スプラガチマッチ時間。 【スプラトゥーン2】ガチマッチで勝てない人へ、ルール別立ち回りまとめ

【スプラトゥーン2】ナワバリとガチマッチで経験値効率がいいのはどっちか考察

スプラガチマッチ時間

リーグマッチのルール ルールはガチマッチと同じ リーグマッチのルールは、ガチマッチと同じです。 スケジュールによって、ガチエリア・ガチヤグラ・ガチホコ・ガチアサリの4種のルールで試合をします。 チームは4人か2人固定 リーグマッチに参加するには、4人か2人の固定チームが必要になります。 ペア参加のチームが4人固定チームとマッチングすることはありません。 ガチマッチとレートが違う ガチマッチでは「ウデマエ」というものが設定されますが、リーグマッチでは「リーグパワー」を上げて実力を競います。 ガチマッチ同様に、上がったり下がったりします。 リーグマッチのやり方 ウデマエB-以上で出来る リーグマッチは、ウデマエをB以上にあげることで、ロビーから選択することができます。 フレンドから参加するか部屋を建てよう リーグマッチに参加するには、フレンドが必要になります。 一緒に遊ぶためには、フレンドを集める必要があるため、下記の掲示板を合わせてご利用ください。 リーグマッチに参加すると? リーグパワーが上下する リーグマッチに参加すると、勝敗によってリーグパワーが上下します。 リーグパワーの高い相手に勝つと大きく上がり、リーグパワーの低い相手に負けると大きく下がります。 リーグパワーでランキングに入れる リーグマッチでリーグパワーをあげると、でのランキングに入ることができます。 ランキング上位に入賞すると、メダルがもらえます。 経験値も手に入る リーグマッチに参加すると、通常のガチマッチ同様に経験値も手に入ります。 リーグパワーをあげつつ、経験値稼ぎも並行して行うことが出来ます。 リーグマッチ参加時の注意事項 基本はガチマッチよりもレベルが高い リーグマッチは、基本的にフレンド同士でペアを組んで遊ぶものなので、普段よりも連携力が高かったり、腕の上手い人同士で集まっている可能性があり、通常のガチマッチよりもレベルが高い可能性が非常に高いので注意しましょう。 スプラトゥーン2 関連リンク• 掲示板 雑談コミュニティ• 対戦・協力コミュニティ• 速報・最新情報 アプデ・新要素の速報• amiiboの最新情報• フェスの最新情報• ランキング ルール別• 武器種別• オクトエキスパンションの攻略情報• お役立ち情報• お役立ち情報人気記事• 基本操作方法• テクニック集• アイテム・ポイント稼ぎ• 武器ごとの基本操作• 武器ごとの立ち回り方• オンラインプレイ関連• その他お困りの方へ• メンテナンス・エラー関連• ブキ(武器) メインウェポン• サブウェポン• スペシャルウェポン• その他武器情報• ギア おすすめのギア• 部位別の一覧• ブランド情報•

次の

スプラトゥーン2

スプラガチマッチ時間

皆様、こんにちは。 まだまだ人気は全然衰えることがないのですが、 そんな中でひっそり続けてきた私のスプラトゥーン2のプレイ時間がなんと2000時間に達してしまいました。 200じゃなくて2000です。 1年間で。 引かないでください。 というわけでせっかくなので、ただのおっさんが2000時間を同じゲームに費やしたらどういったレベルに達するかというのを振り返りながら記録したいと思います。 ただ1つ振り返る前にいっておきたいことがありまして。 このブログは子育てや夫婦の話題も色々書いているので、 2000時間もゲームをして家事育児を疎かにしているだろうと思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんので純粋にゲームの報告記事としてご覧いただけると嬉しいです。 プレイ比率 まずは2000時間のだいたいの内訳です。 多いほうから、 ガチマッチ>>バイト>リグマ>ナワバリ>その他という感覚です。 とにかく時間があればガチマッチ、たまに気分転換にバイトで、ナワバリは基本ブキ練習でしか潜っていませんでした。 ただ、途中で勇気を振り絞ってボッチイカを卒業した結果、フレンドさんとのリグマ、ナワバリが楽しすぎて最近はガチ比率よりもリグマ比率の方が高くなっています。 ランク、お金 ランクはとうとう2周目を完走し、星2つの3周目に突入! 1に戻りました — guyさん はてなブログ・スプラ2垢 guy0708 ゲーム内では星2つ以上は表示されないので、今までランクが高すぎるのを気にしていた私としては非常にありがたい。 ただ、イカリングやイカウィジェットとかだと見えちゃいますけどね。 ロブの経験値チケットは発売当初のチケット無限取得バグの時くらいしか使用していないので、純粋にそのまま上げたらこうなりました。 お金は余裕のカンスト。 サザエは300個以上。 ギアの作りこみは面倒で最低限で終わらせてしまったので、作りたいときにサザエガチャでも回そうかなぁと思ってたらこれだけ溜まってしまいました。 サーモンラン バイトはプレイ時間の割には少なめかな? 700~800回程度です。 一応、 たつじん400はキープしていますが、やっぱりバイトガチ勢と一緒にやると明らかに成功率が上がるので、自分はまだまだだなぁと思います。 でも長くやっていてわかりますが、サーモンランはウデマエがそれほど高くなくても上達できますし、プレイヤー全員味方ですし、バランスもよくて非常に素晴らしいコンテンツですよね。 これはホントよくできてる。 ちなみに発売から少ししてから書いていただいた以下の記事に当初は大変助けられました。 サーモンラン情報はどんどんアップデートされていきますが、今見ても基本の立ち回りはこの記事どおりでほとんどカバーできるんじゃないかと思います。 総合戦績 徐々に核心へ近づいていくわけですが、肝心のウデマエの前に総合戦績を振り返ります。 データはイカウィジェットとイカリングの合わせ技で取得しましたが、間違っていたらすみません。 見事な5割マッチングといったところでしょうけど、 これが普通なのか低いのか高いのかさっぱりわかりませんね(笑)皆さんもたまに振り返ってみてはいかがでしょうか。 ウデマエ そしていよいよウデマエ晒しにいきますか。 おっさんが2000時間プレイした結果……ウデマエはこちら! なんとか、なんとか特定ルールでXを名乗れるレベルになりました! ただ、2000時間ですからね。 もう少し早く上がれると思っていたし、やっぱりネットの情報を見ていても数百時間程度で全ルールXに行く人も多数いるので、自分のレベルの程度もこんなもんでしょうかね。 もうね、これとかね。 小5ですよ。 プレイ時間も少ないし。 昔は友達の中ではゲームいちばんうまかったはずなんだけどなぁ(笑) もう少し途中を振り返ると、 とにかくA帯を抜けるのがもう本当に長すぎて厳しかった記憶が強い。 もちろんX未実装の頃ですが。 どうやらA帯には2017年の8月には上がってたみたいなんですよね。 この辺は割と順調だったんじゃないかなと思います。 それが2018年明けても続きました。 念願のXへ到達 長かったっす。 サブ垢 ウデマエについて触れた手前、サブ垢についてもちゃんと触れておきたいと思います。 正直Xに上がるためにサブ垢をかなり活用させてもらいました。 具体的には苦手なステージの練習やガチマッチでの武器練習などです。 先日この方がブログでも書かれていましたが、サブ垢部屋がうまく稼動していたため、それほど迷惑はかけていないつもりです。 使用してきたブキ 多分このあたりもウデマエがなかなか上がらなかった原因だったのかもしれませんが、とにかく固定ブキが定まりません。 今まで主に使ってきたブキを簡単に紹介したいと思います。 ヒッセン 1番最初はこれしか使っていませんでした。 まさに2から始めた私にとって救世主となったブキです。 発売当初ジェットパックとヒッセンが大暴れしていた時期に、 とにかくこれだけをひたすら使ってウデマエをAまで上げました。 しかしご存知の方も多いと思いますが、大幅なナーフを食らい、その後はほぼ使うことはなくなり、A帯の長いトンネルに入る原因となってしまいました。 このブキを使っている間、エイム力が鍛えられなかったのも問題でしたね。 パラシェルター ヒッセン弱体化の後の長い迷走後に辿りついたブキが パラシェルターです。 こちらも一時期環境入りしていた頃に使っていました。 対人能力強化後は塗り良しキル良しで、ローラーが暴れまわっていた時期にメタブキとして使えたので、常時A帯の脱出に大きく貢献しました。 しかしこのブキもヒッセン同様全方位でナーフを食らい、かなりうまく使わないとなかなか勝てなくなってしまいました。 とはいえ、最近でもたまに使いますし、 好きなブキを聞かれた時はこのブキを挙げるほどのお気に入りです。 52ガロンデコ 「対面で打ち勝つ」という経験をさせてくれたのがこのブキです。 しかしカーリングボム、イカ忍者、ハイプレ全て弱体化してしまい、他ブキのインフレに隠れてしまって存在感が薄まってからは出番も少なくなりました。 デュアルスイーパー(カスタム) そしてデュアル。 Xにはこのブキに出会わなければ上がれませんでした。 弱点はキルを取るのが結構しんどいところですが、まぁガチエリアではガンガンウデマエを上げられるくらいには強かったです。 待ち望んでいたカスタムがあまりにも強すぎて予想通りのナーフを食らいましたが、ギア構成を工夫してデュアル愛でまだまだ現役で使い続けています。 ブキ別勝利数ベスト20 勝利数でソートした時のベスト20をグラフにしてみました。 見づらくてごめんなさい。 初期以外ほぼ使っていないヒッセンの位置で、いかに迷走しているかがわかると思います。 リグマ、プラベ 上にも書きましたが、ぼっちイカを卒業し、フレンドさんとの繋がりでリグマやプラベをやってみたら、 ガチマッチのストレスがありえないくらい快適で本当に楽しいスプラ生活を送れています。 私が所属しているグループは30代40代の集まりで若者がいないので、独特の落ち着きがありそれも楽しい要因の1つになっています。 スプラ2生活第2期って感じで、バイトやナワバリをやる回数も増えたりして楽しみ方がガラッと変わりました。 老後生活か。 コミュニティは様々ありますが、イカナカマなんかは割とメジャーなんじゃないかなと思います。 小規模、大規模、色んな条件付きで人を募集していたりするので、興味がある人は是非参加してみてはいかがでしょうか。 自分なりのウデマエ向上のコツ Xの底辺にこんなことをいわれたくないかもしれませんが、一応私なりのウデマエ向上のポイントにも触れてみます。 いや、頼むから怒らないでください。 個人的に簡単にポイントを挙げるとするなら 「一瞬先をどれだけ瞬時に正確に判断できるか」というところが大事だと思っています。 具体的には人数有利不利の判断、敵のだいたいの位置把握によって、例えばヤグラに乗っていていいのかとか、ホコを持つタイミングかどうかとか、スパジャンがうまく決まるかどうかとかを正確に把握することです。 センプクも然り。 やはり上のウデマエにいくにつれて、 やられると思った時にやられることが多くなるし、相手の攻守の切り替えが素早く的確。 つまり 「読まれている」と思うことが多くなります。 特に私のようにエイムが腐りかけているおっさんにはこのあたりの立ち回りが戦績に大きく影響しているのではないかと思っています。 いや、頼むから怒らないでください。 2000時間という時間 最後におまけとして。 2000時間って一体どのくらいの時間なんだろうという計算をしてみましょう。 1年で2000時間ということは、1ヶ月でだいたい160時間です。 ということは 1日で5時間半。 1日に5時間半。 2回いいました。 やばいです。 私は普通に社会人をしていますが、月の労働時間はだいたい150時間前後。 ということは、仕事の時間よりスプラトゥーンをしている時間の方が長いということです。 スプラ2>仕事です。 やばいです。 資格でいうと、 中小企業診断士が1300時間、1級建築士が1500時間が目安とのこと。 ということは、私はほとんど1級建築士ということです。 やばいです。 スプラのやりすぎで思考回路までイカれてしまっています。 資格については以下を参考。 プレイ時間平均5時間半との計算が合わないのですが、細かいことはいいんです。 プロコンは1000時間くらいプレイしてから購入し、既に3回壊れて修理時間中のタイムロスが勿体無いため2台目を購入しています。 いやしかし、2000時間って凄いですね。 まとめ 2000時間分の愛を込めて、スプラトゥーン2のプレイを振り返りました。 ずっとゲームにハマりたいと思っていたことと、このゲームの発売と内容の面白さ、飽きのこなさがガチマッチしてこんなことになってしまいました。 2016年に書いた下の記事を思い出すとなかなか感慨深い。 任天堂様、ありがとうございます。 これからもまだまだ遊び続けたいと思いますので、スプラ2をプレイしている老若男女の皆様がた、どうぞよろしくお願いいたします。 こんな記事も書いてます! 最後までご覧いただきありがとうございます。 んだば、まだ。

次の

【スプラトゥーン2】ナワバリとガチマッチで経験値効率がいいのはどっちか考察

スプラガチマッチ時間

ガチマッチとは? ランク10から参加できるガチの戦い ガチマッチとは、ランク10から参加できるガチの戦いのことを言います。 3つのルールによる戦いがあり、それぞれに「ウデマエ」が設けられています。 ガチマッチの3つのルール ガチエリア ステージ内に配置された「ガチエリア」を自分のインクを塗って確保します。 どちらかのチームがガチエリアを確保すると、チームの「カウント」が減っていきます。 各チームの持ちカウントは100となっており、先に0にしたチームが勝利です。 決着がつかない場合は、少しでもカウントがリードしている方が勝利となります。 ガチヤグラ ステージ中央の「ガチヤグラ」に仲間が乗り込むことで「ヤグラ」はゴールまで進んでいきます。 相手にやられて無人になると中央に戻ってしまうので、倒されないように相手陣地のゴールまで運びましょう。 ガチホコバトル ステージ中央にある「ガチホコ」を相手の陣地まで運びましょう。 ガチホコを持っているときは強力な「ガチホコショット」を打つことができるが、カウントが0になるとその場で爆発してしまいます。 ガチホコを確保したら強気で攻めていきましょう。

次の