ブログ 始め方 雑記。 【シンプル】雑記ブログでオシャレなブログ名のつけ方|3つのコツとは?

雑記ブログを成長させるために必要なポイントまとめ

ブログ 始め方 雑記

1.「雑誌ブログ」とは? 雑誌ブログでは、 テーマを3~5個くらいにしぼってブログを運営していきます。 雑記ブログほどなんでも書けるわけではありません。 かといって、特化ブログのようにテーマを1つにしぼらなくてもいいのです。 これにより、 「運営しやすさ」と「稼ぎやすさ」を両立します。 例えば、ある主婦向け雑誌の鉄板ネタは 「節約」「料理」「片づけ」の3テーマです。 この3つのテーマが繰り返し、手を替え品を替え登場します。 これをブログに応用するのです。 「節約」だけにしぼれば特化ブログですが、雑誌ブログではそこまで縛 しば りません。 テーマに「料理」や「片づけ」も含めると、楽にブログ運営をすることができます。 ただし、やるべきことはたくさんあります。 カテゴリーを整理する• メニューや関連記事表示を最適化する など、ごちゃごちゃしないようにしたり、過去の記事にも簡単にたどり着けるようにしたりする工夫は必要です。 例えるなら、• 雑記ブログ:「新聞」みたいなもの• 雑誌ブログ:「雑誌」みたいなもの• 特化ブログ:「書籍」みたいなもの といった感じです。 結論はここまでですが、もう少し詳しい説明を読みたい方は、続けてお読みください。 そうでない方は、下記の関連記事をお読みください。 雑記ブログのメリット 雑記ブログとは、テーマが定まっていない「なんでもあり」のブログです。 メリットは 自分の好きなことが自由に書ける点です。 縛 しば りがないのでどんなことでも書けるんですね。 今日の晩ごはん• ネコの話• 好きなゲームの紹介• たまにブログ論 などなど、なんでもOKです。 ブログ初心者でも簡単に運営できます。 2-2. 雑記ブログのデメリット 一方で、この自由さが雑記ブログのデメリットにもなります。 好きなように書いているので、1つ1つの記事が バラバラに存在し、ごちゃごちゃするんですね。 その結果、読者にとっては興味がある記事もあれば、そうでない記事も出てくるでしょう。 読者の属性がどうしても あいまいになりがちです。 アフィリエイトで稼ぐときにもターゲットがあいまいになるため、難易度が高くなります。 特化ブログのメリット 特化ブログとは、「ある1つのテーマ」だけを徹底的に書いているブログです。 メリットは、テーマがしぼられているので 読者が明確な点です。 例えば、ヨーロッパ旅行だけにテーマをしぼったブログを書くとします。 どんな人が訪れるでしょうか? そう、 ヨーロッパ旅行に興味がある人ですね。 余計な記事がないため、必要としている記事にすぐたどり着けるという読者側のメリットもあります。 アフィリエイトサイトはほとんどが何かに「特化」した形をとっています。 「紹介する商品ありき」なので自然とその商品を中心に特化したネタになるからです。 最近はブログ形式でアフィリエイトをしている方もたくさんいます。 なんでもかんでもアリの雑記ブログに比べるとターゲットがしぼられている分、アフィリエイトで稼ぎやすいと言えます。 3-2. 特化ブログのデメリット 一方でデメリットは、 ネタに困るという点です。 ヨーロッパ旅行に行くブログを書いたはいいけど、旅行記を書いたら終わりで放置という方もいることでしょう。 そして、選ぶテーマによっては 全く人が来ません。 その分野の専門家だったり、ある程度ブログをやっている方なら問題ありません。 しかし、初心者がいきなりマイナーなジャンルで特化ブログをやると、 続かない可能性が高いです。 ブログは続けることが重要なので、これではテーマをしぼって運営する意味がありません。 完全に特化するならそのテーマだけで50記事くらいは書ける見通しがある場合かなと思うところです。 4.「雑誌ブログ」というスタイル 今までいろいろなブログを見てきました。 するとある共通点がありました。 最初は「雑記ブログ」ではじめる。 この流れが1つの 成功モデルです。 というか、私がそのパターンでした。 もちろん、twitterやはてなブックマークを上手に活用する人は、いきなり雑記ブログで成功しているかもしれません。 また、最初から特化ブログで良いジャンルに巡り合っている人も結果が出ています。 ただ、すべての人がそうではないので1つのモデルとして提案するのが 雑誌ブログです。 4-1. 雑誌ブログの運営しやすさ 「新聞」や「書籍」と比較すると、雑記ブログが新聞寄りで、特化ブログは書籍寄りです。 雑誌ブログはその中間でそのまま 雑誌というイメージです。 3~5のテーマならネタに困ることもなく、安定して続けることができます。 ある程度テーマをしぼっているのでごちゃごちゃせず、専門性も出しやすくなるでしょう。 運営のしやすさという観点から、初心者におススメです。 「カテゴリーを3~5個にするということですか?」とよくご質問をいただきます。 例えばカテゴリーが10個あったときに、その中で 3~5個の記事数が他のカテゴリーよりも多ければ十分絞っているといます。 逆に言えば、10個のカテゴリーが全部同じくらいの記事数だと、雑記ブログを抜け出していないイメージです。 4-2. 雑誌ブログの稼ぎやすさ 稼ぎやすさについては「ターゲット(対象者)」の観点から分類してみます。 雑記ブログはテーマがばらばらなので「あいまい」、特化ブログはテーマが1つで「ピンポイント」、そして雑誌ブログはその中間で 「属性」です。 雑記ブログの読者のようにあいまいではないけれど、特化ブログほどピンポイントではない 「層」を読者にしていきます。 例えば、が• 30代関東在住• 子どもがいる• 専業主婦• 節約・料理・片づけに関心がある 層をターゲットにしているみたいな感じですね。 読者層というと難しく感じるかもしれませんが、 ブログを書いている自分の属性=読者層にするってことです。 自分が30代サラリーマンなら、「30代サラリーマン」という読者層を集めていくイメージです(本当はもう少し限定した方がいいですが)。 最後に この記事では雑誌ブログについて書きました。 要するに、 雑記ブログと特化ブログの良いとこどりをしようということです。 運営者で区別すると、• 雑記ブログ=プロブロガー• 雑誌ブログ=趣味ブロガー• 特化ブログ=アフィリエイター あたりが当てはまるかなと思うところです。 このブログは、趣味ブロガーとして雑誌ブログを運営し、月1万円稼ぐ自動販売機を作る方法をお伝えしているのです。 この記事は「考え方」を中心に書いたので、 「もやっ」とした方がほとんどだと思います。 他の「具体的な方法」について書いた記事を合わせて読んでいただくことで、ようやく「ああ、そういうことか」と分かるようにしているので、他の記事もぜひお読みください。

次の

WordPress(ワードプレス)ブログの始め方とは? 手順を苦手な人にもわかりやすく解説

ブログ 始め方 雑記

雑記ブログは特化型ブログに対して、「稼げない」と言われています。 確かにPVで換算すると、特化型より収益率は悪いです。 しかし雑記ブログで稼いでいる人はたくさんいます。 稼ぎ方が特化型ブログと違うだけであって、「稼げない」という訳ではありません。 スポンサードリンク 目次 1,始めに ブログをやるなら、最初に ジャンルを絞らなければいけません。 自分が得意な分野は何なのか?興味がある、または勉強したい分野は何だろう?? 得意なジャンルがあればいいですが、そういった得意ジャンルがない人の方が実際多いです。 その場合は「雑記ブログ」にたどり着きます。 雑記ブログは好きなことをジャンル問わず書くことが出来て、継続して続け易いです。 例えば「金融」とブログジャンルを絞ったら、金融について書くことがどれくらいありますか?勉強し続けられれば書き続けますが、結構大変です。 ブログを書く前に下調べをしなければいけなくなるので、時間が倍以上は掛かります。 雑記ブログであれば普段インプットした知識を、自分の言葉でブログに書き続ければいいだけです。 ニュースから得た知識やテレビ、本、インターネットなど。 普通に生活していれば何らかの情報は入ってくるので、それをジャンル問わず記事にすればいいのです。 とっても簡単そうじゃないですか? 2,雑記ブログはキャラが大事 雑記ブログでは 「キャラ作り」が武器になります。 雑記ブログはジャンルが絞られていない分、回遊性が低くなります。 例えば保険について知りたくて、保険のブログにたどり着いたとします。 そこで有益な情報を得ることが出来たら、別のページを閲覧したり、ブックマークする可能性は高いですよね? しかし雑記ブログであれば、仮に有益な情報を得たとしても、情報のジャンルが定まっていないので、他のページを見ようとも思いません。 こういった時にファンを作るには、自分自身のキャラを作ることです。 記事の中身というよりは、 「この人が書いているからブログをチェックする」というような状態を作り上げましょう。 芸能人とまではいきませんが、それに近い感覚です。 ユーチューバーではそういった戦略でアクセス数を稼ぐ人が多いですね。 スポンサードリンク 3,PVを集め易いのが雑記ブログの武器 雑記ブログはジャンル問わず記事を量産できます。 ですので特化型ブログに対して、アクセス数を集め易いのが特徴です。 記事を書く時のキーワード選定が幅広くなり、たくさんのワードでユーザーを集めることが出来ます。 これが雑記ブログの最大のメリットだと言えます。 仮に同じ人がブログを更新していても、特化型と比べて 何倍~何十倍とPV数は多くなるはずです。 雑記ブログを書く時は、日記のようなものを書いている人もいますが、それは「キャラ作り」ができてからにしましょう。 それまではとりあえず、検索が多そうなキーワードに絞って、集中的に記事を書くことです。 そこからアクセス数が生まれ、その中の一部の人がファンになっていきます。 それを繰り返すことで、雑記ブログのアクセスは一気に上がります。 4,雑記ブログではアフィリエイトはできない? 雑記ブログはアフィリエイトが出来ないと思っている方もいます。 しかしそれは間違いです。 雑記ブログによくあるのは、 「アドセンスに頼りすぎている」ことですね。 アドセンスは確かにPV数が多ければ比例して、売上が上がっていきます。 そこに大した技術は必要なく、クリックが取れる場所にアドセンス広告を貼るだけでいいだけです。 もし雑記ブログで「大きく稼ぎたい!」と思っているのであれば、必ずアフィリエイトを行いましょう。 アフィリエイトはアドセンスのように、PV数と比例して売上が上がるほど甘くありません。 しかしアフィリエイトを上手く活用することができれば、特化型ブログのような売上を作ることも可能です。 1つのページで完結させる 特化型ブログであれば、すべてのページに共通させてアフィリエイトバナーを貼っておけばいいです。 ジャンルが絞られており、繋がりのある広告であれば成約するはずです。 しかし雑記ブログではページごとにジャンルが違うので、1つのページでアフィリエイトを行う必要があります。 ジャンルが違うほかのページに広告を貼っても、成約率は ほぼ0だと思っておいてください。 1つのページで集客して広告の成約まで行うので、強いアフィリエイトページを作ることになります。 まずそのページが グーグルで上位表示されていなければいけません。 ブログのページ内で回遊していきたユーザーは、ジャンルが違うページからの回遊なので成約しづらいです。 しかしアフィリエイトを行うキーワードを決め、グーグルの検索から流入してきたユーザーは成約しやすいユーザーです。 そこを狙ってアフィリエイトするのが、雑記ブログで稼ぐ唯一の方法です。 アクセスが見込めるビッグワードで上位表示させる 2. ランディングページでアフィリエイト広告を成約させる アフィリエイトページを増やす 後は1つのページで成約させられるページを、無数に増やすだけです。 でもいいし、 でもいいので、狙ったキーワードと関連性の高い広告を貼って、そのキーワードで上位表示させましょう。 上位表示させれるページが増えれば増えるほど、収益は上がっていきます。 売り込みすぎはダメ アフィリエイトページの増やしすぎはよくありません。 なぜかというと雑記ブログの場合は「ファン」が逃げてしまいます。 毎回ブログの更新が売り込みでしたらどう思いますか?普通だったらもう見なくなってしまいますよね。 理想は記事の5回に一回程度アフィリエイト記事を作りましょう。 さらにこのページは上位表示を狙わなければいけないので、普段の記事の数倍中身のあるものにしなければいけません。 毎回こんな記事を書くほうが辛いので自然とアフィリエイトページは少なくなると思います。 5,やっぱりグーグルアドセンス 雑記ブログの稼ぎ方の王道は 「グーグルアドセンス広告」です。 PV数の増加と比例して収益が上がるので、とても助かります。 アフィリエイトは記事の書き方や技術面も重要なので、最初は稼げませんからね。 雑記ブログであればグーグルアドセンスはやっておきましょう。 仮にアフィリエイトページが上手く作れなくても、アクセスを伸ばせばある程度の収入にはなります。 6,特化型ブログがアフィリエイトに強い理由 なぜ特化型ブログがアフィリエイトに強いか知っていますか?それは どのページから入ってきたユーザーも成約する可能性が高いからです。 雑記ブログであれば、1つのページで集客~成約まで行わなければいけません。 しかし特化ブログはジャンルが絞り込まれているため、どのページから入ってきてもそのユーザーは、広告を成約させる可能性が高いんです。 ですので実質下記のようになります。 雑記ブログ・・・1つのページでの集客 特化型ブログ・・・全ページでの集客 雑記ブログは別のページからのアフィリエイト広告成約はありません。 これが特化型ブログがアフィリエイトに強いと言われる理由です。 7,まとめ 雑記ブログでもアフィリエイトは出来ます。 しかしその場合は特化型と違い、グーグルの検索結果でビッグワード表示させる必要があります。 これがとっても難しく気合を入れて、ページ作りをしなくてはいけません。 特化型にも共通して言えますが、「 1つのページからの成約が売上の大半を占める」アフィリエイトブログも複数存在します。 それはそのページが狙ったビッグワードで上位表示できて、そこから関連性のある広告を成約できているからです。 そう考えると1つのページを上位表示させるだけなので、雑記ブログも特化型ブログも関係ない気がしませんか?「ジャンルが特化しているブログは上位表示されやすい」など言われていますが、強いブログは正直どんなワードでも上位表示してしまいます。

次の

初心者でも問題なし!基礎からわかるブログの作り方

ブログ 始め方 雑記

「雑記ブログのアクセス数が伸びず、全然稼げない…。 」 「雑記ブログのテーマやネタ探しのコツ、書き方のポイントが知りたい…。 」 「雑記ブログでブログ収入を稼ぐ方法や、初心者にもおすすめの始め方が知りたい…。 」 「雑記ブログと特化ブログはどっちがいいの…?」 ブロガーの中でも、とにかく悩みが尽きないのが雑記ブロガー。 自分の好きなことを自由に記事にできる雑記ブログは、 無理なくブログを続けられるのが一番のメリットですよね。 一方で、 アクセス数が思うように増えていかず、どうやったら稼げるのかという 収益化の部分で悩んでいる人も少なくありません。 実は、 雑記ブログをやっているほとんどの人は、「作り方」を間違えているんですね。 だから、アクセスも増えないし、そこからブログ収入を稼ぐこともできない。 特に、雑記ブログの 「始め方」は、アクセスを集める上で超重要なポイント。 最初の一歩を間違えてしまうと後からなかなか軌道修正が難しい、これが雑記ブログの 「怖さ」でもあります。 今回は、 雑記ブログで稼ぐ方法について網羅的にお話していきます。 特に、これから雑記ブログを始めようと思っている人は超必見ですよ。 雑記ブログとは? そもそも雑記ブログとはどんなものなのか、簡単にみておきましょう。 ブログというものは 「雑記ブログ」と 「特化ブログ」、大きく2つのタイプに分類できます。 ある特定のジャンルに特化して記事を書いていくのが「特化ブログ」。 特化ブログは記事のテーマが絞られているだけに、ブログ自体の 高い専門性が特徴です。 一方、 ジャンルを一つに絞らずに、様々なテーマの記事を扱っていくのが「雑記ブログ」。 ブログの見え方としてはアメブロなどの芸能人ブログに似たような感じで、専門性というよりも著者の知名度やテーマの選び方など、 「総合力」が売りのブログになってきます。 お店に例えると、 特化ブログはお肉の専門店、 雑記ブログは様々な食品を扱うスーパー。 スーパーっていっても、安さが売りのスーパーや高級食品を扱うスーパー、輸入品をメインに扱うスーパーなど、それぞれのお店にはそれぞれの 「色」がありますよね。 雑記ブログもスーパーと同じで、 いかに自分の「色」を出していくかが勝負のポイント。 高い知名度がある人ならそれを徹底的に利用する、知名度がなくても 独自の切り口や センスで読者の支持を集めていくことができます。 雑記ブログと特化ブログはどっちがいいの? 雑記ブログか特化ブログどっちがおすすめかは、 人それぞれ「目的」が違うので一概には何とも言えません。 例えば、先ほどの お肉の専門店と 総合スーパーの例で考えてみましょう。 とにかくおいしいお肉だけを買いたいなら、お肉の専門店ですよね。 でも、すき焼きが食べたくて、お肉だけでなく野菜など具材を一式揃えたいなら品揃えが豊富なスーパーの方が便利。 つまり、 あなたが何を重視するのかという「目的」によって、選ぶべき選択肢は変わってきますよね。 雑記ブログか特化ブログかも、この話と基本は同じです。 つまり、まずはあなたが ブログをやる「目的」を明確にすることが先決。 あなたの目的が明確になれば、その目的に一番合うブログは何なのか、答えは自然とでてきますよね。 雑記ブログのメリットとデメリットを知ろう 雑記ブログには、 メリットと デメリットがあります。 それぞれ簡単にみておきましょう。 雑記ブログのデメリット• まとまりのない「煩雑なブログ」になりがち• 検索経由でアクセスを集めるまで時間がかかる• 収益化するまで時間がかかる 雑記ブログのメリット 雑記ブログのメリットは、 何でも自由に書けること。 まずは何よりも、これが一番大きなメリットですね。 あなたの興味あること、好きなこと、ハマっていること、世の中への提言など、特定のジャンルの縛りがないので、 記事ネタに悩むこともない。 結局、ブログが楽しめて 継続しやすいんですね。 また、特定ジャンルにとらわれずに幅広い読者層にあなた自身をアピールできるので、 あなたを「ブランディング」する手段としても効果的。 あなたのオリジナリティや独自の世界観で、楽しく自由にブログをすることができます。 雑記ブログのデメリット 一方、雑記ブログのデメリットはどうでしょうか。 まず、雑記ブログは様々なジャンルが混しているので、ゴチャゴチャして 煩雑なブログになりがちですよね。 そのため、「このブログは何が言いたいんだろう…?」と、 読者を遠ざけることにもなりかねません。 また、雑記ブログ最大のデメリットともいえるのが、特化ブログよりも アクセスを集めるのに時間がかかってしまうこと。 さらに、アクセスを集めるのに時間がかかるということは、 ブログ収入を稼ぐまでにも時間がかかることになりますよね。 なぜ時間がかかってしまうかというと、雑記ブログは様々なテーマを扱える分、 ブログ自体の「専門性」が低くなってしまうからなんですね。 というのも、サイトの検索順位を決めている Googleが、サイトの「専門性」を超重要視しているからです。 あなたの雑記ブログがGoogleによって 「専門性」が低いと評価されてしまうと、頑張って記事を書いても、なかなか 記事の検索順位が上がっていきません。 そのため、あなたのブログを検索ユーザーに見つけてもらえず、検索経由でアクセスが集まらない、こういうわけなんですね。 記事の検索順位を上げてアクセスを増やすには、 そのテーマ(ジャンル)に関する記事をたくさん書いて、ブログの専門性を高めていく必要があります。 雑記ブログのメリットやデメリットは、以下の記事で詳しく説明しているので参考にしてみてください。 雑記ブログの収益化(マネタイズ)方法って何があるの? 雑記ブログを収益化して、 ブログ収入を稼ぐ方法にはいくつかあります。 といっても、これは雑記ブログだけではなく、特化型ブログも含めたブログ全般に共通するマネタイズ方法ですね。 ブログの代表的なマネタイズ方法は以下の4つ。 雑記ブログのマネタイズ方法• Googleアドセンス• アフィリエイト• オリジナル商品の販売• リアルビジネスへの集客 この中でも一番人気があるのは、 Googleアドセンスと アフィリエイト。 ここではこの2つのマネタイズ方法に絞って、 雑記ブログを収益化する際のポイントをみておきましょう。 雑記ブログをGoogleアドセンスで収益化する際のポイント Googleアドセンスは、広告を貼るだけでブログ収入を得ることができる、 一番手っ取り早いマネタイズ方法ですよね。 実際、多くの雑記ブロガーがGoogleアドセンスで収益化を図っています。 しかし実は、 ほとんどの雑記ブロガーは、Googleアドセンスで満足に稼げていません。 月に数百円~数千円、稼げている人ても、せいぜい2~3万円程度といったところでしょう。 なぜ稼げないかというと、単純に ブログのアクセスが少ないから。 大してアクセス数もないのにアドセンス広告貼っても、クリックしてくれる人なんてたかが知れていますよね。 で、思うように稼げないと何をするかというと、「こうなったら量で勝負だ!」とばかりに、 さらに広告を貼るんですよ。 こうなるともう、完全に 怪しいエロサイト状態ですね。 過剰な広告でエロサイト化してくると、読者は離れていきます。 まさにこれが、雑記ブログのネガティブスパイラル。 結局、 アドセンス広告というのは「諸刃の剣」なんですよね。 ブロガーから見れば手っ取り早く稼げる手段だけど、読者目線で見れば 「ウザい」だけ。 Googleアドセンスで収益化するのは、 あなたの雑記ブログにアクセスが集まってからにしましょう。 雑記ブログをアフィリエイトで収益化する際のポイント 雑記ブログをアフィリエイトで収益化する際に、よく初心者がやってしまうのが、 とにかく全ての記事にアフィリエイトリンクを貼ってしまうこと。 その記事で何が言いたいのか、 記事の主旨がよくわからなくなるんですよね。 アフィリエイトの成約率を上げるには、 コンバージョン(成約)を狙った専用のページを別に作るのが基本。 つまり、売りたい商品やサービスについての、メリットやデメリット、体験談、 おすすめポイントなどを徹底的に伝える「専用の記事」を作るんですね。 で、通常の記事に 「内部リンク」を貼って、そこから コンバージョン専用ページへ誘導するわけです。 このように、• 通常の記事:読者を集めて興味を持ってもらうためのページ• コンバージョン専用記事:商品を売り込むためのページ を分けることで、 収益化がしやすくなるんですね。 ちなみに、アフィリエイト案件を選ぶなら、無料登録・無料ダウンロード・口座開設といった、 成約率の高い「無料案件」がおすすめ。 お金を払うって、やっぱりお客さんにとって大きなハードルなんですよね。 以下の記事で紹介している おすすめのASPでは、無料案件をたくさん取り扱っていますので参考にしてみてください。 雑記ブログで扱うテーマやジャンルってどうやって決めるの? ブログ収入を稼ぐために雑記ブログをやるのであれば、ブログで扱うテーマやジャンルは以下の 3つのポイントで選ぶようにしましょう。 ジャンル選びの基準• どのくらい稼ぎたいのか• 稼ぐまでどのくらい時間をかけられるのか• 情熱を持って取り組めるものか まず1つののポイントが、「どのくらい稼ぎたいのか」。 テーマ・ジャンル選びの際は、あなたの目指すゴールと以下の3つの要素を照らし合わせながら、一番最適なものを選ぶ必要があります。 市場規模• 報酬単価• 競合状況 もしあなたが「大きく稼ぎたい」のであれば、選ぶべきは必然的に 「激戦ジャンル」。 市場規模が大きく高額案件も豊富だけに、競合となるライバルも多くなりますからね。 一方で、なるべく強いライバルとの競争を避け、少額でも着実に稼いでいきたいのであれば 「穴場のニッチジャンル」を選ぶのがベストです。 2つめのポイントは、「稼ぐまでの時間」。 これはジャンルの競合状況にも深く関係してきますが、強いライバルのいるジャンルの中でアクセスを集めるには、当然、それなりに時間がかかりますよね。 少額でも 最速最短で稼ぎたいなら「穴場のニッチジャンル」。 1年や2年の長期戦を覚悟してでも、大きく稼ぎたいのであれば「激戦ジャンル」ということになりますね。 3つめのポイントは、あなたの「興味」と「情熱」。 結局、これがないと、 ブログを続けていくことができません。 必ず、あなたが興味のある、情熱を持って取り組めるテーマを選ぶようにしましょう。 テーマやジャンル選びのポイントは以下の記事で解説しています。 参考にしながら、あなたに一番合ったものを選んでくださいね。 しかし、どんなブログであろうとも、本気でアクセスを集めてブログ収入を稼ぎたいなら、 「ターゲット設定」は必要不可欠です。 というのも、そもそも 読者に「行動」してもらわないことには、ブログ収入を稼ぐことができないからです。 どんなに一生懸命記事を書いても、 読者が「ノーリアクション」なら1円も生まれないですよね。 あなたがブログ収入を稼ぐためには、あなたの記事で、読者に以下のような 「行動」を起こしてもらわないといけません。 広告をクリックしてもらう• 商品を買ってもらう• サービスを申し込んでもらう ペルソナを作って、ブログに集めたい読者像を明確にすることで、• 読者に一番「刺さる」文章が書けるようになり• 読者に「行動」を起こさせやすくする ことができます。 様々なテーマを扱う雑記ブログの場合は、 各テーマごとにペルソナを設定しましょう。 ちなみに、ペルソナを設定する主なメリットは以下の3つです。 顧客ニーズとの「ズレ」を防ぐことができる• 投入する「リソース」を効率化できる• ターゲットに「行動」を起こさせやすくする 雑記ブログで稼ぐためのターゲット選定については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。 雑記ブログの記事ネタは「キーワード」で決めよう なかなかアクセスの集まらない雑記ブログに多いのが、 自分の日常を記事ネタにしてしまうパターン。 それって単なる 「日記」ですよね。 雑記ブログは自分の好きなことを何でも書けるからといって、 読者に何の価値も提供できない「日記」を書いているようでは、アクセスなんて集まるはずもありません。 そもそも ブログ記事の書くべき内容って、大枠は自分で考えるものじゃないんですよ。 そのため、検索ユーザーが検索エンジンで検索する「キーワード」を基準に、記事を書かなければいけません。 つまり、 ブログ記事のネタは、狙う「キーワード」から拾ってくるということ。 拾ってきたキーワードをベースに構成を考え、あなたの 体験談や 独自の見解を盛り込みながら記事を完成させるわけです。 結局のところ、アクセスが集められず稼げない雑記ブロガーは、 ジャンルやキーワードへの意識が甘すぎるんですよね。 逆にいうと、これらを意識しながらブログを作っていくことで、 検索経由でアクセスを集めることができるようになってきます。 雑記ブログのネタや キーワード選定のポイントについては、以下の記事で詳しく説明しています。 しっかり読みこんで、完璧にマスターしてくださいね。 雑記ブログの書き方のコツを押さえよう 雑記ブログには 「書き方」や「作り方」のポイントがあって、それを理解しないことには、アクセスを集めてブログ収入を稼ぐことなんてできません。 それが以下の5つのポイント。 雑記ブログの5つのポイント• 記事は読まれなければ意味がない• 雑記ブログ=日記ではない• ジャンルの市場規模や競合性を考える• 最初からジャンルを広げてはいけない• 戦略的なキーワード選定 この中でも特に強調しておきたいのが、 「最初からジャンル(テーマ)を広げてはいけない」という点。 検索経由のアクセスが集まらない雑記ブログって、ひとことでいうと、 「専門性」が低いんですよね。 例えば、 [ダイエット][投資][車]というテーマを扱ったブログ。 全く関連性のないテーマで、「専門性」のカケラもないですよね。 実は、この ブログの「専門性」というのがものすごく大事で、検索経由のアクセスを集める上では必要不可欠。 というのも、サイトの検索順位を決めている Googleが、サイトの「専門性」や「関連性」というのを重要視しているからです。 そのため、検索経由のアクセスを集めるには、 最初から専門性のあるブログを作って攻めていく方が圧倒的に効率がいいわけなんですね。 つまり、雑記ブログといえど、まずは 特化ブログを作るつもりでテーマを絞って記事を書いていくことが大切。 ある程度検索経由でアクセスが集まるようになったら、 関連性のあるテーマで扱うジャンルを広げていくようにしましょう。 雑記ブログの書き方5つのポイントについては、以下の記事を読んで理解してくださいね。 そうです、 最初が「超肝心」なんですね。 稼げない雑記ブロガーは、とりあえずブログを立ち上げて、なんとなくテーマ決めて、なんとなく記事を書き始める。 これがいけない。 ブログって簡単そうに見えるけど、実は、そんな テキトーに作ってアクセス集められるほど簡単なものじゃないんですよ。 記事を書く前に、しっかり「ゴール」と「戦略」を作らないとアクセスを集めることはできません。 「稼ぐ雑記ブログ」は、以下の流れに沿って作るようにしましょう。 雑記ブログの始め方7ステップ• 目的を明確にする• 収益化(マネタイズ)方法を決める• 注力テーマ(ジャンル)を決める• メインキーワードを決める• 個別記事で狙うキーワードを抽出する• WordPressでブログ開設• 記事を書く ポイントは、 マネタイズから逆算して、戦略的にブログを作っていくということ。 「稼ぐ雑記ブログ」の作り方は、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。 まとめ 自由度の高さから雑記ブログで始める初心者は多いですが、 ブログ収入を稼ぐためには「始め方」が重要なポイントになってきます。 特に意識したいのが、 Googleが重視するブログの「専門性」。 ブログの「専門性」を維持しながら、雑記ブログを作っていく意識を忘れないようにしましょう。 「稼ぐ雑記ブログ」を作る流れは以下の通り。

次の