事務服 女性。 年配向けの事務服の通販|ユニフォームタウン

もしも制服が廃止になったら・・・? 事務服を着る本当の理由 | ユニネク

事務服 女性

事務服・オフィスウェア 利用目的・種類・導入事例など 事務服は、内勤の事務職や営業をはじめ、JA、農協、銀行など様々な業種で働く女性が着用する商品です。 今では、地味だった印象から脱皮し商品の見た目も鮮やかでかわいい事務服が充実してきました。 その流れを受けて、 近年では、企業の受付、接客、おもてなし、コンシェルジュ、バスガイドから医療事務、クリニック、ホテル、カーディーラーなど のシーンにも合う商品が種類豊富に揃っております。 全国の企業様、個人様を中心に多数ご注文を頂いております。 在庫は豊富に用意しておりますが、春夏や秋冬シーズンの 衣替えの時期を中心に、一部在庫切れする場合もございます。 その際には、次回入荷予定日を表示して、予約注文も お受けしてしておりますので、ぜひご利用くださいませ。 インターネット以外に、お電話やFAXからでもご注文いただけます。 事務服をベストやオーバーブラウスといった商品カテゴリからお選び頂けるだけでなく、 金融、内勤、外勤、保険、受付・インフォーメーション、病院受付など様々な職種に合わせてオススメ商品をお探し頂けます。 ご購入前に実際の事務服の生地感やサイズを確認してからご購入頂ける「無料貸出サンプルサービス」を法人様限定で実施中です。 ぜびご利用ください。 (このサービスは10点までとなります。 販売は1着から全国発送いたします。 ) 取り扱いブランドも国内の優良事務服メーカーのアンジョア、セロリー、ボンマックス、エンジョイ、アルファピアなど多数を全品セール価格で販売中です。

次の

事務服・会社制服の通販サイト【事務服ピーチ】

事務服 女性

販売価格 税抜き ¥10,875 販売価格 税込 ¥11,962 事務服を購入する際のポイント 体に合っているかを確認 一般的に洋服を選ぶ際と同じですが、事務服という視点での選ぶ際の注意点があります。 事務服は体に対して小さすぎると窮屈になり作業がしにくくなる一方で、逆に大きすぎるとだらしなく見えてしまいます。 ヌードサイズ(実際の体のサイズ)に合った、ちょうど良いサイズの事務服を選ぶのが重要になります。 購入の際には、可能であれば試着してから購入するようにしましょう。 着用した際に、腕を前後・上下に動かして窮屈にならないか、また、椅子に座ったり屈んだりしたときにウエストやヒップ部分に余裕があるか、などを確認することをオススメします。 職種や業種に合った機能やデザインを選ぶ 事務服は会社のイメージを左右するもの。 そのため、仕事の内容によって事務服に求められる機能やデザインが異なります。 衛生面を重視する病院では、防汚、抗菌加工された事務服を着用することが望ましい一方で、営業など外を出歩く人は、通気性が高く、吸汗機能がある事務服を着ると快適に仕事ができます。 用途やシーンに合わせたセレクトが重要なのです。 季節に合わせたアイテムを選ぶ ブラウスやベストなどといった事務服には、夏用・冬用といった季節性があります。 事務服が季節に合っていないと、マイナスイメージを与える可能性があるので要注意です。 夏に冬用の事務服を着ていると、暑苦しいと思われ、さらに着用者の作業効率も落ちるおそれがあります。 セットで購入する ジャケットやパンツ、シャツ、ブラウスなどのセット品は、全体のバランスを考慮してつくられているので、統一感のある印象を与えることができます。 洗う必要がある事務服は、数枚買っておくと毎日使用する場合にも着まわすことが可能になります。 また通販やアウトレットを活用すると、費用を抑えられるというメリットがあります。 通販を活用する場合には、サイズが自分の体に合うかを商品ページでしっかり確認するようにしましょう。 事務服は、仕事着ながら会社の印象をつくる大事な衣装です! 事務服は、主に事務作業や接客業などを行う人が制服として着用するものです。 つまり、仕事着であると同時に、お客さまに対するおもてなしの衣装でもあるのです。 事務服を選ぶ際には、いくつかの大切なポイントがあります。 まずは、業種や用途に合っていること。 そして、着る人にサイズがフィットしていることです。 それらが合っていないと、作業効率の悪化だけでなく、会社の印象まで落としてしまいかねません。 作業がしやすく、会社の良いイメージもつくる事務服を選びたいですね!.

次の

もしも制服が廃止になったら・・・? 事務服を着る本当の理由 | ユニネク

事務服 女性

販売価格 税抜き ¥10,875 販売価格 税込 ¥11,962 事務服を購入する際のポイント 体に合っているかを確認 一般的に洋服を選ぶ際と同じですが、事務服という視点での選ぶ際の注意点があります。 事務服は体に対して小さすぎると窮屈になり作業がしにくくなる一方で、逆に大きすぎるとだらしなく見えてしまいます。 ヌードサイズ(実際の体のサイズ)に合った、ちょうど良いサイズの事務服を選ぶのが重要になります。 購入の際には、可能であれば試着してから購入するようにしましょう。 着用した際に、腕を前後・上下に動かして窮屈にならないか、また、椅子に座ったり屈んだりしたときにウエストやヒップ部分に余裕があるか、などを確認することをオススメします。 職種や業種に合った機能やデザインを選ぶ 事務服は会社のイメージを左右するもの。 そのため、仕事の内容によって事務服に求められる機能やデザインが異なります。 衛生面を重視する病院では、防汚、抗菌加工された事務服を着用することが望ましい一方で、営業など外を出歩く人は、通気性が高く、吸汗機能がある事務服を着ると快適に仕事ができます。 用途やシーンに合わせたセレクトが重要なのです。 季節に合わせたアイテムを選ぶ ブラウスやベストなどといった事務服には、夏用・冬用といった季節性があります。 事務服が季節に合っていないと、マイナスイメージを与える可能性があるので要注意です。 夏に冬用の事務服を着ていると、暑苦しいと思われ、さらに着用者の作業効率も落ちるおそれがあります。 セットで購入する ジャケットやパンツ、シャツ、ブラウスなどのセット品は、全体のバランスを考慮してつくられているので、統一感のある印象を与えることができます。 洗う必要がある事務服は、数枚買っておくと毎日使用する場合にも着まわすことが可能になります。 また通販やアウトレットを活用すると、費用を抑えられるというメリットがあります。 通販を活用する場合には、サイズが自分の体に合うかを商品ページでしっかり確認するようにしましょう。 事務服は、仕事着ながら会社の印象をつくる大事な衣装です! 事務服は、主に事務作業や接客業などを行う人が制服として着用するものです。 つまり、仕事着であると同時に、お客さまに対するおもてなしの衣装でもあるのです。 事務服を選ぶ際には、いくつかの大切なポイントがあります。 まずは、業種や用途に合っていること。 そして、着る人にサイズがフィットしていることです。 それらが合っていないと、作業効率の悪化だけでなく、会社の印象まで落としてしまいかねません。 作業がしやすく、会社の良いイメージもつくる事務服を選びたいですね!.

次の