ラプター ライナー。 エブリイワゴンのカスタム投稿画像!オーナーによるスズキ エブリイワゴン DA62W DA62W DA62Wのカスタム情報|車のカスタム情報はCARTUNE

DASH:ラプターライナーコーティング

ラプター ライナー

軽の枠内で、よりアクティブに 兵庫県の但東自動車と山口県のシーザーによる共同プロジェクト、サムライピックシリーズからリリースされているハイゼットカーゴとハイゼットデッキバン。 軽トラの利便性と軽バンの居住性とを合わせた仕様で、4人がしっかり乗車できて、荷物もたっぷり積めるというのがこの2台の最も魅力的なアドバンテージ。 多人数でのアウトドアレジャーやキャンプなどを楽しむのに、この2台はうってつけなのだ。 そんな両車の足元を支えるのが、サムライピックオリジナルのリフトアップキット。 軽トラ用は2インチと4インチの設定なのだが、この軽バン用は3インチアップ仕様となるのがその特徴だ。 これは165の14インチタイヤを履かせたときに、全高を2メートル以内に収めるための設定。 3インチなら軽カーの規格を超えないから、車検もぎりぎりクリアできて、アゲた感もしっかり獲得できる絶妙なバランスのセッティングとなっているのである。 ちなみにシーザーでは、特殊塗料であるラプターライナーも取り扱う。 ボディに塗るだけでサビの発生やキズ付きを防止できるうえ、融雪剤や海水などの塩害からも愛車を保護することが可能に。 スプレーガンやローラーを使えばDIYでも施工できるというのも魅力で、3インチアップ車でさまざまなフィールドを遊び尽くしたいという人には、ぜひ施工してほしい塗装だ。 実用性と居住性を兼ね備えたカーゴに、独特なスタイリングでバツグンのファッション性まで獲得できるデッキバン。 ひと味違うリフトアップ軽バンに乗りたいなら、絶対に見逃せない。 独特なスタイリングでオシャレも楽しめる 独特のスタイリングで、実用的なだけでなく、オシャレ度もバツグンなのが魅力なハイゼットデッキバン。 3インチのリフトアップだから全高が2メートルを超えず、これだけしっかりとアゲた感を獲得できるのに、車検もクリアできるというのがうれしい。 4人がゆったり乗車できて、自由に使える荷台も備わるから、海や川、雪のレジャーなどでも使い勝手は満点。 デモカーのようにボディ色やホワイトレターで飾れば、アウトドア感も激増し。 シンプルながらも存在感に長けたフロントは、アゲるとその迫力が強まる感じ。 ボディカラーによって印象は一変されるため、慎重に選びたい。 デモカーのボディカラーはミリタリームードも漂うオフビートカーキ。 これを含め車体色は全7色を用意。 塗り分けはラプターライナーで。 タイヤはグラントレックTG4で、国産では希少なブロック系のオールシーズン。 アメリカ製のホワイトレターステッカーも雰囲気満点だ。 シーザーでも取り扱っているエフクラス製ハードカーゴキャリア。 スチール製で耐久性と品質に優れ、用途に合わせてカスタムできるのも特徴。 サムライピックのオリジナル品であるマッドガードも設定あり。 シンプルかつクラシカルな4WDロゴが描かれている。 取り付けもラクラクだ。 4人がしっかり乗れて、荷物もたっぷり積めるというのがそのコンセプトで、インチアップは車検をぎりぎりクリアできる全高となる3インチに設定。 リアには長めの油圧式専用ショックを。 フロントはストラット上部にキャンバー角補正済みのスペーサーをかまる仕組み。 ショックとスプリングは純正を流用。 3インチのリフトアップキットは、サムライピックのオリジナル。 ブロックをかませてアゲるため、乗り心地も確保可。 施工した面がザラザラとしたワイルドな質感になるため、ミリタリー路線やアウトドア路線におけるドレスアップ効果も優秀だ。 シーザーでも施工はしてくれるが、スプレーガンかローラーがあればDIYで施工することも可能。 ちなみにシーザーでの施工工賃は、ボンネットなら2万円からが目安。 材料費込みとなるため、かなりリーズナブルな設定だ。 1本の容量は1リットルで、まとめて4本以上購入すれば、施工用のスプレーガンが無料で付属。 DIY派にも優しい。 施工した後の表面は、ザラッとした独特の質感に。 ワイルドな雰囲気がたっぷりで、リフトアップ系にも絶対オススメ。 デッキバンなら荷台に施工しておけば、より自由に便利に使えること確実。 サビやキズに強いから、遠慮せずに積める。 caesar. 24 箱型 K-CAR カスタムガイド2019より [スタイルワゴン・ドレスアップナビ] 【注意】• 掲載されている写真はそれぞれの車種用でないものも含まれています。 また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 購入の際は必ずご確認ください。 商品の価格・仕様・発売元等は記事掲載時点でのものです。 商品の価格は本体価格と消費税込みの総額表記が混在しております。 商品を購入される際などには、メーカー、ショップで必ず価格・仕様・返品方法についてご確認の上、お買い求め下さい。 購入時のトラブルについて、出版元・編集部は一切関知しません。 また責任も負いかねます。 2020 All Rights Reserved.

次の

DASH:ラプターライナーコーティング

ラプター ライナー

耐久性 剝がれたり劣化したりしない性能。 厚みのあるものほど強く、厚くすためにザラザラしたチッピング材が入っているものもあり。 どのライナーも下地との密着が良ければ簡単に剥がれませんが、さすがに鋭利なものが勢いよく当たったりすると剥がれる場合があります。 耐候性 荷台は常に風雨にさらされるので、屋外でも劣化しない性能です。 耐薬品性 ほかの塗料や溶剤がこぼれてもコーティングが分解したりしない性能です。 防汚性 荷台が汚れても水で洗い流せばすぐにきれいにできる性能。 表面がつるつるしたものは落としやすいが、ザラザラのものだとブラシでこすらないと奇麗になりません。 耐塩性 釣り師や漁師にありがちな 「塩を含んだもの」を直接荷台に載せる機会があり、 塩分によって下地が錆びたり劣化しない性能です。 施工性 ここはベッドライナーの種類によって大きく違うところです。 DIY可能なものと不可能なものがあります。 可能でも大変な工程を踏むものから、スプレータイプでシュッとひと吹きするものまで多種多様です。 無毒性 荷台を素手で触っても 人体に害を及ぼさない性能。 施工中は別ですが完成後の塗料は科学的に安定しているのでほとんどの場合直接触っても問題ありません。 用途に合わせてベッドライナーを選ぼう 種類が豊富 で性能面もそれぞれに特徴があります。 得意な分野があればそうでないものもあります。 防錆、傷防止、泥防止、スタイル重視、経済性、どれを重視するかで選ぶ商品が変わってくるでしょう。 そこで、独自の視点で調査したもののうち、 特にオススメできるものを6つ紹介します。 この記事はこんな人におススメです• どんなものがあるか分からない• DIYで施工するにはどれがいいのか• 何を基準に選べばいいか分からない それではいってみましょう! ベッドライナー・荷台保護塗装 商品紹介 LINE-X ラインエックス アタイの知っている中で一番強力なライナーです。 「荷台保護」で検索したらまず最初にヒットするほど 有名です。 その耐久性の証拠にアメリカ政府や軍などが採用し、戦車やヘリの外装にも使われています。 「USトヨタ」や「ランドローバー」では純正オプションとして採用されています。 材質は「ポリウレア」という人工的に作り出しにくい素材を、特殊な技術で塗れるように加工したもので ポリウレアは安定性と強度が高く、一度固まると分解しにくい性質があります。 質感は 適度に凹凸がある硬い表面で厚みは約2㎜。 以前は黒一色でしたが最近ではいくつかのカラーバリエーションがあります。 2追記 約480種類ものカラバリがあるそうです! しかし、 専用の道具を持っている 工場に持ち込む必要があり、 硬化に47時間かかるので二日ほど愛車と離れ離れに・・・ というわけで残念ながら DIY不可です。 性能に見合ってお値段もなかなか。 軽トラの荷台で 15万円~なので 予算に余裕がある方向けと言えるでしょう。 しかしこのレベルの塗料を軽トラの荷台に塗るのはもはや贅沢なのかもしれません。 アウトドア系のクルマに似合いそうですよね! タフライナー 特殊なポリウレタン樹脂を荷台にスプレー塗装します。 特殊な吹き付け設備を使うので DIY 不可。 作業時間は約2日間。 スプレー式なので塗りにくい溶接部の境目や空洞部もコーティングできます。 LINEーX と同じく 表面はザラザラ。 カラーバリエーションは 12色! 費用はLINE-Xより安く、軽トラックの荷台で 65000円~です。 参照:滝川自工公式サイト うむ、リーズナブル。 LINE-Xのようなネームバリューには興味ないけど、 信頼できるコーティングがしたい人向けのライナーといえるでしょう。 親切に4缶セットで売られています! DIY派でコンプレッサーをすぐに用意できる方にはオススメの商品です。 やや弾力のある表面で前者の三つとは少し違う仕上がりです。 これも働く車用に開発されたもので、塩水をかぶる漁師のトラックによく施行されるみたいです。 そしてこれも DIY 可能です。 さらにラプターライナーと違い、 コンプレッサーは必要ありません。 刷毛とローラーで塗ります。 刷毛で塗るDIYは塗装よりハードルが低く、 塗り方を変えることにより ザラザラやツルツルなど自分の思い通りに仕上げることができるのがいいところ。 カラーは灰色と白の2色展開。 施工はやや面倒、5層の被膜だけに手間も5倍かかります。 しかしそれだけ皮膜が強力なので、いくつもの工程があるのは納得できます。 手順は、、 まず専用のプライマーを2回重ね塗りし、コーティング剤を塗り、乾いたらトップコートを2回重ね塗り。 (もちろん下地のペーパーがけは必要です) 計5回の塗り作業があるので、時間に余裕のある方向けのライナーです。 (白があるという噂も) DIY可能でコンプレッサーは必要ありません。 メリットは簡単に施工できること。 1日あれば終わります。 1度塗りで被膜が形成されるのでSCコートに比べ手間が少なく、ローラーや刷毛で塗れるので仕上がりの質感調整も可能! 塗り始めはネバネバしていますが固まると石のようにカチカチにになります。 我が家の軽トラに塗っていますが耐久性も申し分なく、ちょっとやそっとでは剥がれません。 7Lで販売されてます、軽トラックの荷台なら1セットでちょうどいいです。 特徴は何といっても 簡単に塗れること!ローラーでグリグリする必要はありません! 被膜はザラザラで、ぱっと見ラプターライナーやヒッポーライナーと見分けがつきません! また同じような種類で チッピングコートという商品もありますが、性能にあまり違いがないためこれについての説明は省きます。 吹き付け式なのでラプターライナー同様、 塗装テクニックが必要。 耐久性は前に紹介した本格的なライナーには負けますが、固まってしまえばそこそこ頑丈。 本塗りにはいささか不安なので、私は 塗装が剥がれた際の補修用という一時しのぎ的使い方をしています。

次の

ラプターライナーってご存知ですかぁ?

ラプター ライナー

容器のボトルのカッコよさに かなり惹かれた、 こんにちは、 ブログ担当のピッ太です。 クロカン系のおクルマの ゴッツいバンパーや オーバーフェンダーなどには ピッタリですよね。 ブラック以外のカラーも 作れるようなので カスタマイズイメージが さらに広がりそう。 コクピットエイジHPの ブログには 動画がありますので ぜひご覧になってくださいね。 それでは〜 より、 「ラプターライナーってご存知ですかぁ? 」 いつもコクピットエイジのブログをご覧いただき ありがとうございます。 ちょこちょこ更新され、ほかにもおもしろいネタが たくさん掲載されてますよ〜 お問い合わせもコクピットエイジへお願いします。 それとコクピットエイジのホームページでは カスタマイズを施した魅力的なデモカーや オーナーズカーを紹介しています。 メーカーや車種別に検索できますので ぜひご利用ください。 からどうぞ。 こ〜んな作業や商品のお取り付けは ぜひコクピットにお任せください。 お近くの店舗検索なら、からですよ〜 コクピットエイジのホームページはをクリック! カスタマイズからメンテナンスまで、 役に立つ情報満載のコクピットのホームページ 「COCKPIT PRESS」はをクリック!.

次の