タクシー転職。 タクシー 転職 おすすめ

タクシー転職で失敗した人・後悔した人の口コミをまとめてみた

タクシー転職

目 次• 半年間は「契約社員」 会社に提出する住民票などの書類を昨日のうちに揃えて、健康診断のときと同じく朝一番でY社を訪問。 採用担当のオオタさんからは今日も9時に来るように指示を受けていたのですが、出庫と帰庫の点呼が落ち着くこれくらいの時間帯が、内勤さん・事務員さんにとっていちばん仕事がしやすいんでしょうね。 (ちなみに、Y社もS社も内勤や事務の方は15時には退社しているようすでした。 ) 僕が持っていった書類は全部で5種類。 どんな書類の提出を求められたかは、こちらの記事でご覧いただけます。 実家の父にお願いしてまだ返送されていない身元保証書以外を持参し提出。 オオタさんがチェックして不備がなかったので受領してもらうと、次は契約書などの署名・捺印です。 オオタさんが机の上に出した書類は、 ・雇用契約書 ・第二種免許取得費用の借用証書 ・入社祝い金の借用証書 の3点。 雇用契約書は、研修期間を含めた半年間は「契約社員」として就業することになるので、書類内の文言はすべて「契約社員」と書かれています。 契約社員の半年間も、社会保険や税金などは正社員と同じように扱われ、給料も契約社員だからといって金額が変わることはないそうです。 また、よほどのことがない限り、半年後に会社のほうから「正社員として採用しません」と通告してくることはないそうなので、この点もちゃんと仕事をしていれば心配は無さそうですね。 二種免許費用と入社祝い金の借用書については、会社が新人乗務員に一旦「貸す」という形を取り、規定の就業期間が経ったら一切請求しないとのこと。 これは1社目に受けたS社でも同じだったので、タクシー会社の多くがこのような形をとっていると思われます。 S社が僕を採用する条件が、二種免許の取得費用以外の祝い金や保証金を一切支払わないことだったので、これはもう頂けるだけでありがたいですよ 笑 S社が提示してきた採用条件は、こちらの記事でご覧いただけます。 Y社の場合、第二種免許の取得費用は 入社から2年、入社祝い金は 入社から1年 経過後に返還の責任がなくなります。 また、S社では「貸し付け」の中に含まれていた給与保証(Y社は6ヵ月間・30万円)については借用証書が無かったので、結果的には(仮にS社から祝い金や報奨金を貰えたとしても)Y社に入社できてよかったと言えそうですね。 僕のためだけに用意された書類 ここまでが新しく入社する乗務員全員が同意しなければいけない書類です。 これらに加えて、僕の場合はもう一つ、別の書類が用意されていました。 「Y社で乗務の仕事に従事している間は他の仕事をしない」という 誓約書 です。 書類現物の写真を撮れなかったので(当たり前ですが 笑)、正確な文面は覚えていませんが、 私 タクオ は、貴社業務に従事している期間は、他の事業や業務を一切行わないません。 ( 部は署名部分) 日付 署名+捺印 こんな感じの短い文章でした。 誓約書なので基本的には 法的な効力はありません が、Y社としては「ウチに仕事に専念してほしい」という意思を文書で残しておきたかったんでしょうね。 タクシー乗務員はお客さんを安全に目的地にお連れしなければいけない仕事なので、そう考えるのも当然です。 僕もY社の意思や意図は十分理解できるので、誓約書には迷うことなく署名・捺印しました。 研修中や乗務を始めてしばらくは自分の仕事ができないと思うので、この誓約書を引き合いに「タクオさん、副業やってるでしょ?」と言われることもないとは思いますけどね。 研修の日程も決まりました 一通りの書類作成を終えると、入社手続きは無事終了。 その後は、オオタさんから入社後の流れについての説明がありました。 入社日は2020年3月1日で、この日は日曜なので実質的な入社日は3月2日。 この日はY社へ行けばいいのかと思ったら、初日から他の機関で研修です。 Y社の研修は、次のような流れです。 地理試験の後も二種免許の試験がありますが、普通免許は1回の受験で問題なく取れたので、大丈夫だろうとは思います。 (20年前のことなので確証はなし 笑) これらの研修を終えた後、2~3乗務は先輩乗務員に同乗してもらっての実地研修になるそうなので、一人でデビューできるのは最短で入社から1ヵ月半といったところでしょうか。 大手タクシー会社で乗務している先輩ドライバー・ハマダさんも「1ヵ月半くらいかかった」と話していたので、他のタクシー会社も同じような日程・日数だと思われます。 アットホームで良い会社 入社手続きは40分ほどで終了。 こうして週明けからタクシー運転手としての第一歩を踏み出すことが正式に決まりました。 Y社を後にする前に社長ともお話しできましたが、僕の現状などを聞いた上で「もう一度起業できるように、タクシーでいっぱい稼いでください」と、温かい言葉をいただきました。 それに、社内にいた先輩乗務員さんに挨拶しても温かく返してくれる人ばかり。 再起のための新たな環境は、アットホームな会社なので肩肘張らずにがんばれそうです。 とは言っても、「プロのタクシー運転手」への道のりはまだまだ長いですけどね。 ひとまずは入社が決まり、乗務デビューの目安がわかったのでひと安心できた一日となりました。

次の

コロナで収入減?タクシー運転手におすすめの転職先と探し方

タクシー転職

株式会社スタルジーの代表の飯塚です。 前職は東証一部上場の人材紹介会社に勤めておりましたので、転職市場に関してはプロフェッショナルです。 今までの経歴を活かして、この記事を執筆しております。 感染者と接触してしまうリスク タクシー運転手の多くが心配しているのが、感染者を乗せることによる感染リスクではないでしょうか。 実際に、コロナ患者を乗せたことにより、感染してしまったタクシー運転手が出たことがニュースになりました。 車内に仕切りを設けたり頻繁な換気をしたりして対策をしているタクシー運転手も多いとは思いますが、内心は気が気でない方がほとんどでしょう。 コロナ前のような情勢には戻らないリスク 新型コロナウイルスの流行はやや落ち着いているものの、売上が元に戻らず悩んでいるタクシー運転手の方は多いようです。 「新しい生活様式」といった言葉に代表されるように、国民が感染リスクを回避した生活パターンを送るようになったことでタクシーを利用する機会が以前の水準には戻っていないのです。 在宅勤務やリモートワークが増えていることも影響しています。 サラリーマンの乗客が少なくなったことを実感しているタクシー運転手の方は多いのではないでしょうか。 タクシー運転手が抱えるその他の悩みとは 昨今の情勢に関わらず、タクシー運転手という仕事に悩みを抱えていて「なんとなく辞めたいと考えていた」という方は多いと思います。 タクシー運転手がよく抱える悩み、転職を考えるきっかけについてまとめました。 労働時間が長い タクシー運転手は10年ほど前は40万人近くいたものの、近年は20万人台にまで減少しています。 総数が減り続けているので、一人ひとりの負担は増える傾向にあります。 タクシー会社は、乗客に利用してもらう時間を増やさなければ利益が上がりません。 そのため、タクシー運転手の勤務時間を少しでも増やそうとする事業所が多いのは当たり前といえるでしょう。 実は、隔日出勤や総労働時間など労働体系が法律違反になっている事業所も少なくありません。 不規則な生活リズム 隔日出勤を採用している事業所だと、1回の出勤で18時間勤務があり得ます。 深夜に働き続けることで、翌日が休日でもなかなか寝付けない、生活リズムに適応できないということは多いですよね。 働く前は「1日おきに休みがある隔日出勤は働きやすそう」と思いがちですが、いざ働き始めてみると現実とのギャップは大きいです。 年収が上がらない タクシー運転手の平均年収は、270〜300万円と言われています。 給与体系は歩合制のところが多いため、経験と工夫によってある程度の水準まで年収を上げることが可能です。 しかし、一般企業のような昇給制度があるわけではないので、何年も年収が上がらず不満を抱えているタクシー運転手の方は多いのです。 面倒な乗客 長年タクシー運転手をしてきた方であれば、面倒な乗客に出会った経験は一度や二度ではないでしょう。 「荷物を運ぶ時に家来のように扱われて不快」「酔った乗客に車内で吐かれた」「横柄な態度な人に2時間も罵られながら運転した」などなど。 こういった乗客がいるにも関わらず、乗車拒否は厳禁なのですから大変です。 自分が間違った対応をしてしまえばタクシー会社に文句を言われてしまうリスクがありますので、乗客に最大限の敬意を払わなければならないというのは苦しいところです。 同じルーティンの繰り返しに飽きる 働き始めたころは様々な街を走る新鮮さがあっても、徐々にその新鮮さは失われてしまいます。 ある程度働き続けると、「この時間にはあの場所にいけば乗客が見つかる」などのコツが掴めるようになってくるでしょう。 日々の仕事がルーティン化してしまうことで、同じ日々に飽きてしまって辛い、モチベーションを保てない、と悩む方もいらっしゃいます。 運転手という仕事の将来性 すでにアメリカでは自動運転技術を搭載した無人の自動車が公道でテスト走行を開始していることをご存知でしょうか。 若い世代のタクシー運転手であれば、働いているうちに自動運転車の普及が本格化することは間違いなさそうです。 タクシー運転手の仕事が完全に消滅することはまだ先の未来だとしても、労働単価が下がる可能性は高いでしょう。 タクシー運転手におすすめの転職先 タクシー運転手からの転職を考えていても「スキルはないし転職できるか不安」と、転職活動の開始を先延ばしにしてはいませんか? タクシー運転手が転職することが多い業界や職種をまとめました。 営業職 一般企業の営業職になった元タクシー運転手が驚くのが、労働時間の減少です。 連続で18時間の勤務があることは一般企業ではあり得ませんから、転職先の勤務体系が働きやすく感じるのです。 ボーナスが出ることや、福利厚生がしっかりしていることで、労働環境が整っていることを実感することも多いです。 また、業界次第では歩合による収入アップが期待できることもメリットでしょう。 個人タクシーの運転手 タクシー運転手の経験が10年以上ある方は、個人タクシーの運転手となることができます。 個人タクシーの運転手のメリットは、なんといっても好きな時間に働けること、ノルマがないことでしょう。 給与の増加は見込めないかもしれませんが、自由な働き方を実現したい方には向いています。 アロマで差別化をするなど、車内に自分なりの工夫を施すことも可能です。 他の業界のドライバー職 タクシー運転手ほど乗客とのトラブルがあるドライバー職はありません。 そのため、他の業界のドライバー職になることで、今抱えている不安が解消されることは十分にありえます。 いくつか例を挙げてみましょう。 運転技術を活かしつつ他の仕事にも携わりたい方におすすめなのが、葬儀場のドライバーです。 霊柩車の運転はもちろんですが、営業や遺族の案内、葬儀場の掃除など、様々な仕事を任されることが多いです。 業務に幅が出ることでやりがいにつながるのはもちろんのこと、給与も上がる傾向にあります。 乗客との関係にやりがいを見出すのであれば、介護施設のドライバー、幼稚園や保育園のドライバーがおすすめです。 こういった場所で働くドライバーは、同じ乗客に利用してもらうので、継続的なコミュニケーションが生まれるためやりがいにつながりやすいです。 その他にも、宅配便の配達、ルート配送、長距離の運送を担当するドライバーなど種類は様々です。 ドライバー職の多くで中型または大型の免許を取る必要があるため、転職への準備が必須となります。 タクシー業界の別の職種 現在働いている会社との関係が良好であればタクシー会社内での異動を検討してもよいでしょう。 具体的には、営業や事務といった職種が挙げられます。 タクシー業界のことをよく知っている元運転手であれば、会社側にとっても一から別の人材を探すよりメリットがあるため異動が受け入れられることもあります。 タクシー運転手の転職先の探し方 転職を考えるタクシー運転手が知るべきことを3つにまとめました。 若いうちに転職を始める どんな業界、職種にしても、若いに越したことはありません。 転職を考えているのであれば、先のばしをせずに今から行動することが大切です。 これから先の人生の中で最も若いのは今日である、ということを覚えておきましょう。 転職で譲れない点を決める 求人情報を見ながら「こっちもいいかも、あっちもいいかも」と迷ってしまう方にありがちなのが、転職における優先順位を決められていないということです。 「年収を上げたい」「労働時間を減らしたい」「規則的なリズムで生活したい」「クレーマーの対応をしたくない」などいろいろな希望があると思います。 全てを叶えることは難しいかもしれませんが、後悔しない転職のために働く上で最も重視したい点を明確にしてそれを叶える転職活動を進めていきましょう。 転職エージェントを利用する この記事をここまで読んでいただいても、転職活動を何から始めればよいのか分からない方、または転職する決心はまだつかない方が多いのではないでしょうか。 転職活動をサポートしてくれる人がほしい時、とりあえずどんな転職先があるか情報収集したい時におすすめなのが、転職エージェントです。 転職エージェントでは、条件に合った求人の紹介だけではなく、書類や面接のアドバイスによって転職活動をサポートしてくれる存在です。 まだ本格的に転職活動を始める気がない方も利用することも可能です。 とりあえず登録だけしてどんな求人があるのか情報収集だけしてみるといった使い方もできます。 国内最大級の転職支援実績を持つマイナビエージェント 転職エージェントの中でのおすすめは、国内最大級の転職支援実績があるマイナビエージェントです。 採用担当者とパイプを持ち、転職を知り尽くした担当者が転職活動をサポートしてくれます。 丁寧な対応が評判なので、「自分だけで転職活動を進めるのが不安」という方におすすめです。 この記事を執筆した転職のプロに無料で相談する 「もっと気軽に相談したい」「転職について聞きたいことがある」 こういった方向けに当サイト「レイズキャリア」でも無料の転職相談を承っております。 転職に関する不安や疑問をお気軽にお問い合わせください。 タクシー運転手の転職についていただいた質問 レイズキャリアでは、転職に関する質問を随時受け付けております。 タクシー運転手の転職についていただいた質問とその回答をご紹介いたします。 タクシー運転手からハイヤーの運転手になりたいと思っているのですが、仕事内容の違いが知りたいです。 (60代男性) ハイヤーの利用者は高所得者層です。 そのため、より高品質なサービスが求められます。 道を絶対に間違えないのはもちろんのこと、その時々によって適切なルートを選択する。 ホテルや飲食店の適切な場所に横付けする。 車内には利用者に合った飲料や備品を用意しておく。 こうした細かいサービスや気遣いが求められるのがハイヤーの運転手です。 タクシー業界内で転職する場合、会社選びのコツを教えてください。 (50代女性) タクシー運転手は乗客を確保することによって売り上げが確保できますので、そういった環境を用意している会社の満足度は高くなります。 具体的には、利用者を囲い込むために駅に専用乗り場を持っている、無線による配車依頼の頻度が高い、などの特徴がある会社です。 20代後半です。 タクシー運転手以外のドライバー職でおすすめを教えてほしいです。 (20代男性) 20代後半ですと、ドライバー職の中ではまだまだ若手です。 今後のキャリアも考えて大型2種免許の取得をおすすめします。 会社負担で免許取得が可能なケースもありますので検討してみてください。 タクシー運転手という仕事は好きなのですが、いかんせん給与が良くないです。 額面で23万円で手取り18万円ほどです。 給与を上げる方法はないでしょうか。 (50代男性) 給与を上げるための選択肢として、勤務地を変えるという手があります。 東京のタクシー運転手の平均年収は400万円以上と言われています。 当記事でも解説した通り全国の平均年収は300万円弱ですので、かなりの高水準です。 やはり東京は人口が多いことに加え自動車所有率が低く、観光客も多いので、稼ぎやすい環境であることは間違いありません。

次の

タクシーの転職で後悔していること

タクシー転職

タクシードライバーは未経験から活躍でき、 やりがいを持って自分らしく働ける最高の選択肢 タクシードライバーは、最後の選択肢とお考えの方もいらっしゃると思いますが、決してそうではありません。 ここ数年は通常の送迎の他に、観光・介護・子育てなど様々な需要が増え、給与水準も年々上がってきております。 今後は高齢化社会が進む日本において、公共交通機関として、今まで以上に価値を高め欠かせない存在になっていくでしょう。 だからこそ、未経験からでも年齢が何歳でも、自分が頑張った分だけ稼げるチャンスがタクシードライバーにはあるのです。 また最近では、年収だけではなく、一般企業と比べて自分の自由な時間が多く持てることから、ワークライフバランスを重視した女性や20代の転職者が増えています。 あなたの転職の最高な選択肢の一つとしてぜひ考えてみてください。 タクシー求人・転職支援サイト『P-CHAN TAXI』をご利用いただき誠にありがとうございます。 日々たくさんの方にご利用頂き、 20代・30代・40代・50代・60代、すべての年代でタクシー会社への転職支援実績が豊富にございます。 また最近では女性の転職希望者や大学生の就職活動、外国籍の方のご登録も増えてきており感謝しております。 おかげ様で私たちはタクシードライバー 運転手 専門転職エージェントのリーディングカンパニーとして、 日本トップクラスの転職支援実績を出すことができるまでに成長してきました。 タクシー会社への転職・就職が成功された皆様、採用が成功されたタクシー会社様、おめでとうございます。 そして、私たちのサービスを選んで頂き感謝申し上げます。 本当にありがとうございます。 これからP-CHAN TAXIのご利用を考えている方、迷われている方に改めて説明させていただきます。 当サイトでは、東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県、北海道・秋田・宮城・福島・愛知・大阪・兵庫・石川・岡山・広島・香川・徳島・愛媛・高知・福岡・鹿児島・沖縄、全国のタクシー会社500社以上の中から、平均年収・研修制度・福利厚生など様々な審査をクリアした厳選されたタクシー求人のみを取り扱っております。 ご登録後は一人ひとりに対し、厚生労働省から認可を受けた専任コンサルタントが転職を完全無料でフルサポート。 あなたのお話をお聞かせ頂き、ご希望に合った非公開のタクシー求人をご紹介しています。 各タクシー会社の詳細な求人情報や条件・待遇・社風などは、1社1社違いますのでタクシー求人を熟知したコンサルタントに何でもお気軽にご相談ください。 当サイトには記載していないタクシー業界の裏事情や、選考フロー・面接の秘訣から入社までの流れも丁寧にお伝えしています。 疑問点や悩みなどあれば、 遠慮なく何でも聞いてください。 またタクシー会社へ応募後、やっぱり辞退したいという場合でも、選考のどの段階でも辞退可能ですのでご安心ください。 P-CHAN TAXIは、ご利用者様がタクシー運転手に転職後の活躍と、タクシー業界の成長のために存在するタクシードライバー 運転手 専門の転職支援サイトです。 ご利用者様とタクシー会社にとって、無くてはならない転職支援サービスとして、常に良いサービスであり続けられるよう運営に取り組んで参ります。 ご不明な点・ご質問などがございましたら、お問い合わせフォームまたはフリーダイアル0120-981-461よりお気軽にご連絡ください。 運営スタッフ一同、私たちが携わるすべての人・すべてのタクシー会社が、タクシー運転手・ハイヤー運転手への転職・採用を通じて幸せになれるよう、 日々、努力精進していきます。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

次の