癖がすごいネタ。 芸人・千鳥ノブのツッコミで有名な「クセがすごい」の意味や使い方とは?

芸人・千鳥ノブのツッコミで有名な「クセがすごい」の意味や使い方とは?

癖がすごいネタ

ツイキャスでゲイ&風俗ネタをウリに知名度を上げ、現在はTwitterやYouTubeに動画を上げて人気を博しているインフルエンサー・カマたく初の単行本『頑張らなくても意外と死なないからざっくり生きてこ』(KADOKAWA)は、なんと意外なことに仏教の教えに通じるカマたくの人生観、生き方が語られる一冊になっている。 そんな彼が、道でつば吐くやつ、割り込んでくるやつ、感じの悪い店員といった、生活していて出会うイラッとくる人物に遭遇したときのエピソードを「あるある」的な動画にまとめ(ゲイ風俗でのトンデモな要求をしてきた客との経験を語ったものは全然「あるある」ではないが、それを除けば)、最終的にはその怒りをペットボトルや空気人形などの物にぶつけて終了するという、フジテレビの『痛快TVスカッとジャパン』にも通ずる構成の動画で知られている。 この本では「あるある」要素はあまり見られない。 動画ではカマたくが演じるムカつく人物の演技やそれに対するレスポンスの表情や、「ストレスの空気感染がひどい」「下ネタのエレクトリカルパレード」といった独特のワーディングのセンスのおもしろさが特徴だ。 しかし本では当然、顔芸はない。 また、ワーディングセンスの妙は後退したわけではないが、むしろ発言内容の説得力のほうが際立っている。 インフルエンサー本というよりマジモンのビジネス・実用カテゴリーの本では? たとえば、コミュ力がなくて悩んでいるという人に対しては「会話が苦手なことより無表情のほうが大問題。 人見知りはとにかく微笑んでいろ」。 SNSに疲れてます、という人に対しては「Twitterは治安悪いし、Instagramは見栄の塊。 平和になんてできるわけないからめんどくさいならやめろ!」「キラキラして見える人のほうが、案外しんどさ抱えてる。 一生インスタにUPしない、日高屋の唐揚げが一番旨い」。 ブラック企業勤務の経験からは「パワハラがまかり通ってる会社って、もうパワハラがルールになって回っちゃってるところが多い。 組織に属するには、組織の常識に順応しなきゃいけない。 悲しいけど、改革するとかって難しいし体力を消耗しちゃう。 常識が意味不明なら「私にここは合ってない」って判断でやめるのが早いわ」。 この洞察力と問題の対処法は、数あるインフルエンサー本の中でも屈指の実用性を誇ると言っていいだろう。 カマたくはなぜこうした、身も蓋もないが「たしかに」「なるほど」と思える発言を連発できるのか? カマたくが自身の経験から、透徹した視線を持つリアリストになったからだろう。 さらには「最後はどれだけ成果を上げるか」と言い、世界一嫌いな名詞は「絆」であり、嫌いな言葉は「愛は地球を救う」、地球を救える唯一のものはカネだ、と語るので、若干のネオリベ臭を感じながら読み進めていくと、どうも弱者排除を肯定するロジックとしてそういうことを言っているのではないことがわかってくる。 世の中には、ジャマな概念がいっぱいある。 特にいらねぇなと思うのは、「自分に自信がある」「メンタルが強い」「自己肯定感」あたりね。 自分に自信が「ある」「ない」なんて考えたこともない。 自分が強いとか弱いとか、知らない。 そんな概念捨てちまえ。 無駄に悩むだけよ。 理想が高いのも、セフレがいるのも、クズ好きも、ホストに何百万と使うのも「それが私の幸せでーす!」って言い切れるのならあなたにとってそれが正解なの。 「こういう世の中になってほしい」とかいう思いもゼロなの。 こういう発言に現れているのは、to be(あるべき姿、なりたい自分) ではなくas is(あるがままの自分や現実)こそを見つめて肯定する、という価値観だ。 本を読む前に目次を眺めていると「第1章人間関係 執着をなくせば、悩みもしない」と書いてあって「仏教か」と思ったが、本を最後まで読んでいくと本当に仏教的な「執着を捨てる」ということが彼の生き方のベースになっていることがわかる(仏教に対しての言及はゼロなので、本人にその自覚があるのかは不明)。 執着を捨てれば、人生はどこでも、なんでも楽しくなるわ。 「これがある」を見すぎるから「これがない」が気になるの。 無がいちばん楽よ。 何かがあることに執着するのが、不幸の始まり。 今いる場所、たどりついた先にたまたま存在する楽しいことを見てればればいい。 カマたくは「自分がやりたいからやる」と思ったことはあまりなく、人にすすめられたまま飛び込んでやり始めて続けるパターンが多いが、それでも人生は充実している、と言う。 これは禅/マインドフルネスで言われる「過去や未来に意識を向けるのではなく、今この瞬間に集中せよ」ということ、それが充実した感覚の獲得につながる、という話に通じている。 カマたくの視聴者/読者が仏教の本やマインドフルネスを説いたビジネス書を読んでいるかはわからないが、言ってることはいっしょだ。 「執着を捨てればラクに生きられる」というゴータマ・シッダルタが2500年くらい前に説いた人間関係に対する真理にカマたくが無自覚に到達していたのだとしたら……本当にすごい。 飯田一史.

次の

千鳥のネタ作りはどっちがやっている? 漫才のクセがすごいって何?

癖がすごいネタ

小学校では、5・6年生になると、中学進学を意識した勉強になってきます。 そして、多くの小学校で自主学習ノートの宿題が出ます。 中学校では、小学校の時のように単元が終わるごとのテストはなくなります。 その代わりに、中間・期末テストとなり、複数単元が範囲になるテストが始まります。 小学校とはまるで違う形のテスト形態になるので、いきなりだと「勉強のやり方がわからない!」という子が続出してしまいます。 そういう事を防止するために、今、 自分に足りないものや練習した方が良さそうな学びをしてきなさい、というのが自主学習ノートです。 自分が苦手なことを題材にしてやればいいのですが、なかなかやる気が起きませんよね? また、何をどんな風にすればいいのかも分からないお子さんもいるのでは?と思います。 このあと、どのようなことをしたら良いのか、具体的な内容もご紹介していきますね。 スポンサーリンク 自学ノートを難しく考える必要はない 例えば、「近いうちにテストがある科目の教科書を書き写す」なども十分な自主学習ノートになります。 特に理科や社会は地図や年表、図解、実験結果などが書いてあると思います。 色鉛筆などを使い、自分なりにわかりやすく書き写してまとめたら、立派な自主学習になりますよ。 もちろん、漢字練習だって、計算練習だって良いんです。 自主学習に間違いなんてありません。 自分が学びたい、学ぶべき事だと感じたことをすればいいのです。 「これをさせたい。 」ということがあれば、先生は宿題として出しています。 6年生の自主学習ノートは、自ら学ぶ癖付けや、言われなくても何かできる子になる様にという目的から出す場合が多いようです。 自主学習ノートのネタをご紹介 それでも悩んでしまうお子さんの為に、例をあげますね。 ・作文 私の息子のクラスの自学にはテーマはなんでもいいから作文を書く、というのが必ずあります。 作文が苦手だったり宿題をはやく終わらせたい子は、改行したり、知ってる漢字をひらがなにしたり、ちょっとずるい事をする年頃でもあります^^; その対策なのか、毎回作文を書いた後にチェックする項目がありました。 ・何段落書いたか ・漢字はいくつ使っているか ・読みたくなるタイトルか ・会話文はいくつあるか 小さなプリントに、上の4つのことが書いてあり、最後のページに貼るんです。 まだ、習ってない漢字まで辞書引きをし、書いてくる生徒が続出! ゲーム感覚で楽しみながら競わせて、辞書引きや熟語練習をやる気にさせる素晴らしいやり方だと思います。 作文を書くことは、国語の勉強にもなりますし、文章力、語彙、漢字など、色々良い作用があります。 やることがない日は、何かお題を決めて作文を書くことも自主学習になります。 ・食育レポート 食育レポートと題し、その日の晩ご飯の絵を描き、材料別に栄養群に分けた表を書く子もいました。 栄養価やメニューバランスがわかり、また、絵を描くことで、それなりにページ数が稼げます。 色鉛筆を使うと見た目もキレイで、分かりやすいため、評価が良かったです。 評価のために自主学習するわけではありませんが、モチベーションを上げるために、息子の担任の先生は、必ずA. C判定を書いてノートを戻してくれました。 ・歌詞や絵も自主学習 その時習っている曲でも大丈夫です。 なんなら、好きなアーティストの歌詞でもOKです^^ 音楽のテストで、学校歌の歌詞の虫食い問題が出る中学校があります。 小学生の間から、自分の学校の校歌くらいスラスラ書ける方が良いですよね。 そんな癖がついていると、中学生になっても、定期テスト前に必ず校歌を書きます。 息子の地域の中学校は、1年1学期に校歌の歌詞の問題がくり返し出るので、効果的な自学だと思います。 また、人物画を描いたりするのも図工の自学になります。 身の回りのもの、鉛筆や花など、鉛筆1本で真剣に描いたら大作になるかもしれませんね。 ・マインドマップは全科目学べる 個人的におすすめなのは、科目に関わらない マインドマップ。 社会や理科に多いですが、何でも活用できますよ! 歴史上人物や、地理、理科生物、漢字、なんでも大丈夫。 自分の人間関係マインドマップを書いてみたら、面白くていいかもしれませんね。 自分の根っこがわかって、家族で楽しめる学びだと思います。 オリジナル感を出せ、工夫次第で面白くなったり、芸術的になったり、女の子なら可愛らしく仕上がるでしょう。 スポンサーリンク 自主学習を楽しむ、小さな発見を大切に 勉強って、嫌なイメージありますよね? でも、勉強のやり方ひとつで、大好きになる可能性があるんです。 マインドマップもそのうちの一つだし、読書だって、道を歩いている時に見つけた草花一つでも、興味を持てば、なんらかの学びになるんです。 そういう些細なことをじっくり調べ、オリジナルの図表に表す。 これこそが自学なんです。 こんなのでいいの?と言わず、お母さんだけは認めてあげて欲しいと思います。 そもそも勉強は興味を持つことから始まります。 誰かが何かに興味を持たなければ、分かっていないことだらけの世の中になってしまいます。 子ども独特の発想を笑うのではなく、感性を褒めてあげてくださいね^^ まとめ 自主学習というと、つい構えてしまうのでしょうか? 何をしても、自身の学びになればそれで良いのです。 私は、子どもたちの自学ノートをめったに見ません。 小学校を卒業してから見たぐらいです。 特に長男の自学ノートは独特でした。 沢山のプリントが貼ってあって、これでいいの?という内容でしたが、先生は、必ず褒めるコメントを書いてくれてました。 自主学習ノートは「自分で学ぶノート」だという事を、忘れないように言ってあげましょう。

次の

白桃ピーチよぴぴの本名や性別や年齢は?経歴や芸歴とネタも調査!|るほりの笑顔

癖がすごいネタ

ツイキャスでゲイ&風俗ネタをウリに知名度を上げ、現在はTwitterやYouTubeに動画を上げて人気を博しているインフルエンサー・カマたく初の単行本『頑張らなくても意外と死なないからざっくり生きてこ』(KADOKAWA)は、なんと意外なことに仏教の教えに通じるカマたくの人生観、生き方が語られる一冊になっている。 カマたくとは? 動画と本の違いは? カマたくは、ふだんは新宿・歌舞伎町のゲイバー勤務。 そんな彼が、道でつば吐くやつ、割り込んでくるやつ、感じの悪い店員といった、生活していて出会うイラッとくる人物に遭遇したときのエピソードを「あるある」的な動画にまとめ(ゲイ風俗でのトンデモな要求をしてきた客との経験を語ったものは全然「あるある」ではないが、それを除けば)、最終的にはその怒りをペットボトルや空気人形などの物にぶつけて終了するという、フジテレビの『痛快TVスカッとジャパン』にも通ずる構成の動画で知られている。 ゲイ関連のお話とイライラ この本では「あるある」要素はあまり見られない。 動画ではカマたくが演じるムカつく人物の演技やそれに対するレスポンスの表情や、「ストレスの空気感染がひどい」「下ネタのエレクトリカルパレード」といった独特のワーディングのセンスのおもしろさが特徴だ。 しかし本では当然、顔芸はない。 また、ワーディングセンスの妙は後退したわけではないが、むしろ発言内容の説得力のほうが際立っている。 インフルエンサー本というよりマジモンのビジネス・実用カテゴリーの本では? たとえば、コミュ力がなくて悩んでいるという人に対しては「会話が苦手なことより無表情のほうが大問題。 人見知りはとにかく微笑んでいろ」。 SNSに疲れてます、という人に対しては「Twitterは治安悪いし、Instagramは見栄の塊。 平和になんてできるわけないからめんどくさいならやめろ!」「キラキラして見える人のほうが、案外しんどさ抱えてる。 一生インスタにUPしない、日高屋の唐揚げが一番旨い」。 ブラック企業勤務の経験からは「パワハラがまかり通ってる会社って、もうパワハラがルールになって回っちゃってるところが多い。 組織に属するには、組織の常識に順応しなきゃいけない。 悲しいけど、改革するとかって難しいし体力を消耗しちゃう。 常識が意味不明なら「私にここは合ってない」って判断でやめるのが早いわ」。 この洞察力と問題の対処法は、数あるインフルエンサー本の中でも屈指の実用性を誇ると言っていいだろう。 カマたくはなぜこうした、身も蓋もないが「たしかに」「なるほど」と思える発言を連発できるのか? カマたくが自身の経験から、透徹した視線を持つリアリストになったからだろう。

次の