スタッフサービス 評判。 「嘘をつかれてた…」スタッフサービスの口コミ評判・特徴まとめ

【派遣会社】スタッフサービスってどう?派遣社員の口コミ・評判

スタッフサービス 評判

スタッフサービスメディカル 口コミ評判 人材派遣業界の再編。 テプスがインテリジェンス anなどを持つ を買収し、業界2位の新会社が誕生する。 一方医療・介護専門に絞った人材派遣を進めるスタッフサービスなどニッチ分野を開拓する動きも。 — Hiroki Maebayashi hm2314 スタッフサービスに袖にされてから、家に帰ると、別の会社から単発の仕事のオファーが来た。 介護仕事の合否が気になったが、開始日をずらしてもらってはどうかと提案されて、そのようにして、仕事を引き受けた。 無職にならなくて良かった。 — まこと(仮名) makotokana スタッフサービス メディカルの注目ポイント 働いている方の年齢層は1位40代、3位50代。 中高年が活躍中! スタッフサービスメディカルで働く半数以上が40代(31%)・50代(20%)の中高年!60代で現役の方も! 求人の応募条件に 『中高年OK』という項目もあり、力を入れているようです。 スタッフサービスメディカルは人生経験豊富な 40代・50代の中高年がまさに活躍できる再就職の場となっています。 介護職は現場のみではなく、相談役(ケアマネージャー)や、マネジメントなどを行うサービス提供責任者など様々な仕事があります。 ケアマネージャーとして独立する人もいて 『一生働ける仕事として転職した』という声もあります。 資格取得費用を負担してくれる! スタッフサービス メディカルの正社員として働く場合、資格取得のための費用を負担してくれる 『資格取得報奨金制度』を利用できます。 3年間を目安に介護のプロを目指します。 それぞれの資格を取得することで、キャリアアップ・年収アップが可能です。 取得できる資格一覧• 介護初任者研修• 実務者研修• 介護福祉士(国家試験) スタッフサービスメディカルの研修内容 介護初任者研修 全ての入り口となる基礎で、介護を行う上での基本的な知識、技術を学びます。 高齢の方とのコミニュケーションの取り方や、介護・福祉についても学ぶことができるので、サービスの向上を図るためにも取っておくと有利な資格となります。 ホームヘルパー2級は廃止され、それに相当するのが介護初任者研修資格になります。 実務者研修 介護初任者研修の上級資格で、職種の幅が広がり給与アップが見込めます。 医療的知識や、認知症について、介護制度など、普段の業務からでは習得しにくい知識を習得することができます。 ホームヘルパー1級は廃止され、それに相当するのが実務者研修となります。 介護福祉士 介護唯一の国家試験です。 実務者研修を取得し、実務経験3年を積むことで介護福祉士の応募資格が与えられます。 就ける職種も広がり、介護のプロとなります。 介護福祉士資格が管理職の応募資格になることも多いため、資格することでキャリアアップ・年収アップが可能です。 介護施設での雇用と何が違うの? 施設での直接雇用と、スタッフサービス・メディカルで派遣として働く。 実際、どちらがいいのでしょうか?介護はサービス形態・施設により雰囲気も方針もバラバラ。 具体的な違いを見ていきましょう! スタッフサービス・ メディカル 企業の社員 勤務地 希望を出せる! ずっと同じ 残業代 全額支給 サービス残業普通の施設も 休日 週休二日 休日出勤可能性あり スキルアップ 資格手当、奨励金制度! 独学や通信教育 ボーナス 賞与あり! 出ない施設も(泣) スタッフサービスメディカル 紹介企業や求人の特徴 スタッフサービス メディカルが強いのは? スタッフサービス メディカル 紹介先特徴 長期利用者が多い案件が上位を占めています。 また、無資格・未経験から介護職に働ける求人が多いため、不安なく介護職にチャレンジできます。 登録から入職までの流れ 1.お仕事説明会来社登録または電話でお仕事紹介 専任担当者に相談しながらお仕事を探したい方は来社登録しましょう。 電話で気軽に相談したい方はカンタン1分WEB登録サービスもあります。 2.お仕事説明会・スタッフ登録 スタッフサービス・メディカルのシステムや、サポート等の説明を受け、希望があれば条件のヒアリング、希望条件にあったお仕事の説明・紹介をしてくれます。 介護のお仕事がはじめてで、話だけ聞いてみたい方も気軽に説明会に参加できます。 3.面接・職場見学 学歴・経験不問で、もちろん就業中の応募も可能です。 応募先が決まったら面接・職場見学で気になる職場環境を確認しましょう。 4.内定・入職 お互いの意思確認をして、条件が合えばお仕事開始です。 勤務開始後の悩みや条件変更についても専任担当者がサポートしてくれます。 スタッフサービスメディカル 突撃インタビュー 営業企画部 ヒューマンリソースセンター(宮川氏) 働いてるのはどんな人? どのようなきっかけで介護職に就くのでしょうか。 宮川氏:人それぞれではありますが、元々人とかかわるのが好きな方や、人の笑顔が見るのが好きという理由の人もいれば、自分の身内で介護サービスを利用した際に立ち会ったなどの理由で介護職に就く方が多いです。 未経験でも大丈夫とのことですが、実際に未経験の方はどのくらいいらっしゃいますか? 宮川氏:未経験で介護を始められる方は、 全体の7割くらいになります。 資格取得費用を全額負担!? 資格取得の費用が無料だということですが、どうして無料なのですか? 宮川氏:最低限のスキルを持ち合わせていただきたいので、 スタッフサービス・メディカルで取得費用を全額補助しております。 資格取得のメリットを教えてください(給料面・職種の幅など) 宮川氏:初任者研修の資格では給与の変動はありません。 実務者研修を取得すると3,000円/月。 介護福祉士は10,000円/月。 ケアマネージャーは10,000円/月の 資格手当が毎月支給されます。 前述した通り、介護福祉士取得後は、リーダーへの登用等により、リーダー手当(5,000円/月~30,000円/月)の支給があります。 また、 キャリアコンシェルジュへの道も開けてきます。 経験を積んで選択肢を広げる 介護職でキャリアアップは可能ですか? 宮川氏:資格取得支援により、介護福祉士を目指すことが、第一歩となります。 その後は常用型の中でのリーダーになっていくことや、キャリアコンシェルジュ(営業職)として就業していくプランなど様々なプランを用意しております。 昇給・昇格はありますか? 宮川氏:半期ごとに上期・下期の評価を実施します。 通年の累積評価において、 6月度に昇給が実施されます。 リーダーへは4半期ごとに、登用のタイミングを設けております。 未経験から介護職を始めた時のキャリアプランを教えて下さい。 宮川氏:就業しながら、介護職員初任者研修を受講していただきます。 その後、一年お仕事をした後に、実務者研修を習得してもらいます。 丸三年の実務と実務者研修受講していれば、介護福祉士の受験をすることができます。 就業先で正社員になることはできますか? 宮川氏:可能です。 ただし、就業先の条件によって違います。 入社のイメージ 選考基準・応募資格はありますか? 宮川氏: 学歴・経験不問です。 年齢制限はありますか? 宮川氏:年齢制限はありません。 定年(再雇用あり)は60歳となるため、それ以下であれば入社できます。 実際に 50代後半の方の入社もあります。 派遣先企業は選べるのでしょうか。 宮川氏:希望は最大限考慮させていただきます。 派遣先が変わる時に空白期間は生じるのでしょうか? 宮川氏:基本的に 空白期間(いわゆる待機期間)は、ほとんどありません。 今までの実績では、最大でも5日間となっており、ほとんどのケースでは1日もあけずに施設を異動していただいております。 就業中でも応募はできますか? 宮川氏:もちろん、応募可能です。 入社日に関しては、ご本人と調整させていただき、入社日を決定いたします。 是非、ご応募お待ちしております。 宮川さん、ありがとうございました。 「スタッフサービス・メディカル」、取材を終えて スタッフサービス・メディカルへの取材を終えて 資格取得費用を全額負担というのは驚きました。 段階を踏んで資格を取得していき、 最終的には国家試験の介護福祉士を目指すとのこと。 自分で資格を取ろうとすると、数十万円の費用がかかるので、これはとても大きいのではないのでしょうか。 介護職は、サービス施設・企業によって待遇・仕事内容が異なるという特徴があります。 残業代が支給されない、施設の雰囲気が合わなかったなどの理由で退職する人がたくさんいます。 スタッフサービス・メディカルでは、 職場環境や待遇を詳しく説明してくれるため、自分に合う施設を見つけることが可能です。 介護職に不安を抱く人には、サポート体制の整うスタッフサービス・メディカルを視野に入れてみてくださいね。 求職者様へ動画でメッセージ!.

次の

スタッフサービス(オー人事net)の口コミ・評判

スタッフサービス 評判

スタッフサービスメディカル 口コミ評判 人材派遣業界の再編。 テプスがインテリジェンス anなどを持つ を買収し、業界2位の新会社が誕生する。 一方医療・介護専門に絞った人材派遣を進めるスタッフサービスなどニッチ分野を開拓する動きも。 — Hiroki Maebayashi hm2314 スタッフサービスに袖にされてから、家に帰ると、別の会社から単発の仕事のオファーが来た。 介護仕事の合否が気になったが、開始日をずらしてもらってはどうかと提案されて、そのようにして、仕事を引き受けた。 無職にならなくて良かった。 — まこと(仮名) makotokana スタッフサービス メディカルの注目ポイント 働いている方の年齢層は1位40代、3位50代。 中高年が活躍中! スタッフサービスメディカルで働く半数以上が40代(31%)・50代(20%)の中高年!60代で現役の方も! 求人の応募条件に 『中高年OK』という項目もあり、力を入れているようです。 スタッフサービスメディカルは人生経験豊富な 40代・50代の中高年がまさに活躍できる再就職の場となっています。 介護職は現場のみではなく、相談役(ケアマネージャー)や、マネジメントなどを行うサービス提供責任者など様々な仕事があります。 ケアマネージャーとして独立する人もいて 『一生働ける仕事として転職した』という声もあります。 資格取得費用を負担してくれる! スタッフサービス メディカルの正社員として働く場合、資格取得のための費用を負担してくれる 『資格取得報奨金制度』を利用できます。 3年間を目安に介護のプロを目指します。 それぞれの資格を取得することで、キャリアアップ・年収アップが可能です。 取得できる資格一覧• 介護初任者研修• 実務者研修• 介護福祉士(国家試験) スタッフサービスメディカルの研修内容 介護初任者研修 全ての入り口となる基礎で、介護を行う上での基本的な知識、技術を学びます。 高齢の方とのコミニュケーションの取り方や、介護・福祉についても学ぶことができるので、サービスの向上を図るためにも取っておくと有利な資格となります。 ホームヘルパー2級は廃止され、それに相当するのが介護初任者研修資格になります。 実務者研修 介護初任者研修の上級資格で、職種の幅が広がり給与アップが見込めます。 医療的知識や、認知症について、介護制度など、普段の業務からでは習得しにくい知識を習得することができます。 ホームヘルパー1級は廃止され、それに相当するのが実務者研修となります。 介護福祉士 介護唯一の国家試験です。 実務者研修を取得し、実務経験3年を積むことで介護福祉士の応募資格が与えられます。 就ける職種も広がり、介護のプロとなります。 介護福祉士資格が管理職の応募資格になることも多いため、資格することでキャリアアップ・年収アップが可能です。 介護施設での雇用と何が違うの? 施設での直接雇用と、スタッフサービス・メディカルで派遣として働く。 実際、どちらがいいのでしょうか?介護はサービス形態・施設により雰囲気も方針もバラバラ。 具体的な違いを見ていきましょう! スタッフサービス・ メディカル 企業の社員 勤務地 希望を出せる! ずっと同じ 残業代 全額支給 サービス残業普通の施設も 休日 週休二日 休日出勤可能性あり スキルアップ 資格手当、奨励金制度! 独学や通信教育 ボーナス 賞与あり! 出ない施設も(泣) スタッフサービスメディカル 紹介企業や求人の特徴 スタッフサービス メディカルが強いのは? スタッフサービス メディカル 紹介先特徴 長期利用者が多い案件が上位を占めています。 また、無資格・未経験から介護職に働ける求人が多いため、不安なく介護職にチャレンジできます。 登録から入職までの流れ 1.お仕事説明会来社登録または電話でお仕事紹介 専任担当者に相談しながらお仕事を探したい方は来社登録しましょう。 電話で気軽に相談したい方はカンタン1分WEB登録サービスもあります。 2.お仕事説明会・スタッフ登録 スタッフサービス・メディカルのシステムや、サポート等の説明を受け、希望があれば条件のヒアリング、希望条件にあったお仕事の説明・紹介をしてくれます。 介護のお仕事がはじめてで、話だけ聞いてみたい方も気軽に説明会に参加できます。 3.面接・職場見学 学歴・経験不問で、もちろん就業中の応募も可能です。 応募先が決まったら面接・職場見学で気になる職場環境を確認しましょう。 4.内定・入職 お互いの意思確認をして、条件が合えばお仕事開始です。 勤務開始後の悩みや条件変更についても専任担当者がサポートしてくれます。 スタッフサービスメディカル 突撃インタビュー 営業企画部 ヒューマンリソースセンター(宮川氏) 働いてるのはどんな人? どのようなきっかけで介護職に就くのでしょうか。 宮川氏:人それぞれではありますが、元々人とかかわるのが好きな方や、人の笑顔が見るのが好きという理由の人もいれば、自分の身内で介護サービスを利用した際に立ち会ったなどの理由で介護職に就く方が多いです。 未経験でも大丈夫とのことですが、実際に未経験の方はどのくらいいらっしゃいますか? 宮川氏:未経験で介護を始められる方は、 全体の7割くらいになります。 資格取得費用を全額負担!? 資格取得の費用が無料だということですが、どうして無料なのですか? 宮川氏:最低限のスキルを持ち合わせていただきたいので、 スタッフサービス・メディカルで取得費用を全額補助しております。 資格取得のメリットを教えてください(給料面・職種の幅など) 宮川氏:初任者研修の資格では給与の変動はありません。 実務者研修を取得すると3,000円/月。 介護福祉士は10,000円/月。 ケアマネージャーは10,000円/月の 資格手当が毎月支給されます。 前述した通り、介護福祉士取得後は、リーダーへの登用等により、リーダー手当(5,000円/月~30,000円/月)の支給があります。 また、 キャリアコンシェルジュへの道も開けてきます。 経験を積んで選択肢を広げる 介護職でキャリアアップは可能ですか? 宮川氏:資格取得支援により、介護福祉士を目指すことが、第一歩となります。 その後は常用型の中でのリーダーになっていくことや、キャリアコンシェルジュ(営業職)として就業していくプランなど様々なプランを用意しております。 昇給・昇格はありますか? 宮川氏:半期ごとに上期・下期の評価を実施します。 通年の累積評価において、 6月度に昇給が実施されます。 リーダーへは4半期ごとに、登用のタイミングを設けております。 未経験から介護職を始めた時のキャリアプランを教えて下さい。 宮川氏:就業しながら、介護職員初任者研修を受講していただきます。 その後、一年お仕事をした後に、実務者研修を習得してもらいます。 丸三年の実務と実務者研修受講していれば、介護福祉士の受験をすることができます。 就業先で正社員になることはできますか? 宮川氏:可能です。 ただし、就業先の条件によって違います。 入社のイメージ 選考基準・応募資格はありますか? 宮川氏: 学歴・経験不問です。 年齢制限はありますか? 宮川氏:年齢制限はありません。 定年(再雇用あり)は60歳となるため、それ以下であれば入社できます。 実際に 50代後半の方の入社もあります。 派遣先企業は選べるのでしょうか。 宮川氏:希望は最大限考慮させていただきます。 派遣先が変わる時に空白期間は生じるのでしょうか? 宮川氏:基本的に 空白期間(いわゆる待機期間)は、ほとんどありません。 今までの実績では、最大でも5日間となっており、ほとんどのケースでは1日もあけずに施設を異動していただいております。 就業中でも応募はできますか? 宮川氏:もちろん、応募可能です。 入社日に関しては、ご本人と調整させていただき、入社日を決定いたします。 是非、ご応募お待ちしております。 宮川さん、ありがとうございました。 「スタッフサービス・メディカル」、取材を終えて スタッフサービス・メディカルへの取材を終えて 資格取得費用を全額負担というのは驚きました。 段階を踏んで資格を取得していき、 最終的には国家試験の介護福祉士を目指すとのこと。 自分で資格を取ろうとすると、数十万円の費用がかかるので、これはとても大きいのではないのでしょうか。 介護職は、サービス施設・企業によって待遇・仕事内容が異なるという特徴があります。 残業代が支給されない、施設の雰囲気が合わなかったなどの理由で退職する人がたくさんいます。 スタッフサービス・メディカルでは、 職場環境や待遇を詳しく説明してくれるため、自分に合う施設を見つけることが可能です。 介護職に不安を抱く人には、サポート体制の整うスタッフサービス・メディカルを視野に入れてみてくださいね。 求職者様へ動画でメッセージ!.

次の

ゼンスタッフサービスの評判どう?ここでしか聞けない大学生の口コミまとめ!|t

スタッフサービス 評判

回答者 2. 8 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 300万円 20万円 1万円 20万円 20万円 給与制度: 通常の派遣と比べると、月給制なので安定して給与はもらえるが、時給で考えると金額はだいぶ低いと感じます。 賞与もあまり期待する額ではないです。 業績が良いと少しですがご祝儀として支給されたことはありました。 評価制度: 長年同じ配属先に勤めていて、重要な仕事も任せられている優秀な先輩の方が、きちんと評価されていないように感じていました。 クラス評価などの制度はあるようですが、普段の勤務状況を評価できるのはあくまで配属先の上司であり、雇用元にはきちんと伝わりづらいのかなと思います。 回答者 3. 1 働きがい: お給料は初任給からよかったです。 給与水準も高いため、モチベーションはそこで保てます。 年齢の近い同僚が多く、非常に風通しはよいです。 就職初年度は当然怒られることも多く、くじける毎日でしたが、同期も皆成長したい!というマインドの人が多く、気が合いました。 そのため、みんなで励まし合い、お互いの活躍を刺激にし、何とか乗り越えていました。 先輩も同じ雰囲気、考え方の方が多かったので、業務終了後の付き合い含め楽しい時間を過ごすことができました。 ただし当然営業会社なので、結果はストイックにみられます。 怒られることも当然あり、同期で辞める人も少なくはなかったです。 まだ続けいる同期とは未だに付き合いがありますが、役職も与えられ、責任はありますが給料はよいです。 特にリクルートグループになってから風通し、働き方も大きく見直され、かなり働きなくなっていると聞きます。 個人の成長にコミットしながら、業績にも繋げていく社風は本当に素晴らしいと思います。 成長・キャリア開発: 新規営業開拓における、コミュニケーション能力向上につなげられたと思います。 回答者 4. 1 特に働きやすいとは思わない。 ただ、女性はコーディネーターか営業かで大きく変わる。 コーディネーターは産休者が多い印象。 時短勤務や、産休後の復帰も多く感じる。 (在職中はコーディネーターの産休者1. 5割程いた。 復帰者も一名いた。 ) 理由として、女性の割合が大きいこと、コーディネーターのトップが女性だった事も大きいかもしれない。 女性営業は産休者を見たことがない。 関わりないので正確には知らないが、関東、関西はいるかも。 また私の支店では20名程いる女性営業の中で既婚者が1名しかいなかった。 (子供無し) 営業は時短勤務も復帰も難しいと思う。 理由は、仕事と家庭の切り替えがとても難しい。 帰宅後や有給中の電話対応(クレーム、請求書を直ぐに送って等)社用携帯は手放せない。 企業や、スタッフからは自分の休みは関係ないので、電話なる、メール来る、上司、同僚から報告の連絡来る。 エリアにもよるが、営業だと両立は難しく感じる。 回答者 3. 9 強み: 手厚い社員のサポート。 担当エリアの営業含む派遣先でのチーム内の交流があって孤独感がない。 メンターがそれぞれ1人つき、半期毎に目標を設定するためキャリアアップ、スキルアップ面を多少強要してくるので、よっぽどやる気がない人でなければ成長できる環境。 新卒入社であったが、100人を超える同期がいた。 弱み: キャリアアップ、スキルアップの目標の進捗具合を報告する義務などがあるため、成長する気のない人には面倒な会社かもしれない。 社員のキャリアアップなどの支援が手厚い分、給金が低い。 月給はそこそこで賞与が無いため、年収で見ると心もとない。 1年の間に退社する人も多少なりともいた。 事業展望: 全体の給金上昇を目指すために、新卒入社や中途採用を手当たり次第に迎い入れず人数を絞って受け入れるべきかと思う。

次の