郵便局留め 書き方。 郵便局留めの簡易書留の受け取り方は?局留めに関する疑問を一発解決!

ゆうパックの送り方

郵便局留め 書き方

基本型 特例型 特定事項伝達型 対象商品 郵便物、ゆうメールおよびゆうパック 郵便物、ゆうメールおよびゆうパック 郵便物 事前のご利用のお申し出 あらかじめ差出郵便局(当社が別に定める郵便局に限ります。 )にご利用のお申し出をしていただきます。 受取人へのご連絡方法 郵便局から通知書を送付します。 郵便局から通知書を送付します。 (電話番号が分かる場合は、電話連絡も行います。 ) 郵便局から通知書を送付します。 (電話番号が分かる場合は、電話連絡も行います。 ) 郵便物等をお渡しする場所 郵便窓口 郵便窓口 または 名あて人本人に配達 郵便窓口 (当社が別に定める郵便局の郵便窓口に限ります。 ) または 名あて人本人に配達 本人確認書類 (受取時に提示していただく書類) 写真付き公的証明書: 1点• 「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に規定する本人確認レベルです。 本人確認情報の差出人への伝達 なし なし 次の情報が当社ホームページ(登録制)からダウンロードできます。 本人確認書類の名称• 本人確認書類の記号番号(法令等により、利用が制限されているものを除きます。 本人確認書類に記載されている名あて人の生年月日• 本人確認を行った者の氏名• 本人確認書類の提示を受けた日時 ご利用料金• 一般書留(ゆうパックの場合はセキュリティサービス)とする必要があります。 速達、一般書留(ゆうパックの場合はセキュリティサービス)、引受時刻証明、配達証明、内容証明および代金引換(特定事項伝達型とするものを除きます。 )以外のオプションサービスとすることはできません。 特定事項伝達型の場合、料金後納(料金を後納とする料金計器別納を含みます。 )としていただきます。 関係法令の規定に基づき、破産管財人、成年後見人等に配達することがあります。 この場合、単なる一般書留による取扱いとなりますが、本人限定受取料の返還は行いませんので、ご注意ください。 ご利用に当たって 郵便局へお出しいただく際の注意点 基本型 特例型 特定事項伝達型 郵便物等の表面の見やすい所に「 本人限定受取」またはこれに相当する文字を記載してください。 郵便物等の表面の見やすい所に「 本人限定受取(特)」またはこれに相当する文字を記載してください。 できるだけ、受取人の電話番号を表面に記載してください。 (配達を担当する郵便局から受取人へ電話連絡いたします。 ) 郵便物等の表面の見やすい所に「 本人限定受取(特伝)」またはこれに相当する文字を記載してください。 「転送不要」その他転送を要しない旨の記載をしてください。 あらかじめ付与した追跡番号を記載してください。 できるだけ、受取人の電話番号を表面に記載してください。 (配達を担当する郵便局から受取人へ電話連絡いたします。 ) お受け取りいただく際の注意点• 郵便局の窓口でお受取りの際は、ご承諾を得た上で本人確認書類のコピーをとらせていただきます(業務上不要となる部分はマスキング(目隠し)を行います。 ご承諾いただけない場合は記号番号等(法令等により、利用が制限されているものを除きます。 )を記録させていただきます。 また、配達の場合は、本人確認書類の記号番号等(法令等により、利用が制限されているものを除きます。 )を記録させていただきます。 封筒に記載されている名あて人の住所または郵便窓口でのみお渡しできます。 基本型 特例型・特定事項伝達型 郵便局から到着通知書を名あて人へ送付いたします。 名あて人ご本人様が、以下のものをお持ちの上、郵便窓口でお受け取りください。 郵便局から到着通知書を名あて人へ送付いたしますので、お手数ですが、到着通知書に記載されている郵便局へご連絡いただきますようお願いいたします。 ご自宅へ配達を希望される場合には、ご希望の日・時間帯を以下からお選びください。 午前(8:00頃~12:00頃)• 午後1(12:00頃~14:00頃)• 午後2(14:00頃~16:00頃)• 夕方(16:00頃~18:00頃)• 夜間1(18:00頃~20:00頃)• 夜間2(19:00頃~21:00頃) ご用意いただくもの• 本人確認書類 (1点の書類) 日本国旅券(パスポート)、運転免許証、個人番号カード等 (2点の書類) 健康保険の被保険者証、国民年金手帳等• 印鑑(サインでも結構です)• 到着通知書 ご用意いただくもの• 本人確認書類 (1点の書類) 氏名、住所および生年月日の記載があるもの• 印鑑(サインでも結構です)• 到着通知書(配達の場合は不要です).

次の

郵便局留・郵便私書箱

郵便局留め 書き方

郵便局留めとは? 郵便局留めとは郵便物等を郵便局で受け取るための方法 郵便局留めとは、郵便物等を郵便局で受け取るための方法のことです。 言うまでもなく、各種郵便物には、自宅への配達という受け取りの方法があります。 その上で、もう一つの郵便物の受け取りの方法として、郵便局で留め置いてもらい、窓口にいって受け取るというものがあるのです。 このサービスを利用するにあたって、事前に利用のための手続きをする必要はありません。 また、手数料も特にかかりません。 このため、誰もが気軽に利用できる制度になっているのが、郵便局留めなのです。 基本的には、すべての郵便局の窓口で郵便物を受け取れる仕組みになっています。 この使い勝手の良さが、郵便私書箱の制度との大きな違いです。 郵便私書箱の場合には、様々な利用条件が課されています。 このため、郵便私書箱は主に、懸賞の応募葉書を毎日受け取る企業等によって利用されています。 一方の郵便局留めは、必要になった場合には、誰もが利用できます。 着払いのゆうパックやレターパックも郵便局留めが利用可能 着払いのゆうパックやレターパックの場合にも、郵便局留めが利用可能です。 郵便局留めは、普通郵便の場合にはもちろんのこと、レターパックやゆうパック等の各種郵便物の場合にも利用可能です。 おまけに、着払いや代引きにも対応していますので、郵便局留めは極めて便利な制度です。 ここで、郵便局留めが利用可能な郵便物の種類を取り上げます。 第一種・第二種・第三種・第四種郵便物、各種特殊取扱郵便物にゆうパックやレターパック、ゆうメールにゆうパケットそしてレタックス等です。 これらの郵便物を郵便局留めにしたければ、地元の小さな郵便局で構いません。 ここから、条件付きで郵便局留めが利用できる郵便物について解説します。 国際郵便や税付郵便物は、簡易郵便局での郵便局留めは利用できず、集配郵便局でのみ可能なのです。 また、チルドや冷凍ゆうパックの場合には、冷凍や冷蔵の設備のある郵便局のみ、郵便局留めに対応しています。 自宅で時間指定の郵便物の受け取りに備える場合、外出の自由ばかりか、トイレへ立つ自由までも制限されてしまいます。 その点、最寄りの郵便局を指定して、郵便物を置いておいてもらえば便利です。 また、郵便局留めを選んだ場合には、急用ができて自宅を留守にしてしまって、再配達してもらうといった事態を避けられます。 このため、自宅を留守にする機会の多い人にとっては、郵便局留めという制度は、郵便物受け取りのための使い勝手の良い選択肢として、利用価値が高いのです。 そもそも、郵便局は約24,000局ありますので、地元の郵便局を選べば手軽に郵便物が受け取れます。 もちろん、荷物の受け取りは職場や学校近くの郵便局でも大丈夫です。 自分の都合に合わせて受け取れますので、郵便局留めは自宅配達より使い勝手が良い制度だと言えるでしょう。 家族と同居してる人にとって、サプライズのプレゼントをしたい場合など、内緒にしたい荷物を受け取る際に、郵便を自分で受け取るために苦労した経験のある人も多いことでしょう。 また、最近流行りのルームシェアという、友人との同居生活を実践している人にとっても、郵便物を秘密にしたい場合には、自宅への配達は面倒なものです。 そのような場合に、郵便局留めの制度を活用すれば、自分自身で郵便物を受け取れますので、家族や友人から秘密を簡単に守れます。 一人暮らしをしていない限り、郵便物の宅配は、家族や友人が受け取る可能性が出てきます。 内緒にしておきたい荷物を受け取った相手に、荷物について質問されて困惑したことはありませんか?そのような事態も、自分で郵便局へ足を運んで受け取ることで、たやすく避ける事ができます。 メルカリにヤフオク、楽天オークションといった、ネットオークションは我々の生活の中で欠かせないものになりました。 そしてネット通販は、買い物の手段としてもはや極めて普通です。 このような現状で、住所を相手に知らせる必要性のため、ネット通販やネットオークションを躊躇っている人も多いのではないでしょうか。 また、ネットオークションの場合には、出品者側にとっても、相手の住所を知ることは、つまり個人情報の保護の責任が大きくなるということです。 そこで、自宅の住所の記載の必要のない、郵便局留めの制度の出番です。 この制度では、名前は本名でなければなりませんが、名前だけで郵便物が送れますので、住所の個人情報にまつわるトラブルを避けられます。 オークションの落札者はもちろん、出品者にとっても、安心安全な制度です。 郵便受けに入れられる郵便物なら、郵便局留めのメリットは特にないと思ってしまう人もいるかもしれませんが、実はちゃんとあります。 普通郵便の場合には、盗難被害に神経質にならずに済むでしょう。 これが、現金書留の場合ですと、別次元の問題になります。 タンス貯金なら、自宅に鍵を掛けておくという、防犯のための方法があります。 しかし、現金書留の郵便物の場合には、どうすれば良いか迷っている人もいるでしょう。 そのために、現金書留も可能な郵便局留めの制度があります。 郵便局で現金書留を管理してもらうことは、盗難被害の危険性を減らすための、負担の少ない方法です。 言うまでもなく、受け取りのタイミングは自由です。 相手に郵便局留めの希望を伝えて、後は都合のよい日時に取りに行くだけですので、現金書留の受け取りの方法として推奨します。 長期の旅行を楽しみながら、郵便物が受け取れるという便利な制度です。 利用の仕方は、旅行先の近くの郵便局を宛先に指定するだけです。 旅行中の郵便物の心配も、この方法でなくなります。 旅行中の郵便物の対応方法としては、不在届けによる留め置きという方法もあります。 この方法は、世帯全員が不在にする場合にのみ利用可能な制度ですので、一人暮らしでなければ使い勝手は悪いでしょう。 一方の郵便局留めの場合には、自分自身で利用可能ですので、旅行中に好都合です。 郵便物といえば、「ゆうパケット」についてご存知でしょうか。 これは、小型の荷物を、手紙やはがきの様に郵便受けで受け取れる制度です。 このゆうパケットのサービスの利用方法について解説した記事があります。 追跡サービスが利用できて便利な制度ですので、併せてご覧ください。 郵便局留めの受け取り方とは? 郵便局留めの受け取りの時には身分証明書の持参を忘れずに 郵便局留めの受け取りの時には、身分証明書の持参を忘れずに持参する必要があります。 これは、他人が郵便物をだまし取ることがないようにするための、本人確認の趣旨です。 郵便局の受付窓口では、郵便局留めの受け取りに来た旨を告げます。 ここで、身分証明書の提出を要求されます。 身分証明書を提出すれば、郵便局員の手で、該当する郵便物が手渡されます。 ここで、間違いがないか確認をします。 確認が終わったら、印鑑またはフルネームのサインを要求されますので、サインまたは印鑑を済ませれば、受け取りは終了です。 そして、受け取りの前の準備を解説します。 当該郵便物の発送された数日後には、通例指定した郵便局に届いていますので、頃合いを見計らって受け取りに行きます。 郵便物によっては、伝票番号で郵便追跡サービスを利用してネットで到着を確認できます。 荷物が郵便局に保管される期間は10日間ですが、延長の依頼もできます。 着払いや代引きの代金は受け取りの郵便局で支払おう 着払いや代引きの代金は、受け取りの郵便局で支払いましょう。 郵便局留めの制度は、着払いや代引きも問題なく利用できる点も強みですが、その代金の支払いも郵便局の窓口で支払えば済みますので、楽さが魅力です。 ここで、受け取りの郵便局の選び方についてのアドバイスをします。 最寄りの郵便局で受け取れば、行き来の時間が短くて済むメリットがあります。 一方、集配郵便局を選べば、郵便局留めを取り扱う種類が多いというメリットの他に、24時間365日対応している便利さもあります。 平日の昼間に都合が付く場合は、最寄りの郵便局の指定を推奨します。 郵便物をなるべく早めに自分で受け取りたい場合には、レターパックやゆうパックでの送付を希望して、郵便局留め制度を使えばよいでしょう。 一人暮らしの郵便物の自宅への配達は、留守による再配達の可能性がありますが、郵便物追跡サービスと郵便局留めでその手間暇がなくなります。 郵便局留めの送り方とは?宛名・住所の書き方は? 郵便局留めの送り方は相手の本名と受け取り希望郵便局を知るだけ 郵便局留めの送り方は、相手の本名と受け取り希望郵便局を知るだけです。 受け取り希望の郵便局については、郵便局名だけではなく、郵便番号と郵便局の住所を知らせてもらう必要があります。 ここが正確でなければ、郵便局留めで送りたくても、送り返されてしまうおそれがあります。 そもそも郵便局留めというものは、送り方に特別な要素があるわけではありません。 単純に、受け取り希望の郵便局が、相手の住所に変わるだけです。 よって、ゆうパックやレターパックそして書留の送り方としては、伝票を普通に使えばよいのです。 着払いを希望する場合には、伝えます。 郵便局留めでの宛名・住所の書き方は郵便局の住所と「郵便局名留」 郵便局留めでの宛名・住所の書き方は、郵便局の住所と「郵便局名留」です。 相手の本名に、某郵便局留めとするのが、相手の住所の代わりの書き方です。 後は、送り方に特殊な点はなく、宛名・住所の書き方は簡単です。 コンビニでゆうパックを預ける送り方以外の場合には、郵便局の住所は都道府県名だけでも、書き方として充分です。 ただ例えば銀座の場合には、紛らわしくなるるため、正確な住所を訪ねておくことを推奨します。 郵便局の郵便番号や住所は、全国郵便局検索で調べる書き方もあります。 郵便物の受け取りをより便利にするのは郵便局留め 郵便局留め郵便物の受け取りは、郵便局留めでより便利になります。 着払いも可能で便利であり、宛名や住所の書き方も楽です。 送る側の送り方にも、特殊な点はあまりありません。

次の

クリックポストは局留め可能?書き方は住所なしでよい?メルカリでは禁止

郵便局留め 書き方

レターパックライトの書き方 レターパックライトの書き方は、まずは郵便局やコンビニなどでレターパックライトの封筒を購入してください。 レターパックには、レターパックプラスとレターパックライトの2つの種類がありますが 青いのがレターパックライトの封筒です。 レターパックライトとレターパックプラスの違いや使い分け方のコツなどについては、コチラの記事に書いてあります。 その欄に、送り先の郵便番号を書きます。 お届け先の欄に送り先の住所と氏名と電話番号 郵便番号を調べて書いた後に、その下に 「お届け先To」という欄があります。 電話番号は、固定電話の番号でもいいですし、携帯電話の番号でもどちらでもいいです。 送り先の人に連絡がつく電話番号を記入してください。 ご依頼主の欄に送り主の住所と氏名と電話番号 「お届け先To」の欄の下に「ご依頼主From」という欄があります。 送り主 自分 の電話番号も固定電話の番号でも携帯電話の番号でもどちらでもいいです。 連絡がつきやすい番号を記入してください。 ・本や雑誌 ・CDやDVD ・服などの場合は衣類 ・書類 ・領収書や請求書などの場合は信書 など、どんな物が入っているのか簡単でいいので、わかりやすく記入してください。 レターパックライトの書き方はこれで全て書いてあります。 ボールペンや油性ペンなど簡単に消えない物でしっかりと書いていってください。 レターパックライトに入れて送ることができない物などについては、コチラの記事に書いてあります。 そして、レターパックライトの送り方は ・ 郵便局に持っていく ・ ポストに投函する の2つの方法があります。 レターパックライトは、封筒に入れるだけでいいので、特に荷物を梱包する必要はありません そのまま直接入れてもいいですし、ビニール袋などに簡単にくるんで入れて濡れ防止をするくらいですね。 後は、封筒に両面テープがついているので、その両面テープでしっかりと入り口を閉じてください。 表面についている追跡シールを剥がす レターパックライトには、最初から追跡用の追跡番号がシールでついています。 その追跡シールを 送る前に必ず剥がして大切に保管しておいてください。 この追跡番号で、今レターパックライトがどこにあるのかを簡単に確認することができます。 なので、送り先にもこの追跡番号を連絡してください。 レターパックライトを送った後の追跡方法については、コチラの記事に詳しく書いてあります。 しかし、2019年10月1日から増税によって、レターパックライトの料金が 360円から370円に値上がりしました。 増税前に購入した360円のレターパックライトは、増税後に使用する時は、10円足りません なので、増税前に購入したレターパックライトを、増税後に使う場合は、表面に10円切手を貼って送ってください。 レターパックライトの料金は、封筒の表面に記載されているので送る前に確認してください。 切手の正しい貼り位置やルールなどについては、コチラの記事に書いてあります。 これは送り先の住所に届ける場合ですが、レターパックライトは郵便局留めで送ることもできます。 そこで、レターパックライトの郵便局留めにする時の出し方は、お届け先の書き方が違ってきます。 〇〇郵便局 郵便局留め っていうような感じですね。 この氏名が記入されていないと、誰に届いたレターパックかわからないのでしっかりと送り先の氏名を忘れずに書いてください。 「ご依頼主」や「品名」の欄の書き方は、上記で書いた書き方と同じです。 出し方は、郵便局の窓口に持っていくかポストに投函するかどちらかで出してください。 レターパックライトを出す時の注意点 レターパックライトを出す時に注意してほしい注意点があって、それが ・ 集荷はできない ・ 厚み3cmを超えないようにする ・ 重量は4kg以下にする ・ 補償はつけれない ・ コンビニから送れない などです。 集荷はできない 集荷はできないっていうのは、郵便配達員に荷物を自宅まで取りにきてもらうことはできないっていうことです。 レターパックプラスの場合は、集荷もできます。 しかし、レターパックライトの場合は集荷ができないので必ず自分で、郵便局かポストまで持っていって送ってください。 荷物を取りに来てもらえるレターパックプラスの書き方や出し方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。 なので、厚さが3cmを超えないように注意してください。 特に、梱包する時にプチプチなどの衝撃剤などに来るんでしまうと厚くなりやすくなってしまうので注意してください。 重量は4kg以下にする 重量は4kg以下にするっていうのは、レターパックライトで送れる荷物の重量は4kgまでです。 重量が4kgを超えている場合は、返送されて戻ってくるので注意してください。 補償はつけらない 補償はつけらないっていうのは、郵便物などは配達中に壊れてしまったり紛失してしまったりした時よ用に、配達物に補償をつけるサービスがあります。 しかし、レターパックライトには補償をつけるサービスがないので補償をつけることはできません 郵便物に補償をつけたい場合は、書留で送るのがおすすめです。 書留とは何か一般書留と簡易書留の違いなどについては、コチラの記事に書いてあります。 なので、コンビニに持っていってもそのまま送ることができると思ってしまいます。 しかし、レターパックライトはコンビニからは、送ることができないので注意してください。 ただし、コンビニ内にポストがある場合は、そのポストに投函することができます。 レターパックライトが届く配達日数の簡単な調べ方や早く届くようにするコツなどについては、コチラの記事に書いてあります。 レターパックライトの書き方は、封筒の表面に ・ お届け先の郵便番号 ・ お届け先欄 ・ ご依頼主欄 ・ 品名欄 があります。 その場所に、しっかりと送り先の情報や送り主の情報を書いてください。 そして、送り方は ・ 厚さが3cmを超えない ・ 重量が4kgを超えない ・ 追跡シールを剥がす ようにしてから ・ 郵便局に持っていく ・ ポストに投函する のどちらかの方法で送ってください。 そして、レターパックライトを郵便局留めで出す時は ・ 届ける郵便局の郵便番号 ・ お届け先に届ける郵便局の住所と郵便局の名前 ・ 郵便局留め など書き方に注意して出してください。 レターパックライトを梱包中に封筒が破れてしまったり使えない状態になった時の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

次の