノ酸• ビタミン• ミネラル• 食物繊維• フラボノイド・二次代謝産物• 他成分・他食材との相性• ビタミン・ビタミン様物質• アミノ酸• フルーツ• 酵母・菌• ハーブ• アーユルヴェーダ• 健康食材• サプリからの摂取• 基礎知識• 注意点• 食事からの摂取• 製品タイプ• マカの種類・産地• 購入方法・選び方• 概要・歴史・長短所•

次の

マカ

肝臓 マカ

マカには、肝臓の機能を高める効果があります。 マカには、血行促進効果などの肝機能の向上に役立つさまざまな効果があります。 また、アンモニアやアルコールの代謝を補助して肝臓の負担を軽減します。 マカは、肝機能を高めることによって多くの健康効果を身体にもたらします。 肝機能の向上に役立つマカの効果 マカには、肝機能の向上に役立つさまざまな効果があります。 血行促進 マカには、血行を促進して肝機能を高める効果があります。 肝臓には毛細血管が集中しており、肝臓の機能は血行や血液の状態と深く関係しています。 マカには、血管を拡張する成分が含まれているほか、血液中の脂質を減らして血液をサラサラにする効果があります。 マカには血行を促進する高い効果があり、肝機能の向上に役立ちます。 自律神経を整える 自律神経は、血液の流れや内臓の機能を24時間無意識のうちに調整している神経です。 肝臓の機能は自律神経によって調整されており、自律神経が乱れると肝機能に悪影響が及びます。 また、自律神経の乱れは、肝機能を低下させる血行不良の原因になります。 マカには、神経の正常な機能を補助する成分が含まれており、自律神経のバランスを整える高い効果があります。 マカは、自律神経の乱れを抑制して肝機能を高く保ちます。 抗酸化作用 抗酸化作用は、活性酸素を中和する作用のことです。 活性酸素は酸化力が非常に強い物質で、日々の呼吸やストレスによって体内で発生します。 活性酸素が体内で過剰になると、肝臓の細胞に酸化ストレスを与えて炎症を引き起こし、肝機能を低下させます。 マカには、ポリフェノールの一種であるアントシアニンや、植物の苦味成分であるサポニンが含まれています。 これらの成分には、活性酸素を中和する強い抗酸化作用があります。 マカは、抗酸化作用をもつ成分の働きにより、活性酸素の悪影響から肝臓を守って肝機能を高く保ちます。 脂質の代謝を補助する マカには、アミノ酸のアルギニン・リシン リジン ・アラニン・プロリンが含まれています。 これらのアミノ酸には、脂質を分解する酵素である「リパーゼ」の働きを活性化する作用があります。 マカは、脂質を代謝する肝臓の機能を高めます。 アンモニアの解毒促進 アンモニアの解毒は、肝臓の重要な機能のひとつです。 マカにはアミノ酸のアルギニン・グルタミン酸・アスパラギン酸が含まれており、これらのアミノ酸にはアンモニアの解毒や体外への排出を促進する作用があります。 マカは、アンモニアの解毒を補助して肝臓の負担を軽減し、肝機能を高めます。 アルコールの代謝促進 マカには、アルコールの代謝を促進する作用のあるアミノ酸のアラニンが含まれています。 また、アルコールの代謝に必要なビタミンB1や、アルコールを代謝する酵素の構成成分である亜鉛が豊富に含まれています。 マカはこれらの成分を身体に補い、アルコールの代謝を補助して肝臓の負担を軽減します。 肝機能の向上によって得られる健康効果 以上のように、マカには肝機能を向上させる高い効果があります。 マカによって肝機能が高まると、さまざまな健康効果が得られます。 その中から代表的なものをご紹介します。 ・肝臓疾患の予防 マカには、肝臓の負担を軽減する効果や肝臓の炎症を抑制する効果があり、肝臓の健康維持に役立ちます。 マカは、肝炎などの肝臓疾患の予防に役立ちます。 ・生活習慣病の予防 肝臓には脂質を代謝する役割があり、肝機能が高まると血液中の脂質が低下します。 血液中の脂質の減少は、高血圧・脂質異常症・動脈硬化といった生活習慣病の予防につながります。 マカは、肝機能を高めて生活習慣病の予防に役立ちます。 ・二日酔いの予防・改善 肝機能が高まると、アルコールの代謝が促進されて二日酔いが起こりにくくなります。 マカは、肝機能を高めて二日酔いの予防・改善に役立ちます。 ・体臭の改善 肝臓は、アンモニアの解毒を行う臓器です。 アンモニアには悪臭があり、肝機能が低下して体内でアンモニアが増加すると、その一部が体外に放出されて強い体臭の原因になります。 また、肝機能が低下して血液中の脂質が増えると、加齢臭が発生しやすくなります。 マカは、肝機能を高めて体臭の予防・改善に役立ちます。 以上のように、マカは肝機能を高めることによってさまざまな健康効果を身体にもたらします。 肝機能を高めて健康な身体を維持したい人は、マカを毎日の生活に取り入れてみることをおすすめします。 関連コラム一覧 マカの関連情報• はじめに• 健康効果• 体力・免疫力• 生活習慣病• 高血圧• 血行・貧血・冷え性• 腰・筋肉・骨• メンタル• 集中力• 美容効果• 男性・女性への効果• 女性への効果• 男性への効果• 毛髪への効果• 買い方• 飲み方• 組合せ・相性 食品・成分• 注意点• 副作用のリスク• 注意したい飲み合わせ•

次の

肝臓・腎臓でうつ病とパニック障害は治る

肝臓 マカ

強く振って開栓すると、内用液が飛び散ることがあります。 販売者名 株式会社宝仙堂 東京都千代田区外神田2-5-14 栄養成分表示 1本(100ml)あたり エネルギー 27キロカロリー たんぱく質 0g 脂質 0g 炭水化物 6. 7g 食塩相当量 0. 09g 価格 1,730円 価格 3,456円 価格 2,920円 価格 3,000円 価格 5,000円 価格 6,048円 価格 6,048円 価格 12,960円 価格 6,804円 価格 3,780円 価格 13,500円 価格 7,020円 価格 3,499円 価格 5,832円 価格 9,600円 価格 6,360円 価格 3,990円 価格 3,240円 価格 5,964円 価格 10,584円 価格 10,584円 価格 19,440円 価格 29,160円 価格 3,456円 価格 10,080円 価格 6,315円 価格 4,860円 価格 7,560円 お支払いについて 配送について お支払い方法は、クレジットカード(VISA、Master、JCB、Diners、Amex)、代金引換、楽天バンク決済がご利用いただけます。 その他、楽天ペイを介してクレジットカード決済や「楽天Edy」などの電子マネー決済、楽天口座決済やペイジー決済などの金融機関利用決済、携帯キャリア決済、店頭端末を利用したコンビニ前払いなどもご利用いただけます。 なお、初回購入の場合は代金引換またはクレジットカードでの決済をお願い致します。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 【配送】 通常便、クール便ともに佐川急便を使用します。 離島を含む一部地域では他の運送便も使用する場合があります。 【海外配送について】 誠に申し訳ございませんが、日本国外への配送は一切承っておりません。 ご了承ください。 【配送希望時間帯をご指定出来ます】 午前中・14時〜16時・16時〜18時・18時〜20時・19時〜21時 ただし時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 当日正午までのご注文分を発送させて頂きます。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 連絡先について 返品について 電話番号:0120-08-3741 住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田2-5-14 店舗運営責任者名:松原 正和 ご注文の返品・交換・キャンセルに関しましては、 をご確認ください。

次の