スーツ 赤。 赤(レッド)・レディーススーツの通販【ポンパレモール】

ブラックスーツの麗しい着こなし。大人の男のコーディネート術

スーツ 赤

結婚式にお呼ばれする男性の皆さん。 当日のスーツにはどんなネクタイをコーディネートする予定ですか。 スーツスタイルの要ともいえる『ネクタイ』は、選んだ色柄で全く印象が異なります。 せっかくの結婚式ですからマナーを守りつつオシャレを楽しみたいですよね。 最近の結婚式では、カラフルなネクタイも大丈夫な傾向に。 とはいえ、 『赤や紺、茶色のネクタイでも大丈夫なの?』なんて気になりますよね。 また、礼服やダークスーツとのコーディネートもお悩みなのでは。 ということで今回は、結婚式の男性ゲスト必見!ネクタイの基本マナー&コーディネートについて解説。 結婚式にピッタリの色柄&参考コーデや、より華やかなフォーマルネクタイ、結び方までまとめて紹介します。 結婚式でのネクタイの色マナー 結婚式にゲストとして出席することになった男性の皆さん。 いつもよりフォーマルな場所だけに、最適なネクタイの色は何色か?ダメな色はあるの?といったマナーが気になるのでは。 まずは結婚式でのネクタイの基本、『色のマナー』を覚えましょう。 黒いネクタイはNG? フォーマルの基本的な色でもある黒ですが、日本では黒いネクタイは葬儀で着用するものという事で忌み嫌われます。 特にお年寄りなど人生経験が多い方々は、結婚式での黒いネクタイを良く思わない傾向にあります。 黒いネクタイは避けるようにしましょう。 ちなみに白ネクタイについて、ファッション雑誌「Gainer」2014年4月号の最新フォーマル特集では、 白ネクタイは海外ではマフィアと思われかねないアイテム と、紹介されていました…。 最近はネクタイも華やかに カジュアルウェディングなど結婚式のスタイルも多様となった現在では、お祝い事らしい『華やかな色のネクタイ』が人気になっています。 結婚式で人気のネクタイ色&コーデ それでは結婚式のような慶事ごとで、ネクタイの色はどんなものを選べば良いのでしょうか。 わかりやすくダークスーツとのコーディネートで紹介します。 ゴールド・シルバーグレーのネクタイ 結婚式での最近主流は、 『ゴールド』や『シルバーグレー』のネクタイ。 様々な年代の方にピッタリで、現在の定番カラーです。 特にシルバー系のネクタイは様々なスタイルの結婚式で大活躍するアイテム。 カジュアルな披露宴から少々お堅いイメージの披露宴、さらには二次会まで幅広く活躍する万能なネクタイ色です。 定番で人気もあるゴールド&シルバー系ネクタイは、友人の結婚式のほか親族の結婚式でも活躍します。 画像:ゴールド・シルバーグレーのネクタイのコーディネート fa-arrow-circle-right出典 「シルバーネクタイで結婚式に出席したい!」という方には、以下の記事もオススメです。 赤・ワイレッドのネクタイ 華やかで明るイメージの 『赤色のネクタイ』。 結婚式で着けても大丈夫?と、気になる方も多いのでは。 赤系のネクタイは『ややカジュアルスタイルの結婚式』にオススメ。 ブラックスーツはもちろん、紺やダークネイビーといったスーツとの相性も抜群です。 ゲストの年齢層が高い『形式ばった結婚式』にはやや不向き。 最近はそれほどでもありませんが、参列者のなかには、赤いネクタイを非常識と思う方も残念ながらいらっしゃるかもしれません。 ビジネスっぽさをなくすこと 『ワインレッド』や『深みのある赤』のネクタイは、落ち着いた雰囲気で大人っぽい印象になります。 ただし一歩間違えると仕事中のスーツスタイルに見える場合も...。 必ず光沢感のある素材のネクタイにする• ラペルピンなど華やかなアイテムをあわせる 以上のポイントをおさえてフォーマルなイメージになるようコーディネートすると良いでしょう。 画像:赤・ワイレッドのネクタイのコーディネート 光沢のある赤系のネクタイは、ネイビースーツとの相性抜群。 ラペルピンやタイバーなど、ネクタイ周辺のアクセサリーを上手に取り入れて、華やかさを演出しましょう。 fa-arrow-circle-right出典 茶色・紺(青)色のネクタイ 30代後半、40代以上の『大人の男性ゲスト』にオススメなのが、『茶色』や『紺・ネイビー』のネクタイ。 大人の男性にしか出せない、知的な雰囲気を強調してくれます。 こちらも赤系のネクタイ同様『ややカジュアルスタイルの結婚式』にオススメ。 残念ながら年配の方が比較的多い形式ばった結婚式では、非常識と思われるかもしれません。 地味さを上手に改善 『茶色』や『紺・ネイビー』のネクタイは、地味で華やかさに欠ける配色…。 光沢感のある素材やネクタイ周りのアクセサリーがポイントになります。 ラペルピンやネクタイピンを効果的に活用し華やかさを演出しましょう。 無地の『茶色』や『紺』も素敵ですが、小さな『ドット柄』などを選ぶと、さらに華やかなイメージになるのでオススメです。 画像:茶色・青(紺)色のネクタイのコーディネート 赤系のネクタイと同様に、ネイビースーツとの相性が良い『茶色』や『紺』のネクタイ。 地味&ビジネススタイルに見えないよう、光沢感のあるネクタイでフォーマルな雰囲気を出すことが大切です。 fa-arrow-circle-right出典 fa-arrow-circle-right出典 fa-arrow-circle-right出典 ピンク・サックスブルーのネクタイ 20代、30代前半など若い年代の方にオススメなのは、『ピンク』や『サックスブルー』のネクタイ。 実はゴールド&シルバー系の次に人気のあるカラーです。 結婚式にピッタリの明るく華やかな雰囲気で、女性ゲストからも人気のネクタイ色。 年配の方からの支持も意外と高く、親族の結婚式でも年齢が若い男性(新郎新婦の兄弟やいとこなど)にはオススメです。 様々な結婚式のスタイルにピッタリのカラーですが、年齢が高い方は上手にコーディネートしないと『頑張ってる感』が出てしまう色でもあります。 画像:ピンク・サックスブルーのネクタイのコーディネート fa-arrow-circle-right出典 結婚式でのネクタイの柄マナー 結婚式で着用するネクタイの柄にも注意するポイント&マナーが。 ストライプやチェック柄などの参考コーデやNG柄を紹介します。 ストライプ柄のネクタイ ビジネスのイメージが強いストライプ柄。 光沢のある素材で、同系色のストライプ柄にするとフォーマル度がアップします。 結婚式のような場では、できるだけビジネス色をなくすようにしましょう。 画像:ストライプ柄のネクタイのコーディネート fa-arrow-circle-right出典 チェック柄のネクタイ ストライプ柄とは反対に、カジュアル色の強いチェック柄。 こちらも光沢のある素材でフォーマル感を出せば、遊び心いっぱいの若々しいイメージになります。 レストランウェディングや二次会にオススメです。 画像:チェック柄のネクタイのコーディネート fa-arrow-circle-right出典 ペイズリー柄のネクタイ 最近はクラシカルな雰囲気の 『ペイズリー柄』のネクタイも人気です。 ペイズリー柄のネクタイを選ぶときは、『単色』『同系色』のものがオススメ。 色数が多く使われていると『サイケデリック』なイメージが強くなり、結婚式のようなフォーマルな場には不向きな印象です。 画像:ペイズリー柄ネクタイのコーディネート シルバーを基調としたペイズリー柄ネクタイのコーディネート。 単色のペイズリー柄ネクタイは、『トレンド感』もあり結婚式にオススメです。 fa-arrow-circle-right出典 ドット柄・小紋柄のネクタイ 結婚式ではドット柄・小紋柄も人気があります。 大きいドットはカジュアル色が強くなりますが、遠めでは無地に見えるようなドットは、さりげないおしゃれができる人気の柄です。 画像:ドット柄・小紋柄のネクタイのコーディネート fa-arrow-circle-right出典 こんな柄のネクタイはNG! 結婚式のようなフォーマルな場には、あまり奇抜なデザインのネクタイは不向き。 アニマル柄(ヒョウ柄・ゼブラ柄)や、キャラクター柄といったネクタイは避けましょう。 ネクタイの素材について フォーマルシーンでは、光沢のある素材のネクタイがおすすめ。 光沢感のあるシルクのネクタイなどが良いでしょう。 レストランウェディングなど比較的カジュアルな結婚式や二次会では、ニット素材といった遊び心あるネクタイを着用するのも素敵ですよ。 結婚式ならでは!フォーマルネクタイ 仕事の時と異なる、結婚式のようなフォーマルシーンで使われるネクタイについて紹介します。 フォーマルネクタイには、通常のビジネスシーンで使われるような結び下げのほかにも、以下のようなものがあります。 ボウタイ(蝶ネクタイ・蝶タイ) 夜の準礼装でもあるタキシード。 このタキシードスタイルの顔ともいえるのが『ボウタイ』です。 蝶のような形をしたネクタイの総称をボウタイと呼びます。 ボウタイは夜の略礼装でもブラックスーツに合わせ、タキシード風のスタイルにする事も可能です。 fa-arrow-circle-right出典 クロスタイ(コンチネンタルタイ) 襟元で十字に交差させスティックピンで留めるスタイルのタイで、蝶ネクタイを略したものです。 主に略礼装で使われます。 fa-arrow-circle-right出典.

次の

ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて

スーツ 赤

ゼニアのスーツに使用されている生地には、すべてにゼニアブランドのラベルが付いています。 そのラベルには、「CLOTH」「Ermenegildo Zegna」という文字と、「TROFEO(トロフェオ)」「TRAVELLER(トラベラー)」などのレーベル名が記されています。 中でも「ELECTA」や「TROFEO」、「HIGH PERFORMANCE」には登録商標のマーク(Rを丸で囲んだもの)も付いています。 ゼニアは、レーベルの質において「右に出るものがない」とまで言われているトップブランドです。 そのレーベルは、どれもが時間をかけてようやく世に送り出されます。 各々の生地は個性的で、およそ同じブランドとは思えないほどバラエティーに富んだ印象の生地がそろっています。 商標としてレーベル名を登録していたり、スーツに付けるラベルにもレーベル名を刻んでいるのは、ゼニア社の「あなたのスーツはイタリアが認めた信頼性の高いレーベルで作られている、ゼニアのスーツなのです」というスーツオーナーへのメッセージ。 愛着と誇りを持って着こなしてほしいという、自信に満ちあふれたゼニアの想いを感じることができます。 ゼニアのスーツにおけるラベルには、ブランド名を示すという役割以上のものが込められているといえます。 ゼニアの赤ラベルと青ラベルの違い このラベルには、青いラベルと赤いラベルの2種類があります。 ゼニア社の生地には、春・夏・秋の3シーズン用の生地と、秋・冬・春の3シーズン用の生地があり、以前ゼニアがそれほど知られていなかった頃には青いラベルが春夏用の生地、赤いラベルが秋冬用の生地を言われていたこともありました。 しかし、もしそうであれば、夏の代表的なレーベルである「TROPICAL」は青ラベル、冬の代表的なレーベル「ELECTA」は赤ラベルとなるはずですが、実際はそうではありません。 ではこの色の違いには、どんな意味があるのでしょうか? 生地用途と流通ルートで異なるラベルの色 ゼニア社のスーツ用生地は、800種類以上のものが毎シーズンに企画され、発表されます。 800種は、人気の高い定番生地と、その年の流行りを先読みし提案される新しい生地を合わせたものです。 ただ、これらすべてが日本に入ってくるわけではないのです。 ゼニアのスーツ生地は、既製品専用とオーダー専用に分類されます。 既製品専用の生地がオーダー用に使われることはありません。 逆もしかり、オーダー専用の生地が既製品向けに使われることもないのです。 ゼニア社には専門店で売られる既製品と、テーラーで仕立てられるオーダー服を明確に区別するというポリシーがあり、生地のテリトリーははっきりと区切られています。 日本に入ってくるオーダー専用の生地はさらに、正規の輸入代理店であるゼニアジャパン株式会社を経たものと、そうでないものとに分かれます。 赤ラベルは、ゼニアジャパンの正規ルートで日本に輸入された、オーダースーツ専用の生地にだけつけられるのです。 それ以外の生地(既製品向けの生地や別ルートで輸入されたオーダースーツ用生地)につけられるのが、青ラベルです。 審美眼を持って選びたいゼニアスーツ 国内外のメジャーなブランドが作るゼニアスーツには、青ラベルと合わせてそのブランドのタグがつけられていることが多くあります。 例えばビームスやポールスミスなどの既製品スーツにもゼニア生地が使用されている場合があり、それらの裏地にはブランドタグと並んでゼニアの青ラベルがつけられているのです。 本来なら、どこの生地を使ったかを表すラベルは袖口に仕付け糸で縫い付けられ、着るときには外されるものです。 しかし、生地のグレードの高さをアピールするために、多くのブランドが生地のラベルを裏地に付けています。 しかし、時折、スーツメーカーのブランドのタグが付いておらず、ゼニアの青いラベルだけが不自然に付いているスーツがあります。 格安の通信販売などで売られているゼニアのスーツにこういったケースがあり、ほとんどはゼニア生地を使用しているだけで日本の既製品にならって作られたデザインのスーツだと思われます。 もちろん、ブランドメーカーが作ったものではありません。 中には、青ラベルを後付けしたことが明白な詐欺品も存在します。 スーツに元々あったであろうタグが外されて、ゼニアの青ラベルが雑な縫い方で付けられているのを見たことも何度かあります。 ここまで来ると明らかに詐欺の域です。 安売りスーツのタグをゼニアのラベルに付け替え、ゼニアのスーツとして高値で売っているところもきっとあるのでしょう。 「ゼニアスーツを修理に出したい」と持ち込まれたスーツを分解してみたら、ポケット内側の補強材やパンツの裾裏などに日本の生地メーカー名が記された生地の端(「耳」と言います)が見つかったこともあります。 着用者はこんな偽物のゼニアスーツにどうやって巡り会ってしまったのでしょう。 こんなケースを見かけると、「ゼニアのスーツ」として丁寧に着用されている方が気の毒に感じられてくるのです。 テーラーとして、許せない気持ちにもなります。 話は戻って、既製品向けかオーダー向けか、輸入ルートが正規かそれ以外かの違いはあるものの、生地の品質面では赤ラベルも青ラベルもイタリアのゼニアの基準に沿って合格点が与えられた上質な生地の証拠です。 どちらもイタリアのゼニアが生産した生地ですから、青ラベルと赤ラベルに、どちらが優るといった品質の違いはありません。 ゼニアスーツのオーナーとなるなら、こういったラベルが付いている意味やラベルの色の違いを知ったうえで、本当に美しく上品なものを見極められる目でスーツを選んでほしいと思います。

次の

ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて|オーダースーツの榮屋本舗

スーツ 赤

ネイビースーツに合わせるお勧めネクタイ! ネイビースーツ。 ネイビーとは濃紺色のことをさします。 ビジネスで、日常的にスーツを着用する人なら、誰もが一度は、着用したことがある色ではないでしょうか。 だからこそ知っておきたいのが、ネイビースーツを着用した時のコーディネート。 ワイシャツ、ネクタイ、シューズなど、スーツを着こなす上での、重要なアイテムは多数ありますが、今回は 「ネクタイ」に注目。 ネクタイの色や柄が持つイメージについて、紹介していきます。 様々な色のネクタイと相性が良いのが、ネイビースーツの特徴です。 ビジネスの様々なシーンで、色や柄を使い分け、ネイビースーツのコーディネートをマスターしていきましょう。 定番の着こなしから、遊び心のある着こなしまで、自分に似合う色を見つけていくことも楽しみのひとつです。 ネクタイの合わせ方を覚えれば、シャツや革靴の合わせかた迄繋がります。 まずネクタイの柄を解説 色の理解も重要ですが、ネクタイに入る柄が、それぞれどういった印象をもつかを理解をすることも重要です。 カチッとした紳士的な着こなしか、それともおしゃれで色気のある着こなしか。 ネクタイの色をベースに、どういった柄をのせるかによって、着こなしは変化します。 代表的なソリッド、レジメンタル、ドット・小紋柄、チェックの主な印象を簡単に説明していきます。 ソリッド 無地 柄の入っていない無地のものを指します。 色のイメージが素直に伝わり、品格のある印象になります。 ネクタイの織り柄や、テクスチャー 素材感 も楽しめる定番の柄です。 柄の入っているシャツにもうるさくならず、組み合わせられます。 また上品なイメージにも繋がり、シンプルで洗練された装いになります。 レジメンタル ストライプ 斜めのストライプが入っているものを指します。 ストライプの幅が広いもの狭いもの様々な種類があり、ビジネスの場面では定番です。 仕事への誠実さを連想させ、ストライプの幅の違いで、様々な着こなしに組み合わせることができます。 ビジネスシーンではなくてはならない柄といえます。 レジメンタルストライプには大きくわけて2種類あります。 画像の左側が英国式のレジメンタルストライプ。 画像の右側が米国式のリバースストライプと呼ばれています。 日本においては、英国式の右上がりのストライプのものが多く見られますが、昨今のアメリカントラッドブームから、米国式のリバースストライプの人気も上がってきております。 ~豆知識~ レジメンタルタイはオフィシャルな場面ではNG? 日本のビジネスシーンにおいては、定番の柄の一つである、レジメンタルタイ。 実は、海外でのオフィシャルな、改まった席では、あまり好まれません。 レジメンタルタイは 「特定のグループに属する」という意味があります。 また英国においては、大学のスクールタイとして、それぞれの大学を象徴するような配色がされております。 そういった背景から、誤解を招くこともあるため、オフィシャルな改まった場での着用は控えられています。 ドット・小紋柄 堅実さや 信頼感を演出できるのがブラウンの特徴です。 イタリアで定番の 「アズーロ・エ・マローネ」という、ネイビーとブラウンの色合わせは、日本でも人気で、間違いのない定番の色合わせになっています。 ブラウンのネクタイっておじさん臭いかも、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。 ネイビースーツだからこそ、ブラウンのネクタイを選んで欲しいと思います。 クラシカルで紳士的な着こなしを演出できますし、しっかりと仕事ができる安心感も与えてくれるので、どんなビジネスシーンにも使える、定番的なネクタイの色です。 ネイビーとの相性の良さを生かして、上品で洗練されたスタイリングを楽しみましょう。 アズーロ=青空の青のことなので、厳密にはネイビー、紺色ではなく、ブルー、明るめの青系のことを指します。 ピンク(桃色) パープル、紫は一般的に 高貴な・ 高級感のあるイメージを連想させる色です。 しかしその一方で、赤と青の相反する色からできており、場面によって大きく印象の変わる色でもあります。 高貴・高級感というポジティブな印象もありますが、 不安などのネガティブな印象もある色です。 青系の色を含む、パープルだからこそネイビースーツとの相性は良く、それでいて人と被ることも少ない色ではないでしょうか。 特別なイメージを持ってもらいたい時など、自分をしっかり印象づけたい時に活躍してくれる色です。 レジメンタルやチェックなどの直線的な柄が入っていればパープルのもつ、不安なイメージも払拭でき、ビジネスで使うのにもおすすめです。 色気のあるスタイリングにも繋げられるので、ビジネス以外の様々なシーンで使える色だといえます。 グリーン(緑色) ブライトグリーン、明るいグリーンは 爽やかで、 リラックス効果があり、穏やかな、春や夏の自然をイメージさせる色です。 またフォレストグリーン、暗めのグリーンは、 落ち着きをイメージさせる色です。 ネイビースーツと、グリーンのネクタイの組み合わせは、自然界にあるアースカラー同士の組み合わせのため、非常に相性が良い組み合わせです。 初対面の人にも、安心感をもってもらえる色であるとともに、服装に、おしゃれに気を使っている印象も生まれます。 お客様と会う時に、好印象を与えられる色だといえます。 ストライプの中に、少しだけグリーンが入っているだけでも、印象が変わるので、アクセントとしての、差し色としても活躍してくれます。 ほどよく華やかで、こなれたスタイリングをしたいときにぴったりです。 レッド(赤色) グレー、灰色は、 上品で 都会的な印象を与えてくれます。 暖色でも寒色にも属さない、中立色、 無彩色と呼ばれる色のため、全ての色と合わせることができます。 中立で知性のあるイメージを持つ色のため、ビジネスシーンにおいては、商談など、着実に進めていきたい場面に向いている色です。 決して主張しすぎない色なので、ピッチ幅の広いストライプや、チェックなど、柄が強いものであっても、派手になりすぎることはありません。 カジュアル志向の強い、ポルカドットなどの大柄のドットであっても、フォーマルな雰囲気がでます。 ネイビースーツに合わせると、全体的にシャープな印象になり、「知的さと」「真面目さ」を印象づけることもできます。 ブラック 黒色 ブラック、黒は、 高級感や 自己主張を強め、 おしゃれで、 大人の色気があるのがブラックの特徴です。 強さ、威厳、自信といったイメージを連想させます。 ネイビースーツにネクタイとベルト、シューズをブラックでまとめた、センターラインで色あわせもできることから、統一感のあるコーディネートを楽しめます。 ブラックの重いイメージも、ドットやチェック、小紋柄で和らげることができるので、非常に遊びがいのある色と言えます。 「ネイビースーツに合わせるおすすめネクタイ」いかがでしたでしょうか? ネイビーのスーツは、 「日本人の肌の色を最もきれいに見せてくれる色」とも呼ばれ、ビジネスシーンにはなくてはならない色です。 ご紹介させて頂いた通り、コーディネートの幅が広く、様々な色のネクタイと相性がよい色でもあります。 ネクタイを変えるだけで、印象が大きく変わります。 ビジネスシーンでの、ネイビースーツの着こなしを、楽しんで頂けたら幸いです。 最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください。

次の