公衆 トイレ 寸法。 トイレの最適な広さはどのくらい?寸法を決める際のポイント

トイレの最適な広さはどのくらい?寸法を決める際のポイント

公衆 トイレ 寸法

一般的なトイレスペースと便器の寸法 ご自宅のトイレスペースや便器が大きめなのか小さめなのか把握していただくために、一般的なトイレスペースと便器の大きさについて紹介いたします。 1-1. 一般的なトイレスペースは0. 4坪・0. 5坪・0. 75坪の3種類 まず、住宅ごとに一般的なトイレスペースをご紹介します。 4~0. 5坪のトイレが一般的です。 戸建ての二階や階段下のトイレなどは0. 4坪が多く、0. 75坪はやや広めのゆったりとしたトイレとなります。 1-2. 便器の一般的な寸法はタンクの有無で異なる 便器はタンクありのトイレかタンクレスのトイレかによって寸法が変わります。 二つのパターンに分けて一般的な寸法をご紹介します。 タンクありトイレの場合 タンクありトイレの一般的な寸法は、高さ100㎝、幅45㎝、奥行80㎝です (参考:LIXILアメージュZ、TOTOピュアレストEX) タンクレストイレの場合 タンクレストイレの寸法は、高さ45㎝、幅40㎝、奥行70㎝が一般的です (参考:LIXILサティスG、TOTOネオレストAH、Panasonic新型アラウーノ) 2. トイレスペースと便器の丁度良いバランスとは? 続いては、トイレスペースと便器のバランスについて解説いたします。 2-1. トイレの必要最低寸法を知る トイレのスペースと便器の丁度良いバランスを考えるために、まずトイレの必要最低寸法についてご説明いたします。 下の図のように便器の先からドアまで最低40㎝そして、便器の左右は最低15㎝あけましょう。 2-2. 本当に快適なトイレの寸法は必要最低寸法より少し大きめ 必要最低寸法をもとに快適なトイレ空間について考えてみましょう。 便器の先からドアまでの必要最低寸法は40㎝です。 しかし、実際に40㎝しか距離がないと圧迫感を感じます。 そのため実際は45~50㎝程度が理想でしょう。 左右のスペースは、あまり広すぎるとペーパーがとりづらくなるため、左右15~20㎝程度あけるとよいでしょう。 トイレのスペース別に理想の便器の寸法を考えてみましょう。 4坪のトイレでもコンパクトな便器を選べば十分快適なトイレ空間をつくることができます。 5坪トイレの場合、奥行に余裕があります。 そのため、比較的大きな寸法の便器でも置くことができます。 75坪トイレは30㎝のカウンターを置くことを想定しました。 75坪トイレでしたら、どのメーカーの便器でも置くことができます。 理想の便器の寸法を知るために、ご自宅のトイレのスペースを測ってみましょう。 ご自身で測った寸法と先述した寸法を見比べて検討してみて下さい。 寸法別:代表的な便器と価格 こちらでは、便器の具体的な商品とその本体価格についてご紹介いたします。 3-1. 4坪トイレにも置ける!小さめ便器 0. 4坪トイレなどの狭いトイレにはタンスレストイレがお勧めです。 タンクがあるものと比べるとコンパクトに作られているため、狭いスペースを広く使えます。 しかしタンクレストイレは価格が高いことが難点です。 小さめで価格が安い便器をお探しの方は、LIXILのプレアスHSがよいでしょう。 3-2. 5坪トイレより広いトイレにお勧め! やや大きめ便器 アラウーノシリーズは他のタンクレストイレに比べて価格が安いですが、奥行きが長くなります。 5坪以上の広さのトイレにオススメです。 3-3. 75坪トイレにお勧め! 大きめ便器 0. 75坪トイレはタンクありの大きめトイレでも余裕をもって置けますので、価格を抑えたい方はタンクありトイレがお勧めです。 しかし、将来介護などの観点からトイレに2人同時に入れるのが望ましいとお考えの方は、タンクレストイレを設置しましょう。 今の寸法のトイレをもっと広く快適にするコツ 家を建ててからトイレを広く改築することは費用も時間も必要です。 そこで、今のトイレスペースを出来るだけ広くみせるコツをご紹介いたします。 4-1. 明るい色で膨張効果を狙う 白やベージュなど明るい色でトイレスペースをコーディネートしてみると良いでしょう。 色の膨張効果で、トイレが広く感じます。 出典: 4-2. 床と同系色のマットにする トイレの床にマットを置いている方は多いと思います。 そのマットを床と同系色にするだけでトイレが広々として見えます。 4-3. 差し色を入れるなら寒色か中性色 中性色の緑などを差し色に使うのがお勧めです。 出典: 5. トイレの寸法に関する注意点 5-1. 床排水か壁排水か確認する 床排水か壁排水かによって、便器の設置場所が変わります。 便器の後ろをチェックしてみましょう。 5-2. トイレのコンセントの位置を確認する トイレスペースの寸法と合わせて、トイレの中のコンセントの位置を確認してからショールームや販売店に行きましょう。 そうすることでスムーズにご自宅の状況に合った便器を案内してもらえます。 5-3. ペーパーホルダーの位置を考える 小さい便器にしたらペーパーが取りにくくなってしまったなどといったように、便器を変える際にペーパーホルダーの位置も変える必要があるケースもありますので、注意しましょう。 トイレの寸法に関連するお勧め記事 こちらでは併せて読んでいただきたい記事を紹介いたします。 トイレのリフォームの際に役に立つ記事です。 まとめ 各メーカーが様々な寸法の便器を出しています。 ご自宅のトイレに合った便器を見つけるために、各商品の特徴やサイズなどをじっくり確認してみてください。 トイレの寸法を知ることは使いやすいトイレ空間をつくる近道です。 ストレスフリーなトイレ空間を実現してください。 以下の記事にもトイレリフォームをする際に役立つ情報が満載ですので、是非ともご参考ください。

次の

LIXIL|ユニバーサルデザイン|公共トイレJIS配列について

公衆 トイレ 寸法

前ページで上げた木造住宅におけるトイレの必要寸法とそれ以外の建物に設け られたトイレと基本的に違う訳ではありません。 同じ人間が使うわけですから。 しか し、トイレに快適さを求めることもあれば、所用に足りればよいということがあること もあり、その範囲は幅があります。 住宅以外のトイレたとえば、ショッピングセンター、百貨店、事務所ビル、高速道 路のサービスエリアなどでは、男女とも複数の便器を設けることから、広いトイレの 空間にトイレブースで仕切ることになります。 男子トイレの場合は、大便器より小便 器の方が倍以上多く設けています。 一番大きな違いは住宅のトイレのドアは外開きですが、特定多数あるいは不特定 多数の人が利用する建物にあっては、 トイレ内への内開 とすることです。 外開きに 問題が何もないのであればこの限りではありません。 事務所ビルや複数階のショピングモールなどでは、コンクリートのス ラブを生コン打設時に位置を決定してコンクリートが流れ込まないように型枠などで その位置を囲っておきますが、この位置の決定がピタリと決まることはまずありませ ん。 コンクリートを打つ時は基準となる位置が型枠などから割り出すことしか出来ない ためです。 そのため、大抵は調整のためにあとでコンクリートを斫り取ったり、大き い目に囲った穴を後からコンクリートで埋めたりすることになります。 また、各階床スラブが水平防火区画となっており、スラブを貫通する便器にも耐火 性のが要求されるなど厳しい規制があります。 そこで、便器の下側、つまり下階の 天井スラブ下に出ている便器に耐火被覆材を吹き付けたり、便器が納まるような箱 型の下がりスラブを設けたりする必要が出てきます。 内開きのトイレでは、ブース内に入ったところで、扉を閉めるためにいったん身を かわさなければならないのが難点です。 体の不自由な人には、使い辛いものです。 今日、和風便器が少なくなった一つには、使いづらいのと同時にこのような手間 がかかることも一因だろうと思います。 その分、洋風便器を設置した場合よりトイレブースの囲い面積を小さくすることが 可能です。 ドアが便器の金隠し(きんかくし)の出っ張りに当たらないように注意しなけ ればなりません。 選定する便器やドアの釣り位置に注意してください。 トイレ ブースを各々の実情に合わせるより、ブースの外面(そとづら)が一直線に並んだも のとすることが一般的です。 時には、和風大便器廻りをもっと小さくできたり、その 逆の場合もありますが、特別の事情がなければ下の図のようにします。 最近は、和風便器はほとんど使わな くなりましたが、古い建物では和風の便器の方が多いところもあります。 洋風便器は扉を内開きに開けた時に、便器に当たらないようにする必要が有る ため、和風便器の場合よりブースで囲まれた空間が大きくなる傾向があります。 多くのトイレブースがある内の一つだけ和風大便器を設けることもあります。 洋風大 便器の場合はウォシュレットがついていることが標準となりました。 上:洋風便器の廻りの標準寸法(洋風のみ) 下:洋風便器の廻りの最小寸法(洋風のみ) 洋風便器のみのトイレブースの最小寸法です。 便器によっては、今少し小さくで きますが、人が入って、ドアを閉めるまでの立ち位置も確保したいのでこの程度は 必要です。 従ってタイル割り合わせとなります。 現在生産さ れていないものも含まれれています。 また、現在生産されていても、近い将 来、変更や生産中止になることがありますので、承知おきください。

次の

建築家が設計したおしゃれな公衆トイレ、6つ。美術館のようなトイレ?【arc】

公衆 トイレ 寸法

トイレはプライバシー空間なので、外からの目線が気にならないようにしたいところですが、解放感はある程度ほしいので、窓の設置をするかどうか悩む方が多いですよね。 なので、トイレの窓の種類でおしゃれなタイプや、大きさや高さ、位置や寸法などの決め方と、寒い場合の防寒対策、換気などトイレに窓を設置する必要性、窓なしの場合のデメリット、また、換気扇との比較などについても知りたいのではないでしょうか。 それから、トイレの窓のリフォームでDIYなどでの失敗の事例も気になりますよね。 そこで今回は、トイレの窓の種類と大きさや高さの決め方と注意点、また、失敗の事例などについても詳しくお伝えしていきます。 トイレの窓の種類や大きさと高さの決め方!注意点も 出典: 窓のリフォームをすると、防犯性や断熱性・防音性を高める効果などがあり、 ・ 古い ・ 寒い ・ 結露 ・ すきま風 などなど、様々な悩みを解決できるんですね。 そんな窓のリフォームは、意外と高くなく、小さな窓であれば10万円程度で行えることもあるので、必要であれば早めに行うのがベストです。 そして、トイレの窓は、 ・ 日光を取り入れて明るくしたい ・ 匂いや湿気がこもらないように換気したい など、採光性や換気などがリフォームの主な目的となります。 ただし、現在普及している換気扇との機能的な大きな違いはなく、トイレに窓を設置する方は、換気だけの目的というよりは、「窓をつけて解放感を得たい」、「防寒対策をしたい」という方の方が多いですね。 トイレの窓のリフォームで気を付けるべき点は? 出典: 取り付けることを決定したら、トイレの窓のリフォームで気をつけるべき点は、何よりもまず「位置」です。 特に、トイレが1階と2階以上では、位置の考え方も異なってきて、これは防犯やプライバシーの観点でも大事なことです。 ちなみに、1階なら高い位置が推奨され、2階以上になるとデザインや手入れを視野に入れたものがオススメです。 また、1階の窓に関する高さの具体的な決まりはないのですが、頭より高い位置が目安とされていて、タイプとしてはオフィスビルなどで見るような回転窓タイプがオススメで、滑り出しのタイプにストッパーも付いているとより安全です。 出典: 出典: 一方、2階以上については床から150~160cmと、身長と同じか目線より少し下程度に設置されているところが多く、1階に比べて防犯の心配はないので、高さは気にしなくても良いことが分かります。 ただ、夜間に照明をつけると入っている人のシルエットが外部から見えてしまう可能性もあるので、磨りガラスタイプを選ぶと安全です。 ただし、人通りがなく防犯上大きな問題がなければ、大きめのタイプを取り付けて、解放感があるトイレにするのも良いですね。 どんな形の窓が良い? トイレの窓のリフォームは、換気・防寒・防犯の対策のために行うことが多いですが、窓の形状にも様々な種類があるのでどれが良いのか迷ってしまいますよね。 そんな方にオススメなのが「滑り出し窓」です。 出典: こちらはリクシルの「縦すべり出し窓」ですが、「すべり出し窓」というのは、通常の窓よりも風を採り入れる効果が高く、トイレを心地良い空間に保ってくれます。 また、窓の内側も外側も拭きやすいので、お掃除がしやすく、お手入れも簡単で、清潔感も保たれますね。 スポンサーリンク トイレの窓のリフォームで失敗の事例は? トイレの窓のリフォームというと、DIYで済ませて安くあげようとする方が多いです。 ですが、窓の高さを変えるリフォームをしようとしているのであれば、次のような注意点があります。 ・ 木造住宅の骨組みには手を加えられない 木造住宅の壁の内部は、柱や「筋交い(すじかい)」などの骨組み部分があり、これは住宅そのものを支える部分なので、壁に穴を開ける時には、これらに干渉しないように気をつけなければなりません。 ・ 壁の種類によっては穴を開けると住宅の強度が低下する 柱や筋交いの他にも、壁そのもので住宅を支えている場合もあるので、穴を開けてしまうとこれによって住宅の強度が低下する場合もあります。 ・ 簡単には元に戻せない 最初の2点が問題なかったとしても、一度位置をずらしたりすると簡単には元に戻せないので、慎重に検討する必要があります。 なので、素人が中途半端な知識で行わずに、プロの業者に依頼して、相談する方がより確実で安全です。 出典: ちなみに、こちらは他のリフォームと合わせてトイレに内窓を設置した事例で、無事に設置ができているのはもちろんのこと、防寒効果が期待できますね。 スポンサーリンク トイレの窓の設置リフォームをするなら、リノコで賢く見積りを取ろう! 今回は、トイレの窓の設置リフォームについて、トイレに窓をつける必要性や効果、つける場合に気をつけるべきポイントで高さや大きさ、また、その種類などについて紹介しましたね。 ただし、トイレの窓の設置リフォームをするなら、安全に済ませるためにも、まず 施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼して いろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。 とはいえ、何社もホームページを読み込んだり、口コミをチェックしたり、ましてや1社ずつリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりませんよね。 また、トイレのリフォームは外壁の修理などの大規模なリフォームと比べて小規模なので儲からないため、気持ちよく対応してくれるリフォーム業者は少ないです。 その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。 そのため、 「地元の業者が10社以上あり、どこに依頼を出したらいいの?」 「1回の工事で相場の3倍以上の300万円をぼったくられた」 「配管の接続ミスでトイレの床がベチャベチャになった…」 といった方をたくさん見てきました。 また、「安かったから」と安易に激安の見積りに飛びついてしまったために、手抜き工事をされてしまい、後から再工事になってしまうなどのトラブルも後を絶ちません。 だからこそ、安全で信頼をおけるトイレのリフォーム業者を見つけるなら、 確実に地域密着型の優良施工店だけに依頼できる がオススメです。 というのも、リノコはリフォーム業者が嫌がりがちなトイレのリフォームの分野に強く、簡単な情報を入力するだけで、全国1000箇所以上の会社からあなたが希望するリフォームに最適な優良業者を教えてくれます。 さらに、リフォーム業者の質も当然ながら、徹底したコストカットにより、満足いく安さも実現した業者を複数紹介してくれるので、納得して選ぶことができます。 また、時間がない方や施工店との交渉がうまくできない方でも、リノコの担当者が窓口となり、面倒なやりとりも代行してくれるので、時間や手間が省けて嬉しいですよね。 さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して複数の見積りを受けることができます。 また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメです。 「本当に我が家のトイレをリフォームするべきかどうか」と、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。 さらに、リフォームを行う際に一番怖いのは失敗することです。 しかし、リノコには、万一ミスや後日の不具合などが発生した場合に備えて、工事に対する保証と取り付けた機器に対する保証など、 リフォームプランに見合った充実した保証が用意されています。 そのため、万が一何かトラブルに見舞われた時でもリノコへすぐ連絡できて安心です。 なので、トイレの窓の設置リフォームをするなら、今すぐリノコのサイトで10秒で出来ちゃう簡単見積りをチェックしてください。

次の