仮想通貨 取引所 比較。 仮想通貨/ビットコインの購入にオススメな取引所を徹底比較【2020年4月最新ランキング】

手数料の安い仮想通貨取引所は?国内10社を徹底比較し紹介します

仮想通貨 取引所 比較

SBI VC トレードのキャンペーン:新規口座開設で50XRPプレゼント (SBI VCトレード)とは、大手SBIグループが出資する仮想通貨取引所です。 比較的手数料が高いといわれる販売所形式を採用していますが、ほかの販売所に比べてスプレッド(購入価格と売却価格の差)が狭いこともあり、利用者の多く注目されています。 SBI VCでは現在、新規口座開設すると50XRP(1,100円相当のリップル)が貰えるキャンペーンを実施中です。 新規で口座開設が完了したかた全員に、50XRPがプレゼントされます。 キャンペーン以前の入金も回数にふくまれます。 ボーナスは、証拠金としてのみ利用が可能です。 出金はできません 利益の出金は可能。 ボーナスは1ヶ月間以上アカウントにアクティビティがない場合は消滅します。 移動額の量にかかわらず、対象のトレーディングアカウントから資金移動をした時点でボーナスは消滅します。 ボーナスを不正収集するための複数アカウント登録やその他の悪質な行為には、関連アカウントの即時利用停止措置がとられます。 【キャンペーン期間】:• プレゼントキャンペーン] bybitでは、現在プレゼントキャンペーンを実施中です。 以下の6つのキャンペーンで、最大で90ドル(約10,000円)相当のビットコインをもらうことができます! キャンペーン概要 キャンペーン条件 ボーナス・クーポン 公式SNS に従って、申請をするとボーナスが貰えます。 ボーナス:$5 フィードバックプログラム 注文時に利食い/損切り機能を試してから、ボーナスがもらえます。 クーポン:$50 アンケート 3分間程度のアンケートを記入して、クーポンがもらえます。 ボーナス:$5 累計入金 合計入金量は1BTCを超えれば、クーポンがもらえます。 ボーナス:$20 累計取引 取引日数は累計10日間に達すれば、クーポンがもらえます。 ボーナス:$5 注意• クーポンは、手数料としてのみ利用が可能です。 出金はできません。 ボーナスは、証拠金としてのみ利用が可能です。 出金はできません。 ボーナスは受領後21日後、自動的に失効となるため21日以内に取引してアクティブ化させる必要があります。 いったんアクティブ化されると、期間切れになることはありません。 「取引体験」「累計入金」「累計取引」のボーナスを受け取るには、2019年11月29日UTC時間9:00以降にボーナス取得のための操作をする必要があります。 ボーナスを不正収集するための複数アカウント登録やその他の悪質な行為には、関連アカウントの即時利用停止措置がとられます。 ポーナス及びクーポンは、出金すると全て消滅します。 初回入金ボーナスの入金要件は市場状況の変化にあわせて調整されます。 参考記事: 5. FTXのキャンペーン:最大4つの条件クリアで1000ドルが当たる は、レバレッジのかかったたトークンなどの取引ができる、デリバティブ取引所です。 デリバティブ取引所の中でも取引高が多く、有名トレーダーにも多く利用されています。 FTXでは、現在4つのキャンペーンを実施中です。 キャンペーン概要 キャンペーン条件 アカウント作成 紹介リンクからアカウントを作成すると、取引手数料の5%が割り引かれます。 入金ボーナス 1,000ドル相当の入金で100ドルのボーナスが付与されます。 (さらに6月中に条件達成で、手数料が合計200ドル分無料に) トークン購入 取引所トークンを100FTT購入で取引手数料3%が割り引かれます。 (アカウント作成での手数料5%割引とあわせて合計8%) ツイッターで紹介リンクをシェア FTXのご自身の紹介リンクをツイッターでシェアすると、抽選で10名に1,000ドル当たります。 (6月、7月の抽選) 6. bitFlyerのキャンペーン:毎日先着ログインボーナス500satoshi 、国内最大級の老舗取引所です。 ビットフライヤーFXはレバレッジ取引で国内トップクラスの出来高を誇り、カリスマトレーダーも多く使用しています。 [ログインボーナスキャンペーン] bitFlyer へのログインを行った毎日先着 1 万名様のお客様を対象に、500 satoshi をプレゼントするプログラムです。 (プレゼントは毎日 0 時以降にログインを行う先着 1 万名様のみ) プレゼント対象は、1 度でも暗号資産 仮想通貨 売買をしたことのあるトレードクラスの個人のお客様に限ります。 satoshiとは、ビットコイン(BTC)の最小の通貨単位のことです。 暗号資産 仮想通貨 取引所キャンペーン比較 暗号資産 仮想通貨 取引所のプレゼントキャンペーン一覧と、それぞれの取引所の概要をまとめています。 (満20歳以上80歳未満のかた) 大手SBIグループが出資する取引所。 ほかの販売所に比べてスプレッド(購入価格と売却価格の差)が狭いこともあり、利用者の多く注目されています。 新規口座開設するだけで、1000円プレゼント中。 口座開設だけで貰えるので、ぜひご登録ください。 DMMグループが運営する取引所です。 リップル(XRP)やネム(NEM)などをレバレッジ取引できるのも特徴です。 キャンペーン期間中の入金で30%のボーナスが付与となります。 取扱いコインの種類が多い海外FX取引所です。 日本語対応しています。 証拠金としてリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)などのアルトコインを預け入れできます。 キャンペーン期間中に、Bybit取引所で1回以上の取引をした方から抽選で1BTCのボーナスがプレゼントされます。 またほかに6つのキャンペーンを行なっており、最大で90ドル(約9,700円)相当のビットコインをもらうことができます。 取引量も多く注目の集まる海外取引所です。 日本語対応しています。 レバレッジ最大100倍の取引が可能です。 FTXは、レバレッジのかかったたトークンなどの取引ができる、デリバティブ取引所です。 取引高が多く、有名トレーダーにも多く利用されています。 bitFlyer へログインを行った毎日先着 1 万名に500 satoshi をプレゼント。 bitFlyerは日本の暗号資産 仮想通貨 取引所です。 ビットコインFXのトレーダーからの評判も良く、PCからでもアプリからでも簡単に取引ができます。 「暗号資産FX」で新規取引をした金額に応じて、キャッシュバックされます。 また期間内に口座開設を完了し「暗号資産FX」で初めて取引した方に現金200円がプレゼントされます。 さらに、販売所において、暗号資産 仮想通貨 を1回以上購入した方の中から毎日抽選で10名様に現金1,000円をプレゼント中。 さらに暗号資産 仮想通貨 FXにおいて、1日に600万円以上の新規取引を行ったお客さまの中から抽選で毎日1名様に現金1万円をプレゼント中です。 大手GMOグループの暗号資産 仮想通貨 取引所です。 現物取引では販売所形式・取引所形式に対応しており、レバレッジ取引もできる取引所で、専用のアプリもあります。 対象の取引ペアでの手数料が無料になるキャンペーン実施中。 bitbankでは、スマホアプリひとつで暗号資産 仮想通貨 が簡単に売買できます。 アプリのウィジェットが便利で、暗号資産 仮想通貨 の価格一覧を見ることができます。 スプレッドを狭めるキャンペーン実施中です。 口座管理料や取引手数料、 入出金や入出庫にも手数料がかからず利用しやすい取引所です。 現在キャンペーンはありません。 伊藤忠商事、野村ホールディングス、三菱UFJ銀行など19社が出資する、運営にも期待できる取引所です。 取引手数料・暗号資産 仮想通貨 受取手数料・口座開設・口座維持手数料が無料です。 取引所キャンペーンの条件に注意 口座開設のキャンペーンでは、口座開設の手続きをインターネット上で終わらせるだけでなく、書類やハガキが到着してからログインなどの操作が必要な場合があります。 取引所によって条件は異なるので、ちゃんとキャッシュバックを貰えるように条件を確認してから口座開設するようにしましょう。 また初回ログインの期限を設けているところもよくあるので注意しましょう。

次の

仮想通貨取引所ランキング|日本国内11選比較【2020年7月最新】

仮想通貨 取引所 比較

マネックス運営による万全のセキュリティと非常に使いやすく分かりやすい取引所。 取扱い通貨が多いのも魅力的 コインチェック取引所の特徴 コインチェックは2018年1月にNEM不正流出事件を起こして、マネックスグループの傘下になりました。 東証一部上場企業の運営になり万全のセキュリティ体制をとっているので、今では安心して取引ができる取引所に生まれ変わっています。 シンプルで分かりやすい取引画面に、アルトコインの取扱いの多さは国内トップ、さらに知名度も国内トップです。 圧倒的に使いやすいので初心者の方には特におすすめです。 またコインチェックは2019年1月に金融庁から正式に交換業者のライセンス登録が行われていますよ。 取引手数料が無料、ビットコインやアルトコイン9種類でレバレッジ取引が可能なのが魅力的。 DMM Bitcoinの特徴 DMM Bitcoinは、DMM証券などFX口座登録数世界一を誇るDMMグループが運営するFX取引・レバレッジ取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所です。 レバレッジ手数料を除く手数料が全て無料なのも魅力的で、ビットコインや多くのアルトコインなど9種類の銘柄でレバレッジ取引が可能です。 専用アプリもあり、本格トレーダーから初心者の方まで手厚くサポートしています。 今ならアカウント登録すれば1000円が貰えるキャンペーンも実施中ですよ。 運営会社の信頼性 仮想通貨取引所の運営会社の信頼性や規模がどれくらいなのかの確認。 ご自身の資産を預けるところなので安心できる取引所を選びましょう。• セキュリティ 取引所のハッキングや仮想通貨不正流出は後を絶ちません。 取引所のセキュリティは最も大切な項目です。 コールドウォレットとマルチシグ、24時間システム監視と運用はしているかなどの確認は重要です。• 各種手数料・取引量 取引手数料や日本円と仮想通貨の入出金手数料は各取引所によって異なります。 短期でトレードを繰り返す場合は売買手数料はさらに重要。 スプレッドも考えるとできるだけ取引量が多くスプレッドが狭い取引所を選びましょう。• 取扱い通貨の確認 各取引所によって、取り扱っている通貨が異なります。 コインチェックのように何十種類の通貨を扱っている取引所もあるので自分が購入したいと考えている通貨がどの取引所で扱われているかは事前に確認しておきましょう。• 使いやすさ 入門者でも使いやすい取引ツールが用意されているかの確認も大切です。 専用のスマホアプリがあればフットワーク良く取引ができ、簡単操作を追及している取引所では数タップで取引が完了します。• 取引所or販売所 国内で仮想通貨を売買できる場所は仮想通貨取引所または仮想通貨販売所になります。 取引所と販売所では取引方法や手数料 スプレッド などが大きく変わってくるので取引所と販売所のメリットとデメリットを理解しておきましょう。 取引所と販売所の違い 「取引所」と「販売所」の違いは、板上で売り買いが行われるか、販売所が所有している通貨を売買するかの違いです。 -取引所とは- ユーザー同士で通貨の買い手と売り手に分かれて、板と呼ばれるところで通貨を売買する方が「取引所」になります。 取引所では売買手数料が抑えられるのが最大の特徴でメリットです。 -販売所とは- 一方で販売所は、運営会社が所有している通貨をユーザーと売買する方が「販売所」となります。 販売所のメリットとしては、シンプルで分かりやすい取引画面に加え、売買したい数量に関わらず、提示された価格ですぐに約定できることにあります。 一言で説明すると取引所はユーザー同士の取引で販売所は会社とユーザーの取引ってことだね 取引所のメリットとデメリット 取引所での取引は板を挟むので、取引画面が少しばかり複雑になります。 その代わり、 通貨の売買手数料が非常に安いもしくは無料に設定されているのが大きなメリットです。 ユーザー同士の取引になるため、大口の注文になると板が薄い場合には、希望の金額で約定できないのがデメリットにもなります。 販売所のメリットとデメリット 販売所は運営会社との取引なので 取引画面が非常に簡単ですぐに通貨の売買が可能です。 数百万円~数千万円の大口注文でも希望の金額で売買できるのもメリットですね。 多くの販売所の売買手数料は無料に設定されていますが、スプレッドと呼ばれる売買差額があるのも特徴です。 キャンペーンの一部内容• 新規口座開設や入金でビットコインやリップルが貰える• 新規口座開設で現金が貰える• 取引を行うと手数料が逆に貰える• 取引手数料無料のキャンペーン 下記の記事では、2020年最新の仮想通貨取引所が行っているキャンペーンをまとめているので、参考にしてくださいね。 仮想通貨取引所一覧表 取引所 特徴 コインチェックはビットコイン以外にも多くの仮想通貨を取り扱ってる使いやすい取引所。 マネックスグループの完全子会社で高いセキュリティに守られています。 ビットフライヤーは国内の取引所でも最大手で資本金も潤沢な取引所。 ビットコインが貰えるサービスなど様々なサービスを展開しているのも特徴。 GMOコインは東証一部に上場しているGMOグループが運営する取引所&販売所。 各種手数料無料で安心感と安定感が抜群。 DMM BitcoinはFX口座数世界一のDMM証券を有するDMMグループ運営の取引所。 人気のアルトコインでレバレッジ取引が可能でセキュリティも非常に強固。 ビットバンクはビットコイン以外にもリップル XRP で指値注文ができる取引所。 仮想通貨への理解も深くプロからも信用が厚い取引所です。 SBIVCトレードは東証一部上場企業のSBIグループが運営する取引所。 金融グループ大手だから安心感が桁違い。 リップルとの結びつきにも注目。 Liquid リキッド はビットコインの日本での現物取引高が1位の取引所。 アジアでの活動が活発なグローバル企業。 TAOTAOはヤフーグループが運営する比較的新しい取引所。 取引ツールも使いやすく今後の進展にも期待が集まっています。 フォビは大手海外取引所のHuobiグループの運営。 ビットトレードをHuobiが買収して現在の日本版フォビになりました。 ビットポイントは東証2部に上場するリミックスポイントの子会社が運営。 プロ向けのツールを用意している本格派の取引所。 ビットコイン:BTC• イーサリアム:ETH• イーサリアムクラシック:ETC• リップル:XRP• ライトコイン:LTC• ビットコインキャッシュ:BCC• ネム:XEM• モナコイン:MONA• ファクトム:FCT• キャッシュ:QASH• ステラルーメン:XLM• クアンタム:QTUM• ベーシックアテンショントークン:BAT 仮想通貨取引所の手数料比較 取引所により手数料が異なります。 手数料は主に、「売買手数料」「日本円の入出金手数料」「仮想通貨の預入と払出手数料」があります。 取引所を作成する手数料や維持費手数料は全ての取引所が無料となっています。 ビットコイン売買手数料 ビットコイン現物を実際に売買した時にかかる手数料です。 取引所 ビットコイン売買手数料 無料 0. また指値注文にはTaker テイカー 手数料とMaker メイカー 手数料があります。 Maker メイカー とは注文が取引板に並ぶことにより、結果として市場の流動性を作る取引のことをMakerと呼びます。 日本円の入出金手数料 日本円を入出金した時の各自取引所の手数料一覧です。 トレードをする方で日本円の入出金を繰り返すとたくさんの手数料がかかるので出金の際の手数料には注意が必要です。 また入金の際にかかる各自銀行の振込手数料は自己負担になります。 仮想通貨の預入と払出手数料 仮想通貨を取引所に入金するのはどこの取引所でも無料ですが、出金する際はマイナーに支払う手数料が発生するので各取引所の公式サイトでご確認ください。 取引所 BTC入金手数料 BTC送金手数料 無料 0. 001 BTC 無料 0. 0004 BTC 無料 無料 無料 無料 無料 0. 001 BTC 無料 0. 0005 BTC 無料 無料 無料 0. アルトコインの場合は手数料が異なる場合があります。 レバレッジ ビットコインFX の比較早見表 追記 レバレッジ取引(証拠金取引)は日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が定めた4倍に統一されました。 今後は金融庁の方針で2倍にまで引き下げられる方針です。 ビットコインFX レバレッジ取引 とは、少ない資金で大きな取引が可能な取引方法です。 レバレッジが高ければ高いほど、少ない金額で、大きな取引が可能となりますが、リスクも同時に大きくなるので注意が必要です。 FXでは売りから入るここともできるので、下落相場でも利益を得ることも可能ですよ。 取引所によって「ビットコインFX」「信用取引」「レバレッジ取引」「証拠金取引」と呼び名が違っていたり細かなルールが異なるので詳細は公式ページでご確認ください。 専用スマホアプリ「ビットレ君」が使いやすいので急変する仮想通貨相場にも対応できますよ。 でもアルトコインのレバレッジ取引ができるのでおすすめです。 また国内で最も高い知名度を誇っているのビットコインFXは世界一の取引高を誇っています。 レバレッジ取引を目的とするなら、「DMM Bitcoin」「GMOコイン」もしくは「bitFlyer」の三択ですね。 レバレッジおすすめ取引所• 一部上場企業の運営で信頼できる• 徹底したコンプライアンスで安心して取引可能• 世界でもトップクラスの取引高で人気 仮想通貨取引所についてまとめ 国内にもいくつも仮想通貨取引所が存在します。 ここでは、ランキング形式で取引所を紹介しましたが、 各々の取引所の特徴やメリットが異なるので、ご自身の投資スタイルに合わせて取引所を使い分けましょう。 私も取引所は一通り登録しておき、それぞれ用途に合わせて使い分けていますよ。 伝統的な投資商品に比べれば、仮想通貨市場はまだまだ始まったばかりです。 これからさらなる盛り上がりをみせる前に投資の力を磨いておきましょう。 海外取引所について 国内取引所の仮想通貨売買に慣れてきたら、手数料も安く取扱い通貨も豊富な海外取引所に挑戦してみるのもいいですね。 海外取引所では短期間で価格が何十倍や何百倍になるお宝通貨もたくさん眠っていますよ。 下記の記事で海外取引所をまとめているので、国内取引所と併わせて参考にしてくささいね。 取引所のランキングに関しては、以下の点をもとに個人的主観のもと総合的かつ相対的に判断しています。 ・使いやすさ・取引高・手数料・通貨ペア数・セキュリティ対策・レバレッジ取引・取引所or販売所 特に暗号資産投資の入門者にとって利用しやすいかどうかを判断基準の最優先にしています。

次の

手数料の安い仮想通貨取引所は?国内10社を徹底比較し紹介します

仮想通貨 取引所 比較

【ビットコイン】仮想通貨取引所別・スプレッド比較表 早速ですが、最もメジャーな仮想通貨・ ビットコイン(BTC)のスプレッドを比較しました。 仮想通貨取引所はたくさんありますが、そもそもスプレッドがあることに加えて、知名度や人気、運営会社などをもとに 4社に絞っています。 イーサリアム(ETH)や リップル(XRP)のスプレッドも調べているので、知りたい人は でチェックしてくださいね。 「売値」と「買値」の差がスプレッド スプレッドは仮想通貨の 売値と買値の差のことです。 (2019年11月19日) 売値と買値に発生する 32 ,000円の差がスプレッドです。 割合で出すと 3. 仮想通貨取引所は、 現物取引と 信用取引でサービスが分かれている。 厳密には、取引板でユーザー同士が売買する 取引所(形式)においてもスプレッドは発生します。 ただ、その差が極わずかであることや、売買成立する時点では売値と買値に差がないという観点から、 CoinPlus編集部では取引所のスプレッドはないものと考えてお伝えします。 スプレッドはなぜ発生する? スプレッドが発生する販売所(形式)では、仮想通貨取引所(運営会社)が仕入れた仮想通貨が売り出されます。 そのため、仮想通貨取引所(運営会社)は 売値と買値をコントロールでき、スプレッドを発生させることで運営会社は収益をあげています。 スプレッドが狭いと取引に有利 スプレッドはその 差が拡がるほど取引が不利になります。 なぜなら、スプレッドが広いほど、仮想通貨を買った時点で売れる価格が下がるためです。 スプレッドが狭ければ狭いほど、含み益への到達が近くなるため、取引に有利だといえます。 取引手数料とスプレッドの違いは、説明があるか否か 取引手数料(注文手数料)は注文時にかかる手数料で、 購入金額に対して特定のパーセンテージがかかります。 一般的に取引所()での取引で発生するケースが多いです。 GMOコインの例を挙げると、注文手数料は 取引所のでかかります。 出典: DMM Bitcoinは販売所形式のみのため、 取引手数料が一律無料になっています。 出典: 2価格表示で販売する販売所やレバレッジ取引の場合は、取引手数料が無料の場合が多いです。 一見お得に見えますが、スプレッドが発生しているので注意が必要です。 取引手数料とスプレッドの一番の違いは、 仮想通貨取引所に手数料として明記されているか否かです。 上記のとおり、取引手数料は具体的に明記されています。 一方、 スプレッドは手数料として明記されていないケースがほとんどです。 そのため見えない手数料ともいわれます。 自分で価格を見て、スプレッド(価格差)に気づくしかありません。 この記事でスプレッドの内容しっかり理解すれば、思わぬところで損失を出すリスクはなくなるでしょう。 スプレッドの幅は仮想通貨取引所によって違う スプレッドの幅は、 取引所によって異なります。 また、取り扱う仮想通貨ごとに異なるケースが多いです。 「<人気通貨別>仮想通貨取引所のスプレッド比較」の段落で主要通貨別のスプレッドを比較しているので参考にしましょう。 ただスプレッド以外にも運営会社、サービスの充実、使いやすさ、アプリなどポイントがあります。 スプレッドも含めてトータルでオススメの仮想通貨取引所が知りたければ、をチェックしましょう。 スプレッドの幅は常に変動する スプレッドの幅は固定ではなく、常に変動しています。 とくに値動きが激しい時やスプレッドが拡がりやすい傾向にあります。 知名度が低く流動性が低いコインもスプレッドが拡がりやすいです。 この記事で紹介するビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)は最も流動性のある通貨のため、その影響は受けにくいです。 <人気通貨別>仮想通貨取引所のスプレッド比較 仮想通貨取引所でどれくらいスプレッドの違いがあるのか、気になりますよね。 CoinPlus編集部では国内でとくに人気の仮想通貨取引所のスプレッドをまとめ、比較しました。 仮想通貨は時価総額TOP3のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)の3種です。 ビットコイン(BTC) 冒頭でも紹介しましたが、ビットコイン(BTC)のスプレッドから見ていきましょう。 この一覧を見ていただくと一目瞭然ですが、 ビットコイン(BTC)の現物を買うなら、圧倒的にDMM Bitcoinがオススメです。 信用・レバレッジ取引では GMOコインと DMM Bitcoinがさらにスプレッドが狭いことが分かります。 ただ信用・レバレッジ取引の場合、保有ポジションを持ち越すと、どの取引所もレバレッジ料(建玉保管料)が0. たとえばビットコインを3ヶ月(90日)持ち続けたとすると、 レバレッジ料は実質0. まさに「ちりも積もれば山となる」です。 信用・レバレッジ取引の場合は、数日や数週間で決済する短期取引の場合ならアリでしょう。 イーサリアム(ETH) 次に時価総額2位、 イーサリアム(ETH)のスプレッドです。 現物取引はどの仮想通貨取引所もオススメしがたいスプレッドですね。 レバレッジ取引か、もしくは取引所形式での利用をオススメします。 そのどちらもできるのがです。 リップル(XRP) 次いで リップル(XRP)のスプレッドを見てみましょう。 bitFlyerはリップル(XRP)の取り扱いがないため3社の比較です。 8円(6. 08円(0. 50円(5. 238円(0. 67円(5. イーサリアム(ETH)に同じく、レバレッジ取引か取引所での取引がオススメで、そのどちらもできるのがです。 結局、スプレッドはどこまで許容すべき? 「スプレッドのことはよくわかったけど、結局どれくらいが許容範囲か分からない」 そんな声が聞こえそうですね。 スプレッドとどう付き合うかは、そもそものトレードスタイルによります。 長期トレードと 短期トレードの2パターンのスタイルで考えましょう。 「1度買ったらしばらくは売らない」という長期保有のスタイルで考えている人は、スプレッドをあまり気にする必要はありません。 一方で、1日に複数回、毎日、週に何度も取引するような人は、スプレッドを気にするべきです。 理想はスプレッドがほぼかからない「取引所」を使った取引です。 1度買って半年や1年で長く持ちたい人(長期投資スタイル):スプレッドはあまり気にしなくていい 1日~数週間短いスパンで売買をしたい人(短期投資スタイル): なるべくスプレッドをおさえるべき、理想は「取引所」の利用 スプレッドがイヤなら「取引所」を使おう 前項目でお伝えのとおり スプレッドをどうしても避けたい場合は、販売所ではなく取引所を使いましょう。 取引所では取引手数料がかかりますが、ほとんどが取引手数料の 0. 一方で取引所はデメリットもあります。 取引所のデメリット 取引所のデメリットは2つです。 初心者には売買が難しい• 思わぬ高値で買うリスク それぞれについて見ていきましょう。 初心者には売買が難しい 板取引という環境下での取引となるため、売り板を見ながら希望価格と数量を入れて注文成立するまで待たなければなりません。 買いたい量を買いたいときに買えない場合があります。 思わぬ高値で買うリスク 取引所は基本的な注文方法に 成行注文と 指値注文があります。 前者は売り注文の価格に合わせて買いを出す方法、後者は自分が買いたい価格で注文を出す方法です。 成行は注文が成立しやすいですが、思わぬ高値で買ってしまうこともあるため、注意が必要です。 スプレッドをおさえるコツ スプレッドとうまく付き合うために、 スプレッドをおさえるコツをまとめました。 この3つを意識すると無駄に損する可能性が低くなるので、しっかりチェックしましょう。 取引所(形式)を利用する 前述のとおり最大のスプレッド回避策は 取引所の利用です。 取引所は取引板に慣れれば、トレードもそれほど苦ではなくなるでしょう。 大きな単位(ビットコインなら1BTC以上)での売買ほど成立しづらくなるので注意が必要です。 トレードの頻度を下げる 取引のたびにスプレッドが発生するならば、取引頻度を下げればスプレッドによるマイナスを少なくできます。 どうしても頻度が高くなる場合は、 取引所での取引に変えてしまいましょう。 値動きが少ないタイミングで取引する 価格の変動が激しいタイミングではスプレッドも拡がりがちです。 売買は価格が落ち着いたタイミングを狙うとよいでしょう。 仮想通貨取引所・スプレッド比較のまとめ この記事で解説する「スプレッドをおさえるコツ」や「取引所別のスプレッド比較表」を理解すれば、 スプレッドをおさえた効率的な取引ができるようになります。 最後にまとめとして、もう一度内容を確認しましょう。

次の