ファブリーズ アルコール 発売 日。 【疑問】アルコール成分入りのファブリーズでコロナウイルスは消毒できるのだろうか?

【疑問】アルコール成分入りのファブリーズでコロナウイルスは消毒できるのだろうか?

ファブリーズ アルコール 発売 日

今年の2月から発売された新商品には、 ナント!アルコール成分が配合されているんです!! 待てよ…? これって、もしかして… にも使えるのかな? このファブリーズの新商品も人気のせいなのか、 はたまた私と同じ様な事を考えてる人が多いせいなのか? 売り切れるお店も目立ちますが、消毒液ほど絶望的な状況ではなくて、 たまに買うことができます。 そこで私もなんとか一つ購入してみました。 ちょっと試しにスプレーしてみますと、 うん、確かにアルコールの臭いがする!!! これだとウイルスに効果ありそうな感じはしますが… ただ、ウイルスに効果があるためにはアルコール度数が関係してきます。 だいたい70~80%くらいが最も効果があるらしいのですが、 そもそもこのファブリーズはアルコール度数は表示されてないんですよね。 そこでの商品ページに気になる事が書いてありました… 濃度計にて測定したところ10%という結果でした。 この配合にどのような効果があるかは分かりませんが、消費者はもう少し冷静になるべきでは無いでしょうか。 そもそも従来のファブリーズでも、インフルエンザ等のウィルスにそれなりの除去効果がある事が確認されております。 売り切れているからと言ってその何倍ものお金を払って買うべきものではありません。 アルコール度数10%… もしもこのコメントが真実ならば、アルコール成分だけではウイルス撃退とはいかない様ですね… 全く効果が無いのかどうかは、私はちょっとわかりません… コメントの続きを読んでいくと「インフルエンザ等のウィルスにそれなりの除去効果がある事が確認されております。 」とも書かれています。 インフルエンザウイルスに効果あるってかなり良くね? これは多少は期待しちゃっていいのかな?とも思いますが、確信はちょっと持てません… 5年くらい前に行なわれたキャンペーンでは 「ウイルス除去」ってちゃんと書いてるんですけどね… 「ファブリーズ」を検索すると「北里環境科学センター」というところで検証をして、インフルエンザウイルスの99%を除去する事が確認されたという事がけっこう書かれているんですよね… (ただし等、対象外のものも存在する様ですが…) 現在はその文言を探しても商品には書かれていません。 私も自分のファブリーズをチェックしてみましたが、見当たりませんでした。 今もその効果自体はありそうですが、さすがにこの時期にに効果があるとは口が裂けても言えないと思います。 着ていったジャンパーとかにシュッシュとするだけで何となく落ち着きます… コロナ対策はさておき、ニオイはかなり落ちるのは事実なので 買って損はないかと思います… 以上です… marukudo.

次の

ファブリーズやイソジンは新型コロナ予防に効果はあるのか|日刊ゲンダイDIGITAL

ファブリーズ アルコール 発売 日

P&G(本社:神戸市)は、エアケアブランド「ファブリーズ」から、ファブリーズ史上初の100%自然由来の香りと植物由来の消臭成分を使用した「ファブリーズ ナチュリス」を2019年3月2日からオンライン先行発売、4月上旬から全国で発売します。 近年、ナチュラル志向の女性がますます増加しています。 レモングラスのエッセンスにジンジャーを加えたどこかエキゾチックな香りの「レモングラス&ジンジャー」と、フレッシュなハーバルミントがはじけるリフレッシュ感のあるみずみずしいしい香りの「ミントリーフ&ジュニパーベリー」の2つの香りをご用意しました。 パッケージはガラス製のような透明感があり、深みのあるグリーンとブラウンをそれぞれ採用。 お部屋のインテリアにも自然に溶け込む洗練したデザインに仕上げました。 「ファブリーズ ナチュリス」は、これまでの「ファブリーズ」とは違う新しい世界を体験しながら、ナチュラル志向の女性の暮らしをさらに豊かに、心地よいものにしてまいります。 スプレーした瞬間に香りが優しく立ち上がり、心地よい余韻が楽しめます。 9%の除菌力もそのままに 「ファブリーズ」の消臭成分は、自然界で育ったトウモロコシ由来の消臭成分です。 1998年の発売以来、採用し続けているキーテクノロジーで、イヤなニオイをしっかりキャッチして閉じ込めます。 さらにイヤなニオイを分解する中和消臭成分と、体臭や長く残りやすい油のようなニオイもしっかりと消臭するポリマー消臭成分を配合してしっかり消臭。 ニオイの原因菌まで99. 「ファブリーズ ナチュリス」も、この消臭効果は変わらずキープ。 やさしい自然の香りを楽しみながら、布製品を清潔に保ちます。 半透明のため、中身も見え、より安心を感じさせるデザインになっています。 <P&Gについて> P&Gは、高い信頼と優れた品質の製品ブランドを通じて、世界中の人々の暮らしに触れ、よりよいものにしています。 日本では、エアケア製品「ファブリーズ」をはじめとして、衣料用洗剤「アリエール」「ボールド」「さらさ」、柔軟剤「レノア」、台所用洗剤「ジョイ」、紙おむつ「パンパース」、ヘアケアブランド「パンテーン」「h&s」「ヘアレシピ」、スキンケア製品「SK-II」、シェーブケアブランド「ジレット」「ブラウン」、電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」など、様々な製品を提供しています。 【お客様】P&Gお客様相談室 TEL:0120-118-226 【ホームページ】.

次の

消臭・除菌*成分が繊維の奥までしっかり浸透!「ファブリーズ」布用消臭・除菌*スプレーがリニューアル!さらに新たなラインアップ「ファブリーズ W除菌 無香料 アルコール成分+」が新発売!(2020年2月19日)|BIGLOBEニュース

ファブリーズ アルコール 発売 日

ファブリーズに関しては発売間もない頃から「 ペットが健康被害を受けた!」とか「 有害物質が含まれている!」いう噂がネット上に出回っています。 1998年12月頃にはすでに「飼っていた犬が死んでしまった。 皆さん気をつけてください」といった類の注意がインターネット上に出現しているようです。 こうした有害性に関する噂は、製品の中に塩化亜鉛が含まれていた時代のものであり、また健康被害と製品との因果関係がはっきりと証明されたわけでもないため、一般的にはガセネタとして認定されています。 しかし製品から塩化亜鉛が取り除かれた現在も、弊害を心配する似たような噂がネット上に蔓延(はびこ)っています。 「ファブリーズ 犬」「ファブリーズ 猫」「ファブリーズ ペット」といったキーワードで検索すれば、ペット動物の病気や肝臓への有害性を気にかけている飼い主たちが、いかに多いかがすぐに確認できるでしょう。 以下はアメリカ国内で販売されているファブリーズのラインナップの中で、最も代表的な布用「Febreze Fabric Refresher」の成分表です。 安全性や危険性に関する科学的な根拠と出典も記してあります。 シクロデキストリンは日本の厚生労働省によってとして認可されており、「製造用剤」として使用されています。 また犬を対象とした52週間の給餌試験からNOAELはオス犬で「体重1kgあたり1日466mg」、メス犬で「体重1kgあたり1日476mg」と推定しています。 こうしたデータから設定された人における一日摂取許容量(ADI)は、体重1kg当たり1日15mgまでです。 なお国際がん研究機関(IARC)によって発がん性は確認されていません。 QUAT ラットを対象とし、塩化ジデシルジメチルアンモニウム(DDAC)を飼料に添加して4週間経口投与した結果から、無毒性量は1,000ppm、最小中毒量および中毒量は2,500ppmと推定されています。 また犬を対象とし、体重1kg当たり塩化ジデシルジメチルアンモニウムを5mg、15mg、50mgという割合で添加して90日間経口投与した結果、50mg群でわずかに体重減少した以外には異常は認められなかったとも。 さらにウサギの除毛した背部皮膚に500倍液0. しかし全く無毒というわけではなく、ラットにおける半数致死量(LD50)は体重1kgあたり84mgとの報告もあります。 またドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)では、DDACの一日摂取許容量(ADI)を体重1kgあたり0. 1mgまでと設定しています。 なお国際がん研究機関(IARC)によって発がん性は確認されていません。 ジエチレングリコール ジエチレングリコールは工業的に広く使用されており、不凍液、ブレーキ液、潤滑剤などに含まれています。 一方、毒性が強いことから医薬品の原料や食品添加物として使用を認可している国はありません。 誤飲した場合の中毒症状は吐き気、嘔吐、頭痛、下痢、腹痛で、大量に摂取した場合は腎臓、心臓、神経系に悪影響が現れます。 実際1930年以降、ジエチレングリコールの誤飲による大量中毒死事件が世界各地で発生しています。 日本でも2007年6月、中国から輸入した練り歯磨き粉にジエチレングリコールが含まれていたことから、自主回収するという騒動がありました。 EFSA(欧州食品安全機関)における耐容一日摂取量(TDI)はエチレングリコールとジエチレングリコールの総計で体重1kgあたり0. 5mgまでです。 ラットにおける半数致死量(LD50)は体重1kgあたり15. 6~20. 8 g、人間における中毒量は体重1kgあたり0. 14 mg で致死量は1~1. 63 gと推計されています。 なお国際がん研究機関(IARC)によって発がん性は確認されていません。 ベンゾイソチアゾール 2012年、ヨーロッパの「消費者安全科学委員会」は、ベンゾイソチアゾールが皮膚炎を始めとするアレルギー反応を引き起こす感作性物質として作用する懸念を表明しました。 ゴム手袋に含まれたわずか20ppm(0. こうした事実から、アレルギー症状を引き起こす濃度がわかっていない限り、化粧品における使用は安全とは言えないとの結論に至っています。 イソチアゾリノンは防腐剤や殺菌剤として広く用いられています。 ひとたびアレルギーを発症すると、シャンプー、ハンドソープ、ボディーシャンプー、冷却マットなどが原因で皮膚のかゆみなどが引き起こされるかもしれません。 空中に浮遊した成分により全身性のアレルギー反応を発症したというケースもあります。 なおラットにおける半数致死量(LD50)は1. 国際がん研究機関(IARC)によって発がん性は確認されていません。 ジメチコン ファブリーズその他の成分• 水消臭成分を悪臭成分に届ける媒体として機能します。 また製品の均一性を保つ働きも担っています。 アルコールスプレー後の乾燥を早めるために配合されています。 ポリアミン重合体カチオン(陽イオン)界面活性剤の機能を補強します。 メーカーの説明文では悪臭成分に付着して中性化する「臭いのマグネット」のようなものと表現されています。 水素化菜種油融点を高めた菜種油のことで、成分を安定化させる目的で配合されています。 水酸化ナトリウム消臭成分のパフォーマンスを最適化し、安全性を保つ目的で配合されています。 クエン酸柑橘類から製造される成分で、悪臭のpH(酸性度)を調整します。 香料香り付けです。 ラインナップによって異なる香料が使用されていますが、使用原料と濃度はすべて「」(国際フレグランス協会)が定める基準を遵守しているといいます。 アメリカ国内で販売されているファブリーズの中身について調べてみましたが 安全な成分もあれば危険な成分も含まれていることが明らかになりました。 アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)は ネット上に流布している噂を検証し、国立機関である動物中毒コントロールセンターの毒物学者やその他の専門家と検証を重ねた結果、 使い方さえ間違えなければ犬や猫を飼っている家庭において使用しても問題がないとの結論に至ったと宣言しています。 ただし鳥に関しては、空気中を漂う成分に敏感であるため、部屋の中から揮発成分が完全に換気されるまで隔離することを推奨するとも。 高らかに安全宣言しておきながら、どのような科学的根拠を持って「安全」と判断するに至ったのかは全く公開されていませんが…。 少なくともアメリカ国内で販売されているファブリーズには、体内における代謝経路が完全には解明されていない第四級アンモニア化合物(QUAT)が含まれています。 また濃度まではわからないものの、ジエチレングリコールやベンゾイソチアゾールなど、大量に摂取したら有毒(猛毒)な成分も含まれています。 さらに重要なのは、猫では肝臓におけるグルクロン酸抱合能力がきわめて弱く、シトクロムと呼ばれる酵素の一部が全く生成されないという事実です。 人間や犬とは異物の代謝能力が違いますので、くれぐれも猫の体に直接ふりかけないよう注意してください。 またファブリーズは飲むことを想定していません。 「口の中を殺菌する」という名目でわざと飲ませるバカな飼い主はいないでしょうが、猫がうっかり液体を飲んでしまう誤飲にも気をつけてください。 残留した成分が肉球や被毛に付着する危険性もありますので、一箇所に大量噴射してべちゃべちゃにしないほうがよいでしょう。

次の