キン肉 マン 308。 キン肉マン308話ネタバレ&感想 サタン様の時代はもう終わったのだ!?

キン肉マン309話「サタン的祝祭儀式!」の巻感想

キン肉 マン 308

世間様は天皇誕生日の振替休日ということで休みなのだが、キン肉マンは普通に更新されてた。 実はこのブログ、仕事の昼休みに書いてる関係上、休みの日の方が更新が遅れるのだ。 仕方ないね。 さて、今週のキン肉マンだけど、ジャスティスマンが大活躍である。 横綱相撲というのはこういうことを言うのか、と圧倒し続ける感じ。 個人的に爆笑したのは、サタンが長台詞を始めたところ。 ここで、ジャスティスマンは台詞を最後まで聞かず、途中でハイキックをぶち込むのだ! 普通は最後まで喋らせてくれるだろう…。 (web版5〜6頁。 人の話を聞かないマン!) そんなこんなで追い詰められたサタンはジャスティスマンの体を乗っ取ろうとするのだ。 僕なんかは、「あぁ、これで体を手に入れたサタンが今度こそ強敵になるんだな…」と思ったよ。 ドラゴンボール で言えば、悟空がギニューに体をチェンジされるようなもの。 しかし、これをジャスティスマンは問題せず跳ね除ける。 その上でこの煽り。 (web版14頁。 我は邪心のない正義マン!) やはり、ジャスティスマンはマイクパフォーマンスもできるんではないか! トドメに、天秤がジャスティスマン側に傾いた、つまりサタンよりジャスティスマンのが罪深かったという点について解説。 なんでも、サタンのようなクズを放置し続けていたことに「 果てしない罪悪感」を抱いていたためだという…。 なんだよ、この「果てしない罪悪感」って。 言い過ぎじゃないのか? (web版16頁、果てしなき罪悪感!) で、締めにジャスティスマンが必殺技、ジャッジメントペナルティを繰り出して今週は終わり。 このジャッジメントペナルティはまさしく必殺の技だけどこれを耐えられたら「二重処罰の禁止」とかいう謎ルールによりジャスティスマンは追撃が出来ない。 そういう意味では、「まだ3週目だぞ? もう出しちゃっていいんですか?」みたいな気持ちになる。 ま、今回に限り二重処罰だろうがなんだろうが、クズへの制裁ということで追撃してもいいのかも。 ところで、今日の更新日は休みだったので恋人と一緒に過ごしてた。 全くキン肉マンを読んだことのない彼女に今週のキン肉マンを読ませてみたら、「えっ、何この人…? 全然人の話を聞かないじゃん。 」とジャスティスマンの試合態度にドン引きしていた。 やっぱりジャスティスマンはやべーわ。 人の話聞かないマンだわ。

次の

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第308話 揺るぎなき正義!!の巻 サタン様今週もひどい扱いをされる【ネタバレあり】

キン肉 マン 308

Sponsored Link キン肉マン308話ネタバレ 揺るぎなき正義!! 絶対悪に正義は砕かれない!! サタンの技をまともに食らうも、すました顔をしていたジャスティスマン。 技を外し立ち上がったが、やはり効いていたのか吐血する。 しかし…たかがそれだけだ 痩せ我慢?偽りのポーカーフェイス? サタン怒りの攻撃! 天秤に測られた両者の罪は、彼の側に傾く! やはりジャスティスマンは、心の内ではサタンに恐れおののいているのか?彼の余裕はただの虚飾にすぎないのか? しかしここから反撃! 裁きの技3連発が始まる! ジャッジメントクラァーッシュ! ジャッジメントツイストーッ! ジャッジメントアヴァランチャーッ! サタン実体化の理由を問うジャスティスマンだが、彼には大方の予想はついている模様。 絶体絶命のサタンだが、彼にはまだ手段がある… 大魔王の名に懸けて…まだ終わらない!! 次回、劣勢極まるサタンの次なる策とは…!? キン肉マン308話感想 サタン様の次なる手段を予想する ジャスティスマンに憑依…というのが定石なのですが、それは出来ないと言っていますからねえ? できない(やめた?)のはアリステラのことで、他の者なら可能なのでしょうか。 しかし自分より強い者の体を乗っ取るというのも変ですし。 こうなったらあれですね。 あれしかないです。 逃げるんだよオオーーーッ!! 昔の漫画かおまえは(笑) 大魔王の手段・策が「逃げる」というのは、考えにくいことではあります。 しかしそもそも、彼の実力が考えにくいほど弱いということも事実であります。 実力は出し切れていないのでしょうね。 実体化したのもそれに関連しているのでしょう。 肉体に負荷をかけてパワーアップみたいなことを始めるのでしょうか? これも昔の漫画のネタですね。 キン肉マンなのだから、それでいいのか。 仲間を呼び寄せる、というのはあるかもしれません。 最近単行本を読み返したのですが、オメガのシリーズの冒頭にサタンが登場していたのですね。 依り代を探すというようなことも言っています。 今の展開は、初期からの構想だったのでしょう。 キン肉マンといえば行きあたりばったりで、構想とか伏線とは無縁の漫画だと思っていました。 ストーリーが込み入ってきた感はあるものの、勢いが削がれたというわけでもありません。 これからも楽しみです。

次の

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第309話 サタン的祝祭儀式!!の巻 サタン様ボロクソの扱いのまま終わりそう【ネタバレあり】

キン肉 マン 308

塩試合のプロ,ジャスティスマンとサタンの試合もいよいよ佳境である。 試合が始まってからわずか2週くらいしかたっていない気もするが・・・。 308話「揺るぎない正義!! 」であるが,本当に ジャスティスマン揺るがない。 冒頭,サタンの必殺技,サタニックソウル・ブランディングで吐血してかるいダメージ描写はあったけれど,それでもたいしたダメージじゃないっぽい。 ダメージが入っている描写があると,「あぁ,ジャスティスマンも生身なんだな」と思うものの,それでもタフすぎますね。 今週でもジャスティスマンは淡々と攻め続け,サタンは狼狽しつづけるのだけど個人的に心に刺さったのが,互いに片足タックルをしているところ。 まずはジャスティスマンが「ハワー!」とどことなく間が抜けた叫びとともに片足タックルをしかけると,サタンはダウンしてしまうわけだ。 (9頁,ハワー!) 一方で,サタンが片足タックルをしかけてもジャスティスマンは微動だにしない。 この1コマだけを切り取ると, まるでサタンがジャスティスマンに頭を下げ,すがりついているようにすら見える。 ジャスティスマン,圧倒的な貫禄である。 (13頁,動かざること正義のごとし) 体格だけを見ると,サタンはジャスティスマンより1まわりどころか2まわりは大きい。 それでも,サタンはジャスティスマンを倒すことができない。 この対比を見るにつけ,ジャスティスマンの強さが際立つ。 そんで,ジャスティスマンの必殺技,「ジャッジメント・アヴァランチャー」がサタンに炸裂して今週はおしまい。 ただ,気になる点が3つほどある。 1つは,ジャスティスマンの天秤が,サタンではなくてジャスティスマンの方に傾いたということ。 なんだか分からんが,罪深い方に傾くそうなので,ジャスティスマンに何か問題があるのかもしれない。 2つは,サタンの身体にヒビが入ってきているところ。 やはり,サタンのダサい体はオーバーボディなのではないか・・・。 3つに,サタンが依り代を無視して実体化したところ。 サタンの描写を見る限り,小物感があるし,なにより臆病だ。 ザ・マンを倒すため自らの体を鍛えるのではなく,依り代を探すとか,勝てる試合しかしないようなやつだと思う。 ヒビ割れた体の下から真の姿が・・・とかあるかもしれない。 Twitterやら2ちゃんではロビンが依り代になっているのではないかとも言われてるが,そうだな,僕はキン肉タツノリが来ると予想しておこうか。 マッスルスパークも火事場のクソ力も使えるんだし,かなりの強豪だろうて。

次の