原因 類義語。 日本語には何故類義語が存在するのですか?英語ではcanとbe able toの違いは用法...

「同床異夢」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

原因 類義語

原因の例文検索・用例の一覧• 原因と結果の関係を調査する。 原因を究明するのは、我々の仕事だ。 医療ミスが原因• 不作の原因• 悪化の原因• 子宮筋腫の原因• 早産の原因• 不妊の原因になっている• 種々の原因によって生じる• 腐敗臭の原因• どれも原因は不明です• 体調不良の原因は水が汚染されていたからだ• 何が原因でうまくいっていないのか• 衰退原因の一つに挙げられる• 感染拡大の原因• それらを生産した原因は、不変のままだった• 確実なことは、あらゆる効果には原因があるはずだということである• 間接的な原因• アルツハイマー病は、彼女の破壊された精神の原因となる• 被害の原因はシロアリであった• 犯罪における原因となる要因としての貧困• 慎重な掃除は、絵の価値が高められた原因となった• 病気の原因に関する素人の意見• 圧力は、やわらかい中心部分にある足底疣贅の痛みのあるたこを発達させる原因になる• 見放されている原因• コンサートの取り消しは雨が原因だった• テストステロンは、男性の性衝動の原因となる• 風のすばやい動きは、ボートが予測不可能に向きを変える原因になった• 皮脂腺の過度の活動は皮膚が脂性になる原因となる• 喫煙が肺ガンの原因となるという証拠はとても説得力がある• 原因となる有効な力• 嵐は、多くのふさがれた道と橋の原因となった• 原因不明の奇跡• 彼女が落ち込んでいる問題の原因• 事故の直接の原因• 推進力の原因• 彼らの研究は新しい病気の原因を明らかにした• 問題の中心的原因• トラブルの直接的原因• 彼らを取り囲む政治動乱の原因に関して妙に無関心な• インフルエンザの原因と予防を研究するために、資金が割り当てられた• からからに乾いた葉は火災の原因になる• 貧困の原因の多くは、工業の未発達に帰することができる• 私達は病気の原因についての研究を続けた• 彼女が絶えず不平を言うのが彼の欲求不満の主たる原因だった.

次の

姑息の本来の意味とは?語源と誤用原因と使い方や類義語・四字熟語

原因 類義語

「起因する」とは、「起因」すなわち、「物事の起こる原因」という意味の言葉に、物事を行うという意味の動詞「する」が繋がってできた言葉です。 原因の中の「物事を引き起こす元となったことからつながる」という意味で使われます。 原因の中の1つで「直接」その物事にかかわるきっかけになったことを「起因する」と言います。 そもそも起因や原因につく、この「因」という漢字に「もとづく」「根本」「繋がる」という意味があり、起因、原因、要因などは全て「根本」という意味を持っています。 その複数ある「根本」の中で、最初のきっかけとなる物が「起因」であり、複数ある根本の全てを「原因」、また複数ある原因のうち、重要な働きをした事象のことを「要因」というように表現します。 「起因するもの」などと使います 事故の現場検証や何か人的な災害があった場合に使われることが多いです。 「この大火災は火の不始末に起因するものです」などというように使います。 そもそも原因自体が「物事を引き起こすもと」という意味があるため、起因は「直接そのきっかけになった事柄」と考えます。 「起因」は「原因」や「要因」と違い、「起因する」というように動詞と結びついて用いられるのが一般的です。 「この大火災の原因は火の不始末です」とだけでも火災となった原因はわかりますが、この場合ほかにも原因が複数あり、「火災」から「大火災」へ至った経緯がわかりません。 このため、「この大火災は火の不始末に起因するものです」とすると、まず「火の不始末」で火災が発生し、「風が強く、風向きが市街地に向かっていた。 またそこは住宅密集地で古い木造の建物が軒を連ねていた」というそのほかの原因、最も重要な要因が見えてきます。 「起因」を使った例文 類語 「起因する」は「そのことが作用して事柄が起こった」という意味として使われます。 ここでは「起因」の類語である原因、基因、動因についてご紹介します。 原因 原因は「物事の起こるもと」という意味があります。 「原因」は物事の状態や変化が起こる元のことを言いますが、それは複数ある場合もあります。 一方「起因する」は多くの場合、その複数ある原因のうち「最初のきっかけとなった1つの原因」のことを指しています。 「原因」の「原」は「源」や「もとづく」という意味があり、「原因」の因も同じ意味があります。 起こるは「始まり」「立ち上がり」という意味です。 このことから「起因する」は「原因」よりも、より初期の段階に注目した言葉であることがわかります。 基因 基因は「物事の原因、おこり」のことを意味し、「もとづく」という意味もあります。 この字は「起因」と同じ意味で使われます。 ただし、こちらは「根拠」「拠り所」などという意味が強くなっています。 類語というより、「起因」の別表示とした方がわかりやすいです。 ちなみに、この「基因」は中国語では「遺伝子」という意味があります。 「人を作るそもそもの根拠」という意味だということが明確にわかる言葉です。 動因 動因は「物事を引き起こす原因」という意味で「動機」と同じ働きをします。 動因は、その字が表すように「あらゆる行動の起こる直接の原因」のことを指しています。 また行動を起こしたり決意したときの直接的なきっかけという意味でも使われます。 動因とは「モチベーション」 「モチベーションを上げる」などと使われる「モチベーション」は「動因・動機をつける」という意味です。 しかし現在では「モチベーション」は「やる気・意欲」や「保持・管理する」という意味で使われることが多くなっています。 これは本来の意味から考えると誤用ですが、すでに広く浸透している言葉です。 正しくは「モチベーション」は「動因・動機をつける」という意味で、「やる気を出すために、動因・動機をつける」というような意味です。 このことを成し遂げるために、直接的なきっかけを作る、というのがモチベーションの本来の意味なります。 ちなみに「モチベーション」は「内的動機付け」(動因)と「外的動機付け」(誘因)に分けられます。

次の

原因の読み方と意味、「げいいん」と「げんいん」正しいのは?

原因 類義語

Contents• 姑息の本来の意味とは? 「姑息」意味はといわれるとどう答えるでしょうか? 現在では、「姑息な手段を・・・。 」 といった言葉の意味はというと ・卑怯、卑劣 ・ずるい ・ケチ臭い などというような意味にとらえられると思います。 しかし、本来の「姑息」の意味はこのように「卑怯、卑劣」、「ずるい」、「ケチ臭い」といった意味はありません。 「姑息」の本来の意味は 「姑」の漢字 の意味である 1.夫の母、しゅうとめ 2.しばらく、一時的 「息」の漢字 の意味である 1.いき、いきをする 2.休む 3.むすこ、こども 4.生きる、生活す津 5.利子 のうちの 「2.しばらく、一時的」と「2.休む」といった 意味のからできた熟語です。 ですので 「しばらくやすむ」「一時的に休む」 といった意味からくる 『一時しのぎ』の意味が本来の 「姑息」の意味になります。 「しばらくの間、息をついて休む」というような意味が「しのぎ」という言葉によって一気になんかちょっと卑怯な感じがしてきましたね。 また、漢和辞典などによると、 のうちの 「1.夫の母、しゅうとめ」と「3.むすこ、こども」といった意味からくることばとして 「女と子ども」の意味として使う場合もあったらしいです。 これは、また全然違った意味になりますね。 スポンサードリンク 姑息の語源と誤用原因 「しばらくの間、息をついて休む」のような意味が何故「卑怯、卑劣」、「ずるい」などの意味で使われることが多くなったのでしょうか? 誤用というよりも言葉の意味の変化ですね。 「しばらくの間」というのが、根本的に解決するのではなく、一時の間に合わせにするというイメージが強くなってしまったからだと思います。 また、 「姑息」と「小癪」が音が似ていることからや 「コソク」という響きが「コソコソする」といった連想も当てはまりやすいということも原因の一つかもしれません。 音のイメージは重要ですからね。 こういったことから、今では7割以上の人が本来の語源からの意味から誤用していることになりますね。 文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、「姑息な手段」を、 「一時しのぎ」の意味で使う人が15. 0パーセント、 「ひきょうな」の意味で使う人が70. 9パーセントという結果が出ている。 誤用の意味で子供のころから覚えてしまう人が多くなり、そしてメディアなどもその誤用を増産させていくことになりますから、今はその速度も速くなっています。 このように さまざまなことばで、原因はひとつではなくても誤用が誤用を呼び、間違った意味で使う人の割合が圧倒的に多くなった時点で本来の意味でなく、 誤用が市民権を得ていくという例は数えきれないですね。 姑息の使い方 これまでみてきたようにこれほど多くの方が本来の意味でない使い方をしているのであれば、 「姑息」を 『一時しのぎ』の意味でなく、 『ずるい、卑怯』の意味で使っても誤用だとは言えなくなっています。 「姑息」もこのように「その場だけの間に合わせ」であることから、 「ひきょうなさま、正々堂々と取り組まないさま」の意で用いられることがある。 とかいている辞書もあります。 姑息の手段によって・・・ 姑息なことをするなんて・・・・ 姑息ながらに生きているは 姑息な差しかえ 姑息な手当をしていた 姑息になってしまいます 姑息を自分に許すまいと 姑息な策を用いない 姑息な手段を考える 姑息の方法では根深い誤解を除く このような使い方になります。 これらは、 「その場しのぎ」の使い方の例で出したのですが、 「卑怯(ひきょう)」と置き換えても意味がつうじてしまいます。 このように「姑息」の意味は、自分は本来の意味でつかったとしても相手に通じない場合がありますね。 スポンサードリンク 姑息の類義語 「 姑息」の類義語は、『一時しのぎ』の意味 からすると 「寸延ばし」、「一時逃れ」、 「当座逃れ」 「一寸逃れ」、「その場しのぎ」、「その場逃れ」 となります。 『卑怯(ひきょう)』の意味からすると 「ずるい」「卑劣」 のようになりますね。 姑息の四字熟語 「姑息」をつかった四字熟語をいくつか挙げておきます。 また、 そのさまのこと。 この四字熟語は、明治文明開化期の流行語です。 おっぺけぺえ節にも「ちょんまげ頭を叩いて見れば、因循姑息の音がする」とうたわれていました。 「無為」は単体だと「自然のままで作為のないさま、あるがままであること、何事もなく穏やかなさま」と比較的良い意味をもっていますが、「姑息」がつくことによって 消極的な意味になっていますね。 これは本来の一時しのぎといった意味のことばですね。 対義語は「根治手術(こんちしゅじゅつ)」となります。 ま と め 「姑息な手段をとる」などよく使う「姑息」ということばを本来の意味と現在使われているのは誤用かなどをみてきました。 ほとんどの日本人は「姑息な手段」を「卑怯な手段」とか「ズルいやり方」という意味に誤用しています。 話す方も聞く方も誤った認識で合致して 「姑息な人だね」、「ほんとうに姑息な奴だ」などと会話が成立しています。 「姑息」などこういった言葉はたくさんあります。 めくじらたてて誤用だからダメと言ってもメディアなども誤用の意味で使っていることもありますのでしかたありませんね。 しかし、もともと日本語はいろんな意味をもち使い方が難しい言葉も多いです。 使うときは双方の誤解のないように気をつけたいですね。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の