ブッタ マシーン。 ブッダマシーンが欲しくてたまらない!情報をまとめてみたよ

ブッダマシーン(自動念仏機)「台湾版 佛」

ブッタ マシーン

めっちゃかっこいいな・・・。 日本で手に入れることが難しいとなると、海外ですね。 中華圏、仏教徒が多いベトナムなどに売っているそうです。 タイだとチャイナタウンのサンペーン市場に売っていたという情報を見たことがあります。 探しに行かなきゃな・・・。 あと、購入する勇気がない理由のひとつとして 「またこんな実用性のないオモチャ買ってどうするんだよ」という気持ちもあります。 だって、お金は使ったらなくなるじゃないですか。 お金のこと考えると胃が痛くなるじゃないですか・・・。 (小声) ブッダマシーンをポイッと買えるセレブじゃないので、今はアプリで我慢してる。 このゴマカシはいつまで持つのか・・・。 ブッダマシーン欲しい欲が増すばかり🤤 そろそろ限界近いぞ〜。

次の

ブッダマシーンが欲しくてたまらない!情報をまとめてみたよ

ブッタ マシーン

考え得る限り最高のタッグが実現しそうです。 詳細は以下から。 「ブッダ・マシーン」をご存じでしょうか?大魔神のような巨大ロボにも、ゴア・トランスのアーティスト名にも聞こえる響きですが、これは北京の電子音楽集団FM3が開発したポータブルなアンビエント・ドローン音響再生装置のこと。 電子音楽やアンビエント・ミュージックのシーンではよく知られた装置で、ライヴで使用されることも。 ブライアン・イーノもお気に入りで大量買いしたとのエピソードも知られていますね。 使い方は極めてシンプルで、スイッチを入れると瞑想的なアンビエントがループで再生され続けるというもの。 ヴァージョンによって収録されている音源の内容や数は違います。 例えばブッダ・マシーン5ではこんな感じ。 このブッダ・マシーンが今回コラボするのが現代音楽の巨匠。 「浜辺のアインシュタイン」などの代表曲はもちろん、「めぐりあう時間たち」「クンドゥン」「ポワカッツィ」などの映画音楽でも知られます。

次の

あの瞑想音楽ループ装置「ブッダ・マシーン」が現代音楽の巨匠フィリップ・グラスとコラボレーション!

ブッタ マシーン

めっちゃかっこいいな・・・。 日本で手に入れることが難しいとなると、海外ですね。 中華圏、仏教徒が多いベトナムなどに売っているそうです。 タイだとチャイナタウンのサンペーン市場に売っていたという情報を見たことがあります。 探しに行かなきゃな・・・。 あと、購入する勇気がない理由のひとつとして 「またこんな実用性のないオモチャ買ってどうするんだよ」という気持ちもあります。 だって、お金は使ったらなくなるじゃないですか。 お金のこと考えると胃が痛くなるじゃないですか・・・。 (小声) ブッダマシーンをポイッと買えるセレブじゃないので、今はアプリで我慢してる。 このゴマカシはいつまで持つのか・・・。 ブッダマシーン欲しい欲が増すばかり🤤 そろそろ限界近いぞ〜。

次の