ソフトバンク(9434)。 ソフトバンク (9434) : 株価/予想・目標株価 [SoftBank]

モーニングスター [ PTS価格 ソフトバンク株式会社 ]

ソフトバンク(9434)

PTSマーケット情報はジャパンネクスト証券株式会社から情報提供を受けています。 PTSマーケット情報に関する知的財産権はジャパンネクスト証券株式会社に帰属します。 技術的不可避な理由によってPTSマーケット情報伝達の遅延や中断が生じたり、ジャパンネクスト証券株式会社の事由によりマーケット情報の変更がある可能性があります。 当社およびジャパンネクスト証券株式会社は、PTSマーケット情報の正確性及び信頼性を保証するものではありません。 また、この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および情報提供元は一切の責任を負いません。 掲載するPTSマーケット情報は閲覧者自身のみ利用するものとし、第三者に提供することを禁じます。 PTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報を閲覧している端末機以外の媒体への転載を禁ずるとともに、PTSマーケット情報の蓄積、編集及び加工等、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 当社のウェブサイトにおいて掲載するPTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報は、参考情報であり、投資等の勧誘を目的にしたものではなく、いかなる有価証券の価値を保証するものではありません。 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の

ソフトバンク(株)【9434】:株式/株価

ソフトバンク(9434)

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

ソフトバンク<9434>の株価は今後どうなる?売出価格1500円を突破できるのか?

ソフトバンク(9434)

は、上戸彩さんやお父さん犬のCMでおなじみの携帯会社です。 ソフトバンクグループ SBG を親会社とする企業集団に属し、2018年10月31日現在、同社、子会社106社、関連会社37社および共同支配企業4社により構成されています。 (目論見書より) 同社グループは、通信事業のさらなる成長を目指すとともに、そのプラットフォームを活用しながら、運用資産において10兆円の規模を有する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」や、グローバルに半導体の知的所有権を持ち世界有数のテクノロジー企業であるArm Ltd. を傘下に有する「戦略的持株会社」であるソフトバンクグループ SBG との協働により、新たなビジネスを育成し、企業価値の向上を目指します。 「SoftBank」ブランド 最新のスマートフォンや携帯端末、大容量データプランを求めるスマートフォンヘビーユーザー向け高付加価値ブランド。 mobile」ブランド 格安スマートフォン市場の拡大に対応し、ライトユーザーや月々の通信料を抑えることを重視する客向けのスマートフォン、Pocket Wi-Fi等を提供するブランド。 「LINEモバイル」ブランド メッセンジャーアプリ「LINE」等の主要SNSの使い放題プランを特徴とした、若年層向け仮想移動体通信事業者ブランド。 オンライン中心の取り扱い。 調達金額が 2. 6兆円を超える超大型IPOになります。 全株売出でソフトバンクグループ(SBG)が保有する株式の36. 8%が市場に売り出されます。 ソフトバンクの時価総額は7兆円を超える見込みです。 NTTドコモは9. 6兆円、KDDIは6. 2兆円。 8% 公募株数 0株 売出株数 1,603,693,700株 吸収金額 26,460. 9億円 O. 売出し比率は国内が89%、海外が11%になります。 売出元であるソフトバンクグループジャパンには、 180日間のロックアップ(自由に売却できない)がかかっています。 証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分 主幹事 32. 70% 519,206,800株 519,206口 主幹事 18. 04% 286,381,700株 715,954口 主幹事 14. 43% 229,105,300株 229,105口 主幹事 14. 43% 229,105,300株 229,105口 主幹事 6. 64% 105,460,600株 738,224口 主幹事 11. 27% 178,988,500株 178,988口 0. 69% 10,962,300株 10,962口 0. 69% 10,962,300株 10,962口 0. 52% 8,325,800株 8,325口 0. 43% 6,799,400株 0口 0. 06% 971,300株 0口 0. 03% 555,000株 5,550口 0. 03% 555,000株 3,885口 0. 「市場:東証一部」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。 80%、倍率:0. 95倍)• 18%、倍率:1. 18倍)• 26%、倍率:0. 96倍)• 48%、倍率:1. 48倍)• 00倍) ソフトバンクの株主優待 11. 22追記。 まだ株主優待に関する情報は発表されていません。 上場後に発表されるかもしれませんね。 親会社のソフトバンクグループ(SBG)が発行している、 利用料金が割引になる株主優待は、そのままソフトバンクで利用できそうです。 おそらく、ソフトバンクも 個人投資家獲得のため、株主優待を発行すると思われます。 上場日 企業名 市場からの調達金額 当選口数 初値売りによる利益 2018年12月19日 (9434) 2. 6兆円 1,427万口 - 2018年6月 (4385) 1,306億円 19万口 20万円 2017年12月 (9143) 1,276億円 71万口 2万8千円 2016年10月 (9142) 4,160億円 120万口 5万円 2016年7月 (3938) 1,328億円 35万口 16万円 2015年11月 (6178) 6,930億円 495万口 23,100円 2015年11月 (7182) 5,980億円 412万口 23,000円 2015年11月 (7181) 1,452億円 66万口 72,900円 ソフトバンクの初値予想は控えめに 過去の大型案件の実績を考慮し、ソフトバンクの初値予想を設定しました。 7 追記。 大規模な通信障害をうけ、総務省が行政指導を検討しています。 なお 国内にIPOが約9割まわり、大半は個人投資家に配布されます。 その個人投資家に動揺が広がっていますので、初値予想を 1,450円 ~ 1,550円に引き下げました。 11月19日 予想修正。 目論見書の想定仮条件は1,500円です。 初値予想は 1,450円 ~ 1,650円• 2018年12月7日のより 投資家の申し込みが殺到するもっとも重要な局面で想定外の事態が起き、個人投資家の一部で購入をキャンセルする動きが出ている。 現時点で19日の上場スケジュールに変更はなさそうだが、ソフトバンクが緊急で機関投資家向けに電話会見を開くなど、混乱回避に躍起になっている。 (中略) 今回の上場は国内で約9割が売り出される。 金額は2兆円を超え、その大半が個人投資家に販売される。 (中略) 19日の大型上場を滞りなく終えるために、ソフトバンクも主幹事証券も投資家の不安を和らげるの必死だ。 ただ個人投資家からは「説明責任が十分に果たされていない」との声も上がる。 上場当日まで気の抜けない時間が続く。 by 「」より なお、スウェーデン通信機器大手エリクソンの交換設備でソフトウエアに異常がきたし、ソフトバンクの通信障害が発生しました。 同社の通信機器はNTTドコモやKDDI auも使っているそうですが、トラブルを起こした機器がなかったようです。 予想の下限と上限を拡大しました。 下限を拡大したのは、損失のリスクもありますよ!と知って頂きたいからです。 上限を拡大したのは、TVCMが投入されていることと、配当利回りの良さが好感されているためです。 参考までに 評価は下記を考慮して、 公募割れのリスクもある「C」に設定しました。 プラスポイント• 知名度 抜群。 配当性向は85%と高い。 上場会社の平均は30%。 配当利回りは5%と高い。 東証1部の平均は約2%。 業績が好調なこと。 マイナスポイント• (12. 7追記)6日に大規模な通信障害が発生し、個人投資家の買い控えが起きそうなこと。 (12. 7追記)SBと提携関係にある中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部がカナダで逮捕されたこと。 市場からの調達金額が2. 6兆円と非常に大きいこと。 予想PERは17. 1倍と割高(NTTドコモは13. 7倍、KDDI auは9. 6倍)• 市場で敬遠される親子上場であること。 IPO人気が非常に高い「」と同日上場。 事業の将来性については賛否があります。 親会社の投資事業は成功していますが、将来的には分からないなど。 読者の方より 「評価Cは変わることはないの?」と、ご質問を受けました。 評価は変わる可能性があります。 (変わった際は追記します) 2015年の日本郵政グループのIPOが、今回のソフトバンクに近いです。 日本郵政三社が上場する際も「規模が大きすぎる!」「親子上場だ!」「目新しい事業でない!」「下落は確実だ!」とネガティブな声が多く聞こえました。 最初の評価は公募割れリスクがある「C」でしたが、配当利回りの高さが見直され、ブックビルディングの申し込みも好調なことから、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の評価は中立の「B」へ見直されました。 調達金額の大きさはケタ違いですが、状況的には似ています。 IPOが上場すると、IPOで手に入らなかった株式を求めて買い注文が発生するわけですが、このような規模だとIPOに落選する方が難しい気もします。 (誰かが買わないと株価が上がらないわけですが) 個人的には話題性が高い平成最後の大型IPOとなりますので、ブックビルディングに申し込んで当選を目指したいと思います。 参考までに ソフトバンクの将来性や親子上場については、文字数が非常に多くなりましたので別ページで紹介しています。 また、各証券会社で見られる目論見書よりも、有価証券報告書を閲覧できるWebサイトで見るのをおすすめします。 ソフトバンクの公開情報が、カラーでイラストも入っているので見やすいです。 配当金が魅力 上場規模や将来性を考えると、懸念事項はありますが、ソフトバンクが目指す 配当性向は85%と、上場会社の平均である30%より高いです。 想定価格の1,500円から算出した 配当利回りは5%になります。 (NTTドコモは4. 3%、KDDIは4. 1%) 東証1部平均である約2%や同業他社より配当利回りが高いので、配当金目当ての投資家による株式の入れ替え(買い替え)も起きそうです。

次の