ジャニーズ オンライン。 ジャニーズがオンラインショップをオープン!

ジャニーズショップ オンラインストア

ジャニーズ オンライン

7月10日、ジャニー喜多川氏の死去を伝えるニュースは大きく報じられた。 (写真=EPA/時事通信フォト) スポーツ紙は致し方ないと思うが、朝日新聞も一面で取り上げた。 「1931年、米ロサンゼルスで生まれた。 10代で、公演で現地を訪れた美空ひばりらの通訳をし、ショービジネスの基礎を学んだ。 その後、日本で、コーチをしていた少年野球チーム『ジャニーズ』からメンバーをスカウトし、62年、同名グループのマネジメントのためジャニーズ事務所を設立した。 70~80年代にかけてフォーリーブスや郷ひろみ、近藤真彦、田原俊彦、少年隊、光GENJIら時代を代表する人気タレントが次々と輩出。 日本の歌謡界で歌って踊れる『男性アイドル』というジャンルを定着させた。 その後、世に送り出したSMAP、TOKIO、V6、嵐などがヒット曲を連発。 マルチタレントとして幅広い世代から支持を集めることに成功した」(7月10日付) どんな偉大な人間にも表の顔と裏の顔がある 翌日の「天声人語」もこう書いている。 「これほど名を知られていながら、これほど素顔を知られぬまま旅立った人も珍しいのではないか。 訃報(ふほう)の写真のジャニー喜多川さんは、帽子をかぶり、サングラスをかけている。 同僚者によると、取材には毎回、撮影不可という条件が付された。 そんな言い回しで知られたが、取材には折り目正しい日本語をゆっくり話し、敬語も丁寧だった。 ジャニーズらしさとは何かと尋ねると、『品の良さ』と答えたという」 すぐにでも国民栄誉賞を与えろといわんばかりの持ち上げ方である。 週刊誌、特に新聞社系がそれに追随した。 「追悼・ジャニーさん そして『伝説』は『神話』へと」(『サンデー毎日』7/28号)「追悼 ジャニーさん、ありがとう」(『週刊朝日』7/26号)。 朝日は表紙に、ジャニーズ事務所のタレントが表紙になった号をズラッと並べた。 中でも『AERA』は、「追悼・ジャニーさん『YOU! やっちゃいなよ』胸に刻んだ」と銘打ち、大特集を組んだのである。 どんな偉大な人間にも表の顔と裏の顔があり、建前と本音がある。 ましてや芸能界という荒海の中で生き抜くためには、清濁を併せ呑む度量が要求されたはずだ。 多角的な視点からジャニー喜多川という人間を見なければ、まっとうな評価はできない。

次の

【ベスト50発表】第3回「好きなジャニーズ」アンケート結果発表 Part2

ジャニーズ オンライン

Say! Say! group 「ジャニーズJr. group 「ジャニーズJr. group 「ジャニーズJr. group 「ジャニーズJr. さあ楽しいゲームが始まります。 それはつまり祭。 例年の如く夏祭りでございます。 group・Lil かんさい 「僕らAぇ! group 「ジャニーズJr. group 「ジャニーズJr. group 関西ジャニーズJr. SNS等へのスクリーンショットの転載を含む、私的使用の範囲を超える無断複製・引用・転載は固くお断りします。

次の

ジャニーズがオンラインショップをオープン!

ジャニーズ オンライン

困ったときに助けてくれるのは人ですから。 (中略)自分の調子がいいときや成功したときは、つい周りのことを忘れちゃうと思うんですけどね、人って。 そうなったら終わりだなって(*1)」 これは2018年に芸能活動を引退し、現在ジャニーズ Jr. の育成などを行う株式会社ジャニーズアイランドの代表取締役社長に就任した滝沢秀明が、15年にある雑誌のインタビューで語った言葉です。 新刊『』(新潮新書)では、日本の芸能界を代表するジャニーズのタレントたちが、いかにして厳しい競争を勝ち抜いてきたのかを、彼らの努力や人生哲学に光をあてることで考察しています。 今回は書籍の中から、ジャニー喜多川の「後継者」と見られている滝沢秀明の項を紹介していきます。 プロフィール 滝沢秀明(たきざわ・ひであき) 1982年3月29日生まれ。 東京都出身。 95年、中学校2年生の時にジャニーズ Jr. バラエティ番組『8 時だJ』や、ドラマ『魔女の条件』『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』などに出演。 2002 年、「タッキー&翼」として CD デビュー。 05年には『義経』で、NHK大河ドラマ史上最年少(当時)23 歳で主演を飾る。 06 年には、新橋演舞場で最年少座長となった『滝沢演舞城』をスタート。 18 年で芸能活動を引退、ジャニーズ Jr. の育成などを行う株式会社ジャニーズアイランドの代表取締役社長に就任した。 貧乏に苦しんだ少年が、希代のスーパースターになっていく。 そして引退し、今度はスターを育てる側にまわる。 その人生には「運命」というものを強く感じます。 滝沢秀明は、ジャニーズ事務所の歴史の中でも、類を見ないスーパーエリートです。 1995年、13歳で事務所に履歴書を送り、約1週間後に「ジャニーさんらしき人」から電話がかかってきてレッスンに呼ばれ、その2週間後には KinKi Kids のバックで踊ることに。 さらに、半年後には『木曜の怪談〜怪奇倶楽部』というドラマの主演を務めます(*2)。 そのスピードは後輩の山下智久が「タッキーは特別なことが普通(*3)」と語るほど。 しかし滝沢は、積極的にアイドルを志していたわけではありません。 応募は自らしたものの「どこでもよかったんですよね。 とにかく何かやらなきゃいけないなと思っていたら最終的にジャニーズ事務所にたどり着いた(*3)」と語ります。 実は滝沢の家は、幼少期に父親が出ていってから、母親ひとり子ども3人となり、生活には苦労したようです。 服が買えずに、冬でも同じタンクトップと短パンで学校に通い、鉛筆や消しゴムも落とし物を自分のもののフリをして拝借しなければならないほど。 中学に入った時にはすでに、自立すること、働くことを考えていた滝沢の最初の憧れはプロレスラー。 しかし、プロレス団体に問い合わせ入団条件を聞くも、身長も体重も足りないと言われて断念(*2)。 他の芸能事務所にも応募をしていたといいますが、一番先に返事が来たジャニーズ事務所のオーディションを受けます(*3)。 『』(新潮新書) 同じ日にオーディションを受けていた今井翼は、「目つきが人と違った」と振り返っていますから、その時点で、覚悟が出来上がっていたのかもしれません(*3)。 「人生が 180 度変わった(*3)」「ジャニーズに拾われなければ今の自分は想像できない(*3)」と、謙遜する滝沢ですが、滝沢の加入とその後の奮闘によってジャニーズ Jr. の存在は激変しました。 それまではバックダンサーが大きな役割だったのを、単独でコンサートを行い、ゴールデンを含む冠番組が3つも存在する、一大人気ユニットにまで変化したのです。 黄金期」と呼ばれる時代を作り上げたのが滝沢秀明なのです。

次の