ガーミン 45s。 ガーミン45おすすめアイテム6選!抜群の操作性でランニングをサポート!

ガーミンのウォッチフェイスのおすすめ5選!ウォッチフェイスの変更方法も紹介!

ガーミン 45s

GPSランニングウォッチ最大手であるガーミンのフォアアスリートシリーズから、最新モデルの「45」・「45S」が2019年8月1日(木)に発売されました。 ガーミンフォアアスリートシリーズは、エントリーモデルが2桁型番、200番台が中級モデル、600、700、900番台が上級モデルです。 型番の2桁目(10の位)はヴァージョンの違い、1桁目(1の位)は0が心拍計なし、5が心拍計ありを示しており、今回発売の45と45Sは35Jの後継モデルと言えます。 35までついていたJはJAPANを意味していたと思われますが、そもそもフォアアスリートは日本版であることからか、最近のモデル(245・645・645music・935・945)からはJがつかなくなっています。 ちなみに海外版はフォアランナーという名称で、以前はフォアアスリートよりフォアランナーの方が安いというメリットがありましたが、最近では価格的優位性もないため、普通にフォアアスリートシリーズを選んだ方が良いと思います。 話は戻って、45の機能について35Jや245と比較して書いていきたいと思います。 まず、位置情報はGPS・みちびき・GLONASSの他、GALILEOまで対応となりました。 みちびきは日本版、GLONASSはロシア版、GALILEOはヨーロッパ版のGPSです。 (35JはGPSとみちびきのみ対応) 次に稼働時間ですが、GPSと光学式心拍計を稼働させた状態で最大11時間と、35Jの13時間から後退してしまいました。 これは35JがGPSとみちびきのみ対応で45と45SがGLONASS・GALILEOまで対応しているからと思われます。 日本国内で走る上で、GALILEOがどこまで有効かはわかりませんが、2ケタ番台のエントリーモデルにまで搭載されたということは、今後はGALILEOまで対応するのがガーミンのスタンダードとなることを意味していると思われます。 その他の基本的な機能として、35Jにも搭載されていたBluetoothやスマホ通知、光学式心拍計は搭載されており、garmin payが搭載されていない点も同じです。 新たに追加されたのがセーフティ機能です。 これは、身に何か起こった時に、時計がその衝撃を感知し、予め登録した連絡先へ位置情報とともにメッセージを送るというものですが、スマホとBluetoothで接続している必要があるため、スマホ不携帯では使えないこと、また「身に何か起こった時」というのがどういう判定でされるのか不明なため、使える機能かは微妙なところです。 さらにバイクやトレッドミルには対応するようになりましたが、スイムには非対応なのでマルチスポーツモデルと言えるかは微妙です。 また、ランニング中の上下動や上下動比、地面に接地した時間やバランス、ストライドなどのフォーム解析を行うことができるランニングダイナミクス機能は非搭載です。 45Sについては、上記した45と基本的な機能は同じで、異なる点は重量です。 45も重さは36gと軽量ですが、一回り小さい45Sは32gとガーミン最軽量モデルです。 45・45Sともに35Jの後継モデルというよりは245の下位モデルと言った方がしっくりするような機能のモデルです。 (245について詳しくは) 価格はともに定価で24,800円ですが、エントリーモデルとしてはもうすこし機能を絞って低価格でも良かったのではないかな?と思います。 心拍計なし、位置情報もGALILEO非対応、スマホ通知なしで20,000円を切るモデルがあれば需要は高いと思うのですが、いずれも今後は標準装備になりそうです。 とはいえ、この価格は245と比較してもお買い得なのは確かです。 そんなに多くの機能はいらず、距離がわかればよく、ウルトラマラソンやトライアスロンはやらないというランナーにはおすすめです。 また、女性や非力なランナーには45Sが良いでしょう。 その他のガーミンフォアアスリートシリーズについて、もっと詳しく知りたい方はを参考にしてください。

次の

ガーミン45、45S 最軽量のフォアアスリート徹底レビュー【20のポイントを解説】

ガーミン 45s

手頃な価格でランニングを始めたい! ガーミン入門におすすめ!入門といっても得られるデータは本格的。 データを使ったトレーニングを始めてみたい方に最適なハイコストパフォーマンスモデル!! ForeAthlete 230J 25,080円 税込 日常でも使えるコンパクトでスタイリッシュなデザインのものが欲しい! 使い勝手のいいサイズと先進のトレーニング機能とライフログ機能を持ったコスパ最強モデル! 45Sは軽くてコンパクトなので女性にもおすすめ! Foreathlete 45S 27,280円 税込 スマートウォッチを使ってみたい! まずは使ってみたいという方にはこれ!自分の残りのバッテリーから心拍数までスマホより確実で正確なデータが取れます!普通の腕時計との2個付にもおすすめ! vivsmart 4 18,130円 税込 水泳・スイムの時も手軽に色々計測したい! 屋内、屋外でスイム計測が手頃な価格で!GPSウォッチ初の水陸両用光学心拍計で水中でも心拍数が測れる!トライアスロン入門にもおすすめ! Swim 2 32,780円 税込 一歩進んだトレーニングでライバルに差をつけたい! ランニングダイナミクスの計測やGarminコーチで自己ベストの更新を!245Mはスマホがなくても音楽が聞ける! Foreathlete 245 38,280円 税込 スマートウォッチらしくないおしゃれなものがほしい! 一見ただの腕時計。 「どうせ買うなら高級で最高のモノ!」という方におすすめ! マルチスポーツへの対応からファッション性まで死角ナシ。 機能も素材もプレミアムな究極のガーミンウオッチ! fenix 6 Sapphire 110,000円 税込• 5mm 45mm 45mm 42. 3mm 42. 3mm 42. 5mm 42. 4mm 15 x 10. 5mm 21 x 10. 9mm 39mm 44mm 42mm 42mm 42mm 42mm 40mm 45. 1mm 43. 硬度が高く傷がつきにくい。 画像のブレが生じにくく、くっきりした動画像を再生できる。 4 x 47. 6mm 43. 4 mm 外周:124-197mm 42 x 42 x 11. 4 mm 外周:124-197mm 39. 5 x 39. 5 x 11. 4 mm 外周:124-185mm 45 x 45 x 11. 7 mm 45 x 45 x 11. 7 mm 42. 3 x 42. 3 x 12. 2 mm 外周:127-204mm 42. 3 x 42. 3 x 12. 2 mm 外周:127-204mm 42. 5 x 42. 5 x 13. 5 mm 42. 5 x 42. 5 x 13. 5 mm 47 x 47 x 13. 9 mm 47 x 47 x 13. 7 mm 外周:130-220 mm 47 x 47 x 13. 7 mm 外周:130-220 mm ディスプレイ 直径 1. 04インチ(26. 3mm) 直径 1. 04インチ(26. 3mm) 直径 1. 04インチ(26. 3mm) 直径 1. 23インチ(31. 1mm) 直径 1. 23インチ(31. 1mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 解像度 208 x 208 ピクセル 208 x 208 ピクセル 208 x 208 ピクセル 215 x 180 ピクセル 215 x 180 ピクセル 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル ディスプレイタイプ 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 重量 36 g 36 g 32 g 41 g 42 g 38. 5 g 38. 5 g 42. 2 g 42. 数分歩くことでリセット) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 自動ゴール設定(アクティビティレベルを学習して、歩数目標を毎日設定) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 スリープモニタリング(合計睡眠時間、レム睡眠、ノンレム睡眠を監視) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 消費カロリー 心拍ベース 〇 〇 〇 あり(要互換アクセサリ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 上昇階数 - - - - - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 移動距離 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 週間運動量 〇 〇 〇 - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 TrueUp 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 Move IQ 〇 〇 〇 - - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 フィットネス年齢 - 〇 〇 - - あり(アプリ内) あり(アプリ内) あり(アプリ内) あり(アプリ内) あり(アプリ内) あり(アプリ内) あり(アプリ内) Body Batteryエネルギーモニター 〇 〇 〇 - - 〇 〇 - - - 〇 〇 ストレスレベル計測 〇 〇 〇 - - 〇 〇 〇 〇 - 〇 〇 心拍計機能 心拍ゾーン 〇 〇 〇 あり(要互換アクセサリ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 HRアラート - 〇 〇 あり(要互換アクセサリ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 HRカロリー 〇 〇 〇 あり(要互換アクセサリ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 最大心拍(HR max)% 〇 - - - - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 予備心拍数(HRR)% - - - - - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 リカバリータイム - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 自動最大心拍数 〇 - - - - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 HRVストレステスト(静止状態での心拍数の変化を3分間測定して予測されるストレスレベルを表示。 4 mm 外周122-188mm ラージ 19x9. 4 mm 外周148-215mm レギュラー 15 x 10. 5 x 197 mm 外周122-189mm ラージ 15 x 10. 5 x 223 mm 外周148-215mm レギュラー 21 x 10. 9 x 197 mm 外周122-188mm ラージ 21 x 10. 9 x 223 mm 外周148-215mm 39 x 39 x 10. 9 mm 外周110-175 mm 44 x 44 x 11. 3 mm 外周125-190 mm 42 x 42 x 11. 9mm 外周125-190mm 42 x 42 x 11. 9mm 外周125-190mm 40 x 40 x 12. 7mm 外周110-175mm 45. 1 x 45. 1 x 12. 8mm 外周135-200mm 43. 2 x 43. 2 x 12. 4mm 外周125-190mm 45 x 45 x 15. 3 mm 外周132-224 mm 45 x 45 x 15. 3 mm 外周132-224 mm 45 x 45 x 15. 3 mm 外周132-224 mm ディスプレイサイズ 0. 43 x 0. 43インチ(11 mmx11 mm) 0. 26 x 0. 70インチ(6. 6 mm x 17. 7 mm) 0. 38 x 0. 76インチ(9. 6 mm x 19. 2 mm) 0. 35 x 0. 72インチ(8. 9 mm x 18. 3 mm) 0. 35 x 0. 72インチ(8. 9 mm x 18. 3 mm) 0. 94 x 0. 73インチ(24. 1 mmx 18. 7 mm) 0. 94 x 0. 73インチ(24. 1 mmx 18. 7 mm) 1. 1 x 1. 1インチ(27. 9 mmx 27. 9 mm) 1. 3 x 1. 3インチ(33 mmx 33 mm) 1. 2 x 1. 2インチ(30. 4 mmx 30. 4 mm) 2ウィンドウ 0. 9 x 0. 9インチ(23 mm x 23 mm) 2ウィンドウ 0. 9 x 0. 9インチ(23 mm x 23 mm) 2ウィンドウ 0. 9 x 0. 5 g レギュラー:24. 1 g ラージ:27 g レギュラー:24. 1 g ラージ:27 g 38. 6 g 46. 1 g シリコンバンド:42. 0 g ナイロンバンド:35. 0 g レザーバンド:55. 5 g ミラネーゼバンド:86. 0 g 40 g 50 g 46. 8 mm 42 x 42 x 13. 8 mm 47 x 47 x 14. 7 mm 47 x 47 x 14. 7 mm 51 x 51 x 14. 9 mm 51 x 51 x 14. 9 mm ディスプレイ 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 3インチ(33. 02 mm) 直径1. 3インチ(33. 02 mm) 直径1. 4インチ(35. 56 mm) 直径1. 4インチ(35.

次の

一目でわかる!ガーミンGPSランニングウォッチの違いを徹底比較

ガーミン 45s

ランニング用GPS内蔵ウォッチでフルマラソンもOK• 軽くて重さが気にならない• バッテリーはGPS稼働で11時間。 スマートウォッチモードで7日間• GPSでランニングの距離、スピード、ペース、消費カロリーを計測• 光学式心拍計で心拍数を常時計測• ランニング用GPSウォッチでは最も手頃な料金• スマホと連動可能で、アプリの通知を受けたり、LINEやメールのメッセージを読める• ライフログでは歩数、距離、カロリー、睡眠時間と質をモニタリング• ウォッチフェイスから画面を変更可能• 防水5ATMでお風呂・シャワー時つけたままでOK• カラーバリエーションは4色展開• 市場価格は24,000〜26,000円• GPS捕捉時間は5〜30秒• Blackは黒で統一されていてスーツにも合う• シンプルデザインで格好 Apple Watchより断然軽い。 ランニング用なら重さは1mgでも軽い方が良い。 スマートウォッチモードで最大7日間• ランニングGPS使用で最大11時間• 充電頻度はGPS使用時間にもよるが、4・5日一回すればOK スマートウォッチモードで最大7日間 スマートウォッチモードでBluetoothを使ってスマホと接続した状態で使用を続けて最大7日間持ちます。 ランニングGPS使用で最大11時間 ランニングで GPS計測をしながら、最大11時間連続使用可能です。 11時間なので、フルマラソンでも電池切れを起こさず計測可能です。 ウルトラマラソンやトレイルの長いレースでは11時間だと電池が持たないので、そういった使用を想定している場合は、ガーミン ForeAthleteの上位機種がおすすめです。 シャワーを浴びているときに充電してあげれば、ほぼフルになります。 充電頻度はGPS使用時間にもよるが、4・5日に一回すればOK 毎日1時間のランニングで使用して4・5日に一回充電する感じです。 もちろん長い距離をランニングで使用すれば、その分バッテリーの消費は早くなります。 充電ケーブル 充電は差し込むタイプのケーブルに変更されました。 45より前の機種ではクリップタイプが採用されていた。 みちびきは日本の真上にある衛星なので、常に測位を補ってくれます。 ForeAthlete 645や245と同時使用しても、ほとんど誤差がなかったです。 捕捉速度 GPS捕捉速度は空が見通せる屋外で5秒〜30秒ほど。 ガーミン ForeAthlete 245 musicとほぼ同じ速さで捕捉可能です。 アプリ上でストレスレベルの詳細がみれます。 ボディバッテリー ボディバッテリーは体の充電量がわかるスコアです。 数値は0〜100までで表示され、100に近いほど元気でエネルギーに満ちていることを示しています。 睡眠でボディバッテリーは回復し、昼間の活動で減っていきます。 自分がどれくらい行動しているか、休息・睡眠が必要かが、数値でわかります。 消費カロリー 過去1週間の消費カロリーが表示されます。 睡眠時間と質 睡眠に関しては、ガーミンコネクトを使ってスマホアプリ上で確認ができます。 過去の睡眠時間や内容がアプリ上でずっと記録され残っていきます。 睡眠時間と睡眠の内容(深い眠り・浅い眠り・レム・起床)、入眠時間と起床時間を記録します。 ボディバッテリー• ガーミンコーチ• セーフティトラッキング機能 ガーミンコーチ ガーミンコーチを使うと練習メニューを支持してくれます。 セーフティトラッキング機能 万が一ランニング中の事故でもあらかじめ登録しておいた緊急連絡先へ、現在地と事故が起きたことをメッセージで送信してくれる機能。 ただし、スマホとの連動が必要なので、スマホを持ってランニングしていないと使えない。 ガーミン ForeAthlete 45と45sの違い ガーミン ForeAthlete 45と45sの違いはサイズの違いになります。 45がノーマルサイズ、45sが一回り小さなサイズになります。 機種 直径 重量 ガーミン ForeAthlete 45 42mm 36g ガーミン ForeAthlete 45s 39. ランニング用ウォッチを探している• ガーミンの安価なモデルを探している• 複雑な機能は要らない• ファンランを楽しみたい• フルマラソン用のランニングウォッチが欲しい ガーミン最新機種なので、機能が充実していて、デザインも使いやすく、購入しやすい価格。 初めてのランニングウォッチ、スマートウォッチにぴったりの一本です。

次の