お 酒 の 賞味 期限。 お酒の賞味期限はどれくらい?目安や保存方法を解説

酒の賞味期限・消費期限・日持ちについて(日本酒)

お 酒 の 賞味 期限

お客様より 「日本酒の賞味期限はどのくらいですか?」とご質問があります。 また、記載されている製造年月は勿論、生酒、にごり酒等という種別でも、いつまで飲めるのか判断に迷う方が多いかと思います。 そもそも日本酒の賞味期限、消費者の皆様はどうお考えでしょうか?そんな疑問に、当蔵としての見解をお伝えします。 少し専門的な話になりますが、ご参考になれば幸いです。 そもそも、酒の賞味期限とは 酒には賞味期限の記載義務がない まず大前提として、雑菌が繁殖しにくいアルコール飲料には『賞味期限』の記載義務がありません。 じつは、この『製造年月』も非常に奇妙で、記載しなければならないのは「酒がビンに詰められ製品として完成された月」であり、例えば10年前に仕込んだ古酒でも、今日始めてビンに詰められたのなら「製造年月は今月の日付で良い」というルールなのです。 「製造年月日が6ヶ月前の酒だから飲まない方がいいですか?」という質問をいただくこともありますが、機械化により1年中酒が造れる大手メーカーは別として、当蔵のように1年に1タンクしか仕込まない酒もある場合、「6ヶ月前の日付」でも「今月の日付」でも、中身は同じ酒と言うことが普通です。 それが日本酒に限らずアルコール飲料の現状でしょう(ワイン等の輸入酒は仕込まれた年度のみで、月や日を記載していない物も多いのでは?)。 しかし厳密に言いますと、熱処理の有無にかかわらず、そして保存方法や保存状態にかかわらず、さらには皆さんの手元にあろうが酒蔵のタンクの中にあろうが、 酒の味は大なり小なり変化しているのです。 変化=劣化? ではこの「変化」はイコール「劣化」なのでしょうか?この判断こそ大変難しいところです。 例えば一般的な「味の変化」の傾向として、しぼりたての「溌剌としたフレッシュな味わい」を求めるならば1日でも早く呑んだ方が良く、逆に「幅のある深い味わい」を求めるならば一定期間時間を経過(熟成)させたもののほうが良い場合もあります。 また「酒蔵の出荷意図が何なのか」にもよります。 出来上がった酒をしぼった順番に出荷し、飲み頃はあくまでも呑み手に委ねる酒蔵もあれば、自分たちが目指す味わいになるまで出荷せず、味わいを自らコントロールする酒蔵もあるでしょう。 古酒が好きな方は「好きな味わいになるまで待っていれば良い」と言う訳です。 いつまでが「熟成」で、いつからが「劣化」なのか?当蔵としては 「呑み手がどんな味わいを求めているかによる」と考えていますので、一口に『賞味期限』と提示してしまうのはいささか乱暴、と思う次第です。 生酒やにごり酒の賞味期限は? 「生酒やにごり酒の賞味期限はどのくらいですか?」とのご質問も多くいただきます。 生酒は「生」であるがゆえ、そしてにごり酒もその「にごり」ゆえ、取り扱いが難しいと思われるのでしょう。 「生酒」はデリケートなお酒 まず「生酒」ですが、特徴は文字どおり、殺菌(日本酒の場合、多くは熱殺菌)をしていない「生」であると言うことです。 ここで物知りな皆さんは「アルコール飲料なのに雑菌が繁殖するの?」と思うかも知れませんが、先述したとおり世の中には「火落ち菌」と呼ばれるアルコールの中でも繁殖できる菌がいます。 人体には無害であると言われておりますが、日本酒に入り込むと濁りを生じさせたり、酸化を進ませたり、また香りを変質させたりするので、「火落ち菌」という名前が示す通り、日本酒は60度以上の温度で熱殺菌をすると言う訳です。 よって「生酒」は火落ち菌が活性しない 「なるだけ低温で保管」すると同時に、開封後は「なるべく早く飲む」が鉄則になります。 また「生酒」は一般的に熱殺菌されたお酒よりも温度変化や紫外線による酒質の変化が大きいデリケートな傾向があるので、 通常のお酒よりも早めに開封いただく事が美味しく楽しむコツと言えるでしょう。 「にごり酒」は育つお酒 次に「にごり酒」。 特徴は文字どおり、その「濁り=もろみ成分(お米の成分)」にあると言えます。 その特徴から多くの酒蔵は「飲み頃な状態に達した時点に出荷」するでしょうから、一般論として 「にごり酒」は、他のお酒よりは少し早めに(出荷時の状態から変わらぬうちに)飲まれた方がよいのでは、と思います。 とくに「活性にごり酒」は…… 特に当蔵ののような「活性にごり酒」は、瓶詰め後も酵母菌が醗酵し続ける(文字どおり生きて変化し続ける)ことが特徴なので、『賞味期限』を問われるならば、 酒蔵の想定している味わいの時点「なるべくしぼりたてを飲んでください」が答えです。 しかし、あえて保存期間や保存温度にご自分なりの工夫を重ね「その変化を楽しむ=好みの味わいに育てる」というのも、他の酒にはできない楽しい飲み方だと思います(詳しくはでご紹介しています。 ) よって 「賞味期限はいつですか?」と訊かれたら 「あなた次第です」と答えたいのが当蔵の本音です。 結論:酒は、美味しい内が賞味期限 以上の理由から、当蔵の『賞味期限』に対する本音は、1ヶ月だろうが1年だろうが、そして10年モノだろうが、とりあえず味見して「旨かったら呑む」、「好みでなかったら料理酒にするなり、風呂に入れるなりして活用するがオススメ」としか言い様が無いと、言うところでしょうか……。 まあ、日本酒はアルコール飲料なので、ちょっとやそっとの経年変化では飲んでもお腹が痛くなるようなことは無いと思います。 『製造年月』や『賞味期限』の有無にとらわれず、その酒の、その蔵の、その年の、その季節の、その日の、その時の「飲み頃」を探しながら楽しむのが、もっとも上手な「日本酒の楽しみ方」と思います。 ご不明点はお問合せください 以上は「磯蔵酒造の製品に対して」とご理解いただきたく思います。 考え方は酒蔵それぞれであり、広く日本酒業界を代表してお伝えする物ではありません。 しかし、吹けば飛ぶよな小さい当蔵の、昔ながらの手作りに価値を見出してくださる方に向けて、今後も誤解を恐れず蔵のポリシーをお伝えし続けていく所存です。 製品についてのご意見、ご質問、ご不安な点がありましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。 皆様からの反響は、製品造りの大きな励みになります。 今後とも磯蔵酒造と『稲里』をよろしくお願いいたします。 磯蔵酒造有限会社 〒309-1635 茨城県笠間市稲田2281番地の1 電話 0296-74-2002 電画 0296-74-4815(9:00〜18:00、定休日なし).

次の

お酒の賞味期限はいつまで?日本酒/リキュールなど種類別に【未開封/開封後】

お 酒 の 賞味 期限

焼酎に賞味期限はある?10年以上もつの? 賞味期限といえば食品にはほとんど記載されていますね。 飲料にも缶ジュースなどには賞味期限があります。 アルコールには期限があるのかなんて確認したこともありませんでした。 どうしてかというと、アルコールが腐るというイメージがまったくなかったからです。 実際に賞味期限を確認すると記載されていないものがほとんどでした。 焼酎はお酒のなかでもアルコール度数が高めで、20度~45度くらいのものが販売されています。 細菌はアルコールが10度以上だと繁殖できないそうなので、焼酎は腐る心配がないのだそうです。 だから賞味期限が設定されていないのでしょうね。 期限がないということはいつまでも飲めてしまうものなのでしょうか? 調べてみると腐敗はしないものの、やはり風味が落ちるということは実際に体験している方が多いようです。 しかし焼酎にも麦や芋など種類が多く、香りの強さも違います。 このことから、 半年程度で香りが変わってしまったという意見から、10年20年以上未開封であったが美味しく飲めたという意見まで様々です。 味の変化を楽しむというポジティブな考え方をすれば、時間が経っていても飲んで試してみるといいかもしれませんね。 長く貯蔵した方が美味しくなるお酒もたくさんありますので、新しい焼酎を開拓する楽しみも増えそうです。 スポンサードリンク 長く保存するコツ 腐ることがない焼酎ですが、メーカーさんとしてはやはり、直射日光にさらさない、温度変化の激しいところには保存しないようにと推奨していて、 冷暗所での保存がベストのようです。 まとめ お好きな焼酎を見つけて、自分の1番美味しいタイミングを見つけてみるのも違った楽しみになりそうですね! 焼酎の銘柄によって香りや味わいは違いますから、なるべく美味しい状態で皆さんが楽しめるように、今回の情報を参考にしてください。

次の

焼酎の消費期限・賞味期限はない!未開封と開封後の保管方法について徹底解説!

お 酒 の 賞味 期限

スポンサードリンク 旦那のお婆さんから「もう飲み頃よ」と言って、 手作り梅酒をいただきました。 ありがたく頂いたんですが、梅酒のビンには1年ほど前の日付が・・・。 えっ?こ、これって大丈夫なの?! 「梅酒」と言えばチョーヤしか飲んだことがなかった私は、当然、梅酒なんか作ったこともなく、イヤ、作ろうと思ったこともなかったので、梅酒については無知でした! ワインなど確かに寝かせた方が美味しいお酒があるのは知っていますが「手作り」というのがちょっと心配になったので梅酒について調べてみました・・・ちょっと神経質なもので^^ ということで、今回は 手作り梅酒の賞味期限や 飲んだらダメな3つのチェック方法など色々調べてみましたので是非、ご覧んください! 梅酒と梅ジャムの作り方も載せちゃいましたよ~! 美味しい手作り梅酒の作り方 では早速梅酒を作って行きましょう! 1. ビンを洗って熱湯消毒 洗ったらビンをひっくり返して完全に水気がなくなるまで乾かします。 水分が残っているとカビの原因になります! 2. 梅を洗う 流水で綺麗に洗います。 梅のアク抜きをする 梅がしっかり浸かるたっぷりの水に2、3時間漬けます。 漬ける時間が短いと、渋みやエグみが出てしまいますので、じっと待ちましょう! 4. 梅の水気をしっかり取る 清潔なタオルなどでしっかり水気を取りましょう! この水分もカビの原因になります。 梅のヘタを取る 竹串を使って丁寧に梅のヘタを取ってください。 爪楊枝とかでもOKです。 ヘタを取らないとエグみが出て美味しくありません。 綺麗に取りましょう! 6. 梅と氷砂糖を入れる しっかりビンが乾いたら梅と氷砂糖を入れます。 まず梅を半分程度入れてその上に氷砂糖を半分入れます。 残りの梅を入れて、残りの氷砂糖を入れます。 ホワイトリカーを入れる 特にやり方はないのでドバっと入れましょう^^ 8. 蓋を閉めて保存 蓋をきっちり閉めたら温度差の少ない薄暗い場所で1年間ぐらい寝かせます。 飲み頃は1年後という人もいますし、せっかちな人は 半年という人もいます。 梅から出たエキスがまた梅に戻っちゃうからなんだそうです^^ 梅を取り出したら、一度、梅酒をこして、また保存すると熟成してどんどん美味しい梅酒になるようですよ。 ・・・で本題ですが、この 手作り梅酒の保存期間はどれぐらいなんでしょう? スポンサードリンク 手作り梅酒の賞味期限はどれぐらい? 手作り梅酒の賞味期限なんですが・・・梅酒でも10年ものとか20年ものがあるのは知っていますが、そんなにもつなんて 特殊な製法があるのでは?と思ってました。 そう思いませんか? でも、調べたところ、さっきの作り方で特殊なことをしなくても 手作り梅酒はいつまでも飲めるんです! そう、 賞味期限はありません! なぜ? なぜ賞味期限がないのかというと 「アルコール度数が高いから」なんですね。 手作り梅酒に使うホワイトリカーは35度で、これぐらいアルコール度数が高ければ腐らないんだそうです。 たまにホワイトリカーじゃなくて、普通の焼酎(たとえば いいちことか^^)日本酒など他のお酒で漬けようとする人がいるんですが、 35度以下のお酒ですとカビが生えやすいので、くれぐれも低い度数のお酒では漬けないようにということです。 ということで、 手作り梅酒の賞味期限はありません!という結論です。 ただ・・・保存方法によっては、残念ながら飲めなくなる場合もあるので要注意です! こんな時は飲んじゃダメ!3つのチェック方法 そもそも手作り梅酒は、賞味期限がないので飲んでみてOKなら大丈夫というのが基本です^^ ただ見た目の変化もあるので一応チェックしてみましょう! 1. カビが生えている 梅や梅酒の表面に白いカビが生えることがあります。 作るときにちゃんと分が拭き取れてなかったのが主な原因です。 カビを取れば大丈夫という人もいますが、私はあきらめます^^ 2. 酸味がある 妙な酸味がある場合は雑菌が入った可能性があります。 飲んではいけません! 3. 濁りがある 梅酒は熟成すると濁りが出てきますので大丈夫です。 色も段々茶色くなって来ますので問題はありません。 心配なら飲んで判断してみましょう。 ところで梅酒の梅はどうする? 梅酒の梅はある程度時間がたったら風味が損なわれるので、取り除く事が多いのですが、そのまま捨てるのはなんだかもったいないですよね。 ということでお婆さんに聞いてみたら、 「梅ジャムを作るといいわよ」と教えてくれました。 では簡単に絶品梅ジャムの作り方をお教えします。 まず、アルコールを飛ばすために取り出した梅を煮ます。 ひと煮立ち程度でOKです。 梅の皮をむいて種を取ります。 熱いうちの方がやりやすいです。 梅の実を裏ごしします。 鍋にうつして焦げないように煮ます。 煮えてきたら砂糖、レモン汁を加えてとろみが出るまで煮込みます。 ポイント• 砂糖の量ですが、梅酒の梅自体にすでに甘みがあるので、加えすぎないようにしましょう。 冷めたら固くなるので少し緩めに煮るといいです。 おこのみですが^^ まとめ 手作り梅酒の賞味期限について調べてみましたがいかがだったでしょうか? 結論は 手作り梅酒に賞味期限はない!ということでした。 ただ、 カビが生えたり、変な酸味が出ていたら残念ですがあきらめましょう! 旦那のお婆さんにもらった、せっかくの梅酒なのに「飲んで大丈夫なの?」と疑ってしまってゴメンナサイって感じです^^ でもこうして色々調べているうちに私も梅酒を作りたくなってきました^^ 店頭に青梅が並んだら挑戦してみようと思います。 梅酒は身体にもいいですし、なにしろお酒を育てるっていうのが楽しそうです。 是非、あなたもチャレンジしてみませんか? ただ、私は1年も待てるかが心配ですけど^^.

次の