シャチバト リセマラ。 シャチバトの強化育成・ステータス・レベル上げについて

【シャチバト】リセマラ当たりランキング【社長、バトルの時間です】

シャチバト リセマラ

まずは自分が覚えさせたいアクティブスキルやパッシブスキルを決めてそれに応じたサポメンを編成するようにしましょう。 アイテムを持ち込もう リクルートには アイテムを持ち込むことができます。 使用することで元気ポイントを回復させるアイテムや各ステータスを強化できるアイテムなど優秀なものが多く存在します。 効果的に社員を育成したい場合はアイテムも積極的に使っていくようにしましょう。 【おすすめアイテム】 エナジードリンクS 元気ポイントを25%回復できる 週刊「プレジデンテ」 アタック、ガード、マジック、メンタル、テクニック、スピードが20上昇する スーパーツヨクナールz 使用から3サイクルの間元気ポイントを消費せず、獲得経験値が1. 2倍になる。 効果終了後に不眠症と怠け癖が付与される 攻撃力強化を優先しよう 序盤のリクルートでは能力やスキルは攻撃系の効果を選ぶようにしましょう。 攻撃系の効果は防御や回復系の効果に比べて汎用性が高く、使い勝手がいいため序盤は重宝します。 攻撃系の効果の中でも特定の敵に効果を発揮する効果よりは単純な威力アップなどの効果の方が使いやすいためおすすめです。 おすすめをチェックしよう 割振の画面にはおすすめのスキルが黄色で表示されています。 割振に悩んだ場合は基本的におすすめに沿って強化していきましょう。 職業は最後に変更できる 履歴書の段階であらかじめ職業を選択していましたが、最終的なステータスを見て職業を変更することができます。 しかし選べる種類は3種類の実で最終的な能力をもとに3つの職業が選定されます。 以下の表に職業の特徴を掲載しているので職業選択の参考にしてください。 【職業の特徴】 戦士 物理攻撃に特化したアタッカー 騎士 体力が高く壁役として活躍できる 魔法使い 遠距離攻撃ができる魔法アタッカー 僧侶 味方を回復できるサポーター ローグ 回避率た機動力が高いアタッカー ハンター 遠距離から攻撃できるアタッカー 無職 スキルを最も覚えやすい職業。 属性は無属性 バトルスタイルを決めよう 最後に社員の行動パターンであるバトルスタイルを決めることができます。 「前衛補助タイプ」「前衛攻撃タイプ」「バランスタイプ」「後衛補助タイプ」「後衛攻撃タイプ」の5つの中から選ぶことができますが、基本的にはおすすめが表示されているスタイルを選択するようにしましょう。 リクルートの基本的な流れ 1.履歴書の作成 リクルートではまず最初に履歴書の作成を行います。 履歴書では名前や性別、職業といった基本的な項目を変更することができます。 名前や性別による性能の変化は確認できていないので、好きな名前と性別で始めてしまって問題ありません。 2.サポメンやアイテムを編成する 履歴書を作成したらサポメンやアイテムの編成を行います。 編成では5人のサポメンを編成することができますが、 編成するサポメンの性能により社員のステータスの伸びが異なり、編成したサポメンのイベントが合間に出現します。 自動編成もすることができるので勝手がわからない序盤は自動編成で進めてしまって問題ありません。

次の

社長、カレーパーティーの時間です!(略称:シャチバト) 十八皿目

シャチバト リセマラ

リセマラの前に是非ご覧ください。 リセマラ推奨 シャチバトではアプリ削除でデータリセットでき、事前報酬によりダイヤや10連チケットが配布されるので リセマラを行うことができます。 また、シャチバトではリセマラ時に20連分のガチャを引くことができ、引き直しガチャも引くことができます。 チュートリアルはスキップ可能でリセマラのテンポが非常にいいのでリセマラを推奨しています。 引き直しガチャを引こう チュートリアル前に引ける 引き直しガチャではSSRを3体ほど狙うようにしましょう。 コンスタントにガチャを引けるので、試行回数は多くなりますがそこまで時間をかけずとも複数のSSRを狙うことができます。 妥協ラインはSSR1~2体ですが、引き直しガチャではできるだけ多くのSSRを狙うようにしましょう。 リセマラ当たりランキング シャチバトのリセマラ当たりランキングを掲載しています。 おすすめの当たりキャラの評価や特徴も掲載しているので是非ご覧ください。 ダイヤがもう50個あれば40連を引けるようになりますが、50個集めるまでに時間がかかるので、リセマラの段階では引ける分だけ引いておくことをお勧めします。 追記 配信直後の緊急メンテナンスにより10連チケットとダイヤ1000個が配布されたため、リセマラでガチャを引ける回数が増えました。 ダウンロードに少々時間がかかるので、ダウンロード時はwifi環境下で行うことをお勧めします。 引き直しガチャではSSRを複数引ける チュートリアル前に引ける引き直しガチャではSSRを複数引くことができます。 SSRは1体固定のような条件が設けられていないので、 引き直しガチャの段階でSSRを2~3体ほど当てておくのが理想となります。 チュートリアルはスキップできる シャチバトの チュートリアルはスキップすることができます。 効率的にリセマラすることができるので、ぜひ活用しましょう。 初回時のみゲームのシステムを理解するためにチュートリアルを受けておくことをおすすめします。 リセマラのやり方 シャチバトにおけるリセマラのやり方をまとめています。 効率的なやり方を掲載しているので、リセマラの際は是非ご覧ください。

次の

TVアニメ「社長、バトルの時間です!」公式サイト

シャチバト リセマラ

リセマラの前に是非ご覧ください。 リセマラ推奨 シャチバトではアプリ削除でデータリセットでき、事前報酬によりダイヤや10連チケットが配布されるので リセマラを行うことができます。 また、シャチバトではリセマラ時に20連分のガチャを引くことができ、引き直しガチャも引くことができます。 チュートリアルはスキップ可能でリセマラのテンポが非常にいいのでリセマラを推奨しています。 引き直しガチャを引こう チュートリアル前に引ける 引き直しガチャではSSRを3体ほど狙うようにしましょう。 コンスタントにガチャを引けるので、試行回数は多くなりますがそこまで時間をかけずとも複数のSSRを狙うことができます。 妥協ラインはSSR1~2体ですが、引き直しガチャではできるだけ多くのSSRを狙うようにしましょう。 リセマラ当たりランキング シャチバトのリセマラ当たりランキングを掲載しています。 おすすめの当たりキャラの評価や特徴も掲載しているので是非ご覧ください。 ダイヤがもう50個あれば40連を引けるようになりますが、50個集めるまでに時間がかかるので、リセマラの段階では引ける分だけ引いておくことをお勧めします。 追記 配信直後の緊急メンテナンスにより10連チケットとダイヤ1000個が配布されたため、リセマラでガチャを引ける回数が増えました。 ダウンロードに少々時間がかかるので、ダウンロード時はwifi環境下で行うことをお勧めします。 引き直しガチャではSSRを複数引ける チュートリアル前に引ける引き直しガチャではSSRを複数引くことができます。 SSRは1体固定のような条件が設けられていないので、 引き直しガチャの段階でSSRを2~3体ほど当てておくのが理想となります。 チュートリアルはスキップできる シャチバトの チュートリアルはスキップすることができます。 効率的にリセマラすることができるので、ぜひ活用しましょう。 初回時のみゲームのシステムを理解するためにチュートリアルを受けておくことをおすすめします。 リセマラのやり方 シャチバトにおけるリセマラのやり方をまとめています。 効率的なやり方を掲載しているので、リセマラの際は是非ご覧ください。

次の