プレイ ボール 2 ネタバレ。 プレイボール2【最新第70話】予定より早い継投 ネタバレと感想!

「プレイボール2」第34話感想

プレイ ボール 2 ネタバレ

前話まで 前話まで 前話までです。 「遂に開幕した夏の予選。 しかも初戦の相手は、 昨年秋のブロック予選で墨谷に敗れ、 シード権を得損ねたリベンジに燃える東実。 しかしその激しい走塁に対して、 審判団の協議が始まる。 」 です。 さあ、丸井のラフに見えたプレーはアウトかセーフかですね。 yimg. rSf7FP7. 煽(あお)り文は、 「丸井のホーム生還は認められるか?」 ですね。 管理人の予想では、ラフプレーっぽかったので 墨谷の野球ではないと思ってアウトだと思ったのですが、 もう書きますがセーフで1点入りました。 その理由はというと、 まず、東実は3塁への走塁で守備妨害だと、 東実の監督の見解です。 協議は1,2塁の塁審は守備妨害の見解。 一番近い3塁の塁審は、 「しかしランナーは野手に向かって 体当たりしたわけじゃありません」 「あくまでもベース目がけて スライディングしています」 確かに丸井は三塁目掛けてなんとしても でしたので、野手目がけてではありませんでした。 なるほどですね。 主審は、 「スライディングのあとの交錯は 不可抗力と言うんだな?」 「う~~む」 とまだ協議が続いています。 その様子を眺めながら谷口は、 「丸井……」 「はい…?」 「「よく走った」と言ってやりたいところだが…」 「今の走塁はやはり無謀と言わざるを得ん」 ショックをうけてるような丸井。 それから送球が手に当たって丸井の手が 腫れていることにおよび、 「だけど……」 「この手は大丈夫なのか?」 「大丈夫です」 「プレーに支障はありません」 「(…………………)」 「(キャプテン………)」 「(谷口さん………)」 「(おれは谷口さんのために 一所けん命走ったんです)」 「(おれの体なんてどうなったって いいんです)」 「(死ぬ気でやっているんです)」 丸井らしい思いですね。 「丸井!」 「!」 「オマエに途中でケガされたら…」 「甲子園に行く計画が台無しに なっちまうんだよ」 「え………」 「キャ… 「それをわかっているのか?」 「キャキャプ……」 ここらのやりとりの谷口はいいですね。 手の腫れがあとでどうひびいてくるのでしょうか。 スポンサーリンク 協議を続けている審判団は、 1,2塁の塁審は守備妨害で、アウトの意見、 3塁の塁審は「インプレー」だと。 それを受けて主審は、 「私の感覚では…… 2塁ランナーのスタートが無理くり だったので先入観が入っているように思う」 「人間(サード)に対する当たりはそこまで 強くなかったと思う」 「主審としては3塁審判の 見方を尊重したいと思う」 ということで最初の判定通り 丸井はセーフで1点先取となりました。 不服な東実ナインだが気を取り直してと。 「(ちくしょう あれよあれよという間にやられちまった)」 「お願いします」 と3番谷口がバッター。 「(だがもう気を引きしめる)」 と佐野。 2塁ランナーのイガラシはというと、 「(丸井さんの激走でおれの心にも 火が点いた!)」 「(よ~~し ワンヒットで還ってみせるぞ)」 とイガラシの心に火がついたのは意外でした。 丸井は、 「(おれに向かって初めて「甲子園」と言った!)」 と興奮気味。 谷口は佐野の球に恐ろしい速さだと。 バットに当たり、セカンドゴロ。 右方向にボールがいったのでイガラシは 3塁へスタートをきる。 だが打球の早いセカンドゴロ。 セカンドはサードにボールを! これは余裕を持ってサードでアウトに。 「(しまった~~)」 「(決め打ちしすぎた)」 と失敗したとイガラシは思う。 その肯定のとおり、 「(やっぱ……)」 「(丸井くらいの気迫を出してやらないと………)」 倉橋も心に火がついたよう。 倉橋は打つとショートゴロ。 ゲッツーコースでセカンドアウト、 ファーストへ、 すると倉橋は、一塁へなんとヘッドスライディング! しかしゲッツーに。 観客は、 「しかし倉橋ゲッツーとわかりきっていての ヘッドスライディング!」 倉橋はスっと立ち上がり颯爽?とベンチへ、 その様子にベンチは、 「よしナイスファイト」 「ナイススライディングだよ!」 と盛り上がりが。 「な なんだ…?」 「倉橋まで激走…」 守備に向かう墨谷のナインを見る東実は、 「なんか墨谷…… 声がでけーなァ」 それを谷口は、 「丸井の激走が…」 「みんなに伝播した……??」 丸井からグラブを受け取り、 墨谷のナインを見る谷口は、 「(形はどうあれ………)」 「(おれの最後の公式大会しょっぱなに 丸井が1点を取ってくれた)」 「(なんか…勇気をもらったぞ………)」 と最初は危ぶんでいた感じがあったのですが、 力をもらった模様。 「(おれはがんばる!谷口さんのために…!)」 そしてピッチャーは、背番号12をつけた、 「墨谷高校の先発は1年の井口!」 さあ井口は抑えれるでしょうか? 今号はここまでとなっております。 ラストの柱文は、 「初戦の先発を託されたのは1年生左腕・井口。 東実の強力打線をねじ伏せることが!?」 次号10号は、今度は東実打線が井口に襲いかかる!? 「井口の攻略策」の巻 以上が、プレイボール2!ネタバレ23話「激走!」の感想! についてになります。 お読み下さりありがとうございました。 スポンサーリンク おすすめ記事.

次の

プレイボール2 ネタバレ感想 最新話73話 最新刊8巻を無料で読む

プレイ ボール 2 ネタバレ

プレイボール2 ネタバレ 70話 「予定より早い継投の巻」 谷口は右中間を抜けるヒットを打ち、しかも守備がもたついていたから3塁から本塁へと走る。 しかし、それは川北の罠であり、更に疲労で倒れてしまった谷口は戸田にタッチされてアウトとなる。 観戦していた田所はライトの島谷とセカンドの神戸がもたついていたのは罠で、わざと3塁を回らせてホームにおびき寄せたのだと呟く。 「やられた 試合巧者川北…追加点を取らせてくれない」 と田所はこう呟くと項垂れながら座り込み、応援団の者も谷口もホーム前でへたったと呟く。 田所はその事も心配しており、谷口達は大会中なのに容赦なく練習し過ぎて疲労が溜まっていて、要所要所でプレーが鈍くなっていると言う。 そんな中、予定よりも早くイガラシがマウンドに上がる。 「そして「4対2」とリードしているのにもう継投せねばならない 松川のタマ数が恐ろしいことになってたんだ」 と田所は言う。 打席には3番の島谷が立っていて、さっき芝居をしていたのにしれっとしていると倉橋は心の中で呟いていた。 イガラシはボールを投げるもボールになる。 どの道ツーストライクまで振って来ないのだからストライクを投げていくと言って、どんどん投げ込んでいき、島谷は何度もファールで粘る。 そして甘めの球を打ち返すと、ファーストの井口がキャッチしてワンアウトを取る。 4番の田辺もいい当たりを打ったがサードゴロに終わり、5番の犬山はショートライナーで終わり、スリーアウトチェンジになった。 川北の攻撃を3回裏は無失点で切り抜けたものの、全部いい当たりでありファインプレーに助けられた感じだった。 田所はこの回イガラシが投げた球数が20球ぐらいだと知って、松川よりはマシだけどイガラシも怪しいと感じていた。 そして4回表は0点で終わり、4回裏を迎えていた。 松川さんは2イニングスでマウンドを降りた おれはその分1イニング多く行かないと とイガラシはこのように思いながら、6番の井上と対峙する。 井上もイガラシが投げる球を次々とカットして粘っていき、見ている応援団もうんざりしていた。 「向こうが粘るのは……ツーストライクからでも打てる自信があるからだ 普通はツーストライクを取られたら打率は下がる 臭いタマを見逃せなくなるからな そうか……あとは打てるタマを待っているようなフシもある 気長に気長に……釣り糸をたらす釣り人のように…獲物を得意ゾーンに誘い込む…」 と田所がこのように言っている間に、井上が甘い球を打ち返してホームランにしてしまった。 これによって4対3になった。 井上は左バッターなので右投手のボールを見やすいのだ。 しかし、田所はそんなものは投手が元気なら関係ないと呟くのだった。 そしてイガラシは4回裏を1点だけに抑え、5回裏も無失点で抑えたのだった。 6回表、打席には谷口が入っていた。 マウンドの小野田は他の面々は抑えているが、谷口にだけはいい当たりをされているので内心苦手意識を抱いていた。 既にツーアウトになっていたが、谷口は諦めていなかった。 そして小野田が投げた外角の球を打ち返した。 打球はライト方向にふらふらとしながら飛んでいて、やがて落ちたがフェアゾーンに落ちた。 しかも長打コースになるので、谷口は走る。 対して島谷はまた先程みたいに引っかけようと企んでいた。 プレイボール2 最新刊8巻を無料で読む方法 今回は プレイボール2 を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた 漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか? 通常、マンガは無料で読むことはできません。 仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。 そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT( ユーネクスト)。 U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日以内に解約することで、 月額料金1,990円 税別 を支払わずに無料でダウンロードして漫画を読むことができます。 野球はツーアウトと言いますから、この回に追加点が欲しい所ですね。 それに島谷はまたさっきみたいに引っかけようと目論んでいるようですが、既に手口は墨谷側は分かっていますので止まるのではないかと思います。 しかし、流れを少しでも変えたいと谷口は思っているはずですので罠なのは承知の上で走るのではないかと思います。 運営会社 株式会社U-NEXT 株式会社ビーグリー 株式会社エムティーアイ 有料会員 月額1,990円 (ビデオ見放題サービス付) 月額料金(300円~10,000円/月) または、都度ポイント購入 月額1,958円 書籍数 42万冊以上 6万作品以上 17万冊以上 無料期間 31日間 無料会員登録あり 30日間 形式 アプリ・ストリーミング ストリーミング アプリ・ストリーミング ポイント付与 登録時に600P付与 無料期間終了後は毎月1,200P付与 毎日来店ポイント1P付与 LINE利用で毎日プラス1P付与 5がつく日は5倍 漫画用のポイント600P付与 音楽・動画用のポイントが1,000P付与 無料期間後は毎月1,958P付与 無料期間中特典 書籍は2,400冊以上 アニメ・動画も、8万本見放題 3,000作品以上漫画見放題 専門3チャンネル見放題 音楽約620万曲・書籍約17万冊から購入可能 商品購入で最大20%ポイント還元 動画約18万本からレンタル視聴可能 割引クーポンでお得に動画視聴 アプリ 〇 〇 〇 主要ジャンル 漫画・本・雑誌、動画(映画、ドラマ、アニメ) 漫画(オールジャンル) 漫画・漫画に関係するアニメ/ドラマ/映画 支払方法 クレジットカード キャリア決済 Amazon. jp AppleID ギフトコード/U-NEXTカード クレジットカード キャリア決済 クレジットカード spモードコンテンツ決済 楽天ペイ リクルートかんたん支払い おすすめポイント 電子書籍だけでなく、アニメ・動画も見放題 会員登録しなくても3,000作品以上の漫画が読める 新刊が発売日に読める.

次の

プレイボール2 ネタバレ感想 最新話72話 最新刊8巻を無料で読む

プレイ ボール 2 ネタバレ

田所が録画してくれたという川北商業の試合を見るため、田所電機商会へと集まった墨谷野球部員たち。 レジに座る初登場田所の父親? に挨拶をし、店内に並ぶビデオデッキに興味津々。 SONYのビデオデッキ(ベータマックス)¥228. 000 「どこ(のメーカーの)でも取り寄せられるよ。 ひとつくらい買ってく? 」 と話す田所父に、 「こんなもの一生買えないと思う」 と価格に圧倒されっぱなしな松川半田戸室の3人。 部屋に案内されると田所がVHS方式とベータ方式について説明し、自分の家はベータを使っているという。 テレビ画面には川北商業と新木場高校の試合の様子が映し出される。 前試合で完封しているという新木場のエース河仙のピッチングに、 ボールも速いし変化球も曲がる コントロールもいい 完成度の高いピッチャー だと評価する墨高ナインと田所だが、そんな河仙を川北打線がメッタ打ち。 大島工業のような大きいのはないがとにかくヒットが続く。 その中で谷口がある事に気付いた。 ヒット18本中15本が2ストライクからのヒット。 普通バッターは追い込まれるとヒットの確率は下がるものだが、川北打線は粘って粘って好きなボールがくるのを待ち、それを確実に仕留めているという感じらしい。 逆に言えば 「じっくり粘ってそのポイントに誘い込む」 どの球に対しても勝負に行ったバッティングであり、逃げているから追い込まれているわけじゃない。 川北レギュラーは例年よりも小粒だが好打者揃い。 ここで実況アナウンサーの言葉に耳を傾けると、今年の川北レギュラーはエースの小野田以外は全員が幼馴染みであり、元々は同じ会社の社宅っ子だと判明。 その社宅が千葉の市川にあり、市川には川北商業の練習グラウンドがあった事から、そこで野球部の練習を見て野球への憧れを強くしていったという。 だが、市川は千葉県で江戸川区に本拠がある川北商業へ通うことができない。 そんな時に社宅が江戸川区に移転する事が決まり、晴れて東京都民となって川北を受験したらしい。 ここで川北レギュラー9人の情報が流れる。 1番・センター 登米田 2番・レフト 立川 3番・ライト 島谷 4番・サード 田辺 5番・ショート 犬山 6番・ファースト 井上 7番・セカンド 神戸 8番・キャッチャー戸田 9番・ピッチャー 小野田 その経緯から結束力が堅そうだと話す田所。 続いてエース小野田のピッチングに、 「おととし練習試合でやって以来だが、かなり成長しているな」 と話す谷口と同意する倉橋。 新木場も前の試合では10点を取っているそうだが、その打線に手も足も出させずに終わってみれば12対0の5回コールド勝ち。 この試合での小野田の投球数は50球ほど。 逆に新木場ピッチャーは5イニングスで150球以上。 1イニング平均30球も投げさせられていた。 「打席で粘るから…」 口にしてそのまま考え込む谷口。 ピッチャーに球数を投げさせるタイプの川北打線相手に、分業体制を敷いてきた墨高としては4人の投手で臨機応変にと行きたいが、井口には1年生ゆえの脆さがあり本番では怖いとわかったことから、川北戦では井口は使わずに自分と松川、そしてイガラシの3人で頑張ろうと考える。 そしてエース小野田の豪速球が一昨年の秋からかなりスピードアップしており、今までのどのピッチャーよりも速いと悟り、 「明日は午後から集まって軽くアップだけの予定だったが……」 「朝9時集合としたい! 」 「弁当も持ってきてくれ! 」 と、急遽予定変更をナインに告げる。 「小野田のスピードは怖い」 と。 朝から集まった部員に 「打って打って打ちまくりたいと思う」 と話す谷口はバッティングピッチャーに井口を指名。 ただし、プレートの3メートル手前から投げてくれと指示。 各自が戸惑いつつも練習開始。 「ただでさえ井口クソ速いのにこんなのかすりっこない」 動揺する丸井に 「打てなくても……目を馴らすんだ! 」 「この速球に馴れとかないと小野田は絶対打てない! 」 と谷口はとにかく速球に目を馴らすよう告げる。 そんな様子にキャッチャーの倉橋は思う。 (大会中の練習は抑える方針だったのに…ここに来て路線を変更しようとは! ) (だがこれが谷口! ) (体を動かしてないと気が済まないんだ! ) そして打席の丸井も (今日は一日中練習か! ) (でも谷口さんはこうでなくちゃな) とどこか嬉しそう。 しかし井口だけは (今日バッティングピッチャーをやらされるということは……おれのあしたの出番はないということだ! ) と複雑な気持ちでいた。 一方、中一日を完全オフとしていた川北商業の幼馴染軍団は電車に乗って千葉の海で磯釣りをしていた。 という場面で第60話が終了となります。 川北の田淵さんって確か倉橋の先輩で練習試合したときにエースだったけど墨谷が3年引退直後の時期だからハンデで監督代行してたんじゃなかったっけ?(練習試合の最中にじゃあ投げてもらえよとかあったからこの時現役だったこと自体は間違いない) つーかまず原作見てた限りじゃあの倉橋入部直後の練習試合の時点で谷口・倉橋1年、小野田2年、田淵3年だと思ってたわ。

次の