ラプラス 対策 剣盾。 【ポケモン剣盾】ラプラス育成論・対策【キョダイマックス】

【初心者向け剣盾記事】受けポケモンの崩し方:旧禁娯楽のレノバスタン

ラプラス 対策 剣盾

ポケモン剣盾、まだやってます? ポケダンDXが発売されて、そっちばかりプレイしているという方も多いのでは? 実は、私もその内の一人。 だって、面白いもん、ポケダンDX。 剣盾も面白いよ? でも、もうやることが対戦しかないじゃないですか。 新作だったり、他にやりたいゲームだったり、流行りのゲームだったり。 そういうの差し置いてまではやらないよね。 だから、シーズン開始から6日までの数日だけプレイして、その後放置してたんですよ。 でも、不思議なもので、やらないとやりたくなるんですよね。 あー、久しぶりにやりたいなあと。 そうしてランクに潜り始めると、どこもかしこも ラプラス。 誰も彼もがラプラスに乗ってるわけですよ。 冗談はさておき、キョダイマックスが解禁されたので、皆使ってるわけです。 キョダイセンリツによるオーロラベール展開、水・氷・電気という広めの技範囲、高水準の耐久。 そしてなにより可愛い。 そりゃ、皆使うよね。 ということで、今回はキョダイラプラスの対策を考察していこうと思います。 今回の記事はメジャーなキョダイラプラスの対策を考察しているため、マイナーな型やメタ系の型の対策ではありません。 あくまでも、環境に多いスタンダードなキョダイラプラスの対策記事として書いていきます。 アシキさんも言っている通り、ラプラスを 「倒す」という点においては、恐らくパッチラゴン以上の回答はないでしょう。 ただ、これ一つで万全といえるほど、キョダイラプラスは甘いポケモンではありません。 この鉢巻パッチラゴンの欠点は二つ。 一つは 命中率。 はりきりにより命中率が8割になるので、どうしても安定しません。 パッチラゴンを使う際には、机が傷だらけになることを覚悟しましょう。 二つ目の欠点は、 対面でしか仕事できないこと。 キョダイセンリツでオーロラベールを貼られた場合、でんげきくちばしでも落とせません。 そのため、 後投げでは間に合わず、対面を作らなくてはいけません。 対面を作っても、ドリュウズ等で誤魔化されることもありますし。 これが二つ目の欠点。 欠点を二つ挙げはしましたが、現状キョダイラプラスを倒す方向では、やはりパッチラゴンに勝るものはなさそう。 というか、キョダイラプラスの様なチートポケモンを倒すには、多少無理をするくらいでないと成しえません。 それを踏まえると、パッチラゴンはかなり有用な対策となりそうです。 ヌケニンで完封する キョダイラプラスの対策として、最近注目度が上がっている ヌケニン。 特性 「ふしぎなまもり」により、 キョダイラプラスの技を全て無効にし完封が可能。 当然、オーロラベールの展開も許しません。 先のパッチラゴンと違い、 後投げからでも仕事ができるのが魅力。 一見万能そうにも見えますが、ヌケニンによる対策にも欠点はあります。 それが、 ラプラス以外に弱いこと。 絶対防御のように見えるふしぎのまもりは、想像以上に穴があるのです。 まず、 火傷や毒といった状態異常。 特に火傷をばら撒ける鬼火は汎用性が高く、様々なパーティに採用されています。 裏のポケモンへの負荷も考えると、読んでも気軽に引くことができません。 また、「あつぞこブーツ」や「ぼうじんゴーグル」で防げるとはいえ、ステロや天候ダメも天敵。 意外と弱点の多いポケモンなんですよ。 そのため、キョダイラプラスに対しては対策として申し分ないものの、それ以外の仕事が何もできずに終わってしまう可能性が高い、というのが弱点です。 とはいえ、環境トップメタのキョダイラプラスを安定して対策できるメリットは大きく、パーティに一匹入れておくだけで選出誘導もできる優秀なポケモンです。 壁ターンを枯らす 三つ目の対策は、 サイクルを回して壁ターンを枯らす、というシンプルなもの。 ナットレイやカビゴン等の、高耐久で弱点を突かれないポケモンを使い、オーロラベールの5ターン(光の粘土時は8ターン)を受けきります。 こちらもアシキさんが解説してくれています。 紹介しておいて何ですが、 個人的にはあまりお勧めはしていません。 というのも、研究の進んだ現在では、裏のポケモンによる対策が整っているんですよね。 先の動画内では、割と素直なタイミングでキョダイマックスを切ってくれていましたが、現在ではそうはいかないでしょう。 ナットレイを始めとした重いポケモンが出てきた際には、裏のポケモンで処理されてしまう可能性が高いです。 また、フリーズドライや絶対零度を読む必要があるので、ある程度PSが必要なんですよね。 初心者向けの解説を目指している当ブログの方針には合いませんからね。 対策としてはアリなものの、本記事では非推奨としています。 まとめ 本記事では、キョダイラプラスの対策として、以下の三点を挙げました。 パッチラゴンで倒す• ヌケニンで攻撃を防ぐ• サイクルを回して壁ターンを枯らす 三つ目の壁ターンを枯らす戦術はともかく、上の二つは割と取り入れやすく、効果を発揮しやすい対策だと感じています。 キョダイラプラスの対策でお困りの方は、ぜひ参考にして頂けると嬉しいです。 また、今回はキョダイラプラスを対策するという方向で記事を書きましたが、次はキョダイラプラスを使うという方向でも記事を書いていきたいと思います。 今シーズンでは、 いかに相手のラプラスを止めながら、こちらのラプラスを通すかという勝負になりそうなので。 使ってこそ見えてくる意外な弱点とかもありますしね。 ぜひ、そちらの記事も見て頂けると嬉しいです。

次の

【ポケモン剣盾】ラプラス(キョダイマックス)の育成論!努力値と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

ラプラス 対策 剣盾

キョダイラプラスの育成論 ラプラスの攻撃技 「うたかたのアリア」 みず技 タイプ一致 威力90 命中100 音技 みがわりを貫通する。 相手のやけど状態を治す。 他に様々水技を覚えるが、「みがわり」を貫通するためこちらを採用。 タイプ相性で不利な「ローブシン」のやけどを治して「こんじょう」での火力アップを切ることもできる。 「フリーズドライ」 こおり技 タイプ一致 威力70 命中100 こおりタイプの技だが、みずタイプにもばつぐんで通る。 「水技」と「フリーズドライ」の通りはとても良い。 また「ヌオー」「トリトドン」などの草技しか弱点がないポケモンにも4倍弱点で倒すことができる為、かなりの有用。 みずタイプ ひこうタイプ共に通る「フリーズドライ」だが、アーマーガアには等倍のためあったら便利。 また「フリーズドライ」はダイマックスしたらただのこおり技になるため、ダイマックス中にギャラドス対面で4倍で打てる「10まんボルト」はあると役に立つ。 「大雨」状態では必中になる。 威力は高いが、命中が超不安定。 ダイマックスしてダイストリームを打つ前提だったら有り。 ラプラスの少し足りない火力を補う。 この技のおかげで積み技の起点にされにくく強い。 アーマーガアやサニーゴといった受けポケモンに強く出れる。 ダイマックス中の相手には効かないため、ダイマックスが読める場面では絶対に打ってはいけない。 「つのドリル」 いちげきひっさつ技。 この技のおかげで積み技の起点にされにくい。 「アーマーガア」や「ドヒドイデ」「ニンフィア」といった受けポケモンに強く出れる。 ダイマックス中の相手には効かないため、ダイマックスが読める場面では絶対に打ってはいけない。 「こおりのつぶて」 こおりタイプ 物理技 威力40 命中100 必ず先制で攻撃できる。 優先度プラス1 貴重な先制技。 少し足りない火力を補う。 すばやさの遅いラプラスに相性が良い。 ラプラスの先制技は有名なので持っていなくても警戒させるという意味で働いてくれることもある。 通常ラプラスの育成論です。 ラプラスの特性は「ちょすい」が殆ど とくせい:ちょすい みず技を受けると最大HPの4分の1回復する。 ねっとうワンウエポンの受けサイクルで採用されることが多い、「ドヒドイデ」「ヌオー」の並びに強くなり、炎タイプ、地面タイプや岩タイプに飛んでくる水タイプ技の受け先として役に立つ。 「シェルアーマー」「うるおいボディ」 この2つのとくせいは意外性の選択肢 ラプラスの「ちょすい」は有名なため、もともとラプラスに水技なんて飛んでこない。 と仮定した場合、他のとくせいも選択肢に入ります。 あくまで基本形は「ちょすい」ということを覚えておこう。 「シェルアーマー」 相手の技が急所に当たらない 「うるおいボディ」 天候が「大雨」の時に、状態異常が回復する。 性格は「ひかえめ」「れいせい」 じゃくてんほけん以外で火力を上げる事ができないため、性格補正も「とくこう」にかかる場合が多い。 しかし、「いちげきひっさつ」技を採用するなら耐久寄りの性格もあり。 フルアタ構成になる事がほとんど。 じゃくてんほけん発動がの技範囲を出来るだけ広くとっておきたいので、「みず」「こおり」「でんき」タイプの技が採用される。 「フリーズドライ」と「ぜったいれいど」 ラプラスは技範囲を広げるための氷技打点として「フリーズドライ」を持っています。 またダイマックスすると「ぜったいれいど」も、こおりタイプの攻撃技として認識されるため、「キョダイセンリツ」になります。 そのため「ぜったいれいど」のみ採用してフリーズドライを採用しない型も見られます。 「こおりのつぶて」と「ぜったいれいど」 「こおりのつぶて」は物理打点ながら鈍足のラプラスが持てる唯一の先制技。 「じゃくてんほけん」が発動すれば物理の火力も上がるため、努力値を振っていなくてもそこそこの火力が出る。 「ぜったいれいど」は、特殊防御が高い「ニンフィア」や「カビゴン」を一撃で屠る事ができるポテンシャルがあるので、止まるポケモンで止まらない理論上最強のラプラスを作る事ができる。 果たして電気技が本当に必要なのか 「フリーズドライ」を採用すれば水タイプへの抜群がとれるため、果たして電気技が必要なのか疑問です。 電気技は、「はがね」「ひこう」や「みず」「はがね」など、こおりタイプの技を等倍で受けるポケモンに対して持っておくと便利です。 「ダイサンダー」も打てるため「あくび」で流される心配がなくなります。 耐久に性格補正と努力値を極振り! 技の威力で攻めるわけではないので、努力値と性格補正は耐久に極振りします。 「のんき」HB型がオススメ もともとラプラスは特殊耐久が高く、なおかつ物理ポケモンの方が環境に多いので、防御に上昇補正をかけた「のんき」HB型がオススメです。 持ち物は「たべのこし」推奨 できるだけ「一撃必殺技」の施行回数を増やすために持ち物は食べ残しを推奨しています。 一撃必殺技を2回打てば5割の確率で当たり、4回打てばもうほぼ確実に1匹は落としています。 ダイマックスのポケモン相手には一撃必殺技は効果がないので、相手のダイマックスをうまく消費させた後に、通していきたいポケモンです。 キョダイラプラス対策.

次の

【ポケモン剣盾】ラプラス(キョダイマックス)の育成論!努力値と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

ラプラス 対策 剣盾

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 水ポケモン相手にみがわりを貼るだけ ヌオーやドヒドイデ相手にみがわりを貼り、攻撃していくだけで受け回しパーティに勝利できる型。 相手がねっとうしか攻撃技を持っていない場合、ちょすいのお陰でみがわりが割られず、どくどくなども受けないので完封できる。 努力値はBCをベースに調整 努力値配分は低めの火力を補うためのC252を推奨。 また、特殊アタッカーとは無理に撃ち合いしないことが多いため、Bに振って物理に強くするのがおすすめ。 必要に応じてHやD、Sに振り分けよう。 A個体値は0が理想 みがわりがタイプ一致のイカサマを耐えるために、Aの個体値は0が理想。 A0の場合はBに20振れば耐えられるのに対し、A31の場合はBに156も振る必要が出てくる。 10まんボルトの理由 10まんボルトは、ダイマックス後に フリーズドライで弱点を突けなくなった水相手に使う目的で採用している。 アーマーガアにも効果抜群となるので刺さる場面は多い。 ダイマックス前提の採用なら威力の高いかみなりもおすすめだ。 うたかたのアリア持ちの入手方法 うたかたのアリアはラプラスのタマゴ技だが、他に覚えるポケモンが一切存在しない。 レイドやオーラ付きを捕獲し、覚えていることを祈るしか自力での入手方法が無い。 非常に手間なので、持っている人から交換して貰うのがおすすめだ。 4倍弱点でも無い限りラプラスの攻撃は1回耐えられるので、5割以上のダメージを与える技2回で倒しきろう。 水タイプはフリーズドライに注意 現環境のラプラスは間違いなくフリーズドライを覚えている。 水タイプポケモンは弱点を突かれるので注意が必要だ。 特にヌオーやトリトドン、ギャラドスなどは4倍弱点となってしまう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の