選挙情勢。 沖縄県議会選挙の情勢・議席獲得予測

千早赤阪村長選挙2020開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

選挙情勢

最近の選挙 開票速報と開票結果 投開票日が2020年3月15日の地方選挙• 議会議員選挙(神奈川県)• 議会議員選挙()• 平内町議会議員選挙()• 議会議員選挙()• 議会議員選挙()• 今別町議会議員選挙()• 長選挙(長野県)• 池田(長野県)• 長選挙()• 長選挙()• 選挙情勢・開票速報・開票結果と地方選挙の実施 選挙に貴重な一票を投じるの選挙への関心は、投票前の選挙戦の情勢から開票速報、そして、開票結果と、時系列の中で発生します。 選挙への投票に参加したにとって、一票を投じた候補者の当選・落選は一刻も早く知りたい関心事であることは言うまでもありません。 さて、選挙の当選落選については、基本的に、投開票終了後の集票が終わった段階で明らかになり、に供されます。 しかし、遥かにそれ以前の様々な選挙戦の情勢も、当選・落選を予想する上で、より早く速報で知りたい情報と言えます。 投票前の選挙戦の情勢とは具体的には、候補者の支持層の状況やの投票数やです。 開票速報は、投票終了後の全票開票に至るまでの、時間ごとの開票結果の公表です。 そして、開票結果は、開票が完了した段階での当選・落選の最果となります。 ところで現実には、告示日より遥か以前より選挙情勢には動きがあって、注目対象となっています。 ここでは、よりスピーディーな速報という観点から、新聞各社やマスコミ配信する選挙情報サイトなどもご紹介しています。 スピード性が求められる選挙速報・開票結果の配信と公表 の選挙への関心対象となる 投票前の選挙戦の情勢・開票速報・開票結果について、その配信や公表がいかに早く行われるかという問題は重大事項です。 や開票速報・開票結果については、選挙を実施する体のが掌握する情報です。 これは、体のサイトにて告知されます。 告示前からの選挙情勢の予想等については、大手・地方新聞各社や選挙の運営会社が、組織を通じて情報を入手し、公表しています。 さらに、新聞各社等では、体の選挙結果情報を入手して、体が公表する前に情報発信をするケースも珍しくありません。 ただ残念なことに、これらによる選挙速報・開票結果の『速報度(スピード)』は、選挙を実施する体により様々です。 同じ市議会議員選挙でも、のように大規模な場合、マスコミ報道も大々的で、より緻密により早く報道がなされます。 時に、告示前の市議選情報も配信します。 また、当該による告知・公表も時間刻みに早く、体サイトでも早期に公表がなされます。 これに対して、にも満たない町議会を持つ『町』よりも小規模な『市』では、世の関心の規模も小さく、マスコミ・新聞社の動きも鈍くなります。 体サイトでも、かなり後になって、選挙が忘れられた頃に「過去の選挙結果」として資料が開示されたりします。 は、市町村の規模・大きさにより様々であるということです。 市町村の規模は概ね、そこの『人口(じんこう)』によって推し量ることが出来ます。 2019年10月1日現在、日本全国には【1741の市町村】が存在します。 以下の『市町村別人口一覧表』はその抜粋となりますが、同じ体といっても、その規模の違いが歴然であることがわかります。 市町村別人口一覧表(2019年10月1日現在) 順位 県・郡 市町村 人口(人) 1 神奈川県 3,748,781 2 2,740,202 3 愛知県 2,327,557 4 北海道 札幌市 1,970,057 5 福岡県 福岡市 1,592,657 6 神奈川県 1,530,457 7 神戸市 1,522,944 8 1,466,264 9 埼玉県 1,307,931 10 1,199,359 11 1,090,263 12 千葉県 980,203 13 福岡県 940,141 14 東京都 世田谷区 938,205 15 827,971 順位 県・郡 市町村 人口(人) 800 28,206 801 福岡県 28,002 802 27,998 803 日出町 27,947 804 27,863 805 福岡県 27,821 806 27,807 807 27,777 808 神奈川県 中郡 27,744 809 北海道 27,695 810 鹿児島県 27,644 811 北海道 27,590 812 27,577 813 27,424 814 27,214 815 木田郡 三木町 27,207 順位 県・郡 市町村 人口(人) 1700 宮崎県 1,013 1701 995 1702 長野県 961 1703 936 1704 長野県 934 1705 北海道 918 1706 889 1707 長野県 863 1708 新庄村 815 1709 北海道 775 1710 吉野郡 774 1711 鹿児島県 761 1712 754 1713 馬路村 750 1714 長野県 744 1715 長野県 738 選挙情報に需要が生まれるのは告示日以降が一般的 投票した選挙の行方に対する関心は、開票結果が確定した段階が終着点となりますが、投票日前(期日前)の選挙情勢や及び開票経過の速報にも高い需要があります。 選挙実施の各段階における選挙情報の速報こそ、選挙への関心需要の対象となります。 さて、速報を希求する関心が発生するのは「いつ」なのでしょうか。 それは、告示日に於ける立候補者の届出人数が議会定数を上まわることが判明した段階です。 これによって、選挙の実施が決まり、選挙戦に突入し、優位・劣勢の選挙情勢が発生することになります。 立候補者の届出人数が議会定数と同数以下の場合、選挙は行われず、の当落への関心も生まれることはありません。 告示前の段階で選挙情報の速報に関心需要のある人たち 選挙への関心は告示以降に発生するというのは、多くの一般人のケースです。 これに対して、告示日よりも遥か前に、選挙への強い関心の下、立候補予定者を支援する人たちが存在します。 いわゆる、政党の党員など、支持母体・支持層となる人々です。 組織票の母体となる団体・組織の支持層にとっては、告示後の選挙運動とは別に、政治活動と称して、立候補予定者を強力に支援する活動に従事しているのが現実であり、告示の段階では既に、選挙情勢の優位・劣勢が見えているというケースも少なくありません。 支援団体支持層による支援活動は、告示前の3ヶ月から半年以上も前に開始されるケースもあります。 支援団体支持層にとって、支援活動(政治活動)の成果を現実のものとして最初に実感できるのが、の経過状況です。 また、投票期日の勝利をより優位なものとするために、無難な形での推進を図ります。 の推進はより良い選挙結果を生むために必須 選挙の支持者にとっては、投票した立候補者が当選するかどうかという問題こそが最大の関心事です。 しかし、その観点を離れ、実施される地方選挙そのものを俯瞰(ふかん)してみたいと思います。 より良い選挙・選挙結果とはいかなるものか、ということに思いをいたすならば、それは、一人でも多くのが投票に参加する選挙であるということが言えます。 当該地方(地域)住民ご自身のための選挙です。 より多くの投票者があればあるほど、民意が反映されたより良い選挙・選挙結果と言えるでしょう。 当該地域の数に対する有効な投票数の割合を『』といいます。 そしてこのですが、18歳選挙権が行使されて以降も、全国的にの向上が見られないどころか、低迷が続いている現状です(2020年1月現在)。 以下は、全国47府県ののランキングです。 00%」で最低が埼玉県の「39. 50%」ですが、市町村レベルになると、実質的なが100%の村や30%を下回る都市が存在します。 つまり、理想的な民意反映の選挙結果である体もあれば、3人に1人の民意しか反映されないとこもあるのです・・。 ですが、この向上に寄与する『』という制度が存在します。 投票期日(投票日)に投票所に足を運べない事由のある人が、告示日の翌日から投票日の前日までの間、前もっての投票が出来るというものです。 高齢化が進む現在、高齢者の負担を軽減すべく、自動車による、「出張所」を設ける体も存在します。 こういった施策は、今後ともさらに普及されるべきものです。 地方選挙の開票速報・開票結果・選挙情勢 まとめ 全国の地方選挙は以下の種類に分類されます。 そしてさらに、「」・「再選挙」が実施されることがあります。 市議会議員選挙• 町議会議員選挙• 村議会議員選挙• 村長選挙• 区議会議員選挙• 区長選挙• 府選挙• 府県知事選挙 これら地方選挙の選挙情勢や当開票結果に関する速報を配信するメディアや新聞社等報道機関の主なものには次のようなところがあります。 地方選挙の中でもや沖縄統一選挙に詳しいのは『選挙WEB』です。 総選挙やも同様です。 しかしながら、速報性に関しては「選挙ドットコム」の方が優位に立つケースが見られます。 N国が立候補者を擁立する地方選挙の速報性に優れたサイトです。 gwboy.

次の

選挙情勢・開票速報・開票結果と地方選挙の実施

選挙情勢

最近の選挙 開票速報と開票結果 投開票日が2020年3月15日の地方選挙• 議会議員選挙(神奈川県)• 議会議員選挙()• 平内町議会議員選挙()• 議会議員選挙()• 議会議員選挙()• 今別町議会議員選挙()• 長選挙(長野県)• 池田(長野県)• 長選挙()• 長選挙()• 選挙情勢・開票速報・開票結果と地方選挙の実施 選挙に貴重な一票を投じるの選挙への関心は、投票前の選挙戦の情勢から開票速報、そして、開票結果と、時系列の中で発生します。 選挙への投票に参加したにとって、一票を投じた候補者の当選・落選は一刻も早く知りたい関心事であることは言うまでもありません。 さて、選挙の当選落選については、基本的に、投開票終了後の集票が終わった段階で明らかになり、に供されます。 しかし、遥かにそれ以前の様々な選挙戦の情勢も、当選・落選を予想する上で、より早く速報で知りたい情報と言えます。 投票前の選挙戦の情勢とは具体的には、候補者の支持層の状況やの投票数やです。 開票速報は、投票終了後の全票開票に至るまでの、時間ごとの開票結果の公表です。 そして、開票結果は、開票が完了した段階での当選・落選の最果となります。 ところで現実には、告示日より遥か以前より選挙情勢には動きがあって、注目対象となっています。 ここでは、よりスピーディーな速報という観点から、新聞各社やマスコミ配信する選挙情報サイトなどもご紹介しています。 スピード性が求められる選挙速報・開票結果の配信と公表 の選挙への関心対象となる 投票前の選挙戦の情勢・開票速報・開票結果について、その配信や公表がいかに早く行われるかという問題は重大事項です。 や開票速報・開票結果については、選挙を実施する体のが掌握する情報です。 これは、体のサイトにて告知されます。 告示前からの選挙情勢の予想等については、大手・地方新聞各社や選挙の運営会社が、組織を通じて情報を入手し、公表しています。 さらに、新聞各社等では、体の選挙結果情報を入手して、体が公表する前に情報発信をするケースも珍しくありません。 ただ残念なことに、これらによる選挙速報・開票結果の『速報度(スピード)』は、選挙を実施する体により様々です。 同じ市議会議員選挙でも、のように大規模な場合、マスコミ報道も大々的で、より緻密により早く報道がなされます。 時に、告示前の市議選情報も配信します。 また、当該による告知・公表も時間刻みに早く、体サイトでも早期に公表がなされます。 これに対して、にも満たない町議会を持つ『町』よりも小規模な『市』では、世の関心の規模も小さく、マスコミ・新聞社の動きも鈍くなります。 体サイトでも、かなり後になって、選挙が忘れられた頃に「過去の選挙結果」として資料が開示されたりします。 は、市町村の規模・大きさにより様々であるということです。 市町村の規模は概ね、そこの『人口(じんこう)』によって推し量ることが出来ます。 2019年10月1日現在、日本全国には【1741の市町村】が存在します。 以下の『市町村別人口一覧表』はその抜粋となりますが、同じ体といっても、その規模の違いが歴然であることがわかります。 市町村別人口一覧表(2019年10月1日現在) 順位 県・郡 市町村 人口(人) 1 神奈川県 3,748,781 2 2,740,202 3 愛知県 2,327,557 4 北海道 札幌市 1,970,057 5 福岡県 福岡市 1,592,657 6 神奈川県 1,530,457 7 神戸市 1,522,944 8 1,466,264 9 埼玉県 1,307,931 10 1,199,359 11 1,090,263 12 千葉県 980,203 13 福岡県 940,141 14 東京都 世田谷区 938,205 15 827,971 順位 県・郡 市町村 人口(人) 800 28,206 801 福岡県 28,002 802 27,998 803 日出町 27,947 804 27,863 805 福岡県 27,821 806 27,807 807 27,777 808 神奈川県 中郡 27,744 809 北海道 27,695 810 鹿児島県 27,644 811 北海道 27,590 812 27,577 813 27,424 814 27,214 815 木田郡 三木町 27,207 順位 県・郡 市町村 人口(人) 1700 宮崎県 1,013 1701 995 1702 長野県 961 1703 936 1704 長野県 934 1705 北海道 918 1706 889 1707 長野県 863 1708 新庄村 815 1709 北海道 775 1710 吉野郡 774 1711 鹿児島県 761 1712 754 1713 馬路村 750 1714 長野県 744 1715 長野県 738 選挙情報に需要が生まれるのは告示日以降が一般的 投票した選挙の行方に対する関心は、開票結果が確定した段階が終着点となりますが、投票日前(期日前)の選挙情勢や及び開票経過の速報にも高い需要があります。 選挙実施の各段階における選挙情報の速報こそ、選挙への関心需要の対象となります。 さて、速報を希求する関心が発生するのは「いつ」なのでしょうか。 それは、告示日に於ける立候補者の届出人数が議会定数を上まわることが判明した段階です。 これによって、選挙の実施が決まり、選挙戦に突入し、優位・劣勢の選挙情勢が発生することになります。 立候補者の届出人数が議会定数と同数以下の場合、選挙は行われず、の当落への関心も生まれることはありません。 告示前の段階で選挙情報の速報に関心需要のある人たち 選挙への関心は告示以降に発生するというのは、多くの一般人のケースです。 これに対して、告示日よりも遥か前に、選挙への強い関心の下、立候補予定者を支援する人たちが存在します。 いわゆる、政党の党員など、支持母体・支持層となる人々です。 組織票の母体となる団体・組織の支持層にとっては、告示後の選挙運動とは別に、政治活動と称して、立候補予定者を強力に支援する活動に従事しているのが現実であり、告示の段階では既に、選挙情勢の優位・劣勢が見えているというケースも少なくありません。 支援団体支持層による支援活動は、告示前の3ヶ月から半年以上も前に開始されるケースもあります。 支援団体支持層にとって、支援活動(政治活動)の成果を現実のものとして最初に実感できるのが、の経過状況です。 また、投票期日の勝利をより優位なものとするために、無難な形での推進を図ります。 の推進はより良い選挙結果を生むために必須 選挙の支持者にとっては、投票した立候補者が当選するかどうかという問題こそが最大の関心事です。 しかし、その観点を離れ、実施される地方選挙そのものを俯瞰(ふかん)してみたいと思います。 より良い選挙・選挙結果とはいかなるものか、ということに思いをいたすならば、それは、一人でも多くのが投票に参加する選挙であるということが言えます。 当該地方(地域)住民ご自身のための選挙です。 より多くの投票者があればあるほど、民意が反映されたより良い選挙・選挙結果と言えるでしょう。 当該地域の数に対する有効な投票数の割合を『』といいます。 そしてこのですが、18歳選挙権が行使されて以降も、全国的にの向上が見られないどころか、低迷が続いている現状です(2020年1月現在)。 以下は、全国47府県ののランキングです。 00%」で最低が埼玉県の「39. 50%」ですが、市町村レベルになると、実質的なが100%の村や30%を下回る都市が存在します。 つまり、理想的な民意反映の選挙結果である体もあれば、3人に1人の民意しか反映されないとこもあるのです・・。 ですが、この向上に寄与する『』という制度が存在します。 投票期日(投票日)に投票所に足を運べない事由のある人が、告示日の翌日から投票日の前日までの間、前もっての投票が出来るというものです。 高齢化が進む現在、高齢者の負担を軽減すべく、自動車による、「出張所」を設ける体も存在します。 こういった施策は、今後ともさらに普及されるべきものです。 地方選挙の開票速報・開票結果・選挙情勢 まとめ 全国の地方選挙は以下の種類に分類されます。 そしてさらに、「」・「再選挙」が実施されることがあります。 市議会議員選挙• 町議会議員選挙• 村議会議員選挙• 村長選挙• 区議会議員選挙• 区長選挙• 府選挙• 府県知事選挙 これら地方選挙の選挙情勢や当開票結果に関する速報を配信するメディアや新聞社等報道機関の主なものには次のようなところがあります。 地方選挙の中でもや沖縄統一選挙に詳しいのは『選挙WEB』です。 総選挙やも同様です。 しかしながら、速報性に関しては「選挙ドットコム」の方が優位に立つケースが見られます。 N国が立候補者を擁立する地方選挙の速報性に優れたサイトです。 gwboy.

次の

【選挙速報】千早赤阪村長選挙 2020の結果確定と立候補者の情勢|選挙news

選挙情勢

これは、今回の参院選で行われた情勢報道(選挙情勢の報道)を使われている用語をもとに分類し、選挙区ごとにリスト化したものです。 なお転載は自由です。 投票先の判断をする際などに参考にしてください。 選挙では当落線上にいる候補者に投票すると、自分の一票が有効に働く可能性が高まります。 また、家族や友達、知り合いに選挙の話をするときにも、見せたりしてください。 興味を持つ人がいると思います。 最終更新では、地元の事情に詳しい地方紙も可能な限り反映しています。 ここに掲載した表の日付(報道された日)は右ほど新しくしていますが、地方紙だけは右端に別個の欄を作りました。 また、東京と大阪はここにJX通信の情勢を入れています。 (「1. リード」「2. 懸命に追う」「3. 小括弧( )はタイトルの表現です。 は注釈です。 これは文章中の情勢表現とは異なるため、別途記載します。 各社の終盤情勢はいずれも順位が整合し、岩本氏(自民)と畠山氏(共産)が当落線付近を争うものとみられます。 青森県(1人区) 「1人区」の青森県は、最も上位の候補だけが当選する選挙区です。 順位は各社で整合し、表のとおり5社が優劣をつけている情勢です。 接戦としたのは産経新聞でした。 また、7月15日の毎日新聞では、情勢表現を用いた解説はないものの、接戦の欄に印がついています。 産経が優劣をつけているほか、毎日新聞も野党優勢の欄に印をつけています。 しかし他の新聞や通信社では接戦格で報じられており、順位も食い違っています。 朝日新聞と産経新聞は、石垣氏にそれぞれ「優位」「先行」とつけています。 また、毎日新聞では野党優勢の欄に印がついています。 このように3社が差をつけた表現をしているものの、地元の河北新報をはじめ他社は接戦格で報じており、食い違う情勢です。 また、毎日新聞は接戦の欄に印をつけています。 名前順は全て芳賀氏(無所属)が先順で、判断は整合しています。 産経新聞の「突き放し」は他社と大きく異なっていますが、原文は「わずかにリードしていた野党統一候補の無所属新人の芳賀が、再選を目指す自民現職の大沼を突き放した」という文でした。 つまり産経はリードの幅が「さらに広がった」という意味で「突き放し」を使っているようです。 (判定上、リストにはそのまま入ってしまいます) また、毎日新聞は野党優勢の欄に印をつけています。 福島県(1人区) 福島県の情勢報道は、各社とも優劣が整合しています。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 茨城県(2人区) 茨城県は上位2候補が当選する選挙区です。 情勢報道は、いずれも上位2候補と3位以下の候補で優劣がついています。 栃木県(1人区) 栃木県は各社とも高橋氏(自民)に先行格以上の表現をつけています。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 群馬県(1人区) 群馬県も各社とも清水氏(自民)に先行格以上の表現をつけています。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 埼玉県(4人区) 埼玉県は上位4候補が当選する選挙区です。 各社とも上位4人まで順位が整合し、当選ラインを越えていると判断されています。 4社が宍戸氏(国民)を5位、沢田氏(維新)を6位としています。 産経が優劣をはっきりつけているものの、他社では名前順で3番手にいる豊田氏(自民)と4番目手にいる浅野氏(共産)が、当落線上で接戦とされています。 各社とも、ほぼ上位3候補の顔ぶれは整合しています。 また、武見氏(自民)も4位前後につけており、当選ラインを越えていると判断されています。 続く塩村氏(立憲)と山岸氏(立憲)の順位は総じてほぼ並んでいます。 また、音喜多氏(維新)とあわせて、各社で当落線前後の判断が食い違う情勢です。 野原氏(れいわ)は、最終盤にきて順位を上げてきたようです。 さらに水野氏(国民)、朝倉氏(社民)が続きます。 表の上位3候補は各社とも1~3位でつけられており、当選ラインを越えていると判断されています。 4議席目が各社で食い違う接戦です。 松沢氏(維新)と浅賀氏(共産)が当落線上を争うものとみられます。 時事、日経、読売、朝日、東京、産経新聞はいずれも打越氏(無所属)の名前が先順ですが、新潟日報では後順となり、判断が食い違いました。 なお朝日と産経で優劣がついているほか、毎日新聞が野党優勢の欄に印をつけています。 富山県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも非常に強い表現を用いており、両候補にはかなりの差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 石川県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、両候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 福井県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 山梨県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 長野県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補にはやや差があると見られます。 毎日新聞も野党優勢の欄に印をつけています。 岐阜県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 静岡県(2人区) 静岡県は上位2候補が当選する選挙区です。 順位は各社とも1~5位まですべて整合し、2位と3位で当落線上を争うのは、榛葉氏(国民)と徳川氏(立憲)とされています。 愛知県(4人区) 愛知県は上位4候補が当選する選挙区です。 表の上位4候補は各社とも1~4位でつけられており、当選ラインを越えていると判断されています。 報道を見る限り当落線付近で議席を争うのは、安江氏(公明)と須山氏(共産)となりそうです。 しかし田島氏(立憲)を4番手に書いている新聞もあります。 三重県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも優劣が整合しており、上位2候補にはやや差があると見られます。 ただし毎日新聞では接戦の欄に印がついています。 各社で判断が食い違う状況です。 毎日新聞も接戦の欄に印がついています。 当落線付近にいるのは倉林氏(共産)と増原氏(立憲)です。 各社で食い違いのある情勢です。 各社がつけた辰巳氏と亀石氏の順位は、5位と6位がほぼ半々でわかれています。 続く清水氏(維新)、高橋氏(公明)、安田氏(立憲)が当落線上を競り合います。 各社で順位が食い違う接戦です。 奈良県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 和歌山県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、両候補にはかなりの差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 鳥取島根(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、上位2候補にはかなりの差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 岡山県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 各社で順位が食い違う接戦となっています。 山口県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、上位2候補にはかなりの差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 香川県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 愛媛県(1人区) 各社とも、順位は永江氏(無所属)が1番、らくさぶろう氏(自民)が2番となっています。 しかし表現はばらついており、僅差の可能性も否定できません。 毎日新聞は野党優勢の欄に印がついています。 徳島高知(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 福岡県(3人区) 上位3候補が当選する福岡は、情勢報道の順位が1位から5位まで各社とも整合しています。 当落線の前後では優劣が明記されており、情勢は固まりつつあるものとみられます。 佐賀県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、両候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 長崎県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 熊本県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 大分県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも礒崎氏(自民)の名前が先順、安達氏(無所属)が後順となっています。 優劣をつけていない2社のほか、優劣を記載している所も表現は弱く、接戦の可能性があります。 毎日新聞では自民優勢の欄に印がついています。 宮崎県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 鹿児島県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、1位の候補と他の候補には差があるとみられます。 しかし毎日新聞では接戦の欄に印がついています。 沖縄県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も野党優勢の欄に印がついています。 以上で今回の参院選情勢情報部を終わります。 投票のときや、友達とか知り合いと選挙の話をするときに、ここでまとめた情勢報道を少しでも活かせてもらえたのなら、とてもうれしいです。 Twitter : Facebook : note:.

次の