脳血管性 認知症 測定。 糖尿病・メタボリック・シンドロームと認知症予防

脳血管性認知症の原因、症状、治療法 — みんな健康

脳血管性 認知症 測定

脳血管性認知症の診断には、いくつかの基本的な要件を満たす必要があります。 認知症の症状としての精神的な能力の低下を測定するために、医師はさまざまな検査と質問を行います。 身体検査の一環として、血管の問題や特定の病歴、そして脳血管疾患の発症履歴があるかを確認する必要があります。 専門医は、を使い、考えられる脳の損傷を観察します。 脳卒中は、脳血管性認知症を引き起こす可能性がありますが、脳卒中のすべてが脳血管性認知症を引き起こすわけではありません。 また脳血管性認知症は、血管に影響を及ぼす他の障害によって発症する可能性もあります。 その中でも、は、脳血管認知症の原因となることが多くあります。 認知症にはいくつかの危険因子があります。 糖尿病• 高血圧• コレステロール値が高い• 喫煙習慣 これらの危険因子は、脳血管性認知症のリスクを高めますが、これらをコントロールすることで、発症率を軽減する効果が期待できるでしょう。 症状 脳血管性認知症の症状は、血流が低下した脳の領域がどこかによって異なります。 一般的な症状は、他の認知症と似ています。 初期の段階では、患者が混乱して集中力が低下することがあります。 その結果、 思考をまとめる力が低下し、記憶の欠如などが症状の一つとして現れるでしょう。 一般的な症状は次のとおりです。 おぼつかない足取り• 排尿のコントロールができない• かつて簡単だった作業の実行が困難になる• 言語の問題• 気分や性格の変化• 社会的能力の喪失• うつ病• 睡眠障害• 幻覚または妄想。 と、症状はより明白で。 症状は次第に悪化します。 脳血管性認知症を発症すると、最終的には自分では日常生活を送ることができなくなります。 こちらもご覧ください: 脳血管性認知症の予防法 血管の健康を維持しながら、正常な血圧を保つことがその第一歩です。 また、し、糖尿病を発症している場合は正しい方法で制御することが大切です。 健康的でバランスの良い食事と定期的な運動が、予防の重要な鍵を握ります。 喫煙は血管を損傷するため、禁煙をしましょう。 さらに、ことで、脳卒中が起こるリスクを軽減するのに役立つため、正しい食生活の維持が重要です。 脳血管性認知症には効果的な治療法がないため、一般的には、発症の危険因子のコントロールに焦点を当てます。 こちらもご参照を: 脳血管性認知症の診断法 脳血管性認知症は、 患者に脳卒中の発症歴があるのか、そして心臓や血管の病気や持病があるかなど、血管の問題によって引き起こされている可能性を元に診断されます。 正しい診察を行うために、血液検査を行います。 血液検査では、コレステロールと血糖値に焦点を合わせ、貧血やその他の状態も調べます。 さらに、頸動脈の超音波検査も行って総合的な診断を行います。 神経心理学的な検査は、のに役立ちます。 専門医は、患者の話し方、書き方、そして数字を扱う能力などから診断します。 脳血管性認知症に苦しむ患者は、 様々な問題の分析が難しくなりますが、アルツハイマー病の患者と比べて、学習や情報の記憶には、さほど苦労しません。 Kalaria, R. , Akinyemi, R. 2016. Stroke injury, cognitive impairment and vascular dementia. Biochimica et Biophysica Acta, 1862 5 , 915. BBADIS. 2016. 015• Mitchell, S. 2015. CLINICAL PRACTICE. Advanced Dementia. The New England Journal of Medicine, 372 26 , 2533—2540. dementiacarecentral. svneurologia. pdf• mayoclinic.

次の

【対策できる】脳血管性認知症とは?(症状・原因)|みんなの介護

脳血管性 認知症 測定

糖尿病・メタボリック・シンドロームと認知症予防 公開日:2016年7月25日 21時00分 更新日:2019年11月 8日 16時22分 メタボリック・シンドロームとは? メタボリック・シンドロームは別名「内臓脂肪症候群」といいます。 内臓脂肪が蓄積された状態に加えて、高血圧・糖尿病・脂質異常症(高脂血症)のうち二つ以上を合併した状態です。 内臓脂肪の蓄積はお腹のCTを撮影すれば詳細な量が測定できますが、健康診断などでは簡易な方法としておへその高さで腹囲をはかり、男性で85cm以上、女性で90cm以上だった時に内臓脂肪型肥満と判定します。 さらに下の項目のうち2項目以上が当てはまればメタボリック・シンドロームです。 高血圧:上の血圧(収縮期血圧)が130mmHg以上、もしくは下の血圧(拡張期血圧)が85mmHg以上のどちらかを満たす。 もしくは高血圧の治療中。 もしくは糖尿病の治療中。 もしくは脂質異常症の治療中。 メタボリック・シンドロームにより認知症を発症しやすくなる 内臓脂肪蓄積と認知症 アメリカでは中年の肥満者はアルツハイマー型認知症に3倍なりやすく、脳血管型認知症は5倍になったと報告されています。 スウェーデンでは肥満の人は2倍認知症になりやすいと報告されました。 動物実験では蓄積した内臓脂肪から、脳の神経細胞を破壊する生理活性物質が分泌されていると報告されています。 高血圧と認知症 「高血圧管理と認知症予防」のページをご覧ください。 糖尿病と認知症 糖尿病の人がのちにアルツハイマー型認知症になる危険性は2倍となり、さらに糖尿病になってから5年以上たつと危険性はあがるとされています。 糖尿病に対し内服薬で治療している人は認知症になりやすく、インスリン治療をしている人は内服薬の人に比べてさらに認知症のリスクが高くなります。 これは血糖コントロールが悪いと認知症の危険性が高くなることを示唆していると考えられます。 同様に糖尿病があると脳血管性認知症の発症率も2倍になるといわれています。 血糖を下げるインスリンには神経を保護する作用がありますが、メタボリック・シンドロームになるとその保護機能が低下し脳神経の変化が進むと考えられています。 また高血糖の状態は記憶を担う海馬の萎縮を促し、記憶力が減退すると考えられます。 脂質異常症と認知症 スウェーデンの研究では脂質異常症のある人が認知症になる可能性は脂質異常症がない人に比べて1. 9倍でした。 動物実験ではコレステロールの多い食事をすると脳の中に異常なアミロイド蛋白が増加することがわかっています。 そして脂質異常症の治療薬であるスタチンを服用すると脳内アミロイド蛋白が減少します。 実際にスタチンを服用している人はアルツハイマー型認知症になりにくいという報告もあります。 メタボリック・シンドロームと認知症 肥満・高血圧・糖尿病・脂質異常症単独でも認知症の危険性は上がりますが、それぞれの因子が重なればさらに認知症の危険性は上がります。 肥満・高血圧・脂質異常症の3つがある人の認知症の発生率は6. 2倍でした。 メタボリック・シンドロームは動脈硬化の原因であり、動脈硬化は脳血管疾患の原因です。 脳梗塞や脳出血を発症すれば脳血管性認知症になる可能性があがります。 アルツハイマー病とメタボリック・シンドローム 最も多い認知症であるアルツハイマー型認知症はメタボリック・シンドロームがあることで発症しやすいと考えられています。 メタボリック・シンドロームになると神経の保護作用が弱まったり、動脈硬化による血圧上昇で脳細胞を認知症になりやすい状態にしていると考えられています。 実際にアルツハイマー型認知症の患者の約60%は内臓脂肪が増えていたと報告されます。 さらに、アルツハイマー型認知症になった患者の経過をみたところ、メタボリック・シンドロームの患者は認知機能低下の進行が早いこともわかっています。 つまり、メタボリックシンドロームを改善することはアルツハイマー病になりにくくなり、さらにアルツハイマー型認知症になったとしても進行が緩やかになると考えられます。 関連書籍 公益財団法人長寿科学振興財団は超高齢社会における喫緊の課題として認知症の実態、診断・予防・ケアについて学術的研究成果を「認知症の予防とケア」と題して研究業績集にまとめました。 研究業績集の内容を財団ホームページにて公開しております。 是非ご覧ください。

次の

脳血管性認知症のケアのポイントとは?

脳血管性 認知症 測定

ラクナ梗塞の「ラクナ」とは、ラテン語で「小さなくぼみ」という意味で脳の深い場所に発生する直径15mm以下の小さな のことです。 脳の奥には、太い血管から枝分かれした穿通枝(せんつうし)と呼ばれる細い血管があります。 この穿通枝の先が詰まるのが ラクナ梗塞です。 特に高齢者や男性に多く発症する傾向があります。 脳の太い血管が詰まる脳梗塞の場合は、脳の神経細胞が広範囲にダメージを受けるため、体のまひや言語障害などさまざまな症状が現れます。 ラクナ梗塞は、ダメージを受ける部分が小さいので症状が現れないことが多く、 とも呼ばれています。 そのため、ラクナ梗塞が起こっていても、気づかないことがよくあります。 ただし、症状がなくても安心はできません。 放っておくと、本格的な脳梗塞や を発症したり、 認知症になるリスクが高くなります。 ラクナ梗塞を引き起こす原因として注目されているのが です。 例えば、上の血圧が120未満で下の血圧が140mm以上だと、 の発症率は約3倍高くなります。 高血圧が長期間続くと、穿通枝の抹消で が進行し、ラクナ梗塞を発症しやすくなります。 また、 の人の3~6割に、 の人の4割に、ラクナ梗塞が起こっていたとの報告もあります。 血圧を管理するためには、まず食生活に注意して食塩の摂取量を減らすようにします。 禁煙し、お酒を多く飲む習慣がある場合は改善します。 そしてウォーキングのような有酸素運動を1日に30分間度続けて行えば、血圧を下げる効果が期待できます。 降圧薬が必要な場合は、きちんと服用しましょう。 血圧を毎日正しく測ることも大切です。 家庭で測る血圧は正常でも、病院で測ると高くなる人がいます(白衣高血圧)。 医師や看護師が測ると、患者さんが緊張することが原因と考えられています。 そのため、医療機関では家庭で測る血圧を重視します。

次の