50 代 髪型 ショート 前髪 あり。 前下がりボブの前髪ありとアレンジ方法【40代・50代】前髪なしのスタイルも紹介!

50代から若く見える髪型ショートとショートボブのポイント解説│KUSEGELOVE

50 代 髪型 ショート 前髪 あり

僕のお客様は、40代以降の女性が70%です。 上の写真の女性は50代ではなく60代の方ですが、最初は少し長めのボブでした。 そしてパーマをかけられています。 髪型が決まらないとお悩みでしたが、実は髪型が決まらない理由は「パーマを余計にかけてしまったから」だったんです。 パーマは髪にボリュームを出すためにかけていたのだそうですが、逆にパーマのせいでパサパサになってしまっていました。 髪にツヤがなくパサパサしていると、老けた印象になったり疲れた感じに見えてしまいます。 50代になるとボリュームが出にくくて悩む方も増えますが、だからといって「とにかくボリュームを出せばいい」というものではないです。 その人の髪質や毛量、雰囲気などに合わせる必要があります。 そこでこの方の場合には、長さはほとんど変えずにシルエットを変えました。 前髪は、横顔を見たときにおでこが見えないように。 前髪を作ると若々しい印象になりますし、おでこのシワなどもカバーできるので、 50代以上の女性には前髪アリのスタイルがおすすめです! ただし、素敵に見せるためにはいくつか注意しなければいけないポイントもあります。 今回は、アラフィフ世代が前髪アリのボブにする場合のオーダーのポイントや注意点などについて、詳しく解説をしていきますね。 前髪アリのスタイルにする場合「重くしすぎないこと」が大事! もくじ• アラフィフ女性が前髪を作る場合、重くしすぎないことがとにかく大事です! 前髪が重いと表情が暗く見えてしまいます。 毛量をしっかり調節して、軽くしましょう。 また幼く見えやすいぱっつん前髪も、やめた方が良いですね。 斜めに流せるデザインや、ニュアンス感のあるデザインの前髪がおすすめです。 前髪を作るとかなり印象が変わりますね! 前髪はあえてアシンメトリーなデザインにしているので、可愛いだけでなく個性もしっかり発揮することができています。 全体的にもすっきりさせたので、若々しくなりました。 ちなみにセットは、ただ乾かしてプリュムワックスをつけただけですよ。 でも、 重たいデザインだと頭が大きく見えてしまったり、野暮ったい雰囲気になってしまいます。 また髪が重いと姿勢が悪く見えてしまうことも。 姿勢が悪いと老けて見えるので、それは避けたいところですよね。 髪を重たく見せないためには毛量をしっかり調節することがもちろん大事ですが、安易にパーマをかけないようにすることも大切です。 パーマをかけたりしなくてもふんわり感のあるスタイルにしたり、おしゃれに見せたりすることは可能なので、できればかけないことをおすすめします。 パーマをかけるとボリュームが出すぎてしまうだけでなく、ダメージも気になりますからね。 アラフィフ世代の女性が若く見せるためのポイントは、軽めのヘアスタイルにすることです。 ボブなら毛量をしっかり調節して軽やかさを出したり、ショートボブなど短めのデザインにするのが良いですよ。 また年齢にとらわれすぎる必要はないですが、やっぱり「年相応」というものはあって、年齢を重ねると似合わなくなってくる髪型やメイク、ファッションがあります。 髪型の場合、アラフィフ世代になるとぱっつん前髪や重めボブは似合わせるのが難しいので、レイヤーや段が入ったデザインにすることをおすすめします。 その方が似合いやすいからです。 「年齢サインが出やすい首や背中を見せたくない」「結べる長さが欲しい」という50代の方は、結構こういう長さのボブにしていたりしますね。 でもあまりおすすめはできません。 頭が大きく見えたり、太っているかのように見えてしまうからです。 もちろん髪質にもよりますが、少し軽く、短めにしたほうが素敵に見えやすいですよ。 カットしただけなのに、かなり頭がコンパクトになったように感じませんか?後ろ姿も別人みたいですよね。 このスタイルのポイントは、トップに動きを出して襟足は適度に長めに残したところです。 襟足を長めに残すとボーイッシュな印象にならないので、髪を短くすることに抵抗がある方や、フェミニンなファッションやメイクが好きな方にもおすすめです。 また50代になると髪が薄くなってきてトップがペタンとなりがちなので、そうならないように、トップが自然にふわっとするようなデザインにしています。 ちなみにこちらはプリュムワックスをつけただけで、時間がかかったりテクニックが必要だったりするスタイリングは一切していません。 美容院ではプロにブローなどをしてもらうので髪型が決まりますが、家で毎日プロにセットしてもらうわけにはいかないので、 簡単に自分で再現できる髪型にしなくては意味がありません。 そこで、ハネたりうねったりする髪質を上手く活かすことができるデザインにしているんです。 硬い感じがするデザインのボブだと、ハネてしまうと格好悪くなってしまいます。 それに髪質が良くないとイマイチ決まらないんですよ。 でもやわらかい感じにすることによって、ハネやうねりなどもおしゃれに見せることができるんです。 髪質も雰囲気もファッションも人ぞれぞれなので「100%これが正しい!」みたいなものはないです。 その人の魅力を一番引き出すことができるヘアスタイルにすることが大事ですね。 ちなみに今まで髪を短くしたことがない方だと、ショートなど短い髪型にするのに勇気がいると思います。 でもずっと若い頃と同じ髪型では変化がなくてつまらないですし、「今の自分」に似合うヘアスタイルにすることが大事なので、ぜひ勇気を出してイメチェンしてみていただきたいです。 そういう方にも、ボブはおすすめですよ。 ショートよりもチャレンジしやすいです。 ボブにしてみて「短いスタイルもいいんじゃない?」と思ったら、ショートにしてみるのもアリですよ! また髪質や顔型によってはボブがあまり似合わない方もいます。 そういう方には襟足を長めに残したショートボブが良いですね。 もちろん、アラフィフになったら絶対に短くしなければならないわけではありません。 短くした方が素敵に見える方が多いのは事実ですが(女優さんやタレントさんも40代・50代になると髪を短くする方が多いです)ロングヘアのほうがしっくりくる50代の女性もいらっしゃいますよ。 参照 白髪も気になってくる50代以降は、髪型だけではなく髪色にも悩まされると思います。 特に白髪が多めな女性は、頻度良く美容院に行かなくてはいけなくてしんどいですよね! そのため でもご紹介しているように、白髪があっても似合う髪型にしたり、できるだけ白髪染めが長持ちする方法をお伝えしたりしています。 ちなみに白髪は染めるのが当たり前みたいなイメージがあるかもしれませんが、全然そんなことはないですよ。 白髪を活かしたスタイルだって素敵です。 白髪染めを続けるのが辛くなってきたら、白髪があっても素敵に見えるデザインの髪型にするのもおすすめですよ。 美容院ジプシーになっているアラフィフの方へ アラフィフ世代の方の中には、美容院ジプシーになってしまっている方もいるのではないでしょうか。 50代くらいになると長年担当してもらっていた美容師さんも同じくらいの年齢になってしまうため、「いつもの髪型」になりがちですよね。 担当の美容師さんが長年同じだと同じ髪型になりがちで、飽きてしまいます。 さらに髪質や肌質などは若い頃とは違ってくるため、今までのヘアスタイルがしっくりこなくなってきたりもします。 「何か違う」「新しいスタイルにしたい」と思いながらも、日々忙しく過ごしていると新しく美容院を探すのも面倒だと思います。 また仮に頑張って都内に出てきてオシャレな美容院にいったとしても、何だか場違いな気がしてストレスになったりすることもありますよね。 でも勇気を出して、新しい美容院に行ってみてほしいんです。 そうすることで新しい自分に出会えたりするからです。 ちなみに美容院MAXは2013年11月からオープンしているんですが、僕(平成3年生まれ)が一人で経営をしていて他にはスタッフもいないし、ドリンク、雑誌、甘い会話などのサービスもありません。 「お互いに気を使わないこと」をコンセプトとしているので、物足りなく感じる方もいるかもしれませんが、おしゃれな美容院だと緊張してしまう方や美容師との会話が苦手な方からは結構評判が良いです。 ちなみに音楽(BGM)もかけていないので、ほとんどのお客様は施術中瞑想をしているか、スマホなどを見ていますね。 また僕のお店には女性しかいない(「息子を切ってください」等とご紹介をいただいて男性をカットしたことはありますが基本的に女性のための美容院です)し、年齢層は40代~60代が大半です。 なのでぜひ新規の方にも、あまり緊張せずに楽な気持ちで来ていただけたらと思います! 質問とメッセージへの回答 最後に読者様から頂いたメッセージにお答えします。 今まで色々な美容室を放浪し続け、未だ満足のいくヘアースタイルに落ち着いておりません。 矯正縮毛、デジタルパーマ等を繰り返し、結局美容院へ行って大金をはたいて髪を痛め続けております。 この際傷んだ髪をバッサリ切ってしまいたい…そのためには失敗なく自分に似合う 持続性のある 髪型を実現してくれる美容室、美容師さんを…と、MAX様に辿り着きました…。 正直金額の高さに動揺しておりますが…それでも内容に納得がいき、自分に出来る範囲の自宅ケア、スタイリングで日々満足のいくヘアスタイルが持続するのであれば、やっていただく価値があるのでは…と思いご連絡させていただきました。 まずは一度お会いして、髪の状態を見ていただけたらと思います。 縮毛矯正は癖を真っ直ぐにすることができますが、デメリットもあります。 髪質を「活かす」ことが一番良い選択ですが、縮毛矯正をかけないと決まらない髪質の場合は髪型に悩みますよね。 ぜひこちらの記事を読んで見てください: 少しでも何かヒントになれば幸いです! 今まで、失敗だから返金して欲しいなんてことを言ったことはないんですが、それって普通のことなんでしょうか? 近いうちに、その美容院に行くつもりですが、その前に、少しご意見伺えたらと思いました よろしくお願いします こちらの記事に詳しく書いたのでぜひ読んで見てください!: まとめ 今回はアラフィフ世代におすすめのボブスタイルについて解説しました。 最後に内容をまとめますね。 前髪を作った方が若々しく見える• アラフィフのボブは軽め&髪質を活かせるデザインが良い• 白髪が気になる場合は思い切って白髪があっても素敵に見えるスタイルにしてしまうのもおすすめ 今回はこれで以上です。

次の

50代から「ぽっちゃり」でも似合う髪型

50 代 髪型 ショート 前髪 あり

【目次】 ・ ・ ・ 40代におすすめ前髪アレンジ 【1】ショートヘア前髪アレンジ ウエットなハネ感の女っぽアレンジ 《HOW TO》ぶきっちょさんでも1分で完成! バームを10円玉大とって手のひらにしっかり広げ、まずは髪の内側からなじませる。 そのあと根元から手グシを通し、毛先は握りながら外ハネに。 《使ったのはコレ!》 手のひらで溶けるバーム状のオイルワックスで、濡れ感を演出。 ミルボン ジェミールフラン メルティバターバーム 40g ¥2,200(サロン専売品) 【2】クセ毛風ラフ前髪アレンジ 外国人みたいなクセ毛風ラフヘア 《HOW TO》ランダムなラフ感は、束感の出るワックスを重ねづけ! 動きがキープできるワックスを使う。 ワックスを1円玉大よく手に広げてから、根元から毛束を持ち上げて両手でこすり込む。 これを2回行う。 《使ったのはコレ!》 ナチュラルな束感と動きをつくる。 マットな仕上がりだが、のびがよくてつけやすい。 SENSE Depth マット ドライ ワックス 80g ¥1,800 【3】細くてクセ毛の人向き前髪アレンジ 大人のこなれショート 《HOW TO》ふわくしゃ&タイトなフォルムづくりは、硬めワックスがハマる! 細くてクセ毛の人向き。 ワックスをパール大とって手のひらにしっかり広げ、髪の中間~毛先にもみ込む。 逆サイドはタイトになでつけて耳かけ。 《使ったのはコレ!》 硬めのテクスチャーのクレイワックス。 軽さのある束感をキープ。 アラミック ローランド オーガニックウェイ シャビイ・マッド 100mL ¥3,400 【3】前髪ねじり止めアレンジ おでこを出せば、ナチュラルなのに「大人かわいい」女子に! 前髪をアップにして、おでこを出すことで、アラフォーならではの大人かわいさに。 さらに、ちょこっとねじりを加えるだけで、こなれたカジュアル感も加わるから、ぜひ!覚えておきたい前髪アレンジテク。 《HOW TO》 STEP1:ジグザグに分ける フロントは、きっちりではなく指先を使って、ジグザグのランダム分けに。 こなれ感が出るだけでなく、トップのぺたんこ感が解消されて、バランスよく見える。 STEP2:ねじってピン留め 分け目のすぐ横の毛束を取り、後ろ向きにねじって、こめかみの延長線上あたりでピン留めに。 逆側も同様にしたら、ねじった部分の髪を程よくつまみ出してくずすのがこなれ見えポイント! 【4】前髪ねじり止めアレンジ 9:1の大胆分けで、仕事ができる「大人かっこいい」女子に! 知的で女らしい雰囲気をかもし出す、タイトな前髪アレンジ。 フロントを分けてサイドを耳にかけるだけの簡単テクだからこそ、 ちょっとしたコツで、プロっぽいおしゃれな仕上がりに。 《HOW TO》 STEP1:つむじから斜めに分ける つむじから、片側の眉尻あたりに向けて指を使って適当に分けると、9:1の分け目に。 両サイドの髪はボリュームを押さえ、タイトな耳かけにする。 STEP2:内側に逆毛を立てて留める 内側からコームを入れ、軽く逆毛を立ててから、空気感をつぶさないように、丸みをつけて分けて逆側の耳にかける。 こうすると短い毛も落ちてこず、かつ、いい感じの立体感が出ます! 【5】スカーフを使ったロングヘア前髪アレンジ こなれた大人の休日感が出せる! 《POINT》耳を半分隠すことで、ヌケ感アップ! スカーフは耳にかかる程度にぐるりと巻き、いつもよりやや高めの位置でひとつ結びに。 ひとつ結びにしてから、毛束に指を入れ、上下に動かし、逆毛を立ててボリュームを。 縦長のスカーフなら、頭に巻きやすく、サマになりやすい。 40代面長さん前髪ありボブヘア 【1】外ハネボブヘア 《SIDE》 《HOW TO ORDER》 あご下3cmの切りっぱなしベースに。 表面にレイヤーを入れ、ほんのりした軽やかさをプラス。 前髪は眉下に設定し、束感を出しつつ隙間ができるようにカット。 《こんな人にオススメ》 《HOW TO》抜け感のある外ハネカールは、アイロンを挟んで通すだけ! 26mmのアイロンを使用。 髪を表面と内側の2段に分け、毛先だけ外ハネに。 毛束を挟んで、時間をおかずにスッと通すだけで、程よくクセづく。 【2】ストレートアイロンでアレンジするボブヘア 《HOW TO ORDER》 肩上で平行ラインでカットし、毛先はグラデーションでまとめる。 トップにはレイヤーを入れ、丸みを加えて。 目の上でつくった前髪は、隙間を開けて抜け感を。 《こんな人にオススメ》 《HOW TO》エアリーな内巻きは、ストレートアイロンがちょうどいい! ストレートアイロンを使えば、キュッとした曲線になりにくい。 毛束をとって根元からアイロンで挟み、上に向かって大きく弧を描くようにする。 前髪なしのショートヘア・ボブヘア 【1】前髪なしショートヘア 《HOW TO ORDER》 前髪は、頬骨の高いところに合わせる。 全体は襟足ギリギリの長さにし、やや前上がりのラインでつなげて。 ひし形シルエットになるように、レイヤーを調節する。 《こんな人にオススメ》 【2】前髪なしパーマボブヘア 《HOW TO ORDER》 前髪は頬にかかるような長さでカットし、全体はあご下レングスでひし形ベースに。 軽くなりすぎない程度に毛量調節し、ボディパーマをかけて毛流れをサポート。 《こんな人にオススメ》 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

40代 髪型 ボブ 前髪あり☆人気なのはどんなボブ?芸能人をチェック!!

50 代 髪型 ショート 前髪 あり

40~50代におすすめの前下がりボブ 早速前下がりボブを紹介していきますね。 どんな顔型にも似合うので、髪型選びに困ったらぜひこの髪型を選んでくださいね。 顔の輪郭に沿ったシルエットにすると小顔バツグン。 耳にかけても可愛いです。 襟足を短くするとボーイッシュになりますが、ひし形シルエットをつくることで、柔らかでフェミニンな印象になります。 動きのある毛先がおしゃれですね。 長澤まさみさんのショートボブもひし形シルエット。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 シンプルな髪型のわりにカジュアルからパーティーシーンまでアレンジのきかせやすい髪型でもあります。 髪にハリがなくなってきた40代、50代のあなたでも全体のシルエットが丸くなるので、若々しくなります。 また、パーマをかけておくと、スタイリングも決まりやすいので、時短にもなりますよ。 可愛いのにクールな印象で男女ともに人気の高い髪型です。 この髪型もどんなファッションにも合いますので、オンとオフ両用にできますよー!!.

次の